5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★ 翻訳No.2: XFree86 Font ★☆★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/01(火) 00:26
Linux の英語ドキュメントを連作で訳そうというスレッドです。
参考スレ: http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=linux&key=983252852
翻訳された文書は、このスレッドでまとめてJFにコミットします。

このスレッドでは、
XFree86 Font Deuglification HOWTO:
 http://www.linuxdoc.org/HOWTO/mini/FDU/index.html
を翻訳します。

翻訳の文体はなるべく「です・ます調」でお願いします。
翻訳者は匿名なので遠慮せずに突っ込みを入れましょう。

すでに、上記参考スレにて翻訳がすすめられ、校正&まとめ
作業に入っています。スレッドの整理のために、新しい
スレッドをたてました。

校正は
 http://linuxlovers.yi.org/softarc/FDU.sgml
から SGML ファイルを取ってお使いください。

さぁ直せゴルァ!


25 :login:Penguin:2001/06/30(土) 16:06
Making 続き
<Para>
<!--
In order to use TrueType, the fonts will have to be always accessible to the
font server. This means they will have to be on a filesystem that is
<Emphasis>always</Emphasis> mounted. This can conceivably be a Windows
partition on a dual boot system. Alternately, the fonts can be copied to
Linux. First <Command>su</Command> to root:
-->
TrueType フォントを使うには、フォントがフォントサーバから常にアクセスできる
状態になっていないといけません。つまり、<emphasis>常時</emphasis>マウント
された状態にあるファイルシステム上に、それらのフォントが載っていなければ
なりません。これは、Windows とデュアルブートなシステムなら、 Windows 側の
パーティションを利用すれば問題ありません。それ以外にも、Windows のフォントを
Linux にコピーして使うこともできます。その場合は、まず <command>su</command>
で root になって、以下のようにします。
</Para>

26 :login:Penguin:2001/06/30(土) 16:08
<Para>
<!--
Now, change to the new font directory:
-->
次に、新しく作成したフォント用のディレクトリに移動します。
</Para>

<Para>
<!--
Then, add the fonts to this directory, either by copying them from your
Windows system:
-->
そして、フォントをこのディレクトリに入れるのですが、この場合、Windows
システムからフォントをコピーするか、
</Para>

<Para>
<!--
or by downloading those available directly from
<Ulink URL="http://www.microsoft.com/typography/fontpack/default.htm">Microsoft</Ulink>.
These fonts are in self-extracting zip archives. The ones labeled for use
with Windows 3.1 can indeed be unpacked under Linux with the Linux
<Command>zip</Command> utility:
-->
もしくは、<ulink
url="http://www.microsoft.com/typography/fontpack/default.htm">
Microsoft</Ulink> にあるフォントを直接ダウンロードしてください。
これらのフォントは、自己解凍式の zip アーカイブ形式になっています。
Windows 3.1 用と表示されているフォントについては、Linux の
<command>zip</command> ユーティリティを使って Linux 上で手動で
解凍します。
</Para>

27 :login:Penguin:2001/06/30(土) 16:09
<Para>
<!--
The '-L' option will convert to lower case font names (this may be necessary for
some versions of xfsft and Redhat's xfs). Note that the current Linux zip
utility does not work with the 32 bit Win9x font archives. (It also looks
like Microsoft no longer has the 16 bit Arial, Courier and Times-Roman on
this site.) But these can be unarchived under Linux with
<Command>cabextract</Command>, which can be found
<Ulink
URL="http://www.kyz.uklinux.net/cabextract.php3">http://www.kyz.uklinux.net/cabextract.php3</Ulink>.
This would now seem to be the best way to go since there is a better
selection of fonts.
-->
上記の '-L' オプションは、フォント名を小文字に変換するものです(xfsft と Redhat
の xfs のバージョンによっては、こうした処理が必要なことがあります)。ここで
注意してほしいのは、現在の Linux の zip ユーティリティでは、32 bit Win9x
のフォントアーカイブを処理できないということです(また、Microsoft は、上記
サイトに 16 bit の Arial や Courier, Times-Roman をもう置いていないようです)。
こうしたアーカイブを Linux 上で解凍するには、<command>cabextract</command>
が使えます。このプログラムは、<ulink
url="http://www.kyz.uklinux.net/cabextract.php3">
http://www.kyz.uklinux.net/cabextract.php3</ulink> にあります。
これを使えば、利用可能なフォントが増えるわけなので、現状では最良の方法だと
思われます。
</Para>

28 :login:Penguin:2001/06/30(土) 16:10
<Para>
<!--
Or you can get an RPM of WebFonts that contains some of the MS
TrueTypes <Ulink
URL="http://rpmfind.net/linux/RPM/contrib/noarch/noarch/webfonts-1-3.noarch.html">here</Ulink>.
This has enough basic fonts to keep Netscape and other web browsers happy.
-->
それ以外にも、WebFonts の RPM 版を入手することもできます。これには、MS の
TrueType フォントもいくつか含まれていて、<ulink
url="http://rpmfind.net/linux/RPM/contrib/noarch/noarch/webfonts-1-3.noarch.html">
ここ</ulink>からダウンロードできます。WebFonts には、Netscape その他のウェブ
ブラウザの見栄えを改善するに足るだけの基本フォントが含まれています。
</Para>


<Para>
<!--
You will also have to include the new TrueType directory(s) in the X server's
fontpath. So with your text editor of choice add the line(s) as appropriate:
-->
さらに、新規に作成した TrueType フォント用のディレクトリを X server の
fontpath に追加する必要があります。お好きなテキストエディタを使って、
適宜設定行を追加してください。
</Para>
Making TrueType Fonts Available 以上。

29 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:16
以下、3.2 フォントサーバ。おそまつながら、章の終わりまで。

<Sect2>
<Title><!--Font Servers-->フォントサーバ</Title>

<Para>
<!--
There are several font servers available that will do the job: xfstt, xfsft,
and Redhat's patched version of xfs based on xfsft. While these names are all
too similar, these are different packages. One, or more, of these should be
included with any recent Linux distribution, and you may have one installed
already.
-->
現在、数種類のフォントサーバが入手可能であり、どれも問題なく動作します。
xfstt, xfsft, xfsft ベースの xfs に Redhat がパッチを当てたバージョンが
それです。名前はいずれも似通っていますが、パッケージは別物です。最近の
Linux ディストリビューションには、このうちのひとつ、もしくは複数の
フォントサーバが同梱されているはずですし、おそらく読者はすでにどれかを
イントールしているかもしれません。
</Para>

<Para>
<!--
Historically, font servers were used to serve fonts over a network. Font
resources could then reside on one host, and clients could access them as
needed. But, the developers have enhanced these to include features such as
the ability to render TrueType fonts. (XFree86 4.x has this ability included
already, and thus an additional font server is not really needed solely
for the purpose of having TrueType support.)
-->
フォントサーバというのは、歴史的には、フォントをネットワーク越しに提供する
ために使用されていました。それゆえ、フォントのリソースは単一のホスト上に
置くだけでよく、クライアントは必要に応じてそれにアクセスできるようになって
いました。しかし、開発者たちは、こうした仕様を拡張し、TrueType フォント
をレンダリングする機能などを追加しています(XFree86 4.x では、こうした機能も
すでに取り込まれているので、TrueType フォントをサポートするだけなら、
わざわざフォントサーバを追加する必要はありません)。
</Para>

30 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:17
<Sect3>
<Title>xfstt</Title>

<Para>
<!--
One such font server is xfstt. xfstt was designed specifically with TrueType
fonts in mind.
-->
上記のようなフォントサーバのひとつが、xfstt です。xfstt は、TrueType フォント
を特に念頭に置いて設計されたものです。
</Para>

31 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:18
<Sect4>
<Title><!--Installation-->インストール</Title>

<Para>
<!--
xfstt is <emphasis>very</emphasis> easy to install and configure. If it isn't
already installed, you'll want to download the tarball, or check your CD. The
most current version can be found at <Ulink
URL="http://metalab.unc.edu/pub/Linux/X11/fonts/">http://metalab.unc.edu/pub/Linux/X11/fonts/</ULink>
-->
xfstt のインストールと設定は、<emphasis>非常に</emphasis>簡単です。まだ
インストールされていないなら、tarball をダウンロードするか、Linux の CD-ROM を
チェックしてみてください。最新バージョンは、<ulink
url="http://metalab.unc.edu/pub/Linux/X11/fonts/">
http://metalab.unc.edu/pub/Linux/X11/fonts/</ulink> にあります。
</Para>

<Para>
<!--
Once you have the tarball, unpack it:
-->
tarball をダウンロードした場合は、次にようにして解凍します。
</Para>

32 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:19
<Para>
<!--
Then build and install it. Read the <FileName>INSTALL</FileName> file for
quick instructions, but it's a no brainer.
-->
そして、ビルドして、インストールしてください。簡単な手順が書かれた
<filename>INSTALL</filename> ファイルもお読み下さい。とはいえ、頭を
悩ますようなことはなにもありません。
</Para>

<Para>
<!--
From the xfstt directory is all you have to do.
-->
xfstt の解凍によって作成されたディレクトリ内で、次のことをするだけです。
</Para>

33 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:19
<Para>
<!--
Then start xfstt with:
-->
次に、xfstt を以下のようにして、スタートさせます。
</Para>

<Para>
<Literal>
<MSGText>
<!--
<LiteralLayout>
# xfstt ?-sync # updates xfstt's font database
# xfstt ? # runs xfstt in the background.
</LiteralLayout>
-->
<LiteralLayout>
# xfstt --sync # xfstt のフォントデータベースを更新
# xfstt ? # xfstt をバックグラウンドで実行
</LiteralLayout>
</MSGText>
</Literal>
</Para>

34 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:21
<Para>
<!--
xfstt should be started before the X server starts. Once you have this working
correctly, you can add the above lines to
<FileName>/etc/rc.d/rc.local</FileName>, or other suitable start up file. Then
type:
-->
xfstt は、X サーバの起動前にスタートさせなければなりません。これで上手く
動作するなら、<filename>/etc/rc.d/rc.local</filename> もしくはその他の適当な
スタートアップ・ファイルに上記の設定行を追加します。そして、次のように
打ち込むか、
</Para>

<Para>
<Literal>
<MSGText>
<!--
<LiteralLayout>
$ xset +fp unix/:7101 # tells X about xfstt, and where to look for fonts.
</LiteralLayout>
-->
<LiteralLayout>
$ xset +fp unix/:7101 # X に xfstt の存在と、フォントのありかを指示する
</LiteralLayout>
</MSGText>
</Literal>
</Para>

35 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:22
<Para>
<!--
or add:
-->
以下の行を
</Para>



<Para>
<!--
to your <FileName>XF86Config</FileName> to tell X about the font
server. Rerun <Command>xfstt ?-sync</Command> any time the FontPath, or
contents, change.
-->
<filename>XF86Config</filename> に追加して、X にフォントサーバを指示します。
FontPath やフォントの中身を変更した際は、<command>xfstt --sync</command> を
再実行してください。
</Para>

36 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:23
<Sect4>
<Title><!--Adjusting the Default Font Size-->
デフォルトのフォントサイズの調整</Title>

<Para>
<!--
If your TrueType fonts appear to be very tiny, the following commands
may help.
-->
TrueType フォントが小さすぎるように思える場合は、下記のようなコマンドが役に
立ちます。
</Para>

<Para>
<!--
Add the <Literal>-dpi</Literal> switch to your X server command
line (see section 3 above to do this.)
-->
<literal>-dpi</literal> スイッチを X サーバのコマンドラインに追加します
(詳細は、前章をご覧ください)。
</Para>

<Para>
<!--
Use the <Literal>?-res</Literal> switch to tell xfstt to increase
the default resolution. Use the following command line.
-->
xfstt のデフォルトの解像度を上げるには、<literal>--res</literal> スイッチ
を使います。以下のコマンドラインをお使いください。
</Para>

37 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:23
<Sect3 id="xfs">
<Title><!--Redhat's xfs-->Redhat の xfs</Title>

<Para>
<!--
As of Redhat Linux 6.0, Redhat based distributions (Mandrake, etc) have
included a specially patched version of xfs, the XFree86 Font Server, and
patched X servers as well. Redhat's xfs includes the xfsft patch set which in
turn is built upon the FreeType Font library. Redhat's xfs provides similar
functionality to xfstt. xfs is able to serve both TrueType and Type 1 fonts,
as well as legacy X fonts.
-->
Redhat 6.0 や (Mandrake 等のような) Redhat 系のディストリビューションには、
xfs (XFree86 Font Server) に特別のパッチを当てたバージョンと、同じく X
サーバにパッチを当てたバージョンとが同梱されています。Redhat の xfs には
xfsft のパッチセットが含まれていて、これがさらに FreeType Font ライブラリ
上でビルドされるようになっています。Redhat の xfs は、xfstt と同様の機能を
提供するものです。xfs は、TrueType フォントと Type 1 フォントの両方、および
従来の X フォントをサポートしています。
</Para>

<Para>
<!--
If you are using a Redhat based distro, you should have xfs installed
already. If not, it is in the <FileName>XFree86-xfs*rpm</FileName>. To make
sure it runs as one of the default services, either use
<Command>ntsysv</Command> or:
-->
Redhat 系のディストリビューションをお使いなら、すでに xfs がインストールされ
ているはずです。インストールされていないなら、<filename>XFree86-xfs*rpm
</filename> パッケージにそれが含まれています。デフォルトで起動するサービス
のひとつとして実行されているかどうかを確認するには、<command>ntsysv</command>
コマンドを使うか、以下のようにタイプしてください。
</Para>

38 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:24
<Para>
<!--
Now xfs will start every time you boot.
-->
これで xfs は、起動の際に必ずスタートするようになります。
</Para>

39 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:25
<Sect4>
<Title><!--Setting the xfs FontPath-->xfs の FontPath の設定</Title>

<Para>
<!--
The default Redhat installation of xfs serves fonts via a Unix Domain Socket.
We'll need to tell the X server where to look for xfs, and thus fonts. The
FontPath in <FileName>/etc/X11/XF86Config</FileName> must include for Redhat
6.x:
-->
Redhat のデフォルト設定で xfs をインストールした場合、フォントは Unix
Domain Socket 経由で提供されます。それゆえ、X サーバに対して xfs および
フォントのありかを指示してあげる必要があります。Redhat 6.x の場合、<filename>
/etc/X11/XF86Config</filename> ファイルの FontPath には、次の行が含まれて
いなければなりません。
</Para>



<Para>
<!--
This is changed for Redhat 7.x to:
-->
Redhat 7.x の場合だと、上記は、次のように変更されています。
</Para>

40 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:26
<Para>
<!--
At least for a default configurations. This is a reference to the socket where
xfs is listening. You may include additional FontPaths, but these will be
handled by the X server, and not xfs. A clean install of Redhat 6/7 should
have this already set up, but if you are upgrading from an older version, you
may have to change this yourself!
-->
デフォルト設定としては、これが最小限のものです。上記は、xfs がリクエストを
待っている(listening)のがどのソケットであるかを指示するものです。FontPath
を追加することもできますが、これは xfs ではなく、X サーバで制御
されることになっています。Redhat 6/7 を新規にインストールした場合は、こうした
設定が既になされているはずですが、古いバージョンからアップグレードしている
なら、手動でこうした変更を加える必要があります。
</Para>

<Para>
<!--
xfs then has its own, separate FontPath stored in
<FileName>/etc/X11/fs/config</FileName>. This is where it will look to find
fonts. This is over and above the X server's FontPath in
<FileName>XF86Config</FileName>. You can either add the new path(s) with a text
editor, or use the <Command>chkfontpath</Command> command:
-->
次に、xfs は、X サーバとは別に、独自の FontPath を <filename>
/etc/X11/fs/config</filename> に保持しています。この設定ファイルは、フォントを
見つけだすべき場所を指示するものです。これは、<filename>XF86Config</filename>
で指定されている X サーバの FontPath の設定をもとにした、その上位の設定
ファイルとなっています。(このファイルに FontPath を書き込むには)テキスト
エディタを使って新規のパスを追加するか、次のように <command>chkfontpath
</command> コマンドを使ってください。
</Para>

41 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:27
<Para>
<!--
The FontPath must exist before running <Command>chkfontpath</Command>. The
relevant section of <FileName>/etc/X11/fs/config</FileName> should now look
something like this:
-->
<command>chkfontpath</command> を実行する際は、その FontPath があらかじめ
実在していることが必要です。<filename>/etc/X11/fs/config</filename> ファイル
内の関連セクションは、それにより、次のようなものになるはずです。
</Para>



<Para>
<!--
When adding a new FontPath for TrueType fonts, you will want to do this
step after installing and preparing the fonts. See the next section.
-->
TrueType フォント用に新規の FontPath を追加するときは、そのフォントの
インストールと設定が終わったのちに、ここでの手順を実行してください。
詳細は、次の章をご覧ください。
</Para>

42 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:27
<Sect4>
<Title><!--Getting the Fonts Ready-->フォントを使える状態にする</Title>

<Para>
<!--
We still have a bit of work to do before we can actually use any TrueType
fonts. xfs requires a few things to be in order. First, all font files must
have lower case names for xfs. Secondly, they shouldn't have embedded spaces.
And then, we will need to create a couple of files to make things go.
-->
TrueType フォントが使えるようになるには、まだ若干の作業が残っています。
xfs を使うには、いくつかの事柄を順番に片づける必要があります。第一に、xfs
では、フォントファイルのファイル名はすべて小文字でなければなりません。
第二に、ファイル名にスペースが入ってはいけません。さらに、きちんと動作
させるには、ファイルをいくつか作成する必要があります。
</Para>

<Para>
<!--
Su to root, and change to the directory where the TrueType fonts are.
-->
su で root になり、TrueType フォントがあるディレクトリに移動します。
</Para>

43 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:28
<Para>
<!--
If there are any upper case font names, you can use the following script to
convert all names to lower case:
-->
大文字のフォント名がある場合、次のスクリプトを使えば、すべて小文字に変更
することができます。
</Para>



<Para>
<!--
Note the punctuation ?? the backquotes are important! Remove any spaces from
font names too. Once the TrueType fonts are properly installed, you must
create both <FileName>fonts.dir</FileName> and
<FileName>fonts.scale</FileName> files. The following commands do this:
-->
スクリプト内の記号に注意 ?? バッククオート記号は重要です!
フォント名に含まれるスペースも削除する必要があるからです。以上で TrueType
フォントが適切にインストールされたなら、次に <filename>fonts.dir</filename>
と <filename>fonts.scale</filename> ファイルを作成しなければなりません。
それには、以下のコマンドを使ってください。
</Para>

44 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:28
<Para>
<!--
You should now have <FileName>fonts.dir</FileName> and
<FileName>fonts.scale</FileName> files in your TrueType font
directory. <Command>ttmkfdir</Command> is in the
<FileName>Freetype</FileName> RPM, and must be run
before <Command>mkfontdir</Command>. With Debian based distros, there
is a similar utility called <Command>mkttfdir</Command>, and is in the
<Filename>fttools</FileName> Deb package. Though this apparently does not
generate as many encodings as <Command>ttmkfdir</Command>. These commands
may not always report errors, so verify that they were created and are not
empty files:
-->
これで、TrueType フォントのディレクトリ内に <filename>fonts.dir</filename>
と <filename>fonts.scale</filename> ファイルが作成されるはずです。
<command>ttmkfdir</command> コマンドは、<filename>Freetype</filename> RPM
パッケージに入っているもので、<command>mkfontdir</command> よりさきに
実行される必要があります。Debian ベースのディストリビューションを使って
いる場合は、<command>mkttfdir</command> と呼ばれる同種のユーティリティが
あり、これは <filename>fttools</filename> という Deb パッケージに含まれて
います。ただ、このユーティリティは、 <command>ttmkfdir</command> ほどは多くの
エンコーディングを生成しないようです。こうしたコマンドは必ずしもエラーを
報告するとは限らないので、実際にファイルが作成され、それが空ファイルで
ないかどうかを確認してください。
</Para>

45 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:29
<Para>
<!--
If you encounter any problems, try <Command>ttmkfdir</Command> with the
<Command>- m</Command> switch. This will discard bad characters from the
font file. Specify a number such as 50 or l00
(<Command>ttmkfdir -m 50</Command>). The files themselves are text files.
Have a look:
-->
問題が生じた場合は、<command>ttmkfdir</command> に <command>- m</command>
スイッチをつけて実行してみてください。このスイッチは、フォントファイルから
不適切な文字を破棄するものです。50 や 100 といった数字を指定してください
(<command>ttmkfdir -m 50</command>)。作成されるファイル自体はテキスト
ファイルです。中身は、以下のようなものです。
</Para>



<Para>
<!--
Next, update the FontPath and xfs:
-->
次に、FontPath と xfs をアップデートします。
</Para>

46 :login:Penguin:2001/07/01(日) 02:39
<Para>
<!--
You should now be in business. You can check which fonts are available to X:
-->
これで、準備が整ったはずです。X でどのフォントが使えるようになったのか、
以下のようにして確認するか、
</Para>



<Para>
<!--
or check them out further with <Command>xfontsel</Command>, or
<Command>gfontsel</Command>. If they are visible to
<Command>xlsfonts</Command>, then they are available to X and vice versa. If
they are not there, try restarting X with Ctrl-Alt-BS.
-->
もしくは、さらに <command>xfontsel</command> や <command>gfontsel</command>
を使って詳しくチェックすることができます。<command>xlsfonts</command> で
登録したフォントが表示されるなら、それらが X で利用可能になっているという
ことであり、X がそれらから利用できるようになったということです。
もし表示されないなら、Ctrl-Alt-BS で X を再起動してみてください。
</Para>
以上です、編集長。

47 :login:Penguin:2001/07/01(日) 04:36
応援あげ

48 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:13
応援があったので、逝きます。3.3 と 3.4

<Sect2>
<Title>xfsft</Title>

<Para>
<!--
<Ulink url="http://www.dcs.ed.ac.uk/home/jec/programs/xfsft/">xfsft</Ulink>
is a TrueType solution from Juliusz Chroboczek. xfsft is based on the
FreeType font library as developed by Mark Leisher and others. It is
essentially is a patch for XFree86's xfs and related libraries ?? xfs + ft.
Redhat's xfs is essentially xfsft with a few minor modifications. Also,
XFree86 4.x includes the <Literal>freetype</Literal> font module which is also
the result of Juliusz's work, and is one of the TrueType solutions available
for XFree86 4.x.
-->
<ulink url="http://www.dcs.ed.ac.uk/home/jec/programs/xfsft/">xfsft</ulink>
とは、TrueType フォントの問題に対する Juliusz Chroboczek からの解決策であり、
Mark Leisher らが開発した FreeType font library がベースとして作成された
ものです。本質的に xfsft は、XFree86 の xfs とその関連ライブラリ、すなわち
xfs + ft に対するパッチです。Redhat の xfs も、実質はこの xfsft であり、
それに細かな修正をいくつか施したものです。また、XFree86 4.x には <literal>
freetype</literal> フォントモジュールが含まれていますが、これも Juliusz の
作業の成果であり、XFree86 4.x で TrueType フォントの問題を解決する方法の
ひとつとなっています。
</Para>

<Para>
<!--
Building xfsft requires having at least some of the XFree86 source available,
in addition to xfsft itself, so this is not for the faint of heart.
Instructions for building and configuring xfsft are in the tarball, so I won't
go into details here. They are pretty straight forward. There are links to
binaries available at the xfsft home page (see above).
-->
xfsft をビルドするには、xfsft 自体のソースファイルのみでなく、少なくとも
XFree86 のソースの一部が手元にある必要があります。とはいえ、弱気になるほど
のことではありません。xfsft のビルドと設定に関する解説文書が tarball 内に
入っているので、ここでは詳しくは述べませんが、手順は単純明快です。
バイナリも入手可能であり、xfsft のホームページ(上記参照のこと)には、
そのリンクが掲載されています。
</Para>

49 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:14
<Para>
<!--
Note that you <emphasis>must</emphasis> also create
<FileName>fonts.scale</FileName> and <FileName>fonts.dir</FileName> files for
xfsft. <FileName>fonts.scale</FileName> can be created manually (ugh!), or with
the <Command>ttmkfdir</Command> utility. This is not included with xfsft but
you can get it here: <ulink
url="http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz">http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz</ulink>,
or probably on many Linux archives sites too. Redhat has this as part of the
<FileName>Freetype</FileName> RPM. And for Debian it is called
<Command>mkttfdir </Command> and is in the <Filename>fttools</FileName>
package.
-->
注意すべきなのは、ここでも xfsft 用の <filename>fonts.scale</filename> と
<filename>fonts.dir</filename> ファイルを作成しなければならないことです。
<filename>fonts.dir</filename> は、手動でも作成できますし(ひでぶ!)、
<command>ttmkfdir</command> ユーティリティを使うこともできます。この
ユーティリティは、xfsft には同梱されていませんが、<ulink
url="http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz">
http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz</ulink> から
入手することができ、おそらく多くの Linux アーカイブサイトにも
置かれているはずです。Redhat は、このユーティリティを <filename>
Freetype</filename> RPM の一部として取り入れています。Debian の場合は、
<command>mkttfdir</command> という名称で、<filename>fttools</filename>
パッケージに入っています。
</Para>

<Para>
<!--
You will also need a configuration file. Here is a sample:
-->
また、設定ファイルも必要になります。以下は、そのサンプルです。
</Para>

50 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:15
<Para>
<!--
You can then run start xfsft:
-->
以上で、xfsft を起動できるようになったので、やってみましょう。
</Para>



<Para>
<!--
You can then add xfsft to the X server's <Literal>FontPath</Literal>:
-->
さらに、xfsft を X サーバの <literal>FontPath</literal> に追加する
こともできます。
</Para>



<Para>
<!--
If all goes well, you could then add this <Literal>FontPath</Literal> to
<FileName>XF86Config</FileName>.
-->
これらすべてが上手くいったなら、この <literal>FontPath</literal> を
<filename>XF86Config</filename> に追加することもできます。
</Para>

51 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:16
<Sect2 id="falias">
<Title><!--The fonts.alias File-->fonts.alias ファイル</Title>

<Para>
<!--
<FileName>fonts.alias</FileName> is yet another font configuration file that
can be used to tweak how fonts are handled. Like <FileName>fonts.scale</FileName>
and <FileName>fonts.dir</FileName>, <FileName>fonts.alias</FileName> must be in
the same directory as the fonts you are aliasing. It is not mandatory however,
but does solve certain potential problems.Here is an example from the first
line of<FileName>/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc/fonts.alias</FileName> on
a Redhat system:
-->
<filename>fonts.alias</filename> もまた、フォント設定ファイルのひとつ
であり、フォントの扱い方を調整するのに使用されます。<filename>
fonts.scale</filename> や <filename>fints.dir</filename> と同様に、
<filename>fonts.alias</filename> ファイルも、エイリアスを設定したい
フォントが置かれたディレクトリと同じ場所になければなりません。
この設定ファイルは必須ではないのですが、これを使うと潜在的な問題の
いくつかを解決することができます。以下に、Redhat システム上での
<filename>/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc/fonts.alias</filename> ファイルの
冒頭行の例を示します。
</Para>



<Para>
<!--
<Literal>fixed</Literal> is the 'alias' here. Any time this is requested, we
actually get the font definition from the second column. Font too small? Just
change the definition. (Warning: this is a critical file, at least on Redhat.)
The same principle applies to all fonts, including TrueType. In fact, if you
don't have TrueType, you could conceivably use this trick to have a
comparable Type 1, or other, font aliased as a TrueType.
-->
上記の <literal>fixed</literal> は、ここでは 'エイリアス(alias)' のことです。
このフォントがリクエストされるたびに、その後の部分に書かれたフォント定義に
応じたフォントが実際に取得されるようになっています。フォントが小さすぎる
場合などは、この定義を変更すればいいわけです(警告:少なくとも Redhat に
おいて、このファイルは非常に重要な意味をもっているので、くれぐれも慎重に)。
この原則は、TrueType フォントを含むすべてのファイルに対して適用されます。
実際に TrueType フォントを持っていない場合でも、おそらくこのトリックを
使って、かなりの Type 1 フォントやそれ以外のフォントを TrueType フォント
としてエイリアス設定することができるはずです。
</Para>

52 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:17
<Para>
<!--
<FileName>fonts.alias</FileName> is important for some applications that don't
handle the data provided by <FileName>fonts.scale</FileName> well. Most notably
here is Netscape. Without a <FileName>fonts.alias</FileName> you will find that
Netscape will only show point sizes of 0 and 12 available.
<FileName>fonts.alias</FileName> fixes this. You might also find that if you a
specify another size with the <Literal>scalable font</Literal> option under
<Literal>Preferences</Literal>, Netscape will not remember this setting.
Annoying! This is also fixed. So we really need this file. Sample excerpt from
a <FileName>fonts.scale</FileName>:
-->
<filename>fonts.alias</filename> ファイルが重要になるのは、アプリケーションの
なかに <filename>fonts.scale</filename> ファイルの提供するデータを上手く
さばけないものがある場合です。特に悪名高いのが、Netscape です。<filename>
fonts.alias</filename> がないと、Netscape は 0 と 12 ポイントサイズの
フォントしか表示できないことが分かると思います。<filename>fonts.alias
</filename> は、この症状を改善します。また、<literal>Preferences</literal>
の設定項目で <literal>スケーラブル・フォント(scaleble font)</literal>
オプションを選択しても、Netscape はその設定をきちんと記憶しないことにも
お気づきかもしれません。まったくウツですが、この症状も改善されます。
つまり、このファイルは絶対に必要なのです。以下は、<filename>fonts.scale
</filename> の一部を抜き出したものです。
</Para>



<Para>
<!--
These are scalable so we don't get any predefined point sizes. We will need to
create our <FileName>fonts.alias</FileName> something like this excerpt for
Arial:
-->
上記は、スケーラブルなので、あらかじめポイントサイズを定義する必要は
ありません。自分用の <filename>fonts.alias</filename> ファイルを作成する
場合は、Arial フォントについて書かれた上記の抜粋と同じようなものを
作成する必要があります。
</Para>

53 :login:Penguin:2001/07/01(日) 23:22
<Para>
<!--
(<emphasis>Please note that I have split each line for readability</emphasis>.
There should be two columns all on one line, without the <Quote>\</Quote>, and
separated by at least one space.) This will keep Netscape happy. Also, if
font names should have embedded spaces, then you should enclose the filename
in quotes. You might also note the <Literal>pointsize</Literal> discrepancy
between the first and second columns of the first few rows. The first column
of the first entry has a '6', whereas this is aliased to a '9' in the second
column, and thus '9' point. This is by design and is an excellent way to
overcome the Netscape 'damn tiny fonts' syndrome. Adjust to suit your tastes,
resolution, and eyesight.
-->
(<emphasis>注意してほしいのは、上記では読み易さを考慮して、行をわざと分割
しているということです。</emphasis> 本当は、各行が二列づつとなり、その列の
あいだに <quote>\</quote> は不要であり、最低ひとつのスペースで分割されている
状態でなければいけません。) このようにすれば、Netscape での問題は解消され
ます。フォント名にスペースが入っている場合は、そのファイル名を引用符で
囲んでください。また、上記の最初の数行には、一列目と二列目の間で、
<literal>ポイントサイズ</literal>の不一致があることに気付かれたかもしれません。
最初のエントリの一列目では '6' となっているのに、二行目では '9' でエイリアス
されているので、'9' ポイントとなってしまっています。これは意図的な
ものであり、Netscape の「フォントが小さくて見にくい」症候群を克服する
ための優れた方法です。この辺りのポイントサイズは、読者の趣味や画面の
解像度、視力に応じて調整してください。
</Para>

<Para>
<!--
This file can be created manually with a text editor, or conceivably with some
fancy sed or awk scripting. There is an excellent discussion of this file,
and other font related topics at Kristin Aanestad's site at
<Ulink url="http://home.c2i.net/dark/linux.html#ttf">http://home.c2i.net/dark/linux.html</Ulink>. There is
also a link to a python script which can reportedly automatically generate
a <Filename>fonts.alias</FileName> file at this same site. Thanks to Kristin
whose work and insight was the inspiration for this section!
-->
このファイルは、テキストエディタを使って手動で作成することもできますし、
ちょっとした sed や awk のスクリプトで作成することもできるでしょう。
このファイルや、その他のフォント関連のトピックについての優れた解説が
Kristin Aanestad のサイト <ulink
url="http://home.c2i.net/dark/linux.html#ttf">
http://home.c2i.net/dark/linux.html</ulink> にあります。
また、<filename>fonts.alias</filename> ファイルを自動的に作成できるという
python スクリプトに関するリンクも上記サイトに掲載されています。
Kristin に感謝。彼が行った作業とその深い知識は、この章を書くための
インスピレーションを与えてくれました!
</Para>
だいたい終わったはずなので、あとは歯抜けの部分を埋めるだけです。
以上です、編集長。

54 :login:Penguin:2001/07/02(月) 00:14
地味な作業だけどがんばってね。

55 :login:Penguin:2001/07/02(月) 01:26
地味な作業ということで、未訳部分をいくつか
2.2 X サーバのコマンドラインオプション

<Para>
<!--
Or these options can be stored in <Filename>~/.xserverrc</FileName>. See the
<Command>startx</Command> and <Command>xinit</Command> man pages for more on
this.
-->
もしくは、上記オプションを <filename>~/.xserverrc</filename> に保存する
こともできます。詳細については、<command>startx</command> と <command>
xinit</command> の man ページをご覧ください。
</Para>



<Para>
<!--
Note that there is no magic to <Quote>-dpi 100</Quote>. Choose something
higher if your hardware will support it ?? like <Quote>-dpi 120</Quote>.
-->
注意してほしいのは、<quote>-dpi 100</quote> というオプションに特別な意味は
ないということです。ハードウェア側でサポートできるなら、もっと大きな
数字、たとえば <quote>-dpi 120</quote> といったオプションを選択してください。
</Para>

<Para>
<!--
More information is in the <Command>X</Command>, <Command>Xserver</Command>,
<Command>xdm</Command>, <Command>xinit,</Command> and
<Command>startx</Command> man pages.
-->
上記に関する詳しい情報は、<command>X</command>, <command>Xserver</command>,
<command>xdm</command>, <command>xinit</command>, および <command>startx
</command> の man ページに記載されています。
</Para>

56 :login:Penguin:2001/07/02(月) 01:41
未訳部分
4. XFree86 4.x

<Para>
<!--
<Literal>xtt</Literal> is another available TrueType module that is best known
for supporting ideographic (Oriental) type fonts. You can use either, but only
one at a time.
-->
TrueType モジュールには、<literal>xtt</literal> というのもあります。
これは、(東洋諸国の)表意文字系のフォントをサポートしていることで有名
です。どちらを使ってもよいのですが、同時に両方使うことはできません。
</Para>

<Para>
<!--
X server command line options are still the same as previous versions of X:
-->
X サーバのコマンドラインオプションについては、X のこれまでのバージョンと
同じです。
</Para>

57 :login:Penguin:2001/07/02(月) 01:51
未訳部分
1.5

<Sect2 id="credits">
<!-- <Title>Credits</Title> -->
<Title>Credit</Title>

<Para>
<MSGText>
<!--
<LiteralLayout>
Created by Doug Holland.
Email: <Ulink URL="mailto:meldroc@frii.com">meldroc@frii.com</ULink>
WWW: <Ulink URL="http://www.frii.com/~meldroc/">http://www.frii.com/~meldroc/</ULink>
</LiteralLayout>
-->
<LiteralLayout>
原著者 - Doug Holland
Email: <Ulink URL="mailto:meldroc@frii.com">meldroc@frii.com</ULink>
WWW: <Ulink URL="http://www.frii.com/~meldroc/">http://www.frii.com/~meldroc/</ULink>
</LiteralLayout>
</MSGText>
</Para>

<Para>
<MSGText>
<!--
<LiteralLayout>
Updated and maintained by Hal Burgiss.
Email: <ULink URL="mailto:hal@foobox.net">hal@foobox.net</ULink>
WWW: <Ulink URL="http://feenix.burgiss.net/ldp/fdu">http://feenix.burgiss.net/ldp/fdu/</ULink>
</LiteralLayout>
-->
<LiteralLayout>
更新とメンテナンス - Hal Burgiss
Email: <ULink URL="mailto:hal@foobox.net">hal@foobox.net</ULink>
WWW: <Ulink URL="http://feenix.burgiss.net/ldp/fdu">http://feenix.burgiss.net/ldp/fdu/</ULink>
</LiteralLayout>
</MSGText>
</Para>
(Credit の訳が謝辞では変なので、Credit に戻しました。)
これで、訳は終了と思われます。
以上です、編集長。

58 :login:Penguin:2001/07/04(水) 04:57
終了上げ

59 :login:Penguin:2001/07/04(水) 04:57
上がってなかった

60 :Anonymous:2001/07/05(木) 01:30
お疲れ様でした>>59氏、このスレッドはいつも注目してますよ

61 :不肖、査読つかまつりまする。:2001/07/05(木) 23:18
>>4
 どうかなぁ。一等最初のところ。

<ListItem>
<!--<Para>
The developers of the <Ulink URL="http://www.xfree86.org">XFree86 Project</Ulink>,
for all the hard work and time they have given. Also, Juliusz Chroboczek for
his work with xfsft, and XFree86 4.x to help bring TrueType to the
hungry masses. And Keith Packard for his anti-aliasing, and other work.
This is not to slight the many, many other XFree86 volunteers.
</Para> -->
<Para>
<Ulink URL="http://www.xfree86.org"> XFree86 Project </Ulink>に関わる開発者の皆さんは、(改善のための)努力や時間を惜しみませんでした。
   また Juliusz Chroboczek は、xfstft に取り組んだ他、 XFree86 4.x にみんなが欲しがっていた TrueType フォントを対応させました。
   Keith Packard はアンチエリアシング等の業績に貢献しました。
   それから、XFree86 に関わった非常に多くのボランティアの方々のことも無視することは出来ません。
</Para>
</ListItem>

> More from Kristin at Some Linux for Beginners on a wide range of topics.
                       ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 前訳では、「広い範囲の話題で存在します。」「広い範囲の話題に関して存在します」となっています。ヲレ的には、
「kristin からの更なる情報は、Some Linux for Beginners での様々なトピックで話し合われています。」 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 でいかがなりか。

# Some Linux...って、ニュースグループ?なのかな。
# きっと折に触れ出てくる話題なんじゃないかと推測したんだけど。

>The folks at comp.os.linx.x who gave me a hand
^^^^^
>in figuring all of this out in the first place.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
in the first place は、「一から」は?
「一からこの文書を書くことを可能にしてくれた、Linux Community 一般に。」
folks は、「仲間(達)」ではいかがでしょうか。

62 :ああっごめんっ崩れてる!!:2001/07/05(木) 23:20
長かったみたいだ鬱氏。
次は気をつける。

>>11
これはゴミね☆
「利用可能です」を二回使うより、一方を「使えます」としたら、文章があっさりしてきませんか?

63 :login:Penguin:2001/07/05(木) 23:21
sage もしなくては。

>>12
直訳と超訳で、filesystem の訳が「ファイルシステム」から「ディスク」に変わってる。
自分が窓厨なんで気になるんですが、Linux 的には何か違うのかなぁ。
手元の「怒涛のLinux Q & A」には、「ディスクフォーマット(ファイルシステム)」(p.89)って書いてあります(初心者向けの本なのでぶった切った説明してるのかもしれません)。
 特段の事由がなければ、直訳のほうを取った方がいいかも??て気がしますけれど。
 諸学兄いかが召される。

64 :きょうはここまで:2001/07/05(木) 23:24
>>16
第一パラグラフのみ。
定番の突込みどころ「マタ〜リ」は、全角もしくは半角かなで「マターリ」??
ここでは、「幸せになる」って言う意味??

一パラ、最後のところのみ、
「誰がこの文書を読んでリンクを貼るのかを知らせてもらえると、幸せになれるからです。」

ヲレの CPU のんびりなので、今日はここまでにします。 

65 :login:Penguin:2001/07/06(金) 02:43
この無駄の作業まだやってたの(驚嘆!)

66 :login:Penguin:2001/07/06(金) 22:34
途中まで私が SGML 化してあったのを、●●さん (本人の意思により匿名)
が最後まで完成させてくださいました。

* HTML 形式
http://linuxlovers.yi.org/softarc/translations/FDU/
http://linuxlovers.yi.org/softarc/translations/FDU/original/

* SGML 形式
http://linuxlovers.yi.org/softarc/translations/FDU/FDU.sgml
http://linuxlovers.yi.org/softarc/translations/FDU/original/FDU.sgml

あとは誤訳のたぐいと妙な日本語かないかどうかのチェックですね。
(61 以降の校正はまだ反映していません)

訳者の皆さん、お疲れ! 今後も気楽に逝きましょう。

67 :login:Penguin:2001/07/06(金) 23:42
わーい!これは見やすいですね!
ぺんぎんさんありがと〜☆

68 :login:Penguin:2001/07/08(日) 02:35
FDU が更新されたようです。(v1.7 -> v1.8)

最新版
http://www.linuxdoc.org/HOWTO/mini/FDU/index.html

v1.7 と v1.8 との diff
http://cvsview.linuxdoc.org/index.cgi/howto/docbook/FDU.sgml.diff?r1=1.5&r2=1.6

+1026 行 -161 行だそうです。分量が多いので、v1.7 を一旦完成させ
た上で、改訂という手順でしょうか?

69 :login:Penguin:2001/07/08(日) 11:57
>>68
変更点多すぎ。打つだ。

70 :login:Penguin:2001/07/10(火) 03:07
 

71 :login:Penguin:2001/07/17(火) 20:01
>>68
●●さん (本人の意思により匿名) が訳文を V1.8 に追従させて
くださいました。URI は >>66 のままです。

報告が遅れてスマソ

72 :login:Penguin:2001/07/17(火) 23:35
匿名様、71様、拝見します。今週は何とか?読めるといいのですが。

73 :login:Penguin:2001/07/18(水) 21:52
で、diff って1.5 と 1.6ってなってるように見えるんですが。??

74 :login:Penguin:2001/07/19(木) 23:16
原文に付いてるバージョンと、CVS でのバージョンが違っているだけ
のようです。CVS 1.6 の中身は原文 1.8 です。

76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)