5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

          *         

1 : ◆LZLRuzPQ :02/08/25 17:28 ID:oJPf5pk5
僕は以前、タイに住んでいた時期があった
そんな中で、とある売春婦に恋をした。
好きだったので、僕は彼女とメールのやり取りをした。
僕は、そう、多分、彼女の事が大好きだったのだ。
でも、彼女はきっと、僕の事はそれほど好きじゃなかったと思う。
ネットをやっていれば、頻繁に彼女の事が出てくる。
「結構、人気有るんだ。」
そう思いながら、ちょっと落ち込む。
「そういう仕事だからな。」
自分が好きになった女の子が、仕事とはいえ、
見ず知らずの男に体を開いてる。
その現実を思い知らされるたびに、現実を確認する。
そして、そんな時、僕は決まって、酒を飲んでいる。
止めれば良いのに、「BAKA」なんてメールを彼女宛てに送ってしまう。
だれが馬鹿なのか?
きっと僕が馬鹿なんだ。
僕は彼女の本当の名前は知らない。
それでころか、誕生日、住所、生活。とにかく、何も知らなかった。
ただ、金を払って、彼女の体を短い時間買っていたに過ぎない。
束縛する理由も無ければ、資格も無い。
「悪の種から育った芽は、決して善の実を結ばない。」
そんな言葉を離婚した前妻から聞いた事があった。
彼女はクリスチャンで、聖書にこんな話があったような気がする。
金で体を買った事実は、悪の種としてまかれた物で、
たとえ、僕がどんなに芽を育てても、
決して善の実を結ばないのだ。
そんな時、彼女は僕に、こういった。
「いつか、この仕事をやめるの。
そして、普通の仕事をするの。
学校に行けたら、行きたいの。
でも、2年間は恋愛なんてしない。
2年したら、誰かを好きになれるかもしれない」
彼女は今の現実を消し去りたいと望んでいる、
そして僕は、彼女の現実を知っている。

2 ::02/08/25 18:27 ID:E1Sl5c0G
誰でもすくなからず、そんな感じなのでは・・・。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)