5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【伝説】保田圭がそばにいる生活【再び】

1 :ななし:02/03/31 04:22 ID:AsVoeUdT
伝説復活?

2 : :02/03/31 04:24 ID:Ya8M49bq
2だけど

3 :名無し:02/03/31 04:26 ID:AsVoeUdT
http://www.ah.wakwak.com/~yosk/meicos/soft/yasulife.html
http://www.ah.wakwak.com/~yosk/meicos/soft/life1.html
http://teri.2ch.net/mor2/kako/978/978316551.html
http://homepage.mac.com/petit_mac/yasuda.html

↑過去ログ

4 :名無し募集中。。。:02/03/31 04:26 ID:AH6VkN/S
名スレの予感。...っと

5 :梨華:02/03/31 04:28 ID:2w/CCctR
( T∇T)<人が居ないって悲しいね。

6 :名無し:02/03/31 04:31 ID:AsVoeUdT
まあ、気長に待ちましょう。
ヤスヲタならスレッド名だけで脊髄反射するはず。

私もいくつかネタを考えることにします。

7 :りっかちゃんでし:02/03/31 04:42 ID:v//QeRKd
おばちゃんがそばにいる?
オエェ〜、想像しただけで吐き気がするっ!
まだ生ゴミに囲まれて生活するほうがマシだよっ。


8 :名無し募集中。。。:02/03/31 04:53 ID:1cyfBnxv
>7
このスレを知らんようなド新参は半世紀ROMってろ。

9 :マタ〜リイイ!:02/03/31 04:56 ID:LTKGljIL
 コンビニの深夜にバイト

「あっ!いらっしゃい。 あのさぁ、私またオーディション
落ちちゃった  はは3回目。」
「だいじょぶ! 俺7回落ちた。」
「・・・・・あっ、チ○ルチョコ(10円)食べる?」

 そんな保田

10 :名無し募集中。。。:02/03/31 06:09 ID:M3/yko7a
変わり映えのない生活、自分に合わない仕事。
そんな日々が嫌になって、そこそこ名の知れた企業を辞めて…

…タクシーの運転手になった。

同窓会で久しぶりに会った仲間たちにその事を打ち明けた時

唯一驚く事もなく
「○○君らしいね。」
そう言ってニッコリ笑ったあの子。

それが保田。

11 :◆WinMe5JU :02/03/31 06:10 ID:yEX6QV4J
真スレおめ〜!!

12 :ねぇ、名乗って ◆keicfUL. :02/03/31 12:18 ID:MWNU9MYX
いいな〜…保田がそばにいてくれたら…マジで…

13 :Mr.Foon:02/04/01 03:08 ID:xecN9CJt
眩しい朝日。
昨夜、ついに俺たちは永遠の愛を誓った。
鼻歌と共に聞こえる、まないたの音。

「あ・・・起こしちゃった?もうすぐご飯出来るからね!」

振り返って見せたあどけない微笑み。
・・・圭の為なら俺は死ねる。
そう思わせる女の子。



それが保田。

14 : :02/04/01 03:28 ID:cVSb9Soj
復活超絶におめ
最近ほんとやっすーって良いよね。

まだネタがおもいつかないよw

15 : :02/04/01 03:37 ID:bWenuUTQ
( `.∀´)<チロルチョコは20円よ!!!

16 :Mr.Foon:02/04/01 03:47 ID:xecN9CJt
いつも公園にある、大きな木の下で遠くを見てるアイツ。
晴れの日も・・・雨の日も・・・雪の日も・・・
気になって声をかけてみた。

「いつもココにいるけど・・・何を待ってるの?」
と、尋ねると淋しそうな表情を見せたアイツ。


“俺はソイツの代わりになれるのかな?”

17 :名無し募集中。。。:02/04/01 05:42 ID:YwQe1Jxp
僕が落ち込んでるとき、何も知らないはずなのに必ず電話を掛けてくれる君。
「そーだとおもってた!」で何度僕は癒されたか。
僕も君みたいな勘が欲しいな。


それが保田。

18 : 9:02/04/01 06:11 ID:VSaf8o1X
「くぅ〜! もうくえねえ。」

そんな保田イイ。

>>15 圭ちゃんありがとう! 普通に知らなかったよ。
>>16 ちと寂しいけどイイ
>>17 あったかいイイ

19 :名無し:02/04/01 06:53 ID:qgV0jDhR
今まで恋人どころか友人もなく、家族とさえロクに会話もなかったおれに初めて出来た彼女。
 彼女とふたりきりでいる時、おれはいつもの暗い顔を忘れて、心からの笑顔になれた。
 ・・・そんな彼女とある晩に、ふたりでお茶を飲みながらお喋りを楽しんでいた時、夢中になって喋り続けるおれの話を、しずかに微笑しながら聞いていてくれていた彼女が、その微笑のまま、暖かい声でポツリと言った。
 「ほかのみんなにもその笑顔を見せてあげたら、きっと友達がいっぱい出来るよ・・・」
 おれは急に胸が詰まって、目頭が熱くなって、「うん、うん・・・」とうなずくことしかできなかった。

それが保田

20 :ななし娘:02/04/02 01:22 ID:+XUMIIOO
なんか前に比べて主人公が鬱なの多いな

21 :名無し募集中。。。:02/04/02 08:32 ID:++Q+3eWl
>>20
前もそんなもんだろ

22 : :02/04/02 19:39 ID:OvH1IIXn
頭使うんだよなあこのスレ

23 :名無し募集中。。。:02/04/04 00:05 ID:TB06LtIA
( `.∀´)全

24 :名無し募集中。。。:02/04/04 09:45 ID:qmAzDQ9u
2人でブラブラ散歩してたら、でっかいランドセルの新入生達が元気に歩いてた。
「可愛いなぁ・・・ね?」
「ん?あぁ・・・」
子ども達を見つめる目がキラキラしてて・・・うっかり見とれてた。
いつかは、こいつとヲレの子ども・・・。
そんな妄想をさせる女。

それが保田。

25 :チャ―ミー:02/04/04 10:05 ID:QWE2OzAs

     (\(\
      ヽ、\ `、
        ヽノノノヽ
        ( `.∀´)<良スレ、見つけた・・・
      (^/ つ_つ
       (   ノ
        し'し'

    彡
.‐'"´

26 :チャ―ミー:02/04/04 10:21 ID:QWE2OzAs
あなたの為に、私は一緒にいない方がいい
私が身を引く事で、あなたが幸せになれるのなら・・・
あなたの事が、あなたの事が好きだから、別れを選んだ私を
離れていく私を許して下さい・・・・

そう言って身を引く女、それが保田。

でもね、それは違うよ、たとえどんな事情や理由があっても
そうする事で、いくら僕が出世しようと、成功しようとも
そこに君が居なければ、僕は幸せになんか、なれはしないんだよ

おバカさん・・・・


27 :名無し募集中。。。:02/04/04 10:42 ID:qmAzDQ9u
「もう・・・ちょっとは片づけなさいよ。ったく・・・」
 ぶつくさ言いながらヲレの部屋を片づけ始める。
「おい。そこまで徹底的にやらなくていいって」
「ウルサイ!手伝わないんなら、ちょっと黙ってなさい」
「・・・はい」
 嫌々始めたはずが、やり始めると夢中になっちまうんだから。
 まったくお前らしいよ。

「あ!ちょっとこれ何ぃ?!」
 やべっ!エロ本見つかっちまった・・・。
「いや・・・それは・・・そのぉ・・・」
 ペラペラめくって、ヲレをでっかい目で睨み付ける。
「こういうのがお好みなわけ?」
 ジリジリと追いつめられる。
 絶体絶命。

「・・・私じゃ・・・ダメ?」
 返事をする間もなく、軽くキスをされる。
 声もないヲレ。
「私のこと・・・スキ?」
 ほんの少し照れが見える目で、ヲレを見つめる。
 くそっ! 可愛いじゃねぇか。
 こりゃもう、大きく頷くしかないだろう。
「じゃ、これはいらないね♪」
 エロ本は、ゴミ箱へ直行。
 あぁ・・・サラバ、ヲレのエロ本よ。
 ヲレを見つめる爽やかな笑顔が、ちょっと恨めしい。

 それが保田。

28 :nanasi:02/04/04 13:17 ID:M5PStnTf
甘酸っぱい

29 :名無し募集中。。。:02/04/05 10:00 ID:71UDkcUd
 近くの公園に、遅めの花見に出掛けた。
 案の定、ほとんど花は散っちゃって、お情け程度に枝に残る薄紅色。
「散った桜なんてつまんねぇよなぁ・・・」
「いいからこっち」
 ぼやくヲレの手を引いて、あいつは桜並木の奥へと踏み行っていく。
 見上げて探しても、そこもやっぱりチラホラ桜。
「何だよ、しけてるなぁ」
「違うよ。し・た!」
 見ると、踏み荒らされずに広がった薄紅色のじゅうたん。
 その1枚を指で拾い摘んで、透かし見るようにヲレに差し出す。
「可愛いね」
「・・・あぁ」
 一面に広がる桜のじゅうたんをバックに、ほほ笑みが輝く。

 それが保田。

30 :名無し募集中。。。:02/04/06 00:06 ID:5Z0Q2oao
風邪をひいて寝込んでいる俺の家まで見舞いに来てくれた
「寝てていいから」と言って
頼んでもいないのにお粥を作ってくれている
「料理あんまり得意じゃないんだけど・・・どう?」
と不安そうに俺を見つめる。
「おいしいよ、ありがと」と俺はそっけなく返事をしつつ
音がしないように気をつけて玉子の殻を噛み砕いた

それが保田

31 :名無し募集中。。。:02/04/07 10:25 ID:vUwq4Kjh
( `.∀´)<グフフ

32 :名無し募集中。。。:02/04/08 10:43 ID:0vh8IitZ
「最っ低!」
「痛っ」
 思いっきり頭を叩かれた。
 …でもしょうがないよな。
 全然覚えてなかったんだから…今日がつきあい始めて1周年だったなんて。
 叩かれたことよりも何よりも、あいつが涙をいっぱいに溜めてることの方が、ヲレの胸にキリキリとした痛みを呼び起こす。
「…ごめん」
 いつになく素直に頭を下げたけど、あいつはクルッと背を向けて項垂れてる。
 こんなヲレが触れても良いのか…それでも後ろからソッと抱き締めて……。
「……こら…」
「ごめん」
 暴れてヲレの両手から逃げ出す。
「反省してるなら…正直にはけ!」
 はぁ?何を?
「…それくらい、自分で考えろ!」
 やべっ。また怒らせた。
 えぇ〜と、えぇ〜と……。
「ごめん。記念日、忘れてたのは本当に悪かった」
 上目遣いにヲレを睨んでる。
「でもさぁ…お前が一番大事だってことは…忘れたことないぜ?」
 くっさぁ〜!
 自分で言ってて鳥肌が立ちそうだ。
 でも、あいつはニッコリ笑った。
「今度忘れたら承知しないから」
「うん」
 まったく。
 ロマンチストと付き合うのも楽じゃないな。
 …ま、そんなとこも可愛いんだけど。

 それが保田。

33 :名無し募集中。。。:02/04/08 22:12 ID:/bs37GgH
( `.∀´)<フヘヘ

34 :名無し募集中。。。:02/04/08 23:22 ID:R1Tw5W8w
食事をして店を出る
歩きながら話をしていると少し小走りに俺の前に出る
立ち止まったかと思うと振り返って目を閉じた

それがキスを求めているのだと分かるのに一瞬タイムラグが有ったが
辺りに誰もいないのを確認してから近づいていく
徐々に近くなる顔、唇

と、急に顔を赤くして後ろに下がり、何事も無かったかのように歩き出す
少し歩くと、俺はポケットに入っていたガムに気づいて一枚渡す

焼肉食った後だもんな

それが保田

35 :名無し募集中。。。:02/04/10 01:22 ID:MA89OlMT
( `.∀´)<何でですか〜

36 :名無し募集中。。。:02/04/11 21:41 ID:T42KHd9q
( `.∀´)<・・・

37 :関西人Z:02/04/12 01:38 ID:Gg+y7bmN
彼女のステージ、僕は字の如く魅了された。

ロック調の歌を激しく歌ったかと思えば、
バラード調の歌を切なく歌う。

全ての歌に感情がこもっていて、とても伝わってくる。

あー、ホントに彼女は歌が好きなんだなぁ。

全て歌い終わり、流れる汗をタオルで拭う。
拭った後、彼女の笑顔がそのステージの出来を表している。

「また来てねー!」

その言葉に観客全員から『おー!!』との声。

彼女は体中を使って喜びを表し、みんなに手を振った。

それが保田

38 :名無し募集中。。。:02/04/12 15:50 ID:OuRnBONV
 初めてのデートなんだぜ?
 それなのに・・・。
「この子のお母さんいませんか?!正一くんのお母さ〜ん!」
 なんでこいつは、迷子の手を引いて親探しをやってるんだ?
「ちょっとほらっ!あんたも一緒に探しなさいよ!」
 ヲレもかよっ?!
 デートに来たヲレが、なんで・・・。
「ブツクサ言わない!」
 へいへい・・・。

 結局、そのガキの親が見つかったのは1時間後。
 もうヲレくたくただぜ。
 しっかしこいつは・・・。
「正一くん、お母さん見つかってよかったねえ」
 なんでそんなに元気いっぱいなんだよ。
 それに・・・なんでそんなに優しい目をしてんだ?
 その目を見てるとさあ・・・ま、いいかって思えてくるんだよ。

 それが保田。

39 :名無し:02/04/12 15:58 ID:kTFlEjv5
まむこ


40 :名無し募集中。。。:02/04/13 01:43 ID:cBRXPRwj
出張の帰り、駅のホームで何年かぶりに見た横顔。
髪が伸びて化粧も巧くなって綺麗になった彼女。
変わったんだなと寂しくなる…
何もできずに呆然と見ていると視線に気付いたのか目が合う。

「…久しぶり…だね。」
「…あぁ…うん。」

お互いに幼かったからどんな些細なことでも幸せで楽しくて…
でも、お互いに幼過ぎたから終わってしまった恋。

そんな風に感傷的になっていたら…
君は苦手なジョークを並べ始める。
変わってないな…俺にまで気を使うことないのにさ。
気まずいなんて思ってなから。

「ぜんぜん面白くねーぞ。変わってねーなぁ。」
「…うっさい。ばーか。あんたのほうが変わってないわよ。」

変わらない笑顔よりも、相変わらずの口の悪さに安心してる俺。
もう一度やり直せるかも知れないって思うのは虫が良すぎるかな…。

それが保田


41 :名無し募集中。。。:02/04/13 02:38 ID:AO7jTNYn
狩でやった方がよくない?

42 :名無し募集中。。。:02/04/13 02:42 ID:vjeAp02I
>>41
なんでだ?
ここでもいいんじゃねーの?

43 :名無し募集中。。。 :02/04/13 02:56 ID:LdJczuSG
いつまでたっても馴れない仕事。
いつまでたっても馴れない東京。
いつまでたっても馴れない一人暮し。

上手くなったのは、愛想笑いとスーパーの安売りをチェックすることくらいか・・・。

桜も葉桜になろうとしている4月のある日。隣の部屋に引っ越して来た彼女。
今どき両隣と上下の部屋に挨拶周りするヤツなんて居ないって。

「今度隣に越してきた者ですけど。近くに男の人の知り合いが居ると安心なので。
 これからお願いします。」

なんて無防備なコなんだ。周りに、女の子の一人暮らしです!って宣伝してる
様なものなのに・・・。

半ば呆れながらも、彼女の笑顔に何故か胸がトキメイタ。
 
こんなコが隣に住むなんて。東京も、一人暮らしも悪くないな。

そんな事を考えながら。こちらも笑顔で言葉を返す。

彼女が帰ってしばらくたった後、ふと気付いた。
久しぶりに、自然に、笑顔がでたことを。

桜はまだツボミになったばかりのようだ。

それが保田。

44 :名無し募集中。。。:02/04/14 01:43 ID:iRTqHPrP
http://teri.2ch.net/mor2/kako/978/978316551.html
で もういくつ寝ると名無しさん(ISUD230A)が書いてらした
もの(ぺったんこさんの本編に対する外伝として、と言って
いた)の続きって、どこかにあるのでしょうか?

もしもあるなら猛烈に読みたいです。

45 :ぺったんこ:02/04/15 03:19 ID:l6o46m0w
「…なぁ…」
「ん?」
「…キスしようぜ」
「………なに言ってんの?」
「ここでさ、キスしようぜ」
「あんたバカじゃないの? ここどこか解ってんの?」
「駅のホーム」
「ちゃんと解ってんじゃないのよ。そんなの無理に決まってるでしょ」
「…したくなっちゃったんだよ…」
「……本気?」
「本気。マジ本気」
「…ていうか、いっぱい人いるんですけど…」
「構わないって。みんな意外と見てないもんだから」
「……そんな訳ないでしょ。イヤよ。こんなと……ン………」

最後はちょっと強引に。

それが俺の手段。
それが保田の弱点。

46 :ぺったんこ:02/04/15 03:21 ID:l6o46m0w
とりあえず新スレ記念に一本。

ていうか、必ず立ちますねぇ。このスレッド。実に根強い。

47 :名無し募集中。。。:02/04/15 23:01 ID:abxxBahw
>>46
アンタを待ってんじゃないのかい?
以前のスレにもそんなカキコがあったよーな……
つうか、相変わらず他人事ちっくな姿勢だねえ(w

大量に書いてた名無しさんが戻ってくれば、
またこのスレも賑わうのかもしれないね。
まあ、おいらはもう書かないのでどうでもいい人なんですけど。

48 :ぺったんこ:02/04/15 23:24 ID:l6o46m0w
>>47
いや、だってモー板が分裂する前から存在してるスレッドなんて
そうないと思うから。マジで根強いと思った次第。

それに、他人事とかそういうんじゃなくて、漏れは常にお客さんの
立場だと思ってるから。書きたい時に書く。読みたい時に読む。
義務になっちゃったら、書く行為そのものもつまんなくなるし、出
来上がり読んでもつまんない。これは経験済みだから。

だいたい保田のキャラが明確になってきて、あれこれ想像巡ら
せる事できなくなっちゃったからなぁ…

49 :名無し募集中。。。:02/04/15 23:31 ID:C7q1WESz
>>48
なるほどね。
でもお客さんするには期待されすぎちゃって、
そこはツライとこなのかも。

保田キャラの確立について、は気にしなくてもいいんじゃない?
日常的な萌え要素で、イメージに合うものだけを
選んで書けばいいんだし。
今現在のキャラクターに縛られる必要もないでしょう。

そんなこと言っても、おいら自身もう娘ネタを書くのに飽きちゃってるんで、
貴方に強要する気など毛頭ないんだけど。

50 :名無し募集中。。。:02/04/15 23:33 ID:C7q1WESz
読点が変なトコに付いてる。     鬱だ……

51 :ぺったんこ:02/04/15 23:43 ID:l6o46m0w
>>49
回顧厨禿しく申し訳ないんだが、初期のこのスレッド立った頃
って、キャラの出てない保田は本当にミステリーな存在だった
訳で(ワラ だから、学園モノでも会社モノでも、なんでもいいか
らキャラに保田を放り込んだら、だいたいは「うん。保田っぽい」
って事になってたんだけど、今じゃキャラ立ち大明神だしね(ワラ

それに、読んでる人もどんどん新メン寄りの人になっちゃって
来てると思うから、ベタな恋愛モノとかにあてたとしても>>7みた
いなリアクション帰ってきて終了、みたいなね。

52 :名無し募集中。。。:02/04/15 23:54 ID:C7q1WESz
>>51
う〜ん、分からんでもないんですけど、
保田萌えスレとして今でも支持されてるからこそ、
こうして何度でも甦るのでしょう。

ミステリー部分の味わいが無くなったといえば
それについて否定はしませんが。

新メン寄りに関して言えば、過去はむしろ
叩きを平然と返してこその保田スレではありませんか?
そして未だに保田萌えの人が、こうして何度スレが氏んでも
雑草のように甦らせちゃうわけですが(w

53 :ぺったんこ:02/04/16 00:07 ID:hgJO0Ck/
>>52
確実に人の入れ替わりがある。だけどスレッドは生き続ける。
つまり、2ちゃんのスレッドから保田萌えになる人着実に増え
ている、と。

すげぇなぁ(ワラ

で、このスレッド見てまた保田萌えが増えるって算段。恐ろし
すぎると思う訳ですが(ワラ

54 :名無し募集中。。。:02/04/16 00:10 ID:Sj3Vh3h6
>>53
う〜ん、、、同意です(w
なにしろ雑草ですからね。

まあ、なにかまた思いついたら、
気負わずにネタをやってくださいよ。
このスレって、なぜか書きたい人より
読みたい人が立てるスレみたいですから(w

55 :ぺったんこ:02/04/16 01:47 ID:hgJO0Ck/
>>54
ま、適当にやりますわ

56 :名無し募集中。。。:02/04/16 03:42 ID:s94+a9Pf
まあ、もっともプラトニックなモー想空間なので。
そういや「それが石川」とかもあったけど。
その辺も、もはや味わいがないかもね。チャーミー板についてるからねえ。

57 : :02/04/17 00:38 ID:8Uy7HNLh
狼でやってるから意味があるんじゃないの?

58 : :02/04/17 00:41 ID:8Uy7HNLh
わりい、狼じゃねえ〜や
氏んで来る

59 :名無し募集中。。。:02/04/18 10:04 ID:DjrwlOPD
( `.∀´)

60 :名無し募集中。。。:02/04/19 04:13 ID:7TQl37CC
もう落ちちゃうの?

61 :名無し募集中。。。 :02/04/19 23:27 ID:LUWHFMPA
ボッキage

62 :名無し募集中。。。:02/04/20 05:09 ID:JsWig43n
落ち込んで泣きそうなとき、コーラをイッキ飲みする女

それが保田



63 :名無し募集中。。。:02/04/21 10:27 ID:XTcVmuUe
くそ、良スレなのにネタが思いつかない。鬱だ。

けどPC前の俺の隣で慰めてくれそうな女。それが保田。

邪道でスマン。>>46-56あたり読んでいてもたってもいられなくなった

64 :ねぇ、名乗って:02/04/21 18:32 ID:3fhTTX3p
>>3
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1002/10024/1002436106.html

65 :ねぇ、名乗って:02/04/21 23:38 ID:P28O93DD
残業の俺に「何か手伝うことない?」と聞いてくれる。
「いいよ、別に。」と言ったのにコンビニに行って夜食の弁当を
買ってきたりしてくれる。

それが保田。


66 :名無し募集中。。。:02/04/22 00:37 ID:KD3A4Vnf
>>63
>>47>>49-50>>52>>54はおいらなんですが、
気に触ったらすまなかった。
単に奮起したのなら、がんがってください。

67 :名無し募集中。。。:02/04/22 17:24 ID:lpdY0ZxV
「何だよぉっ!」
 乱暴に言い放つ言葉が、何故かピッタリ来る。

 それが保田。

 そのくせ、その時の笑顔が妙に女を感じさせる。

 それも保田。

68 :ぺったんこ:02/04/23 02:06 ID:wJ8lg6v8
妙にテンション高かったデート。
帰り道、俺の腕を掴む保田の両手にギュッと力がこもる。

「…帰りたくない…」

保田の小さな呟きが、夕暮れの道に溶けていく。
俺は歩みを止め、保田を見つめる。

吸い込まれそうな程の大きな瞳。
俺はなんだか、急に保田のことが愛しくなって、
力いっぱい保田を抱きしめた。

「…離したくない…」

俺も小さく呟いた。


もう、二人に言葉はいらなかった。



69 :ぺったんこ:02/04/23 02:07 ID:wJ8lg6v8
…ちょっとキレイすぎたか…

寝よ…

70 :名無し募集中。。。:02/04/23 11:58 ID:aV16kE5m
 いつもと同じ肩出しキャミのあいつ。
 でも今日みたいな雨の夜は寒いだろうが。
 二の腕をさすっているのを、ぎゅっと抱いてやる。
 一瞬びくっとしてヲレの顔を見上げて、ふっと笑った。
「あったかい…」
 頭をそっとヲレの方に預けてきて……。
 柔らかな感触が愛しい。

 それが保田。

71 :名無し募集中。。。:02/04/25 01:22 ID:CburBFdh
( `.∀´)

72 :ぺったんこ:02/04/25 23:10 ID:FGMmr9Xk
「なぁ」
「…なに?…」
「俺のさ、ドコ好きなの?」
「…」
「……」
「…全部よ」
「…あ、そう…」

テレビを見てる俺。
その後ろで雑誌を読んでる保田。

なにげない、昼下がり。
なにげない、愛のサイカクニン。

73 : :02/04/26 21:22 ID:lhOC66yG
はずれ

74 :名無し募集中。。。:02/04/28 00:13 ID:h0iRM0Ng
俺は好き

75 :triste:02/04/28 01:22 ID:hysfRlcX
「ねぇ、ご飯粒ついてる」
「え?」
「…そっちじゃなくて、反対」
「……取れた?」
「もー、違うって。ここ」

そう言いながら、唇の横の米粒を指で掬い取る。
そしてそのまま、自分の口へ運んでしまう保田。

「…っ、普通食うか?」
「あ、…弟にいっつもやってるから〜…」

バツの悪そうな保田と、内心ドキドキしている俺。

76 :名無し募集中。。。:02/04/29 15:16 ID:EFDPxWTi
( `.∀´)<フヘヘ…

77 : :02/04/29 22:48 ID:sDFRgCln
好きやなぁ、このスレ。

78 :新スレおめ:02/04/30 00:48 ID:WKQqZAgX
「ねぇ、保田さんさぁ」
「・・またその呼び方」
「あ、ごめん・・」

付き合って1週間。ちょっと年上だから自然と名字にさん付け。
ただ単に、呼ぶのが恥ずかしいってのもあるけど・・・

「いい加減名前で呼んでよね〜」
「いや、でもさ・・」
「言い訳するなぁぁ。」

そんな怒らなくてもいいのに。しょうがないなぁ・・・

「・・名前で呼ぶのか?」
「うんっ」

満面の笑顔。ますます恥ずかしいじゃんか。

「・・・圭ちゃん」
「はぁい♪」

その笑顔で腕にしがみついてくる。呼び捨てだと顔真っ赤にするくせに。
これからはちゃんと呼んでみるかな。

それが保田

79 :名無し募集中。。。 :02/04/30 00:57 ID:pUfCTZyZ
>78
めっちゃ萌える♪
漏れの方が年上だが(w

80 :ぺったんこ:02/05/01 02:02 ID:3HK8EoS1
つけっぱなしの電気。
きれいに並べられたカレー皿。
すっかり巻き戻ってしまっている『ショコラ』のビデオ。
リモコンを右手に持ったまま、ソファで寝息を立てている保田。

起こさないようにそっと横に座る。
その寝顔を見ながら、ビールを開けて一口飲む。

何もしてくれなくていい。
ただここにいてくれるだけでいい。
残業の疲れだって、会社のストレスだって、
吹き飛ばしてくれる。癒してくれる。

「…ん…ぁ…おかえりなさぃ…」
「うん…遅くなってゴメンな」
「…カレー温めるね…」

キッチンに立っていく姿を見ながら思う。

ただいてくれるだけでと…





81 :名無し募集中。。。:02/05/02 20:37 ID:++/LCnYV
( *`.∀´)<なんだよぉ〜

82 :名無し娘。。。。:02/05/03 00:10 ID:nesHLSSL
( `.∀´)y-~~~ <保全よっ!

83 :付き合い始めて2ヶ月。:02/05/03 00:29 ID:YzwwkZRK
お互い子供じゃないんだし、もうそろそろ……と思い、彼女を部屋に誘った。
卒業アルバムを見せるという定番の手段で、それなりに盛り上がる雰囲気。
そっと肩に手を回して、何度目かの口づけを交わす。

密着させた身体を、少しずつ押し倒す。
と、胸元のボタンをはずしていく俺の手に、おずおずと重なる小さな手。
押し留めるように、きゅっと握り締められて。

「……お母さんに叱られる……」

耳元に、泣き出しそうな呟き。
かなり厳しいと噂の、彼女の母親の顔が脳裏を過ぎる。

――違うよ、萎えたとかそんなんじゃないんだ。
ただ、オマエって意外と、まだまだ子供っぽいところがあるんだな……なんて。
そんなふうに思っちゃったら……要するに……可愛いじゃねーか。ちくしょう。

猫みたいな上目遣いと、赤く染まった頬。
俺の視線に気づいて、慌ててシャツの前をかき合わせる彼女。

それが保田。

84 :名無し募集中。。。 :02/05/03 11:59 ID:QCKbrhGK
・・・あれからもう何年経つのだろう・・・。
気が付けばあなたはそこにいた。

純白の絹糸を纏い闇を舞う美しいあなたは意地悪・・・。

僕を決して抱き寄せようとはしてくれない。
でもふしぎな力で僕は雁字搦め。

僕はあなたを見ているしかないんだね。
じゃあずっと見てる。いつまでも見てる。
あなたがずっとそのままでいてくれるのなら。

でも僕を「月」なんてよばないで。照れちゃうな・・・。
まあ悪くはない。

さあ、踊ろう。

THE BEAUTIFUL PLANET だーやEARTH


85 :名無し募集中。。。 :02/05/03 19:47 ID:4j4GUnFF
ごめん、>>84は無視して(^^;


・・・あれからもう何年経つのだろう・・・。
気が付けばあなたはそこにいた。

純白の絹糸を纏い闇を舞う美しいあなたは意地悪・・・。

僕を決して抱き寄せようとはしてくれない。
でもふしぎな力で僕は雁字搦め。

僕はあなたを見ているしかないんだね。
じゃあずっと見てる。いつまでも見てる。
あなたがずっとそのままでいてくれるのなら。

でも僕を「月」なんてよばないで。照れちゃうな・・・。
まあ悪くはない。

さあ、踊ろう。

THE BEAUTIFUL PLANET,EARTH「保田」







86 ::02/05/05 09:35 ID:IdMgqRY0
>>83GODD!


87 :名無し募集中。。。:02/05/06 15:15 ID:9NUdabiL
彼女は料理が苦手だという
俺は学生の時から一人暮らしだったから

彼女は働くのが好きだという
俺は人見知りが激しいから

彼女は毎日顔を会わせたくないという
俺は帰ってくるかもという期待が生きる糧だから

彼女は笑顔を見せたくないという
俺は愚痴聞くの嫌いじゃないし

彼女は一人で寝たいという
俺は彼女の寝顔を見るのが好きだから

彼女は朝早く出かけるという
俺は・・・いつ帰ってくるのとは訊かない
帰ってくるのさえわかればいいから

それが保田

88 :。。。:02/05/06 15:24 ID:E82RDGof
ここは楽しいでんな

89 : :02/05/06 15:25 ID:4TkcHvaI
あー、キモイ
オエッーーー
きみたち、正常?

90 : :02/05/06 19:37 ID:Ccc7O5WD
>>89
せっかくこのスレ見つけたんだから
スレのたたずまいって奴を味わってみろよ

91 :ふねふね将軍:02/05/06 22:53 ID:rVq0nPzf
さっきはちょっときつく怒り過ぎたかな・・・。
体操座りでうなだれるあいつ。

「・・・なあ、さっきはごめんな。つい言い過ぎちゃってよ。」
「・・・・」
「おい、何とか言えよ〜。ほんとにごめんて。」
「・・・・」

あ〜あ、こりゃ怒っちゃったかね、このふてくされブスめが。
ちょっと後ろから抱き付いてみようか・・・。
ガバッ!
「んァアアア!!」
そんなに嫌がるなよ・・・。

やれやれ、俺は後ろからあいつの肩を優しく抱き耳元でつぶやく。
「なんかうまいもんでも食いに行こっか。」
「行く。」

それが保田。

92 : :02/05/06 23:17 ID:IUK5IO9q


93 :名無し募集中。。。:02/05/08 02:21 ID:+mOoaq1k
( `.∀´)

94 :ふねふね:02/05/08 10:36 ID:71eFrxlJ
>>91の続編

二人で車に乗り込む。ブロロロロロ・・・・
「・・・さっきはごめんな。」
「もういいよ。気にしてないから。」
そう言って微笑むお前がちょと可愛い。
「さーて何食いに行こうかな〜。今日はおごるから。すかいらーくはどうよ?」
「え〜、〇〇ホテルのバイキングがいい〜ん!中華バイキングだよ!?ね!ね!」
「あそこは高いんだよなー。どしよかな。」
「いこ〜よ〜!あんだけ私を傷つけてくれたんだからそれくらいのことは
 しなさいよ!」とにこにこ顔のお前。

ハァ?お前さっき気にしてないって言ってたんじゃなかったか??

へいへい。結局俺は金がないなんて言い訳もできずにバイキングにいきましたとさ。

イツカシメテヤル

それが保田。

95 :名無し募集中。。。:02/05/10 03:27 ID:F+NOa2wA
( `.∀´)

96 : :02/05/10 19:10 ID:dbto5A0k


97 : :02/05/10 19:11 ID:TyurQExG
http://muvc.net/adaut/ichiyo.html

98 :ふねふね:02/05/10 22:59 ID:gvZTA4X5
>>94

なんだかんだいっても結構大満足だった中華バイキング。げふっ。
お前のあの食いっぷりはなんだ!!俺もつられて食いすぎたぞ!

ボロロロロロロ・・・・
「せっかく出てきたからちょこっとドライブでもすんべ?」
「うん!いくいく!」
「よし!ひたすら西にいってみようや。GO WEST!」
「♪ご〜うぇ〜すっ!」
「ペットショップボーイズかいな。いいね〜!近頃のペットの曲って・・・。」
ボロロロロロ・・・・

んっ、なんか混みだしてきた・・・。工事か。
左にウインカーをあげる俺。カッチカッチカッチ・・・
「こういう時はね、窓を開けて手を上げて後ろの車に入れてもらえるよう
 にお願いしてよ。」
「へー、そうするんだ。ならやってみるね。」
そういって窓から手を上げるあいつ。すると隙間なく詰まっていた左車線
にすんなり合流成功。やるじゃん。
「やったー!!」
俺のほうに向き直り満面の笑みでガッツポーズ。リアクションでかいなおい(笑)
「ありがとさん。またこういうときがあったら頼むね。」
「うん!弘平は運転する人、圭は手上げる人で役割分担だね!」

この体験がうれしかったらしい。

それが保田。



99 : :02/05/11 22:52 ID:3A7KzyAG
>>98
良いけど・・・


100 :The Happiest Man:02/05/11 23:14 ID:0v6Z5Y04


幸運の連続

 

101 :名無娘。。。:02/05/12 14:59 ID:FcbVuktM
「みんな私にばっかり頼りやがって…」
あいつがぼやいている。

部屋に帰って来るなり、あいつはいきなり愚痴を言う。
いつものことだ。オレは雑誌に目を落としたままやり過ごす。

あいつは頼られている。
年上と言うだけじゃないだろう。
あいつは積極的に前面に出て行ったりはしない。
でもあいつが後ろにいるからこそ、あいつの仲間はトライできている。
ここぞと言うときに助けてもらえるのを知っているからだ。

実力が最上位であることなんか、まわりのすべてが認めている。
だが、あいつは野心よりも老婆心のほうが勝っている。
自分自身のことより他人のことのほうが気にかかるのだ。
だからみんな引け目を感じながら安心して頼ってしまう。
身近な母親として機能してしまうのだ。

あいつは知っている。
頼られるだけの存在にしてしまったのは自分自身だと。
あいつも根っからお母さんキャラをやりたいワケじゃない。
だからこの愚痴はオレに聞いて欲しいんじゃなくて、自分自身に言っているのだ。

あいつの愚痴がひとしきり終わったらオレはおもむろに切り出す。
「焼酎いいのが手に入ったよ。飲む?」
「うん」
憤懣やるかたない体でいたのは演技だったんじゃないのか?
あいつは大きくつり上がった目を細めて答えた。

それが保田。


102 :名無し募集中。。。:02/05/13 00:36 ID:3E/sH8Io
>>101
何か泣ける...

103 :ぺったんこ:02/05/13 22:57 ID:DvBe7e8C
「…ねぇ」
「ん?」
「…このままさ、ウチら帰んなかったらさ、みんなどう思うかな?」
「はぁ?」
「みんなさ、怪しむかな?」
「……試してみっか?」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「…なんてね。なにマジになってんのよっ」


買い出しのコンビニの帰り道。
一瞬訪れた『間』が、俺を男に変える。

「…思い切りさ、怪しませてやろうぜ…」
「……しーらないっ…」

つかんだ保田の手首が、ひんやり冷たかった。

104 :名無娘。。。:02/05/14 03:34 ID:UF2ZMPjM
あいつはやにわにメグスリを引っ張り出してきた。
それを膝の上にのせ。
「よぉ〜っし、準備OK!」

ふたりでビデオを見ようとした。
キャンペーン価格で買ったDVD『ユー・ガッタ・メール』
暗く照明を落とした部屋にラヴソファ。
お手軽映画鑑賞を洒落込もうとしたわけだ。

あいつは缶チューハイにアタリメ、チーカマと、
そしてメグスリを用意し、さっきのセリフをのたまわったわけだ。
ポカンと口を開けてあいつを見た。

「いやだなぁ、こんな感動もの恋愛映画を見てナミダする女のほうがかわいいでしょう?」
あいつは照れくさそうに言う。
「こいつを使えば、いつでも涙もろい女になれるのさ!」

自慢気に言うあいつに、俺は黙って微笑んだ。
俺は知っている。
あいつは泣いている女を演出するためにメグスリを使うんじゃなくて、
泣いている自分を隠すためにメグスリを使うことを。

それが保田。


105 :名無し募集中。。。:02/05/16 15:10 ID:gB1aaG3/
ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ

106 :名無し募集中。。。:02/05/17 23:04 ID:R76lPtFO
( `.∀´)全

107 :名無し募集中。。。:02/05/19 12:23 ID:wqE6vpS5
with love

108 :書き逃げ:02/05/19 15:05 ID:+cU9zwRM
俺は風邪で体調の悪いの保田を、無理矢理ベッドに押し倒した。

「!ちょっ・・・!」
「風邪はうつすと早く治るっていうだろ?」
「そんなことしたら○○くんが・・・・。っていうかダメだよ!」

その言葉も聞かず、かなり強引にキスをする。
同時に服も乱暴に脱がす。

「・・・んぅ・・んはぁ・・・・」
「圭ちゃん・・・・」
「・・・ん・・・○○くん・・・ぁ・・・・」

そのうち抵抗もしなくなって、保田は完全に身体をあずけてきた。
俺はその身体をしっかり抱いて、彼女の敏感なところ、全てを愛撫する。

* * *

こうして保田のカゼ菌は、俺の体内に回ったのである。







109 :ねぇ、名乗って:02/05/20 17:34 ID:3MciFUga
「ごめんな、こんな夜遅くに…。」
「いいって。」
就職活動が上手くいかない俺。

彼女の背中を見つめる。
台所で包丁の音がする。
「!あ。お前、飯は、いいぞ。もう遅いんだから、すぐ帰るし。」
「な〜に言ってんの。折角来たんじゃないよ。食べていって。」

二の句が告げなくなる。

「あとは沸騰するのを待つだけだから。」
リビングへ戻ってくる。
「このエプロン、可愛くない?買ったばっかりなんだ。」
…苦笑、似合わねぇ。

でも

「うん。かわいいよ。」
「…えっ。」

「お前がな」

抱きしめるとシャンプーの香り。

それが保田。

110 :名無し募集中。。。:02/05/20 22:11 ID:IpcPJftC
有料スレ( `.∀´)全

111 :名無し募集中。。。:02/05/20 23:01 ID:oik8bXUK
>>110
カ   ネ   は   ら   え 

112 : ◆5/HD0PbU :02/05/21 12:35 ID:bzSfPGpK










http://ime.nu/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020521-00000006-sks-ent









   

113 :名無し募集中。。。:02/05/21 23:19 ID:9aTvzf+j
>>112
〜圭さん違い〜

114 :ねぇ、名乗って:02/05/22 18:16 ID:FCeQLtaU
hozen

115 :名無し募集中。。。:02/05/23 23:36 ID:1/oHl1Wc
ぁあ〜頭いてぇ・・・こんな時は温かい味噌汁が・・・
二日酔いで目覚めた俺
いつも俺より後まで飲んで俺より先に起きて朝食を作っていたアイツ
台所を見るとやっぱり誰もいない
テーブルの上はカンとビンが無造作に転がっている
独りになっちまったんだよな・・・
迎え酒でもするか。って昔同じ事言って怒られたっけな

居なくなって初めて気づくものがある

それが保田

116 :娘。:02/05/24 19:47 ID:2SWmkgLS
>>115
|.∀´)・・・

117 :保全代わりに駄レス:02/05/24 23:39 ID:Do+UFhgl
そういえば、ワインどこだっけ? アイツが聞く
れいぞうこの中じゃないの? 俺が答える
がさがさと冷蔵庫を探すアイツが言う
やっぱり見つかんないよ〜
すきんだなホントに・・・仕方ないから買ってくるよ 俺が言う
だ〜いすき なんて言って喜んでくれる それだけで十分

それが保田

118 :名無し募集中。。。:02/05/26 02:01 ID:r63JkWfH
( `.∀´)全

119 :名無し募集中。。。:02/05/26 12:04 ID:Lyk05y9f
>>2−5

120 :名無し募集中。。。:02/05/26 12:04 ID:Lyk05y9f
>>2-5

121 :アップルトン:02/05/26 23:32 ID:2U+EUekg
一夏の恋を感じさせるのは石川。
数十年に及ぶ愛を感じさせるのは安倍。
そして、永遠の絆を感じさせてくれるのが保田。

それが保田。 

122 :名無し募集中。。。:02/05/28 00:48 ID:v9YdLe4l
( `.∀´)全

123 :名無し募集中。。。:02/05/28 05:27 ID:wNxW9yU+
いつものチェーン店のコーヒー屋
僕は一人タバコをふかしながらコーヒーをすする
特別旨いわけではないが、なぜか通う
カウンター越しに微笑むあのこの笑顔が見たくて
いつも交わす挨拶は「こんにちは」くらいだけど
その一言が僕の活力になる
そのうち彼女に怒られそうだ

それが保田

124 :名無し募集中。。。:02/05/29 22:55 ID:HwxJMG/+
やすやす

125 :名無し募集中。。。:02/06/01 01:10 ID:fUUSZl/d
( `.∀´)全

126 :名無し募集中。。。:02/06/02 00:03 ID:TvIlXY7O
今日も( `.∀´)全

127 :名無し募集中。。。:02/06/02 18:40 ID:lVpJjHhN
hozen


128 :名無し募集中。。。:02/06/03 12:04 ID:CLKpzRxf



129 :名無娘。。。:02/06/03 23:58 ID:HIdpUyhh
「あ〜もう、わかんねぇ」
あいつはさっきから手にしたマンガを何度も読み返したり、
ひっくり返したりして格闘していたけど、
ついにギブアップの声を上げた。

別段難しく考えるほどのものでもないと思うのだが…
あいつにとっては難解至極のものらしい。

「だって大きさも違うのがいくつも並んでいるんだぞぉ」
いや取っ掛かりさえつかんでしまえば、さほど難しいものではないのだが…
くそまじめなあいつには、自由度を持たせた進行というのが
理解の範疇を超えたものに見えるらしい。

あいつは昔からマンガが苦手だと言う。
それをメンバー内でバカにされたのがよほど悔しかったのだろう。
ここへ戻ってくるなり「おもしろいマンガ貸してくれ」と、のたまう。
おもしろいマンガとわかりやすいマンガは必ずしも一致しない。
しばらく悩んだ結果、俺は『ポーの一族』を選んだ。
古典中の古典と言えるマンガだが一筋縄ではいかない内容のものだ。
簡単すぎないから、逆に理解できるんじゃないかと…

「おいっどうせヒマなんだろう?
こっちに来て説明せい!」
あいつはいたずらっぽく命令した。
マンガを読んでみようと言う目的はスッパリあきらめたようだ。
教えてもらうことでマンガを読んだ気になる。
そんな妥協に落ち着いたようだ。
俺はタメイキをつきながら、あいつからマンガを取り上げて隣に座る。
開いたページを指でたどってストーリーを説明する。
「ここでマリーベルは…」
そこで俺はようやくハメられたことに気づいた。
あいつはマンガを理解することになんか二の次なんだ。
こんなに疲れているんだから、マンガなんかに労力使わなきゃいいのに…
あいつは俺の左肩にもたれて目をつむっていた。
俺は静かに寝息を立てるあいつを起こさないように、じっと動かない。

それが保田。


130 :名無し募集中。。。:02/06/05 22:33 ID:QAZ9pI8R
( `.∀´)全

131 :名無し募集中。。。:02/06/06 16:32 ID:NEQIBmPR
何度保全してももどってくる。

それが保田?

132 :名無娘。。。:02/06/07 00:00 ID:tP645U5E
あいつがまっすぐこちらを見ている。
そんな目で見つめられたらこっちが恥ずかしくなってしまう。

だってそうだろう?
あいつの稚拙な絵を見せられたら吹き出さずにはいられない。
一生懸命描いているのはわかるけど、そんなのよりも前に
笑いがこみ上げてしまうのだ。

あいつは俺の反応に対して怒るでも非難するでもない。
ただこっちを見つめてくるのだ。
こちらに情報が正確に伝わっているかを確かめるように…

わかったよ。
俺の負けだ。
でもさぁ、おまえが何を伝えたいかなんて絵を見なくても知っているんだよ。
俺は苦笑混じりであいつを抱きしめた。

それが保田。


133 :名無し募集中。。。:02/06/08 05:32 ID:IN11nnhK
★★★狼ヤスヲタ連合からトーナメントのお知らせです★★★

(^〜^0)<狼〜             ヤス連〜> ( ´ Д `)
 ∪ ∪ )        / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ         ( ∪ ∪
  ∪ ∪\     /  / ̄\   ヽ       /∪ ∪
    \   \   /   /      ヽ、、、ヽ   /   /
     \   \ |  /   \    / | |   /   /
       \    |   |  ⌒ヽ  /⌒ | | /   /
        \  |  |    ___   | |/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          \ノノイ\ ・\_/  人  <<<狼>>ヤス連!キリキリ行くわよ〜!
           ヽ ノ  ヽ ̄ ̄ ̄ノ  ヽ/  \_____________
                      ADSL

2ch全板人気トーナメントの<<狼>>本戦一回戦がついに今夜0:00からスタートです。

狼ヤスヲタ連合ではネタ系・マジ応援系など各種投票用テンプレを多数用意、
0:00ジャストのヤス連スタートラシに向けて準備万全です

ヤスヲタの皆さん、是非一緒にダーヤスマンセーしましょう!

                  狼ヤスヲタ連合(スタッフ募集中)



狼ヤスヲタ連合本部(狼ヤス連に関する質問はこちらへどうぞ)
http://ooo.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1022453203/

狼選対事務所
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/4495/index.html

【絶対無敵】全板トーナメント94【完全勝利】
http://ooo.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1023472860/

134 :名無し募集中。。。:02/06/09 01:43 ID:rImLv/T/
<<狼>>に一票

それが保田。

135 :名無娘。。。:02/06/10 04:08 ID:cctlropu
きょう あいつからMAILをもらった。

こっちはあいつの後に付き合った彼女にフラレたばかり。
落ち込んでいたところに来たMAIL。
そっけない、とおりいっぺんの言葉が連ねてあったが、
なんかそこにあいつの優しさを再認識して慰められた。

もう別れて1年以上経つんだな。
あいつも俺の後に付き合ったヤツがいるのかな?
聞きたくてしょうがなかったが聞けなかった。
だいいち聞いてどうするんだ?

あいつは誰に対しても優しい。
それを独り占めしたくて付き合って、
でも結局それが辛くなって別れた。
あいつを頼ろうとするヤツはたくさんいて、
俺が独り占めしようとしたことで
まわりがギクシャクして見えた。
独り占めするなんて所詮無理だし、
そのうち、あいつの表情も曇りがちに見えた。

前の彼女には悪いけど、いまでもあいつのことを好きだ。
彼女と復縁することより、
あいつからのMAILのほうがどれだけ力になることか。
でもダメだな。
俺にはあいつは大きすぎる器の女なんだ。
返信は一言だけにとどめておこいた。
「息災」
これ以上なにも書けやしない。

あいつは俺の気持ちなんかの遥か上の世界で、
きょうも愛情を与えているのだろう。

それが保田。


136 :名無し:02/06/11 17:03 ID:tI7/XhSt
  @   @
キタ ━━( ‘ д‘)`.∀´) ^▽^)川o・-・) ´ Д `) ´D`) ^▽^) 0^〜^0)〜^◇^〜) `▽´∬ ’ー’川 ё)~∀~#从 ━━

137 :名無し募集中。。。:02/06/11 17:09 ID:V4SkE6ll
フランスが負けても関係ない。
あいつはベッカムファンだから。
というか、ベッカム以外は知らないから。

それが保田。

138 :名無し募集中。。。:02/06/11 18:33 ID:zYq2NoNP
@ノハ@
( ‘д‘)<オバチャン、写真集見て発情してはった・・・キモ


139 :名無し募集中。。。:02/06/13 01:52 ID:qpQmfmM3
( `.∀´)全

140 :名無し募集中。。。:02/06/13 18:40 ID:RxY6Gi+X
( `.∀´)全

141 :名無し募集中。。。 :02/06/14 17:10 ID:wV3jhXYG
hoz


142 :名無し募集中。。。:02/06/16 02:03 ID:4SItNhZL
( `.∀´)全

143 :名無し募集中。。。 :02/06/17 07:13 ID:fWoImt85
最初は付き合いやすいただの女友達のはずだった・・・それが保田

144 :名無し募集中。。。:02/06/19 19:06 ID:ttaWHgUy
( `.∀´)全

145 :名無し募集中。。。:02/06/22 04:46 ID:UK6fzVoq
( `.∀´)全

146 :名無娘。。。:02/06/22 19:44 ID:JIwzQcK2
「ううん、いいんだよ。気にしないで」

あの人はいつもこう言ってくれる。
年上で仕事上でも先輩なのに…
本来なら敬語だけで会話するべきなのに…
でもあの人は何事もおもしろくなればそれでいいと考えている。
それですべてがうまく運ぶというならそれでいいと考えている。
あの人のプライドは、
あの程度の“いじり”では揺るがないのだろう。
自分だったら年下にあんな風に扱われたら耐えられないと思う。
それを平気でやり過ごすことができるあの人は本当にすごいと思う。
文字通り自分のまわりの中で一番の大人であることを実感。
実際はただ単に鈍感なのかもしれないけど、そこまではわからない。
あの人の瞳の色はあまりにも深く澄んでいて、
私に手に負えるような感じじゃないから…

本当はどうなんだろうと考えたことはある。
特にあの絵。
いつもはしっかりとみんなをまとめてくれて、
的確なアドバイスもしてくれる。
そんなあの人があんな稚拙な絵しか描けないとは。
疑問がないわけじゃない。
だけどそれでさえもネタにできる勇気があればこそだと思う。

いつもはひどい物言いしかしていないけど、
人間として憧れている。
だからまた遊ばせてください。

それが保田。


147 :名無し募集中。。。:02/06/23 23:41 ID:HCtx6Gjc
★★★狼ヤスヲタ連合からトーナメントのお知らせです★★★

[[コード貼り付け]]

            
  ズルズル  ノノハヽ さあ、<<狼>>に投票に逝くわよ!
 zzz     ( ;`.∀´)ハヽzzz
   (´-`o川⊂    )´D`)
  ⊂ ⊂)  人  Y∪ ∪
  とと ノ  し(_)レレ  ズルズル

      ヤスヲタ連合◆ADSL


2ch全板人気トーナメント
6/24日は<<モ娘。(狼)>>本戦2回戦です。

ヤスヲタのみなさん、是非ダーヤスAAを使って<<狼>>に1票おながいします。


狼ヤスヲタ連合本部2
http://ooo.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1023465055/

狼選対本部スレ
http://ooo.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1024829175/


148 :ヤス連:02/06/24 20:19 ID:/K5tRm09
( T▽T)ホゼム

149 :名無娘。。。:02/06/24 23:40 ID:Emt+sq2/
俺はあいつの横顔が好きだ。

疲れているんだろうな。
いっしょにテレビを見ていた夜、
あいつは俺の横で大きな目を閉ざし、
コックリコックリとしている。
低くて小鼻の大きく、鼻梁は通っていない。
バランスを崩すくらいに大きな目。
パーツだけを検証したら、決して美人ではない。

でも俺はあいつの横顔が好きだ。

一人も落伍者を出さないように、
時には強く、時には優しく当たりメンバーを引っ張っていく。
そんなあいつが見せてくれる平和で無邪気な横顔。
眠っている無防備な表情のなかに、
あいつの本性が表れている瞬間だ。

こんな顔を見せてくれるのは俺にだけなのかもしれないな。
それは他のヤツに自慢してもいいのかい?

テレビの音も全然届かない。
自分の五感には目の前にいるあいつの姿しか認識していない。
そして、そんなあいつにゆっくりと近づいていく。
ゆっくりと近づいていく。
こんな演技じゃない、かわいらしいあいつを
俺のものだけにしたくて近づいていく。

だが、
「あ〜なんだぁ?眠っている女を襲おうって言うのかぁ?」
突然目を覚ましたあいつは起きるなり近づいてくる俺にめがけて牽制してきた。
なにもこんなに早く気づかなくてもよさそうなものを。
俺は行き場をなくして動きが止まる。

「ふ〜ん、この状態だとなにもできないんだぁ。
なんだったら、もう一回眠ってあげようか?」
イタズラっぽく言った後、ちょっと顔を上げた姿勢のまま
ゆっくりと目を閉じる。
そしてその顔には、あの横顔と同じような無邪気さが舞い降りてきた。

俺はあいつが好きだ。

それが保田。


150 :・・・。:02/06/27 07:00 ID:YNcGIzRT
保全

151 :kei:02/06/27 07:06 ID:NOlFDWSx
圭ちゃんは絶対にモー娘。に必要な存在だ。
圭ちゃんはコンサートでまじめな顔をしてフリを間違えて、それをなかったことにする
圭ちゃんはワールドカップ日本代表の宮元的存在だ
圭ちゃんがいなければモー娘はなりたたんだろう


152 :名無し募集中。。。:02/06/27 07:07 ID:nNtJvam7
>>151
そうでもない
今やモー娘。は巨人軍みたいになってきたから

153 :名無し募集中。。。 :02/06/27 12:51 ID:vL2LW0X0
>>152
川相は用無しということですか?

154 : :02/06/27 18:10 ID:CHJx5AwD
>>153
パカ野郎!!河合が一番重要だろが!

155 :名無し募集中。。。:02/06/28 11:03 ID:Y+Br8slg
ベッカムーー! ベッカム〜〜 ベッカム〜
 べっかむ〜! べっかむぅ〜〜〜 

それが保田

156 :名無し募集中。。。:02/06/29 18:00 ID:Xx91U2At
( `.∀´)全

157 :( `.∀´):02/06/29 23:07 ID:3sQbzXKq
( `.∀´)全


158 : :02/06/30 04:28 ID:ZfKi04ce
      ____          .| ̄ ̄ ̄ヽ             /
    _/   (M) \      い |/ ̄\  ヽ           /
  /========      ら   |\  ヽ、、、ヽ         /
 /   /  \  ヽ、、、ヽ   っ  .|(・)   (・)| | ヒヒヒ…  /(⌒\ノノハヽヽ
 |  /  (・)   (・)| |   し   .|   つ   | |     /  \ヽ( `.∀´)ナマイキヨ!!
 |  |      つ  | |   ゃ   .|        | |   /     (m   ⌒\
 |  |    ___  | |  い   .|   ∀   | |  /       ノ    / /
 |  |    \__/  | .| ま ∧∧∧∧___/ノ/         (  ∋ハヾo∈
 ゝ‐イ\.   ・__/ノ せ<    保 >  /         ,ヘ丿 ∩D`; ) ヒーン
  / ̄ノ\   /ヽ\    < 悪 田 >/          (ヽ_ノゝ  ,,,,,ノ
――――――――――─< 寒  ス >―――――――――――――――
    (\(\         <. ! !  レ >         /  / ̄\/   /  ヽ
     ヽ、\ `、        <.   の >      /   /  \  /   /ヽ、、、ヽ
      ヽノノノヽ      / ∨∨∨∨ \     |  /  (・) /   /  (・)| |
      ( `.∀´)    // / ̄\  ヽ \   |  |     /   / つ  | |
    (^/ つ_つ   / /  / \  ヽ、、、ヽ \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄
     (   ノ   /  | / (・)   (・).| | ∩ \ ____  _____
     し'し'   /    | |    つ   | |  | |   \ |   /  / ___  | |
   彡      / フン!| |    _  . | |(^^ ^|)  \  /  /  \__/  | .|
        /        ゝ‐\_     _/ノ| |    \   /   ・   /ノ


159 : :02/06/30 14:42 ID:oZ5k8DMg
モー娘。で一番タフなのが保田。

160 :名無し募集中。。。 :02/06/30 19:20 ID:a0ZkACDB
精神的にはタフだが、結構身体弱いよ・・・保田

161 :保全代わりに駄レス:02/07/01 01:46 ID:7E1LqP5m
「もう6月も終わりだな」と俺が言ったら
「ジューンブライ・・・ううん、なんでもない」とアイツが言う
「知ってるよ。でも、あれってヨーロッパの気候だから言うんだろ?
 梅雨のこんなジメジメした季節に結婚式なんてなぁ・・・」俺が返す
無言になり、悲しそうな笑顔を見せるあいつ。
「ただ、言ってみただけよ。」そういってワイングラスに手を伸ばすアイツ
・・・ちくしょう、後11ヶ月でいくら貯めればいいんだよ?

それが保田

162 : :02/07/01 06:27 ID:q12LKhir
kimoi

163 :名無し募集中。。。:02/07/03 10:54 ID:8OAX8uzz
 昨晩、おふくろが電話してきた。
 妹が彼氏を連れてきたんだと。
「へぇ…あいつもやるねぇ」
 そう答えて笑って、電話を切ったけど……何かいろいろ考えちまうよ。

「…ねぇ、次の日曜日…空いてる?」
「日曜日? 別に空いてるけど、何だよ」
 何でそんなこと、突然訊くんだよ。
 いつもは「今度の日曜日、映画行こうよ」とか、
きっぱりはきはきしてるのに。
 今日はしっとり躊躇い気味じゃねぇか。

「えぇと…家に…来てくれない?」
 え…ちょっと待てよ。それって…。
「家族に…紹介するからさぁ…」
 しばし二人で無言。
 何で、そんなに心細そうな顔してるんだよ。

「…分かった」
 そう言ったら、無茶苦茶嬉しそうな顔で笑った。

 それが保田。

164 ::02/07/03 19:13 ID:WSxcTIgG
アキヒトと保田の設定で書いてよ。

165 : :02/07/03 19:38 ID:y+wfSH65
今週のモーニングチャンネルで保田がベッカムの自伝持ってたな

166 : ◆HOzENDAE :02/07/06 01:19 ID:ECyn9sFJ
 

167 :クラスルーム。:02/07/08 01:39 ID:6YYUvUXp
「なぁ、ちょっと二の腕さわらせてみ?」
「はぁ?なんでまた。別に面白くもないでしょ、こんなもん」
「いや、二の腕の柔らかさは胸と同じって聞いたからさ」
「……じゃあ、ヤだっ」

ガタン、と慌てて席を立つ保田。俺は自分のミスを悟った。
上手く持ってけば普通にさわれるぐらいの間柄ではあったのに。
てゆうかアイツは未だに知らない。クラス1よく喋る女子・矢口が
「圭ちゃんは柔いよー」って口を滑らせてしまったことを……。

夏服の季節は始まったばかりだ。

168 :(^▽^):02/07/08 18:00 ID:CBpLqxLl
(^▽^)<石川もさわりたいです〜♪

169 :一言。:02/07/08 18:04 ID:/V33kag+
最近、保田が可愛く見える…何でだろ?

170 :名無し募集中。。。 :02/07/08 23:33 ID:MW3Cd8Ly
>>169
アキ○トと恋をしてるからさ!

171 ::02/07/09 19:06 ID:yVajLl6Y
>>167
なんか続きが読みたい。

172 :名無し募集中。。。 :02/07/12 03:49 ID:RfLzRGwL
hoze.


173 :う〜〜たまる〜〜:02/07/13 00:02 ID:1KLthdQV
   ,―――-、
  /       \
  |    ━  ━|
  (6   ■―■ |
  |      つ |
  |     ____ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |    \_/ /  <   このスレsageる訳にはいきますまい
/| \,,,,,,,,,,,,,,,,,,/\  \______________




174 :名無し募集中。。。:02/07/13 01:50 ID:9S6IOkqE
超良スレ。
正直、涙がポロリ。マジで。

175 :名無娘。。。:02/07/14 23:52 ID:Uz9RhO00
「ゴメンもう少しこのままでいさせて」

呼び出された夜の公園で俺を見かけるやいなや、
あいつは胸の中へ飛び込んできた。
そこであいつは顔を深く埋め、声を押し殺しながら泣いている。
ただ強く指を立て俺の体を突き刺す。けっこう痛い。

俺は何もできなかった。
本当に何もできなかった。

ここに来るまではいろんなことを考えていた。
元カレの俺をわざわざ夜に呼び出したんだ、
何もないと考える方がおかしいだろう。
“俺のことをまだ好きなのかな?”
“俺のことを忘れられないのかな?”
“俺とヨリを戻したくなったのかな?”
思いつくのは自分勝手な妄想ばかり。
そんなことを考えることの方が普通だろう?
それなのに…

俺の胸の中にいた時にも考えなかった訳じゃない。
“髪を撫でてあげた方がいいのかな?”
“抱きしめてあげた方がいいのかな?”
“キスした方がいいのかな?”
…でも結局何もできなかった。
いや、何もさせてもらえなかったというのが正解かな。
あいつの強い意志に圧倒されて、どんな行動もあいつに対する冒涜に思えた。
行き場を失った俺の心と手は虚しく空をつかむだけだった。

何もできない俺を尻目にあいつは復活し、静かに顔を上げた。
時間にして10数分だったのかな?
長かったのか短かったのか俺には判断できない。
でもこれだけはわかる。
あいつの顔は涙と鼻水でグチャグチャだったが、
それでも清々しく見えた。
きれいだった。
あいつはこんなにも強く、美しくなったんだな。
2年前に出会った頃のひ弱さや不安定さなどすっかり影を潜めていた。
もう俺なんか必要ないくらいに。

俺から離れたあいつは口を開き何か言おうとした。
だが俺は手をあげて、それを遮った。
それが俺にできた唯一のこと。
その意味がわかり、あいつは微笑んでくれた。

それが保田。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★