5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時代物RPG

1 :NPCさん:2001/04/07(土) 17:32
ネット上だと秘伝の声とかあるけど、
他になにかあるかね?

2 :NPCさん:2001/04/07(土) 17:38
戦国霊異伝ってのがあったな。

3 :NPCさん:2001/04/07(土) 17:43
「大活劇」を外してどうする。

4 :NPCさん:2001/04/07(土) 17:52
「時代物」の定義がわかりづらいが、正統派として
「Rune Quest Land of Ninja」「Sengoku」
あたりか。

やや邪道として「Usagi Yojinbo RPG」「AD&D Oriental Adventure」
超邪道、もしくは似非として「天羅万象」系

5 :NPCさん:2001/04/07(土) 18:09

三国志演技もあるばい。

AD&D Oriental Adventure好きー。


6 :NPCさん:2001/04/07(土) 18:14

秘伝の声の資料はものすごくいい出来。詳細なうえに順序だっているから。
巻末の小説ガイドは、識者ぶってない読者の生の声で好き。
ただ、イラストが無いのと、シナリオのサンプルが少ないのがな……。
新撰組、でないかなー。



7 :NPCさん:2001/04/07(土) 19:18
て、天ra・・・・ウッゲホッゲッーホッ!!!

8 :NPCさん:2001/04/07(土) 19:36
戦国霊異伝は佳作、という感じで非常に良いRPGかと思うぞ。
お勧めなので機会があれば遊んでみれ。

9 :NPCさん:2001/04/07(土) 21:14
>>8
誤植の嵐だけどな

10 :1:2001/04/07(土) 22:32
AD&D Oriental Adventureっていうと唐獅子に乗ってるヤクザ
のイラストがあるやつでしたっけ?
昔店で見たことあるだけだなぁ。どんなものなんでしょうか?

戦国霊異伝は載ってる武芸流派が選択がヘンだったことはおぼえてるな。
プレイしてないから内容はしりませんが。今手に入れるのが難しそう。

11 :NPCさん:2001/04/07(土) 22:37
>>10
ちょっとだけしかやったことないし、昔のことだから詳しく覚えて
ないんだけど……。
リアリティ方面は期待しない方がいいかな。
侍は「キアイ」と叫ぶと強くなったりする。

でも、マスターとプレイヤーが雰囲気を敢えて壊さないようにして遊べば
十分遊べるよ。

ちなみに今年か来年新版(D&D 3Eで)が出る予定。

12 :1:2001/04/07(土) 22:44
>11
アチラの勘違いはそれはそれで面白いです。
個人的にはあーいうカン違いものはだいすきですわ。
出版されたら買ってみることにします。

あとネット上に維新の嵐ってのもありましたな。
こっちは武芸流派よーく調べてあったなぁ。たしか。
かなり流派に偏りが有る様な気がするけど。

13 :NPCさん:2001/04/07(土) 23:02
>>9
そんなことで「戦国霊異伝」を嫌っているんなら損しているぞ。
何度かプレイしたことがあるが、いいシステムだ。

14 :NPCさん:2001/04/07(土) 23:17
昔ウォーロックで混沌の渦かウォーハンマーの時代劇バージョンがあったような・・・


15 :NPCさん:2001/04/07(土) 23:20
五輪の伝説。

16 :NPCさん:2001/04/08(日) 01:48
>>14
「時代劇の渦」だな。

>>15
Legend of Fifth Rings だったっけ? これもアレな感じだよな。
「国産のファンタジーゲームは海外モノに比べてリアルな時代考証をしてないからダメだ」といった先輩がいたが、AD&DのOriental Adventureといい、こういう洋モノをみているとそんな意見には失笑してしまう(W

17 :NPCさん:2001/04/08(日) 01:51
>>16
ところがかなりまともな洋ゲーもあるんだな、これが。
「Sengoku」「Land of Ninja」「Usagi Yojinbo」はよく調べている。

まあ「リアルな時代考証がない=ダメ」ってのも変な意見だと思うけどね。

18 :NPCさん:2001/04/08(日) 02:25
確か…どこぞのHPで幕末物のTRPG公開してたな…
光栄の維新の嵐を元に作った奴…半角は覚えてないけど…

19 :NPCさん:2001/04/08(日) 04:20
ほうきにへんし〜ん、とね。

20 :NPCさん:2001/04/08(日) 04:39
渦の混沌

21 :NPCさん:2001/04/08(日) 05:08
時代劇の渦は、柳生十兵衛とかのデータものってて楽しかったな……

22 :NPCさん:2001/04/08(日) 11:53
時代劇の渦のキャラデータをT&Tにコンバートしたら、暴れん坊将軍の個人修正が130前後だった記憶がある…

23 :NPCさん:2001/04/08(日) 12:40
>>22

あれ? コンバートの方法あるんですか?
いや、いまT&Tにはまっているんです。やっぱりウォーロックに
掲載されていたんですか?

24 :NPCさん:2001/04/08(日) 13:34
>11
>侍は「キアイ」と叫ぶと強くなったりする。
聞きかじりだが、一日にレベルと同じ回数、STRが18/100になるとか・・・。
あとはサムライソード(いわゆる刀)のダメージが1d12とか。
やってみてぇと思った記憶が。
前田慶次なキャラクターが好きなもんで。

25 :NPCさん:2001/04/08(日) 18:35
>>24
じゃあ今度セクースする時に「キアイ!!」って叫んでぶちこもーっと(W

26 :NPCさん:2001/04/08(日) 22:20
>>25
命中率もあがるから中止しろ。

27 :NPCさん:2001/04/08(日) 23:32
>26
わははは。

28 :NPCさん:2001/04/09(月) 10:21
不思議なモンで
なんでか
鬼や河童を退治すると、うしろめたい。
オーガーや、ホブゴブリンにはないこの感覚……
なんなんだろうな?

29 :1D100:2001/04/09(月) 11:54
>>28
河童はともかく、鬼退治はうしろめたい?
平安〜鎌倉期の武士のロールとしての本懐の一つに、
そういった都に仇なす物の怪退治があるんだと思うけどどうかな。


30 :NPCさん:2001/04/09(月) 12:41
>>23
ウォーロックに「混沌の渦」と「T&T」の間でのコンバートがのってたました。

>>29
都に仇なす物の怪っていうのは、体制側にとって都合の悪い存在との戦いを意味するから、坂東の武士にとっては後ろめたいんじゃない?

31 :1D100:2001/04/09(月) 12:48
ああ、坂東武士かぁ。
渡辺綱とか源頼光とか想像してたよ。

32 :NPCさん:2001/04/09(月) 13:13
都を脅かすばけもの、というスケールが徳川時代にないのは
さみしいよな。ちとみみっちい。

妖怪の資料としては 「妖怪辞典」村上健司 毎日新聞社 が好き。
まさに鬼のようなラインナップじゃ。



33 :NPCさん:2001/04/09(月) 14:21
>>32
江戸時代なら「幕府転覆の陰謀」があるじゃあないですか。
化け物を絡ませたいのなら大奥にでも忍ばせるのがいいかな。

34 :NPCさん:2001/04/09(月) 17:21
大奥に化身の妖怪! 公方様直結の危難!
おお、くのいちパーティーである正当な理由が!(笑


35 :NPCさん:2001/04/09(月) 23:49
>28
うーん、日本の妖怪って、元々は土着神や精霊的な立場のものが多いからね。
その辺なのかな?
西洋のは、主に自然災害や疫病の擬人化、もしくは異教の神々や精霊なので、
叩きつぶしても佳いと考えられているのではないかと思われ。
おおっと、スレ違いなのでsage

36 :NPCさん:2001/04/10(火) 00:17
「土着神や精霊」と「異教の神々や精霊」は同じものでしょう。
また、災害や疫病の擬人化は日本にもあります。
「ひでり神」とかいますよね。

キリスト教にしても元々は土着信仰を取り込みながら定着したそうですので、
一神教vs多神教がどうの、という類の差異もそれほど無いように思います。

37 :1:2001/04/10(火) 01:04
>35
すれ違いでもいいんじゃないですかね?
時代ものの話してるところないみたいですし。
面白いじゃないですか。

38 :NPCさん:2001/04/10(火) 01:04
スーファミの頃、いろいろ和風のファンタジーで
妖怪がドラクエ(FFのほうかな)風に
モンスターとしてでてきたけど、なんか違和感あったな。

江戸の瓦版ででてた妖怪なんかは完全にモンスターなんだけど
名前がついてないからマイナーなんだよなあ。

39 :NPCさん:2001/04/10(火) 01:09

OVA「妖刀伝」萌え〜
あれも桃山時代というよりは、戦国物だけどね。
あれこそ「戦国霊異伝」の雰囲気。



40 :NPCさん:2001/04/10(火) 01:11
綾之介萌え〜〜〜〜〜!
アンパンマン萌え〜〜〜〜〜!
戸田恵子萌え〜〜〜〜〜!

……はあ、オレはダメだ。。。

41 :NPCさん:2001/04/10(火) 01:23
織田信長「やぁっってやるぜ!!」

42 :左近:2001/04/10(火) 02:59
何だ男か

それはそうとして綾之介萌え同意。
あと、戦国霊異伝で我流で弱くなってしまうの萌え。

43 :がれっと:2001/04/10(火) 06:04
そういや、鬼神降臨伝ONIはやたらエンカウンター率が高かった気がする。
3歩歩く毎に戦闘はねーだろ。戦闘以外の雰囲気に惹かれて勝ったのに、急速に萎えた記憶が…

スマソ、思いっきりスレ違いだわ。

44 :NPCさん:2001/04/10(火) 16:30
江戸時代にも陰陽師はいたのかなあ……


45 :NPCさん:2001/04/10(火) 16:32
陰陽師、気軽にキャラでやるとマニアさんの眼がこわい。

46 :山犬。:2001/04/10(火) 19:56
>>45
同意ですが,結局,マニアはみな怖いです。
つーか,マニアの知識にこだわりすぎて,周りが見えなくなる人が怖いです。

実態の武士道はどのこーの,太刀と刀の違いがどのこーの,
農民の実際の生活レベルはどーのこーの,
町民生活での性論理がどーのこーの,
しまいには,既婚女性の「お歯黒」のことまで持ち出され。

あんたが大学で何を選考していたのかは,もう何度も聞かされたよ。
卒論テーマも,教えてくれなくていいから……いいってーの!

とかね。

47 :1:2001/04/10(火) 21:30
>>45
時代物はこだわるといくらでもこだわれますからねえ。
線引きが大事ですよね。

48 :NPCさん:2001/04/10(火) 22:11
「時代劇物」とかくと途端に「江戸むらさき特急」
ぽい世界のような感じになってしまうのはお足しだけ

49 :NPCさん:2001/04/11(水) 23:56
江戸の黒豹〜

>>46
同意すね。
もったいない話です。

50 :NPCさん:2001/04/12(木) 00:01
いっそ、異世界っぽい江戸をつくってしまうのがいいんだろうな。
それこそ妖怪退治もありのような……
「ヒノモト」「カルシファード」もあるんだけど、
もうちょっと江戸風にね。

51 :NPCさん:2001/04/12(木) 11:01
>>50
KYOのような世界とか?(笑

52 :NPCさん:2001/04/13(金) 21:37

妖怪は、名前が愉快だからなあ

53 :Harry(;゚Д゚)Ynte:2001/04/14(土) 01:04
>>50
NinjaやSmow、Geishaが街を闊歩している世界きぼーん

54 :NPCさん:2001/04/16(月) 03:17
大活劇……
藤沢周平の「用心棒日月抄(新潮社)」が好きで買ったことあるけど(名作!
必殺みてなかったからのれなかったなりでござそうろう。

55 :NPCさん:2001/04/16(月) 19:27
>>54
藤沢周平、いいね。
オレも大ファン。小説ほぼ全部持ってるよ。
オレにとって、隆慶一郎先生と並んで、亡くなられたのが惜しい小説家の筆頭だね。

56 :NPCさん:2001/04/16(月) 21:22
>>55
や、うれしいなあ。これからもよろしく。一般書籍のスレで会いましょう。

ゲーム板らしい話をする、と、
「日月抄」のように、口入れ屋に事件が舞い込んで、その依頼を浪人が
有料で解決する、という図式は
江戸ものシナリオの導入としては
ぴったりだと思うけど、どう思う?


57 :破落戸:2001/04/17(火) 00:10

 池波の梅安みたいのがやりたくて、よく大活劇をGMしてた。

 たまにPLできることがあっても、必殺シリーズ系のGMに当って
凹むことが多かったなァ。
 一両ぽっちで危ねー橋渡れるかッつーの。



58 :NPCさん:2001/04/17(火) 01:52
>>57

そうそう何十両かもらって、一仕事のあとは、鋭気を養うために温泉に
いかなきゃなんないくらいじゃないとね。
秘伝の声、おすすめよ。

59 :NPCさん:2001/04/17(火) 18:02
今晩、鬼平やるねアゲ

60 :NPCさん:2001/04/18(水) 13:23
RPGにつかえる江戸物ワールドとしては「蘇りし蒼紅の刃」
 新サムライスピリッツシリーズ。
 プレステで発売されたが、
 格闘ゲームとしては目も当てられないけど
 ひだのアル背景と、アクションもの要素が秀逸。
 コミックがでていて、すでに完結してる。

 幕府も恐れる流刑島が舞台で、無法の町に、ひとくせもふたくせもある
 悪人や、罪を背負った者がうごめいている。
 ピカレスクもあり、悪の世界の異端児あり、敵討ちあり、妖術あり、妖怪、妖刀ありで
 かなりイイ。



61 :NPCさん:2001/04/19(木) 01:54
水戸黄門とか暴れん坊将軍とかできるのは?

62 :NPCさん:2001/04/19(木) 01:56
>>61
「大活劇」

63 :破落戸:2001/04/21(土) 02:16
>>61
「GURPS」でも可、ッてぇか俺GMでやった。
 地位レベル7以上で君も「将軍」だッ。



64 :NPCさん:2001/04/21(土) 02:56
女の侍、は無理でも
女武芸者ってむりかなあ。
剣客商売の佐々木三冬みたいな…

65 :1:2001/04/21(土) 20:38
佐々木(だったと思う)瑠璃って人が元禄のころにいたはず。
関口流柔術だとか数流派の免許持ちで
「女師匠」って言われて評判になってたそうです。

66 :NPCさん:2001/04/21(土) 21:49
有名どころでは、幕末の鬼小町、千葉佐那(ちば さな)もいますね。
北辰一刀流薙刀の正当の三代目継承者で、坂本竜馬とも関係の深い女性です。
三姉妹の長女で、妹たちも目録取りです。

ただ、こうした史実があったとしても、
ストイックに江戸時代を体験するためには逆に史実性が失われると思います。
やはり、封建世界男尊女卑の思想は、武家社会においては厳格に横たわっていたからですね。

とはいえ、プレイワールドとしての、江戸時代〜幕末はもうすこし
とりあげられるといいかな、とも。
袴に薙刀の美女が活躍する、娯楽的な世界もあれば、それはそれで
楽しいでしょうね。


67 :NPCさん:2001/04/21(土) 22:26
>>66
そうだね。リアルワールドでは、「女剣士」はかなりの数実在す
るけど、「ストイックに」時代物をやるなら女キャラは辛いかも。
事前に、全てのプレイヤーがどんな嗜好を持ってる確認してから
女キャラの導入を考えたほうがいいかもね。
やはり、前田慶次郎や斉藤杢之助が活躍するワールドを期待して
いったら、真行寺さくらがわらわら出てくるようなシナリオだっ
たら、、、鬱になるわな。
いや、さくらを毛嫌いしているわけじゃないんだけどね。

68 :NPCさん :2001/04/21(土) 22:42
>>67
同意。
プレイヤー同士の嗜好が統一されていれば、ふとももむきだしの美少女くのいちが
悪を懲らしめる話でも、女新撰組(これはやりすぎか)でもオーケー。
ただし、羽目を外すのはあくまで、仲間内だけでもプレイにするべきです。
水墨画とパステル画を同じ掛け軸の中に描くのは不自然ですから。


69 :NPCさん:2001/04/23(月) 00:29
修羅の刻、みたいなのやれればなー!


70 :NPCさん:2001/04/24(火) 07:13
・単独で発売
大活劇、戦国霊異伝

・雑誌の付録
時代劇の渦(ウォーロック)、壬生狼(別冊FSGI)

あと他に何があるっけ?

71 :NPCさん:2001/05/11(金) 04:00
とりあえず、全スレ読んでからまとめろや。

72 :NPCさん:2001/05/12(土) 15:36
こういうスレを下に持ってきてくれると結構、乗る奴がいるぞ。

http://salad.2ch.net/warhis/index2.html

タイトルを「乱世を舞台としたTRPGの可能性」とかやると
案外、レスがつくかもよ。
コンプティークとかの昔のゲーム雑誌でTRPGとSLGマニアとは
重なっていた事も多かったからな。雷薄スレでも数名連れたし。

73 :NPCさん:2001/05/14(月) 21:16
>>72
でもってその勢いで日本史板にいくと、
日本刀論争にまきこまれてわけがわからなく・・・


74 :ななし:2001/05/15(火) 00:00
>>73
日本史板は屑板。

75 :NPCさん:2001/05/15(火) 00:13
妖怪がらみでオカルト板にいくと、怪談読んじゃって怖くなる、と。
一人暮らしの人はよんではいけませんね。

76 :NPCさん:2001/05/15(火) 00:30
元禄ごろに、ゴジラが現れた。
とする。
徳川幕府はどうやって立ち向かうだろう・・・

77 :NPCさん:2001/05/15(火) 01:15
>>76
カザマドンかい!(笑)

78 :NPCさん:2001/05/15(火) 23:35
>>77
どれみかい!(笑)

79 :NPCさん:2001/05/16(水) 00:30
>>76
落とし穴

80 :NPCさん:2001/05/16(水) 00:42
>>76
将軍が暴れて終わりだろ?


81 :NPCさん:2001/05/16(水) 10:08
「日本には古来バラゴン、モスラ、キングギドラなどの怪獣がいて、
狛犬やヤマタノオロチの伝説の基になった。
そして 古代王朝は彼らを退治 したあと霊を慰めるため、くにを守る
<護国聖獣>として祀り、1万年の眠りにつかせた」


82 :NPCさん:2001/05/16(水) 11:09
>>76
江戸時代には原爆が無いのでゴジラは生まれません

83 :NPCさん:2001/05/16(水) 12:46
>>82
聖徳太子は巨大ロボット作ったぐらいだから
原爆ぐらいあるでしょ

84 :NPCさん:2001/05/16(水) 14:17
>>82
戦国時代ならジジゴラとかいろいろ居るぞ。

85 :NPCさん:2001/05/16(水) 17:34
>>82
ゴジラは、放射能ででかくなった恐竜じゃなくて、核実験でこの時代にも目覚めただけ。
ゴジラ一作目に、大戸島の伝説にも妖怪(怪物)として登場する。

86 :NPCさん:2001/05/16(水) 18:55
>>85
後のゴジラは放射能でおっきくなったヤツがいるよ?

87 :NPCさん:2001/05/19(土) 01:14
あげー

88 :NPCさん:2001/05/19(土) 23:18
「和風」と「時代物」ではかなり違うけど、
みなさんはどっちがお好み?

89 :NPCさん:2001/05/20(日) 00:11
>>88
それは、情緒か、活劇か、ということかの?

90 :NPCさん:2001/05/20(日) 00:17
時代劇は和風にない方されるのでわ
単に和風なら、青銅器時代〜N◎VAまでアリアリ

91 :NPCさん:2001/05/20(日) 00:25
>時代劇は和風にない方されるのでわ

ん?

92 :90:2001/05/20(日) 00:42
スマソ
「内包」ね

・・・鬱

93 :飛来 低位置:2001/05/20(日) 14:31
時代劇もんの問題と言えば・・・、
江戸時代だと治安がよすぎて、行動に制限がありすぎる事だな。
用心棒ものなどでキャンペーンもんにすると、
すぐにテレビ時代劇化して、ワンパターンになってしまう。

まだRPGとしては戦国時代の方が適している。
或いは大河ものでやるのがよい。
ちなみにプレイスタイルは、
プレイヤーの行動次第で歴史を書き換えられるタイプかな。

94 :飛来 低位置:2001/05/20(日) 14:34
どうせ時代劇RPGなんだから、従来のファンタジーもんみたいな
「魔力を秘めた巨悪を倒す」とかのストーリーや冒険探検もんじゃなくて、
独自のゲームスタイルを確立するのがいいな。

95 :PCさん@ランドオーヴァー派:2001/05/20(日) 15:11

( ´_ゝ`) ワンパターンは偉大だよ。
      いつ見ても暴れん坊将軍は面白いしね。

      独自のゲームスタイルねえ。
      「陰陽術を秘めた悪代官を倒す」じゃだめかね。
      「御禁制の品を秘めた越後屋を倒す」とか。
      「檀家から搾取する悪坊主を倒す」とか。
      「後醍醐天皇の霊を秘めた長屋のご隠居を倒す」とか。

      神話時代ならファンタジーで通用するね。
      日本物であっても「時代劇」かどうかはわからんけど。

      いや、違うとわかってはいるんだけどさ。

96 :飛来 低位置:2001/05/20(日) 15:17
そら偉大だが、ワンパターンのみに陥るのはつまらんやろ。やっぱり。
何々を倒すってのだけでなく、ここに何か新しい発想が見つけられる
可能性があるんやないかな。

97 :PCさん@ランドオーヴァー派:2001/05/20(日) 15:24

( ´_ゝ`) なるほどねえ。
      じゃあ、「倒す」という要素はあるけど、
      幕末なんてどうだい。
      主義や主張のぶつかり合いさ。
      剣だけじゃなくて言葉も武器さ。

      前知識は結構必要だけどね。
      でも面白いかもよ。

98 :飛来 低位置:2001/05/20(日) 15:34
幕末は面白いね。
維新が終ってしまうと別のゲームになっちゃうが、
面白い時代である事には変わりない。

あと江戸時代を舞台にした時の問題点つうのを挙げたけれど、
別にこれを否定するもんではないよ。
実際、俺も黒澤明の「用心棒」みたいなゲームも遊んで見たいしね。

でも和風世界を舞台にするなら、剣と魔法のファンタジーって伝統がないから、
もっと新しいスタイルを、新たに構築できる可能性を秘めている。
それなのに、何気に従来のファンタジーの遊び方をそのまま持ってくるのは
刺身にソースをかけて食べるようなもったいなさを感じるんだな。

これが俺の雑感じゃ。

99 :NPCさん:2001/05/20(日) 17:43
幕末テーブルトークRPGといえばここでしょう。
トップ絵でひきかえさずに、
その資料の豊富さをみてくれ!!
ttp://page.freett.com/sukechika/index.html

100 :NPCさん:2001/05/21(月) 08:51
>>99
すんません、トップ絵で引き返しました。

101 :NPCさん:2001/05/24(木) 07:23
>>100
私もです。心を落ち着けてからもう一回行くか?

102 :NPCさん:2001/05/24(木) 07:46
読み応えあるぞ、逝ってこい!
でも魔法はいらん


103 :NPCさん:2001/06/09(土) 23:06
さて、「時代劇」とはちとちがうけど、各種ゲームでの『日本刀』の扱い
ってどう思う?

なんか、夢を持ちすぎの奴は、メチャクチャ軽くて強い。
変にひねた奴は、手入れや持続力に難があることにしている。

あなたがゲームで日本刀を出すなら、どんなふうにしたい?
ご意見希望。

104 :NPCさん:2001/06/10(日) 02:06
西洋の剣より、切れ味が良く重さの割りには丈夫
しかし、西洋の剣よりメンテは面倒で、トラブルも多い

スキル制のゲームなら、高いスキルのものには有利で、スキルが
低い内は不利になる武器にするかな

日本刀と同じ製法で作った堺の包丁で、
西洋剣と同じ製法のゾーリンゲンのナイフを
斬ったと言う話を聞いた事がある

105 :ドキュソ侍:2001/06/10(日) 02:31
日本刀か!桃太郎侍が使っている感じにしたいな!

106 :NPCさん:2001/06/10(日) 03:24
実際は、あんなに切れないけどね>桃太郎侍
日本刀は3人殺すのがやっとのはず。
ふたり斬って、ひとり突き殺して

107 :NPCさん:2001/06/10(日) 04:26
>>106
そりゃ極端すぎないか?
3人でやっとってこたないだろう?

108 :NPCさん:2001/06/10(日) 06:21
>>106
包丁ですら8人殺せるのに・・・

109 :宮本武蔵:2001/06/10(日) 08:54
>>106
 参考書か何かで読んだチンケな知識をひけらかしてんじゃないよ(藁

110 :NPCさん:2001/06/10(日) 10:11
>>106-109
だからといってリアルに確かめてるくれるなよ(藁

111 :NPCさん:2001/06/10(日) 11:26
包丁は刺してるからね(藁)。
刀は基本的に斬るのに使うから、
3人も切れば血のりで斬れんくなる。

昔めっちゃ刀の腕のたったどこかの武士(大名?)さんは、それを知ってたから、
屋敷を襲われた時にまず自分の周りの畳にありったけの刀を突き立てて、
斬れなくなったらすぐに次の刀に交換ってやって闘ったそうだよ。

112 :NPCさん:2001/06/10(日) 12:22
室町時代の剣法将軍だな。

113 :NPCさん:2001/06/10(日) 12:23
>>111
最後の足利将軍・よっしーですな。塚原の弟子。
松永久秀の軍に囲まれたときにそれをやったそうな。

でーもね。刀ってのは、血糊で切れなくなるんと違うんだわ。
刀ってのは、むっちゃくちゃ目の細かいノコギリみたいなもんでね。それで肉を削り斬るわけ。
でも、斬ってるうちに、そのごく細かい刃がこぼれて、切れ味が鈍ってくるの。
だからね、「銘刀”が”切れる」ンじゃないの。「きちんと研いだ刀なら、何でも良く切れる」んだわ。
ちなみに、純粋に切れ味だけなら、刀なんかよりもガラスのかけら(要は、縄文時代の石器ね)のほうが
よっぽど切れるぜ。

刀も、一発目は良く切れるけど、2回目以降は、もう刃こぼれが始まってるんで、切れ味がどんどん鈍ってくる。
しかし、銘刀と呼ばれるよーな刀は、本来なら簡単にこぼれてしまうはずの細かーーい刃がなかなかこぼれないので、「いつまでも切れ味が鈍らない」
ってわけ。



114 :NPCさん:2001/06/10(日) 12:24
ちなみにもひとつ。刀は「斬る」武器じゃないです。
西洋剣と同様に「ぶった斬」って「ぶっ刺す」武器で、ついでに、「斬る」こともできる、ってのが正しいんだ。
考えてもミソ。刀が肉に当たれば確かに斬れるけど、人間ってのは服を着てるんだわ。
だったら、ぶん殴って骨折と衝撃での昏倒を狙ったほうが有効にゃん。

剣道やってる人。面を打つときに「手前に竹刀を引いて、斬る仕草」をします?
ぶん殴ったほうが早いよ。刃筋を立てて、なおかつ打撃の瞬間に手の内を締めれば最大限の打撃を加えることができるもん。それでふつーは失神するか、痛みと衝撃で戦意を失うわ。


えーと、好きなことだけに、いらん蘊蓄失礼。
つーわけで、私の場合は、別に日本刀を特別視はしません。
むしろ、「銘刀」と呼ばれるものだけ、それなりに配慮します。


115 :NPCさん:2001/06/10(日) 13:35
日本刀は普通のブロードソードの3本分の鉄を使ってるから
単純に重さ計算しても両手剣としては重い部類に入り
(実際は3倍密度にはならんだろうが・・)
更に職人の執念の錬鉄技術で鋭利さまでついている
切れ味がどこまで持つかはそりゃ相手の着ている帷子の強度にもよるが
「なまくら刀」でも破壊力は十分にある、
包丁使ってカボチャを切る時には鋭利さより力で押しつぶすだろ、
アレのイメージで

で、114よ、「切る」と「斬る」は違うと思わんか?
よって刀は「切る」武器ではなく「斬る」武器であるに訂正モトム
内容は大いに同意!


116 :ドキュソ侍:2001/06/10(日) 19:33
アレだよ!くそ!難しく考えすぎだよな!
金属バットや鉄パイプで人が倒せるなら金属の塊である刀なら余裕だよ!
桃太郎侍見ていると血はあんまり出てないしな!
刀は斬る道具ですとか言われて「はいそうですか斬れなくなったから3人しか倒せないんですか」じゃ馬鹿だよ!
そんな事考える前に振り回さなきゃな!刀は斬れなくても敵は来るしな!
木刀で人が殺せるんだから刀なら何人でも余裕!

117 :NPCさん:2001/06/10(日) 19:40
ドキュソたん、あんたのいうとおり。
刀なんか、『戦場』では「当たったら斬れることもある鉄
の棒」だからね。
とにかく振り回して敵を殴り倒すのが正しい使い道。
タイ捨流や示現流はまさしくそうして使ってるからな。

槍も同じね。突くよりも、振り回すか、振り下ろすのが正解。
騎馬武者なら馬上からたたき落とす。徒歩の兵なら、殴り倒
して馬蹄にかける。徒歩同士なら、真っ正面から振り下ろし
て失神させる。
ああ、浪漫だ。

118 :NPCさん:2001/06/10(日) 19:56
そういえば特急江戸むらさきかなんかで「峰打ちだから大丈夫」ってネタがあったね。

ちなみに日本刀は使用中に刃こぼれして相手の服に引っかかったりするのを防ぐ為に
ワザと刃びきして使ったりした事例もあるみたいだね。



119 :NPCさん:2001/06/10(日) 21:06
言ってはいけない一言シリーズ

「だってそれ竹光じゃん」

120 :NPCさん:2001/06/10(日) 22:48
でも、倭寇が恐れられた理由の一つに
日本刀にかかると、西洋の剣相手ならしなって折れない槍の柄が
切り落とされて使えなくなると言う話があるぞ
実際にそれに対抗する為に作られた、狼尖とかの日本刀よけの槍まであるし

良いところも悪いところもあって、西洋の剣とは異なる武器だと思うが

121 :NPCさん:2001/06/10(日) 22:54
>>120
その「西洋の剣」とは何だね?
倭寇の活躍した時代は随分昔だったような気がするが。

122 :ドキュソ侍:2001/06/10(日) 23:03
江戸むらさき特急は「クロちゃんのRPG千夜一夜」と並んで俺のバイブルだよ!最高だ!
くそ!ついでにD-riverも聴いている!所謂武士コアだ!武士+ハードコアだよ!
「徳川ブラスト禁止令」なんてタイトルはかっこいいよな!やっぱ武士だな!

123 :NPCさん:2001/06/10(日) 23:07
日本刀と言っても、いろいろ種類があるからひとくくりに
するのはかなり乱暴だが。

戦場のメイン武器は、日本刀系というより、槍や弓でないのか?
侍や剣士など、戦場以外では刀だろうが。

124 :NPCさん:2001/06/11(月) 00:00
>>123

長巻じゃないの?

125 :NPCさん:2001/06/11(月) 03:36
んー、武士のメインウェポンは時代によって変わるよ。
カーナリ長くなるんで、興味のない人はスッ飛ばすがよろし。

源平時代 /メイン:弓(騎射)
      サブ:薙刀と短刀(鎧通し)
      ※この当時武家の代名詞は「弓馬の家」。

 当時の鎧は『大鎧』という。要は、五月人形のアレ。
これの特徴は、「大袖」という防具(五月人形の肩についてる、板みたいな部品のことね)と、大きな「しころ」(同じく、兜の頬の脇についてる反り返った板のこと)によって、射撃戦の際に身を守ることをメインに作られていた。つまりは、シールドを肩と顔の脇にくくりつけてるようなもんだ。
 また、武士とは、「馬に乗って、弓を持つもの」なので、非常に数が少ない。その他の雑兵が武士に直接手をかけることは「畏れおおい」とされ、タブー視されてたので、接近戦はあまり重視されてなかった。
 このため、地上での組み討ちは武士同士の戦いの最終段階、首を取る瞬間にだけ行われた。だから、多少動きにくくても頑丈で、矢から身を守れる大鎧が使われたわけ。
 ちなみに、大鎧って西洋のプレートアーマー程じゃないけど、動きにくいんだ。なにしろ、前屈できない。
 そりゃ、馬に乗って戦うわけだから、多少重くても、機敏で繊細な身体の動きができなくても問題ないわなぁ。
 ちなみに、大鎧って西洋風に言うなら「スケールメールアーマー」ね。「小札(こざね)」っていう小さな鉄の小片を、絹糸で綴って板状にしてるんだ。
 この時、絹糸の色をいろいろに変えることで、鎧の色や模様を変えることができた。この色や模様のパターンが「緋縅の鎧(ひおどし・の・よろい)」やら「卯乃花の鎧」などの鎧の名前になったってわけ。


126 :NPCさん:2001/06/11(月) 03:37
続きその1

鎌倉〜室町/メイン:長巻もしくは薙刀。一部で槍。
      サブ:野太刀(三尺以上の肉厚の長い刀)
      ※この当時も、武家の代名詞は「弓取りの家」。ちなみに、今川義元や徳川家康の「海道一の弓取り」という称号は、「日本一の戦上手」という意味

 この当時の鎧は、大鎧も使われていたが、先見性のある一部の武人は「胴丸」と呼ばれる簡便な鎧(源平時代には、雑兵が着用していた鎧)に大袖をつけ、大兜を着用していた。
 この頃になると、「悪党」と呼ばれる下級武士(ッツーか、重武装し、徒党を組んだならず者)が増えてきた。彼らは、「武士に手を挙げるのは畏れ多い」などとは考えない。手にした薙刀で襲いかかってきた。
 これから身を守るために、より接近戦に適した鎧・・・動きやすくて軽く、防御力の高い胴丸が好まれるようになったってわけ。
 それに応じて、遠くから名乗りあい、射撃戦から始まる戦から、即座に接近戦に移行する(っつーか、待ち伏せや奇襲の得意な連中が切り込んで来るんで、射戦をやってる暇なんかない)ようになり、接近専用の兵器が好まれるようになる。
 基本的に武士は騎乗してるので、馬上から徒歩の兵を斬ることのできる、リーチのある武器が好まれる。徒歩の雑兵も、馬上の敵に届く、長い武器が欲しくなる。んで、みんなして野太刀や長巻を力任せに振り回して戦う世の中になったってわけ。


127 :NPCさん:2001/06/11(月) 03:38
続き。その2じゃ

戦国   /槍(持槍という、2.7mほどの長槍)。一部で長巻を使用。
      薙刀(当時は刀身三尺以上の大薙刀だった)は、重すぎるんで廃れている。
      ※この頃から、武家を「槍一筋の家」と呼ぶ風習が始まる。戦国末期以降、「槍一筋の家」とは、馬上で槍を使うことを許された武人(将校クラス)の家柄を意味する、一種の尊称となる。

 んで、戦国期になると、遠くから敵を殴れるように長く、長い間振り回しても疲れないように比較的軽く、扱いが弓や剣よりも容易で、しかも威力のある槍が注目され、使われるようになる。
 この頃になると、戦は日常。このため、強力な武器から身を守れる鎧が要求されるようになる。そりゃ、御館様が怪我してるからって敵は攻めるのを待っちゃくれないわなぁ。
 その要求に応えて作られたのが「当世具足」。小札ではなく、1枚の鉄板を加工して作った頑丈な鎧だ。
 これまでの日本では、タタラ製鉄に頼っていたため、大量の鉄を確保することができなかった。だから、小さな鉄片をとじ合わせて鎧にしてたんだが、この頃には南蛮から、鉄鉱石から精製された南蛮鉄が大量に輸入されるようになる。これを使って、頑丈で比較的軽い鎧が作られるようになってきた。
 特徴として、大鎧や胴丸ではガードしていなかった脇の下やノド、顔面など、体中の至る所を守るためのパーツが開発されたこと。また、接近戦の時に的を大きくしないように、大袖が廃止され、兜もシンプルで小振りなものになってきたということ。また、鉄砲や槍先の的になりやすい胴体を特に守るように、さまざまな工夫がされている。


128 :NPCさん:2001/06/11(月) 03:38
てなわけで、長くなりましたが、社会構造の変化によって戦闘方法が変わり、戦闘方法の変化で武器が変わり、武器が変わったことで鎧も変化してきたってこと。
だから、刀を差したお侍さんと、大鎧を着て弓を手にした武者が一緒にいる世界ってのはスッゲー変な世界なんだわ。別に、「ファンタジー」的に時代劇RPGをするんなら不要な知識だけど、知ってると、こんな風に蘊蓄を垂れ流せるんで(苦藁

あと、カキコでは、基本的な時代や武具の流れは押さえてるはずだけど、一部うろ覚えの記憶に頼って書いてる部分があるんで、正確な知識をお持ちの人は容赦なく突っ込んでね。


129 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:08
うぉ、なんか細かい名詞がいっぱいでてきてちょっと感動!
武器の流れがつかめて最高っす!

自分は正確な知識なんてないんで突っ込みなんて出来ませんです。

>西洋の剣
こっちこそ「斬る」んでなく「叩き切る」ぶきだったと思う。
日本刀は「斬る」為に反りが合って、西洋剣は叩き切る、もしくは
鋭いレイピアで突く、そういう戦術があった気がする。

130 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:21
>>129
レイピアで突くのはフェンシング。現代のフェンシングとそのままつながる西洋剣術ですな。
叩き斬るのはもっと古い中世の闘い方。
さらにローマまで戻ると小剣で刺したりする。

とまあ、あちらも時代によって様々です。
日本刀のチャンバラはフェンシングが一番近いと思う。

131 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:32
打撲ったって生易しいものじゃないよな。
圧力で肉が断裂する。

132 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:32
ま時代考証までこだわった時代物ってのは
そうそうお目にかかった事ないし、お目にかけづらい作品だしな

理由は簡単「個性分けがしづらい」

幕末とかなら思想でわける事もできるがな
まぁ坊主は基本的に法力、陰陽師、祈祷師はまじない召還式神
大概どんな時代劇ゲームもオリエンタルファンタジーだと思うよ
武器だけ時代考証がおかしいとかいっても
他がもっと大概おかしいから気にするな

なんぼ細直刃と直刃に逆足入り、中直刃の
刀の性能差と鍛冶技術並びに伝来方式の違いが・・といっても
そこまで一般人個性分けのイメージできません(藁

大槍を背負った重装甲の鎧武者と
刀一本でとっくりぶら下げ飄々と歩くお侍様
イメージしやすいのでこっち採用です(藁


133 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:33
圧力というよりはせん断力か。

134 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:43
>>132
「鎧武者」と「お侍様」が別種のキャラとして同時に登場する世界?
無理してアーキタイプ増やさんでも。

135 :NPCさん:2001/06/11(月) 04:52
そんなもんが一遍に出てくるのは天羅ぐらいでないかねえ。
時代物ならどちらかだけにすれば良いし。
安土桃山時代なら武芸者とかさ。

136 :129:2001/06/11(月) 04:58
漏れの「刀知識」は大航海時代公式ガイドブックから・・・
蛮刀=強打
刺突剣=突き
刀=斬る

古代はフルアーマ+長やりのファランクス中心?
だから日本刀じゃ太刀打ちできないからメイスとかで鎧ごとたたき
つぶしたほうが友好とか・・ それぐらいの知識しかねっす。

137 :NPCさん:2001/06/11(月) 05:08
AD&Dオリエンタルにもでるぞ(藁
芸者に隠密、浪人に
魔術師に超能力者、人間外生物に・・

138 :NPCさん:2001/06/11(月) 09:22
AD&Dといえば、侍もキャラクタークラスとして存在する…らしい。
ちなみに、刀のダメージは1D12(おいおい)。
しかも、レベル回/1日、『キアイ!』と叫ぶとSTRが18/100になるとか…(汗)
うわ、すっげー怖ぇ。

139 :NPCさん:2001/06/11(月) 14:48
RQのランドオブニンジャでは、サムライって強いのかね

140 :NPCさん:2001/06/11(月) 19:31
>117
>タイ捨流や示現流
すまないけど一回くらい見てからそーゆうことは言ってね。
時代小説とかに書いてある事は創作とかカン違いが多いから。

示現流なんか動きが柔らかいよ。激しいのは薬丸自源流です。それだって刃筋の立て方から歩法まで工夫がすごいです。ただ力任せ、素質任せで振り回すようなもんは武術じゃないよ。

141 :NPCさん:2001/06/11(月) 20:00
>>140
(゚Д゚)ハァ?
知識は正しいのかもしれんがピンボケだよアンタ。(藁
まあ知識をひけらかしたい気持はわかるけどね。(プ
したり顔で「激しいのは薬丸自源流です。」とか書き込んでるアナタ最高!(プ
戦場と武術はカンケーネーヨ。示現流云々はドーデモイイヨ。

142 :NPCさん:2001/06/11(月) 20:13
ニュースの時間です
昨夜袈裟切りに切り捨てられた141の死体が河原で発見されました
「天誅」と書かれた紙が額に五寸釘で打ち込まれており
警察では怨恨によるものの犯行とみて捜査をすすめています

では続いて、スポーツです

143 :140:2001/06/12(火) 00:38
>141
>アナタ最高!

アナタモサイコーデース!

144 :NPCさん:2001/06/12(火) 00:53
時代物ってなまじっか現代に繋がってるだけに
簡単に蘊蓄の言い合いになっちゃうよね。
時代物TRPGが難しい所以

145 :NPCさん:2001/06/12(火) 01:45
時代劇風東洋ファンタジーをやれば
現代に繋がらないし、それなり作れば
『この世界ではこうです』と言えるな

146 :NPCさん :2001/06/12(火) 01:51
前向きだ、そのとおりさ。
ま、グリフィンアイランドをまんま和風に置き換えたキャンペーンを
はってたこともあった。
痛感したのは、忍者をパーティーにいれないこと。
幻想が、剣術や巫女さん、陰陽師よりも強いうえに
単独向きという……

147 :ドキュソ侍:2001/06/12(火) 15:27
蘊蓄なんて気にしないから余裕だな!
それに桃太郎侍は武術の達人だし楽勝だよ!
つうか俺が無知なだけかよ!くそ!腹立つな!

148 :NPCさん:2001/06/13(水) 13:34
蘊蓄野郎(俺125)が言うのもなんだけど、蘊蓄や知識は必ずしも必要じゃ
ないよね。
俺も、ゲーム中にあそこまでげりょげりょに知識を垂れ流すことはしない
よ。そんなことで時間を食うより、もっと楽しいことがあるもん

変に知識をため込んだり、史実を偏重するよりも、むしろ、自分の持つイ
メージを膨らませるか、全く持ってなかったイメージを少しずつ構築して
いく作業が面白いんだ、これが。

ベテランがその辺をフォローして上げると、初心者はやりやすい。
エセベテランが「そんなの違うだろ、バカ」「勝手に妄想するな」とか、
変なことを言い出すと、感情的なケンカになるか、初心者が幻滅してや
めて行くからな。その辺さえ注意すれば、幻想妄想全くOK!
みんなで楽しくオリエンタルファンタジーやろーぜ!

>>147
鬼平と長七郎、青江又八郎も楽勝だよな!

149 :ノンストップ・ヒデキ@731週日:2001/06/13(水) 14:10
テレビ見てたら桃太郎侍やてたよ。

150 :NPCさん:2001/06/13(水) 14:59
東京じゃあ、高橋ヒデキの「江戸の用心棒」やってるな。
なんの後ろ盾も無い、頼まれてもいない、浪人が
藩邸に殴り込みをかけて大名を切る。
キメセリフは「人読んで江戸の用心棒」だが
これが完全に自称という……


151 :140:2001/06/14(木) 01:37
ゲーム中に薀蓄語る奴はただの社交性足りん奴です。
つーわけで140のよーな薀蓄書く俺もその同類か。

152 :NPCさん:2001/06/14(木) 04:23
age

153 :運命No.34:2001/06/15(金) 00:25
ブレカナで「三匹が斬る」を(藁

154 :NPCさん:2001/06/15(金) 06:59
テレビ史上、もっとも一本の刀で多くの敵を切ってたって
前にテレビ探偵団で逝ってたな>桃太郎侍

155 :NPCさん:2001/06/15(金) 09:04
勘定奉行の首をガンガンすげかえてたな。
たんなるエロ好きなだけの有能そうなのもいたのに(藁

156 :NPCさん:2001/06/15(金) 15:11
パチスロで仕事人シリーズ出るそうじゃん。TRPG的に
仕事人ってよくないか?マンネリかな・・・sage

157 :NPCさん:2001/06/15(金) 16:11
月姫おもしろいよやってみ!

158 :NPCさん:2001/06/15(金) 17:23
>>156
SNEの「大活劇」は仕事人が主役さー。
基本のままだとチトシビアだけど、サプリメントを
導入すれば雑魚をばっさばっさ斬ることもできるいいシステム。
弱点としては、
プレイヤーが意識しないと、テレビ時代劇風にはならないことか……。

159 :NPCさん:2001/06/15(金) 22:46
時代劇はお約束が多いからね。
微妙な呼吸とかをわかってないと、ちょっと難しい。

特に、単独行動や、開き直って空くに寝返るやつが出ると微妙だね。

160 :NPCさん:2001/06/16(土) 00:17
時代劇はこれが出来るメンバーとやりたいねえ。

「これはほんのつまらない手土産でござります」
「魚心あれば水心よのう」
「お殿様にはかないませんなぁ。まあ持ちつ持たれつということで……」
「ふふふ上州屋よ、お主も悪じゃのう」
「いやいやとんでもございません。お殿様に比べればわたくしなど、ほんの小物で」
「こいつめ煽てよって。ぬはははは」

161 :NPCさん:2001/06/16(土) 00:24
「わしはこの山吹色の菓子に目がなくてのゥ」

162 :記憶屋:2001/06/16(土) 00:44
コンベンションで時代劇風のプレイに、
プレイヤーとして参加したことがありましたが
とても楽しいものになりました。

私は“肥前屋”で抜け荷をしてました。
「いつもおせわになっております 今回はどのようなご用件で?」
「秘密を知ったが、うぬらの不運よ!」
・・・そうか、私は悪人だったのか。

163 :ドキュソ侍:2001/06/16(土) 02:25
くそ!俺は1人で45分間1人芝居できるよ!余裕!

164 :NPCさん:2001/06/18(月) 18:51
昨日「秘伝の声」のマスターやった。周りがみんな時代劇通だったので
楽しかった。時代物ってメンツを選ぶよね〜。

165 :NPCさん:2001/06/18(月) 21:36
たしかにー。

166 :NPCさん:2001/06/19(火) 14:20
「あっ、お代官様、なにをなされます!」
「くくく、わかっておるはずじゃ」
(襖を開けると、赤い布団。布団はひとつ、枕はふたつ)
「あれぇ、ご無体な」
「くくくく、よいではないか、よいではないか」
「あっ!」
「ほぉれ、捕まえたぞ。ふひひ、そぉれ回れ回れぇ!」
「あーれー、お止め下さいましぃ!」
「ぐふふ、口ではそういっても、ここはそうは言っておらぬわぁ!」

・・・というプレイをやってみたい。
TRPGでもいいし、リアルでもいいから。
男の浪漫じゃのう。

167 :NPCさん:2001/06/19(火) 15:17
>>166
それ、うまくいかないよ。
女の子に回ってもらわないと。

168 :NPCさん:2001/06/19(火) 23:21
>>166
いいなあ……
マスターがそこまで演出したときに、
「じゃあ、みてます(ゴクリ)」
「助ける機会をはかるから、どんどん描写を続けてくれ」

169 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:15
>>166
軽く同意。ちょっとしたエロい描写ってヤツには憧れを感じる。
自分がマスターすると上手くいかんのだが。 

170 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:17
みんなは時代劇をプレイするときどんな作品(小説とかドラマとか)を
念頭に置いてるの? オレは剣豪物が好きなので「御家人斬九郎」とか
「剣客商売」をイメージしてプレイヤーにも見てもらうようにしている。

やっぱ、主流は「るろ剣」とかなのかな〜。
時代物なんてやっているヤツいねーよ。つうツッコミ抜きにして教えてくれ。

171 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:26
>>167
「寝て解けば、帯ほど長いものはなし」

172 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:27
やはり「暴れん某将軍」を基本にしたい。
応用として「3匹が斬る」シリーズ。

173 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:39
>>172
「暴れん坊将軍」は率直に言って出来が悪すぎます。
「桃太郎侍」の方がマシでしょう。

174 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:53
できなどはなから求めておらぬわ。
そこに北島のサブチャンだけいればいいんだ。

175 :NPCさん:2001/06/20(水) 23:57
>>172
たまに「3匹が斬られる」になってしまうことがある……

176 :ニュークリア和尚:2001/06/20(水) 23:59
「必殺仕事人」はどうだ?
ジェット=リーもびっくりの日本発Xレイバイオレンスの名作だと思うが

177 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:05
>>174
股旅物すら満足に演じられないサブちゃんがいてもなあ・・・

178 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:37
笑え

179 :総統:2001/06/21(木) 00:39
( ^▽^)<わっはっは!

180 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:41
もっと

181 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:46
総統の代わりに私がわっはっは。

182 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:55
もっと

183 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:57
おのれ偽者!
「成敗っ!」

184 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:58
ぐはあ! (ばったり) 懐から火のついた短筒がぽろり。

185 :NPCさん:2001/06/21(木) 00:59
げらげら

186 :NPCさん:2001/06/21(木) 13:42
 うむ。お約束といえば。
(短筒を構えた越前屋、主人公に狙いをつける)
「くくく、これで貴殿もおしまいじゃ。死ねぃ!」
「ぬっ、危ない!」
「せ、先生、なにを!」
「ぬ、裏切り者が!」
(越前屋用心棒、越前屋に襲いかかるが、別の剣客に斬られる)
 このパターンでしょ。でもって、戦いのあと。
「お主、なぜわしを助けた?」
「ふふふ、貴殿には我が息子を助けてもらった恩が・・・ぐふっ」
「傷は浅いぞ、しっかりしろ!」
「なに・・・もう助からん。拙者が斬った、咎無き人々の怨霊が呼んでおるわ」
「しっかりしろ! おい!」
「貴殿を見込んで・・・頼みが・・・息子を、わしのような無頼ではなく、立
派な武士になるよう・・・」
「わかった、わかったから死ぬな!」
「た、の、む・・・(がく)」

 こうなったらエンディングは、子供の笑顔でシメ!
 お約束だが、こーゆーパターン、オレ好み。
※バリエーションとして、息子を娘にするも良し。
 年齢はプレイヤーの好みにあわせ、12〜18前後がオススメ(藁

187 :NPCさん:2001/06/21(木) 23:26
>>170
るろ剣は、アニメの最初の方は、「だれか困っている人がいて、剣心たちがそれを助ける」っていう
オリジナルエピソードはじつに明朗時代劇風だったなりよ。
原作のほうは、シリーズものの少年漫画だと、強敵を倒すだの新必殺攻撃を身につけるだのにいくのは
しょうがねーよなあ。

>>186
オレも好む(藁

188 :NPCさん:2001/06/22(金) 14:53
>187
おお、同志がここにも。
恩義に報いるために命を張る。時代劇で一番燃えるシーンだよな。

質問だが、幾つぐらいが好き?
俺は17,18歳がストライクだが、全年齢対応(違

189 :ピピン:2001/06/22(金) 15:02
なんかチョンマゲだけはマヌケに思えるんだよな。皆さんの好きなキャラもチョンマゲですか

190 :NPCさん:2001/06/22(金) 15:06
女性キャラでもチョンマゲです

191 :NPCさん:2001/06/22(金) 19:33
総髪とかはダメ?

192 :NPCさん:2001/06/22(金) 19:44
>>187
おおよそ、義理人情を口にしてさまになるのは時代劇だけだな。
ちなみに、こと時代劇に限っては、20代半ばの密偵系の凛々しい美人に弱い。
懐剣で乳首を、いや手首を切られてのけぞりたいくらいだ。

>>191
絵的には総髪だろうなー。
ところで沖田総司の髪型って、なんていうんだ? 月代そってるけど、後ろの髪が長いってやつ。

193 :着付けさん@どーでもいいことだが。:2001/06/23(土) 02:40
>>167
あれは特殊な帯の結び方で(洒落ぬきで「芸者縛り」と言います)
どんなに女の子に回ってもらおうとしても普通の帯の結び方じゃ
絶対に回りませんしほどけません。
無用なツッコミスマソ。

194 :NPCさん:2001/06/24(日) 01:01
>>192
さぁ、考えた事もなかった……。
取り敢えず、此処にはなかったです。

ttp://www.cosmo.ne.jp/~barber/kamigata.html

195 :NPCさん:2001/06/25(月) 01:06
>>192
沖田総司の髪型は若衆髷(わかしゅうわげ)と言うヤツじゃないかな。
江戸期の武士は元服すると前髪を上げる(月代を剃る)のだが、
無役の若い武士はふだん登城しないのでチョンマゲをしなかったらしい。
バイトだと茶髪だが正社員になると染めるみたいに若者のファッション
だったんじゃない?
「剣客商売」ヒロイン三冬の髪型がたしか同じだったと思う。

196 :ピピン:2001/06/25(月) 10:59
>195
うむ。今読んでみたら確かに「わかしゅわげ」と書いてあった。

で、チョンマゲじゃないんですか、皆さんのイメージは。

197 :NPCさん:2001/06/25(月) 11:56
>>196
脇役はチョンマゲ。

198 :NPCさん:2001/06/25(月) 11:58
>>195さん
>無役の若い武士はふだん登城しないのでチョンマゲをしなかったらしい

これのソースキボンヌ

199 :ピピン:2001/06/25(月) 12:36
ということは時代物好きの間で「チョンマゲ=かっこ悪い」と考えられているのかな
ちと意外だ

200 :ピピン:2001/06/25(月) 12:40
「チョンマゲ=脇役」というのはあれか。
ファンタジー物で何故か主役級が兜つけてないようなもんか?

201 :ドキュソ侍:2001/06/25(月) 14:33
チョンマゲはソリッドで好きだよ!主役の髪型だな!
暴れん坊将軍なんかすげえいいよな!
くそ!脇役の髪型なんかじゃないよ!
大体アレだよな!
どんなキャラでも主役たり得る事はTRPG者が一番知ってるだろうが!くそ!
髪型も同じだよ!

202 :NPCさん:2001/06/25(月) 15:00
>>172
セッションの最後を、
「〜〜を春の空に願う、そんな、吉宗であった。
 (ドンドンドン←太鼓の音   サブちゃんの歌〜〜〜)」
なんて〆ると、どんな悲惨な話でも綺麗にまとまったり(藁

203 :ピピン:2001/06/25(月) 15:26
>ドキュソ侍
いや、大方の作品では主役と脇役の扱いは全然違うよ。とくに時代ものは。

204 :NPCさん:2001/06/25(月) 15:36
>>203
かげろう忍法帖はどうしてくれる?

205 :ピピン:2001/06/25(月) 15:50
>204
ごめん。わからないや

206 :NPCさん:2001/06/25(月) 16:09
水戸黄門のお銀と飛猿が主人公の外伝。>「かげろう〜」
当然スピーディに終了。

207 :ピピン:2001/06/25(月) 16:19
ああ、思い出した(笑
毎回(?)入浴シーンあったやつね

208 :195:2001/06/25(月) 17:08
>>198さん
えーとね。たしか池波作品のどれかに床屋の由来が書いてある話があるんだよ。
江戸期の「髪結い」は女髪を結わうもので刃物を使う「床屋」より一段格が
おちる。で、武士は登城のときに正装として丁髷をするんだけど、この時には
床屋に行って月代を剃ってもらうわけ。でも髪は当然伸びるから定期的に床屋に
通う事になる。無役の若い武士や浪人はそんなに定期的に床屋に通うお金がない
のでカネのかかる正規の髪型「チョンマゲ」ではなく総髪ザンバラになってしま
うワケよ。「用心棒日月抄」の中にも
「月代が青々としており身なりも垢じみていない」 ← お抱え武士
「袴がよれよれであごに薄く不精ひげが見うけられる」 ← 痩せ浪人
といった描写があったような。長文レス、スマソ

209 :ウニは広いな大きいな:2001/06/26(火) 01:42
さくやのDVD買っちまったよ!
猫が着ぐるみだったよ!
金の無駄ってのはこのことだよ!

210 :198:2001/06/26(火) 02:37
>>208
青江は浪人だったから、垢じみても、アリかもしれないけど、
碌をはんでいる「幕臣」は、それはアリかなー
無役は無役なりに、月代くらい剃らないと罰せられるのでは?

211 :NPCさん:2001/06/26(火) 06:39
五条霊戦記を観た>
ラストバトルは結構燃えかも。

212 :ピピン:2001/06/26(火) 14:19
じゃー変な話になるけれど、ウィザードリーに出てくる侍なんかはチョンマゲじゃなくてもおかしくないわけだね

213 :NPCさん:2001/06/26(火) 15:34
別にチョンマゲじゃなくてもおかしくはないけどな!
チョンマゲがそんなに嫌かよ!くそ!
侍にとっちゃマゲ&剃りはソリッドでシャープなお洒落だよ!

214 :ドキュソ侍:2001/06/26(火) 15:41
しまった!NPCで発言しちゃったよ!くそ!
なんかもう散々だよな!やんなるよな!

215 :ピピン:2001/06/26(火) 15:51
ドキュン侍はどんな髪型なのか気になる今日この頃。

216 :NPCさん:2001/06/26(火) 17:13
どうしてちょん髷かというと、兜をかぶると蒸れるからなんだな。
日本の環境風土的に。

217 :蘊蓄魔人:2001/06/26(火) 17:26
>>216
とは限らない。
どうやら古墳時代あたりからすでに剃っていた形跡があるので、満州人の弁髪と同じく日本人の古風俗だったという説が現在では有力。

218 :NPCさん:2001/06/26(火) 18:44
ん? すると、中断していた時代があったわけか。
つか、古墳時代から蒸れてたんじゃないの?

219 :ドキュソ侍:2001/06/26(火) 22:46
>ピピン
知るかよ!勝手に想像してくれ!
勝手に想像したらマゲだろ!くそ!それでいいよ!余裕!

220 :NPCさん:2001/06/26(火) 23:30
江戸時代の侍は髭をはやさない
生やすのは浪人だけ

221 :NPCさん:2001/06/27(水) 16:53
江戸時代の人妻は、眉を剃ってお歯黒ってのは本当?

222 :NPCさん:2001/06/27(水) 16:55
本当だ。白い歯を見せるのは異様なことだったらしい。

223 :NPCさん:2001/06/27(水) 19:45
黒い歯っていーなーBlack & Black

224 :NPCさん:2001/06/27(水) 22:55
人妻は、眉剃り&お歯黒は絶対条件。
また、遊女は眉を剃らず、お歯黒だけをつけていた。

あと、ヒゲは、武士(禄をもらっている藩士や旗本)は不許可だった。浪人はOK……というか、黙認。
理由が、「主君よりも偉そうに見えるのはよろしくない」だったという(実話)。
なお、中間(いわゆる奴(やっこ)とか)は、武士じゃないので生やしてOK。ただし、格式ある家では、槍持ちなどの「威ある風体が必要な職」以外は、暗黙の了解で剃らせていたらしい。

225 :NPCさん:2001/06/27(水) 23:39
人妻といっても、子供を生む前は眉を残す。でも歯はブラック。ちなみにこれ、歯のためには良かった。
出産した内儀なり奥様は眉を剃る。
外見だけで判断がつくようになっていた。

226 :ドキュソ侍:2001/06/27(水) 23:39
なるほど!だから時代劇であんまりヒゲを見ないのか!
くそ!知らなかったよ!勉強になるな!
どうりで時代劇でヒゲはやした奴が少ないはずだ!
でも眉毛を剃ってお歯黒をした女性は出てこないよななんか!
やっぱり現代の美意識にあわせてるってわけか!くそ!でもそれでいいと思うな!

227 :NPCさん:2001/06/28(木) 09:31
女優さんがいやがるのだ。

228 :NPCさん:2001/06/28(木) 13:50
お歯黒は、タンニンやら酸やら酸化鉄やらの化合物。
一回塗るとそう簡単には落ちないからな。白い歯がステータスの現代人には嫌がられるだろう。

逆に、だからこそ歯のためにはよかったのだ。簡単に言えば、歯に殺菌剤でコーティングをしているようなものだからな。
口臭も虫歯もシャットアウト、というわけだ。

229 :NPCさん:2001/06/28(木) 13:54
そもそも何の為に塗ってたの?単なるファッション?

230 :大渦:2001/06/28(木) 14:03
>229
確か、ビンロウ(噛んでると歯が紫色になる)から来ていると聞いた話が。
南方の方の貴人はビンロウの噛み過ぎで歯が紫色だったのでそれを真似たとか、
もともと南方系の奴が歯の色が落ちてきたので態々染めたとか、
色々説はあるみたいです。

231 :NPCさん:2001/06/28(木) 14:10
昔の時代劇映画なんかでは再現されているのかな?>お歯黒
だとしたら、それがされなくなったのはいつ頃からなんだろう。

232 :NPCさん:2001/06/28(木) 22:32

既婚者に手を出すと死罪。追放、遠島のご時世だからな。 生物の警戒色のようなものか。


ところで、兜をかぶるときは、ちょん髷はほどいてるんだぞ。
髷のまま兜をかぶるのは間違いだ。

233 :NPCさん:2001/06/28(木) 22:35
>>224
>理由が、「主君よりも偉そうに見えるのはよろしくない」だったという(実話)。
 すんません、ずーっと「文治政治を目指した綱吉が髭は野蛮だからダメ」
って決めたからだと思ってました……。一つ利口になった。

234 :ウニは広いな大きいな:2001/06/28(木) 23:31
お前ら屑だな!
葛餅にして喰ってやる!
葛餅はいいぞ! うまいぞ!
2ちゃんの情報信じるな!
理由なんて髭をつけるとAが逆さまになって格好悪く見えるからでいいんだよ!
わからんやつはわからんくていいぜ!
俺は一人でうざくなるぜ!

235 :NPCさん:2001/06/28(木) 23:43
さかさまAはかっこいいじゃないか!

236 :ウニは広いな大きいな:2001/06/28(木) 23:52
毛唐がデザインしたものはいらん!
いらんったらイラン!
ここでつい「イラク」と書きたくなるのは俺様の修行不足だ!
親父ギャグも素晴らしいぜ!
よって貴様を誰かと一緒に消滅させてやる!
誰か一緒に消滅するコテハンを選べ!

237 :NPCさん:2001/06/28(木) 23:57
>>236
頼むからひとりで消えてくれ。
お前正直つまらんし、ウザい。

238 :ウニは広いな大きいな:2001/06/29(金) 00:03
つまらんくてうざいのは当たり前だ!
俺はそれを目指し、究極系に近づいているのだ!
俺が究極になったとき、それが楽しみだ!
すべてをなんかしてやる!
きっとな!

239 :NPCさん:2001/06/29(金) 00:11
>>238
不許可。

240 :ウニは広いな大きいな:2001/06/29(金) 00:17
俺様にレスをするとレスが返ってくる可能性激大だ!
なぜなら「かまってくん」だからな!
俺様は楽しいぜ!
貴様も楽しいだろ!
幸福だろ!
降伏は市民の義務なんだろ!?
俺様は町民だがな!
どうでもいいが、何が不許可なのかはっきりしろ!
はっきりしない奴は戦場で死ぬぞ!

241 :NPCさん:2001/06/29(金) 00:29
なんで刀を二本差しているんでしょう。
二刀流の流派が蔓延していた
わけではないのですし、
どういう理由があるのか……
また、槍が得意だから槍を持ちあるく、というようなことはいけないのかどうか……
日本史板では、ちょっと聞きにくいので
ご存知の方、お願いします。

242 :ウニは広いな大きいな:2001/06/29(金) 01:16
刀は漢の魂だ!
漢気の現れだ!
それを槍ごときで代用するとは何事か!
股間についている槍はある意味漢の印だがな!
片方の刀は人切り用で、もう片方は腹切り用だぜ!
すくなくとも俺の小さい頃はそうだった!
がんばんべ〜!

243 :NPCさん:2001/06/29(金) 01:36
はーい、そういう質問なら、蘊蓄マニアの俺様にお・ま・か・せ(はぁと)

昔から武士のことを「二本差し」というでしょう。だからです(逆だ、逆)

源平時代はから、太刀と短刀(敵将の首を切るためのもの)を差していた名残ですな。
当時は騎射がメインだったので、太刀がサブウェポン、短刀はマジで首切り専用だった。
後に、槍がメインウェポンになっても、その立場はあまり変わらんわけ。

でも、次第に世の中が落ち着くにつれ、常に槍や大弓などの武器を持ち歩かなくなる。
それでも、いろいろと闘争のネタはあるわけで・・・そうなると、槍や弓よりも携帯が可
能な刀が「平時のメインウェポン」「短刀がサブウェポン」の位置に着くようになるわけ。

んで、武器ってのは「重厚長大」が好まれるわけで、短刀よりもいざというときに武器と
して威力のある「小型の刀」・・・脇差というものが登場するようになったというわけ。

244 :NPCさん:2001/06/29(金) 01:38
>>241
大中小の3本持ってる人もいたらしい(重いだろうに)。

長いのが折れたり落としたりしたときの予備とか、
組み合いになった時のとどめ用とかじゃない?
あと、逃げる時に長い刀を捨てる必要が生じる場合もあるかもしれない。

槍は、普段は家に置いておいて、出陣となったら出してくるものだろうね。
街歩きには邪魔すぎる。
足軽の装備は、自弁じゃないだろう。

245 :NPCさん:2001/06/29(金) 01:41
ちなみに、もともと「脇差」ってのは、「メインウェポンである大刀とは別に腰に差す刀」
の総称なので、自分が差してる大刀よりも短けりゃ「これは脇差」といい張ることも可能
なのだ。
このため、江戸時代初期までは、「大脇差」という、二尺以上のものが流行していた。太
刀が折れても、こんだけ長けりゃそりゃ、普通に戦えるわな。

その後、「定寸(刀のサイズ)」ってのが公式に定められて、「大刀は二尺二寸五分」
「脇差は一尺五寸」が正式なサイズになった。定寸を大幅に逸脱したサイズの刀や脇
差しは、公式の場で携帯することは禁止されたのだよ。
だから、武士の正装(忠臣蔵で吉良&浅野が着ているような、裃+長袴+烏帽子をイメー
ジしてね)の際は、脇差ではなく短刀(この場合は「みじかがたな」と読む。九寸五分程
度の、鍔のない、いわゆる合口拵えの刀)を差すことになっている。

あと、「槍が得意だから持ち歩く」ってのも、基本的にタブー。
でも、身分ある武士は、登城の際には一種の特権&看板として、「槍持ち」と呼ばれる下
僕に、槍を持たせて連れていくことが許されていた。
「許されて 振り返りつつ、登城かな」
という川柳もある。槍持ちを連れて登城することを許される身分に加増されて、初めて登
城する際の誇らしげな様子を詠んだものだけどね。

ただし、「本人が槍を持つ」ことは不許可。俺様臨戦態勢で、人殺しの準備OK!」と高言
しているようなものだからね。
もはや、「槍=戦争の道具」という概念になっており、普段持ち歩くのは不可なわけ。
現代でも、九センチ以下の刃物を「携帯する」のはよくても、「手に持って歩く」と職質
に合うのと同じようなもんだね。

それでも、槍の道場主などが持ち歩くのは黙認されていた。
ま、さっきの身分ある武士と同じように「看板」という扱いだったんだろうね。

こんな所かね。長らくしっつれーーーいたしました!

246 :ドキュソ侍:2001/06/29(金) 01:48
勉強になったよ!ありがとう!
くそ!時代劇好きなのに知らない事いっぱいあるな!
でもまあ知らなきゃ知らないで知る喜びがあるからいいよな!余裕!
逆に考えるとゲームで出てくる脇差ってのは一尺五寸の短刀の事だよな!
別に大刀とカットラスの二本差しでカットラスを脇差って言い張ってもいいけど無意味だな!
でもそうなるとTRPGでの脇差って一尺五寸に限定されない短めの日本刀の事かもな!

くそ!俺も最近長文多いよな!

247 :NPCさん:2001/06/29(金) 02:15
こういう教養のある人が書き込むからここはすげえよな。
優良スレとはこのことか。

248 :ピピン:2001/06/29(金) 12:37
よく「先祖代代の名刀」とかありますけど2本セットで家宝となるのでしょうか?

249 :NPCさん:2001/06/29(金) 12:46
沖田総司の菊一文字は、実在の刀じゃないそうですね。ビクーリ。

250 :NPCさん:2001/06/29(金) 13:48
>248
一本でも人参。一本でも家宝です。

>249
「菊一文字」は実在します。刀好きだった後鳥羽上皇の御番鍛冶に指名された名工たちが、銘に菊の御紋
を添えることを許された事実があります。
御番鍛冶の中で、「一文字派」と呼ばれた刀工たちが、菊紋と「一」の字を銘の代わりに入れたことから、
この一派の作刀を「菊一文字」と呼び慣わすようになったのです。
ブランドや、クリエイターグループのシンボルマークや俗称と考えればわかりやすいかも知れません。

ですから、厳密な意味での「菊一文字」という刀は存在しません。「一文字派・御番鍛冶刀工○○の作刀」
という形になります。

同様に、「銘刀長船」も存在しません。これもまた、「長船派」と称される刀工の一族の作刀であることを意味しますので、
「長船○○」という、”○○”に当たる部分に刀工の個人名が入るわけです。
その個人銘によって作刀の出来映えも、もちろん希少度も価格も違います。
同じ「長船」でも、最高クラスの「光忠」「兼光」などになると、価格は一千万単位。重要文化財や重要美術品に指定されて
いる者も珍しくありませんよ。

251 :NPCさん:2001/06/29(金) 13:53
おや、おもろい書き込みが。いたねぇ、コンベンションで「俺の家に銘刀長船があるぜ」って自慢してた阿呆が。
俺が「長船ならいつぐらいの代の作刀? 銘は?」って聞いたらきょとんとしてた。
長船ならみんな銘刀って訳じゃねぇんだよな。
もちろん、平均して良質の刀を作ってた一族だから、信頼に足る品質ではあるだろうけどな。

252 :ドキュソ侍:2001/06/29(金) 13:58
くそ!俺その阿呆と同レベルだよ!恥ずかしいな!
俺の家には刀は無いけどTRPGでキャラに持たせる刀の話の事だけどな!くそ!
俺も刀が欲しいよ!模造刀でもいいかこの際!本物は高いしな!

253 :NPCさん:2001/06/29(金) 14:41
>>250
すると「備前長船」とかいうのは、その長船派の人が備前で作った、
ってことなんですか?

254 :NPCさん:2001/06/29(金) 14:58
>>253
ああ、そういや備前長船ってよく聞くね。
でも備前以外の長船(おさふね、と読む。念のため)てあるのかね?

255 :NPCさん:2001/06/29(金) 18:02
ええっと、「長船」ってのは、備前の地名。
だから、「備前長船兼光」ってのは、「備前の国の、長船に住んでいる、兼光くん」という意味。
昔の人って農工商の人は名字なかったでしょ。だから、住んでる地名を名乗りの代わりに
使ってたってこと。

ま、長いこと地名を名乗り出使ってると、それが名字みたくなって来るんだけどね。

256 :NPCさん:2001/06/29(金) 18:57
なるほどー。
「私は風の谷のナウシカ」
「僕はペジテのアスベル」
みたいなもんですな。

257 :NPCさん:2001/06/29(金) 19:22
>>256
ワラタ

258 :ウニは広いな大きいな:2001/06/30(土) 00:29
じゃあ俺様は卓上ゲーム板のウニは広いな大きいなだぜ!
かっこいいぜ! すごいぜ! まるで身長57メートル体重550トンになったみたいだぜ!
こんなレスを返せるやつっていいだろ!
俺様最高!
刀なんてちょっと切れればいいんだよ!
戦場ではどうせスグに人の脂で切れなくなるんだぜ!知ってるだろ!?
切れ味が鋭くなきゃいけないのはレスの内容と頭とリストカット用のカッターだぜ!
手首が切れ落ちる感覚って貴様らにはわからんだろ!

259 :NPCさん:2001/06/30(土) 00:39
手首には太い腱があるので、カッター程度では切れ落ちません。
また、リストカット未遂の最大の原因は、「腱を傷つけて、その痛みにビビって中断」というものです。

勉強になるなぁ(邪

260 :NPCさん:2001/06/30(土) 00:41
あまり小物を虐めないように。

261 :ウニは広いな大きいな:2001/06/30(土) 00:44
てっとりばやいのは薬だぜ!
俺も薬なら飲んだことあるぜ!
具合の悪いときに風邪薬とかな!
やっぱり薬は素晴らしい!
あれはいいものだ!
腱の痛みでビビるくらいなら漢じゃねぇぜ!
真の漢ってのは右手に持ったカッターで一気に左手首を切り捨て、その勢いで右手首も切り落とし、それでも気合いのレベルが高すぎて死ねない奴のことだ!
俺様の目指す理想形態なのじゃ!

262 :NPCさん:2001/06/30(土) 03:53
薬と言えば当時はどんな薬品があったんだ?
時代劇で傷口に焼酎を吹きかけるシーンがあるけど、焼酎って
当時にはなかったという説があったような覚えがあるよ。
誰でもいいから知ってる人教えて丁髷。

263 :NPCさん:2001/06/30(土) 11:21
とりあえず、金魚鉢に落としてみて、すぐに溶けて、金魚が全滅するような猛毒が江戸時代に存在しなかったことは確かだ。
凄惨カリや、シアン化水素は化学薬品だからにゃー。

264 :NPCさん:2001/06/30(土) 11:32
>>262
薬品というのは、東洋のそれか?
それとも蘭学で研究されていた西洋のそれか?

265 :NPCさん:2001/06/30(土) 11:51
>>263
なるほど、石見銀山ではすぐに死んだりしないんですな。

……(検索中)……ふむふむ。数十分くらいかかるのか。

266 :NPCさん:2001/06/30(土) 12:32
>>265
そう。だから大名の毒見役に効果がでるかを調べるまでのタイムラグがある。
ゆえに料理は冷める。
  ¥
(;´Д`) マズー

267 :NPCさん:2001/06/30(土) 15:38
>>258
よく日本刀は5、6人斬ると脂が詰まってそれ以上斬れなくなるって聞くけど、本当なのかね?
池田の小学校では(以下自粛)

268 :NPCさん:2001/06/30(土) 16:43
>>267
切れ味ネタは既出。蘊蓄さんがいろいろ教えてくれてるぞ。ウニよりも詳しい人のカキコを読んだほうがためになると思われ。

関係ないが、ウゴウゴルーガの「プリプリ博士」は、「ウ○チ」と「蘊蓄」を
引っかけたダジャレなのだろうか?

269 :ウニは広いな大きいな:2001/06/30(土) 23:25
俺様のレスを読んでためになるわけがねぇぜ!
俺様は知ったか厨房でかまってくんだからな!
最近は調子がでねぇぜ!
くそするか…

270 :NPCさん:2001/07/04(水) 13:49
止まっているな。

それはともかく、薬関係をもう少し教えてくれ。
毒味役が主君の食事に毒が入っているか調べるために試食した
のはわかるんだが、万が一毒が入っていた場合、その毒味役は
そのまま脂肪しちゃうのか?
解毒剤みたいのは、当時にはなかったのかな?
詳しい人教えてくれ。

271 :ピピン:2001/07/04(水) 14:06
>270
毒見係の人が死んじゃった例はあるようです。

272 :NPCさん:2001/07/04(水) 14:42
>>271
どういうエピソードなん?

273 :NPCさん:2001/07/04(水) 22:04
>>270
江戸時代は、漢方中心だから、解熱・解毒薬はかなり充実している。
服用してすぐに、というほど毒が消えるというほど劇的ではなくても、即死をまぬがれることはできたろう。
ただ、手裏剣や吹き矢に塗られたものにまで有効かどうかはわからない。

また、大名要人を毒殺するものならば、強い毒をつかっただろうから、解毒剤が効果を発揮しない強力なものを
使うことは十分考えられる。

将軍 徳川家治には毒殺の噂がついてまわっている。
賄賂政治で悪名が高い田沼意次が、民間から登用した医者を強引に御典医にして、
薬と偽って毒をのませて、じわじわと死にいたらしめたのではないか、という噂。

諸藩でも、病死と発表しているが実際は、毒殺もおこなわれていたのではないか? とも……

274 :NPCさん:2001/07/04(水) 22:41
>>273
田沼の悪いウワサは全部ウソのような気がしてしまう(笑)

しかし漢方の解毒薬ってどんなものなんでしょうか。

275 :ドキュソ侍:2001/07/05(木) 13:34
毒見役ってちょっぴりずつ毒を飲んで耐性つけるって昔聞いた気がするな!
でもなんか眉唾っぽいかもしれない!くそ!どうだろうな!

276 :NPCさん:2001/07/05(木) 14:30
龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!
龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!
龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!
龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!
龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!龍哭譚紀行は最高!

277 :ピピン:2001/07/05(木) 16:36
>272
読んだ本に漠然とそういう事がかかれていただけなので詳しくはわからないのですが。

>275
どっかのイスラム教国の毒見役の習慣であったみたいなので
少量の毒を常用すると耐性がつくというのは事実のようですが
日本ではどうなんでしょうねえ・・・。

278 :毒の蘊蓄うだうだと、その1:2001/07/05(木) 20:56
トリカブト毒とかは、ごくごく少量なら薬にも使えるし
日本(主に東北)にも多く存在し
毒味役がこれらの薬への耐性訓練を行っていたとしてもおかしくないと思う
ただ基本的に訓練は気休めです、
致死量飲んじゃったら10分で死ぬか
15分で死ぬか、その差位、
ただ異常に味覚嗅覚が発達して、吐き出す、毒を見抜く訓練とかは受けてるかも
まぁトリカブト致死量だったら耳掻き一杯で心臓がきゅーっと・・くくく

>江戸時代は、漢方中心だから、解熱・解毒薬はかなり充実している。
>服用してすぐに、というほど毒が消ではなくても、即死をまぬがれることはできたろう

誇大広告、嘘はジャロに報告すべし(藁
むしろ、西洋に比べれば漢方はその辺の怪しい薬の宝庫ですが
基本的に「劇的効果」のある解毒剤が開発されたのは近代に入ってからです
毒の部分を切除する!気合いで洗浄して全部吐き出す!基本がこの二つ
そして最終手段が毒には毒をもって・・のやり方
トリカブトの例を言えば筋肉を収縮させる猛毒を
弛緩させる劇薬でうち消そうと試みる訳ですが・・
どれだけ分量の毒が盛られたのか?
一瞬で分かるのはドラーま大岡越前のあのお方位でしょう
江戸の医学力では、つうか今の日本の医学でも多分・・(萎

279 :毒の蘊蓄うだうだと、その2:2001/07/05(木) 20:57
>また、大名要人を毒殺するものならば、強い毒をつかっただろうから、解毒剤が効果を発揮しない強力なものを
>使うことは十分考えられる

速効性の効果を現す毒を強い毒と表すなら
これは仕事人がいるとか忍びが忍術使うとか、忍び装束で潜入してちろちろと猛毒を注ぐ世界のお話
むしろ大名要人を殺害するには・・
>じわじわと死にいたらしめたのではないか、という噂
このように(藁
見分けのつきづらい「砒素(無味無臭マンセー)」
など蓄積する金属系弱毒で
徐々に弱らせて病死させてしまった方が、後々楽です(藁
トリカブトなんか使って暗殺したら毒殺バレバレですからな
(誰がやったのかも、「タマタマ」病死されてしまわれたので、不肖この私が(藁)

後、猛毒が非常に高価であるという概念は
治安当局の取り締まり次第です(藁
緩ければ、海ゆかば、山ゆかば、猛毒を持つ生物はその辺にゴロゴロしています(藁

まとめとして、現実に近づくならば
毒は安価で手に入りやすく致命的なものになります
まぁ「使う」→「毒消し草」で仕舞いにした方が
バランス取りやすいですがね(藁

以上長文すまーぬヨ

280 :NPCさん:2001/07/05(木) 21:25
>>278-279
すげえ!! 漢方が解毒の効果万全ったのは忍者がらみの本だったから、あやしかったのかマズーイ!

ごめんよ>>270騙してしまって。おいちゃんも騙されていたんだ。

281 :NPCさん:2001/07/05(木) 22:35
毒飲んで耐性訓練を…という話でもう一つ気になるんだけど、
例えばAという種類の毒で鍛えていても、Bという種類の毒を
使われたら同じことなんじゃないの?違うのかな。
例えばトリカブトの毒には鍛えてても、フグ毒への耐性は
デフォルトのままなんじゃないかって気がするんだけど。

282 :NPCさん:2001/07/06(金) 01:05
ちなみに『普段から毒を飲んでいるので死なない』で有名なのは村雨兄弟だな。

……(検索中)……む、白土三平とばかり。「伊賀の影丸」(横山光輝)だったか。

283 :NPCさん:2001/07/06(金) 01:53
>>281
耐毒を、体内のどの器官で行うかによりそうだな……

284 :NPCさん:2001/07/06(金) 05:10
トリカブト(アルカロイド系)の耐性訓練してて
フグ(テトロドトキシン)を受けた場合、役に立たないのは当然
ただTRPGとして
「(アルカロイド)(テトロドトキシシン)(アマチニン)に有効
ただし麦角中毒の(アルカロイド)に対しては−2
イボテン酸については無効」
といった対毒システムが合るのは、医者ゲーとかじゃ無い限り嫌なので(藁

「やばい物を体の中に入れたとき、とっさに全部吐き出せる素早さ」
これを総括した意味での毒への耐性訓練とするのがベターかと
とにかく、強い毒って奴は
ゾルディック家の方々の用に、服用して「俺に毒は効かないよ」とか
さらりと言える代物では無いので(きるあタン・・ハァハァ

ただ甲信の山奥の地方では下痢、嘔吐、軽い幻覚症状を持つ
「軽い毒キノコ」を珍味としてたべていますし
富山では「フグの卵巣」を塩漬けに何年も寝かして毒をあらかたとって食べる
風習のある場所もあります、故に弱毒の場合(金属毒を除く)食べ馴れていれば
「これは珍味である」と言い張れる人が(ドワーフが?)いてもおかしくないかも
(残り全員便所でただいま20分待ち(藁)

285 :NPCさん:2001/07/06(金) 12:12
麗しのTRPG 「毒薬と短剣」では
暗殺で毒をのませたときの効果が、重体、瀕死、死亡とわかれているのがなにやらいい。

286 :NPCさん:2001/07/06(金) 14:02
ううむ、刀剣や鎧に比して毒関係の知識の薄さを痛感する今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。
そっちの知識が濃くってどうするというツッコミはさておき。
話の継続だが、当時使われていた毒って、どんなのがあるんだろ?
特に、経口性のもの(飲み食いして効果を発揮するもの)と、接触性のもの(刃物に塗ったり、皮膚に塗布するだけで効果アリ)とで使い方が変わるので、その辺を知りたいな。
オレの知識では
・石見銀山(要は水銀。経口)
・砒素(説明の必要もないアレ。経口)
・ハンミョウ(昆虫のハンミョウをすりつぶした粉末。接触性)
・トリカブト(別名ブス。接触も経口も可)
・フグ(肉は旨いが。経口)
・唐辛子(毒じゃないけど、目つぶしに使われた例もあることだし。接触性)
・漆(同上。拙速性)
このくらいしか知らないのだが。
ちなみに、マムシとか毒蛇の毒は、すぐ酸化して毒性を失ってしまうので、毒薬として使われた例は少ないと聞いているが、この説は正しいのかな?
山田長政が暗殺されてた時に使われたのが毒蛇の毒だった、という例くらいしか聞いたことないしなぁ。
皆さんよろしく。

それにしても、このスレ、「中世日本の知識スレッド」になりつつあるなぁ。

だが、それがいい。

287 :NPCさん:2001/07/06(金) 14:03
>>286
検索で出て来たページだと、石見銀山は砒素でしたよ。

288 :NPCさん:2001/07/06(金) 17:26
>>282
昔の「パタリロ!」で、
バンコラン「私に毒物は効かない。普段から慣らしてあるのだ」
パタリロ「村雨兄弟みたいだな」
ってのがあったが、元ネタが解らなかった。こんなところで分かるとは。

関係ないのでsage

289 :保険金("削除")@731週日:2001/07/06(金) 22:33
宵越しの茶は飲むな
www.fl-news.com/97-12/k10.html

お茶を竹筒に入れて1年置いておくと毒になるらしい(by忍たま乱太郎)
上に書いてあるような派手な毒ではないけれど、じっくりじわじわと
殺していくなら使えるかも。嫁が姑に毎日少しずつ…

290 :NPCさん:2001/07/07(土) 15:58
ああ、きいたことある。
カテキンやカフェインが劣化して胃を痛めつけるって奴だね。

全く別の話だが、他にも、一般にみんなが口にしている食物が危険だと言うことを警告した格言に、こんなのがある。
「ジャガイモに味噌をつけて喰うと必ず死ぬ」
「魚の焦げたところを食べると必ず死ぬ」
「漬け物を食べ過ぎると必ず死ぬ」
「納豆に砂糖を入れたのを食べると必ず死ぬ」
「コーラを飲むと必ず死ぬ」
さらに・・・
「タバコを吸うと必ず死ぬ」
「酒を飲むと必ず死ぬ」
「S○Xをすると必ず死ぬ」
「オ○ニーをすると必ず死ぬ」
「米を食うとマンチキンになる」

などなど。いやー、世の中危険だらけだね。
ちなみに、上の例は全部本当。
命かけて、神誓っても、上記の話は全部本当。
みんな、気をつけようぜ!

291 :NPCさん:2001/07/07(土) 16:57
290をすぐ死なす。

292 :NPCさん:2001/07/07(土) 17:40
「緑青は猛毒」という伝説もありましたな。

293 :NPCさん:2001/07/08(日) 03:23
手裏剣は毒を塗らないとダメ、というのを見かけるが、
投げナイフは塗らないですよね。
毒がなくても十分だとも思うのですが……

294 :NPCさん:2001/07/08(日) 07:07
毒塗り手裏剣もアリとは思うけど・・
塗っておけば、乾く、鉄が錆びる、形状の問題で自分に刺さったら悲しすぎるのと(藁
かといって敵に出会ったときにいちいち毒塗ってる暇があるなら
もっと別の事出来そうだし(まず逃げろよ(藁

やっぱ、小瓶でもちあるいて、
吹き矢の針先につぅーっとつけて
闇からフッとやったほうが・・くく

蛇毒が暗殺に使いづらいのは、まず採取のしづらさ・噛まれるし(藁
乾燥へ弱さ、採取しても傷口にダイレクトに使うしか無い点でしょう
ついでにマムシ自体が確実に相手を死亡させる程
強い毒を含んでいないので日本では使いづらいのも原因かと(濃縮還元不能
(でも部位が壊死するとか高熱がでますので道端で出会っても馬鹿にしないように(藁)

・・まぁ、シャムまで行けば、やばい蛇毒を・・塗り薬に入れられましたな山田君

後はツルタケ系キノコ類を毒に加えるのをお忘れずに・・

295 :NPCさん:2001/07/09(月) 19:29
おお、茸毒を忘れてました・・・って、アレの毒の抽出ってどうやるんだ?
普通に喰えってコトか? まぁ、包丁人を抱き込めば可能だろうが。

ちなみに、ベニテングタケとかの毒茸の毒成分は、鰹や昆布の旨味成分と組
成がほぼ同じなんで、実はメチャクチャ美味だって言うけど、本当か?
「一本喰えば死ぬほど旨く、二本喰ったらマジで死ぬ」という説も聞いたこ
とアリ。
喰ったことのある人、情報くだちゃい。

あとは手軽な毒としてニコチン(タバコを煮込んで濃縮。かなり強力な神経
毒)って当時使われてたのかなぁ?

296 :NPCさん:2001/07/09(月) 21:08
ゴメソ、久し振りにココの板見たので、遅レスの上に今のスレの流れと前々関係無いんでsageとく。

>>36
>「土着神や精霊」と「異教の神々や精霊」は同じものでしょう。
いや、全然違う。
日本の場合は取り込むことがメイン(基本的に多神教ではこの傾向が強い。
なぜなら多くの神々が居ると言う事は取り込む間口が広いから)
西洋の場合は駆逐する事がメイン(一神教は教義の純潔性を保つ為、取り込む事は少ない。
何故キリスト教がカソリックとプロテスタントで激しく憎みあってるか判れば理解出来ると思う)

>キリスト教にしても元々は土着信仰を取り込みながら定着したそうですので、
それは過った認識。元々19世紀まで支配領土の拡張として使われた宗教だから
土着を取り込む事が少なかった。むしろ取り込みが多くなるのは後期になって。
また、土着の取込み方も前期と後期では意味が異なる。
後期は植民地支配を円滑に行う為に取り込んだ、または信者が別解釈した例が多い
(黒人系のキリスト教におけるブラックマリアなど)

>一神教vs多神教がどうの、という類の差異もそれほど無いように思います。
上記の例から物凄い差違がある。特に視点から。ここら辺はハマらない程度に勉強すると面白いよ。


>>66
>やはり、封建世界男尊女卑の思想は、武家社会においては厳格に横たわっていたからですね。
でも実際は今我々が思っていたほどではないらしい。つーかイメージが異なると言うか。
女武芸者も珍しくはなかったそうだ。日本の男尊女卑の思想は儒教の影響だから、朱子学門派の
人々はそうだったかもしれん。
ここら辺は文献挙げるとキリがないんで、武家社会における女性の地位に関しては
新戸部稲造の「武士道」の女性の地位に関しての部分を読む事をお勧めする。
今文庫版で平易な現代語訳してあるものが出てるから、手に入れ易いと思うよ。

長文スマソ

297 :NPCさん:2001/07/09(月) 22:37
いやぁ、長文でも遅レスでもOKに御座候!
こういう知識の蓄積がよいスレへの道を歩むのでござる!

298 :NPCさん:2001/07/09(月) 22:53
>>296
「土着神や精霊」と「異郷の神々や精霊」が違うのはまあ同意。
でも、キリスト教関連に関してはかなり間違っている。
とゆうか、キリスト教と西欧土着の諸教との関係とか知らないでしょ?

299 :296:2001/07/09(月) 23:41
>>298
この場合の少ない、は日本に比べての意味。

>キリスト教と西欧土着の諸教との関係
それについては前期の部分デス。
まぁ、ゾロアスターとかエノクとかは土着と言うよりも
私自身は土着と言うより近似体系の異教として認識獅てるので(^^;

うーん、でもココでキリスト教論議しちゃうと時代物から外れますな。
なので私はこのぐらいにしときマス。

300 :296:2001/07/09(月) 23:44
認識獅てるってなんだよ。鬱山車脳。

301 :運命No.34:2001/07/10(火) 00:41
>>295
 マジで美味いらしいです。

302 :混物:2001/07/10(火) 02:14
>>295
ベニテングタケの主な有毒成分はイボテン酸、ムシモール、ムスカリンで、
その中でも最も毒性が強い(量も多い)のがイボテン酸ですが、これが強い旨味を持つとされています。
昆布の旨味はグルタミン酸、鰹節の旨味はイノシン酸がメインですから、
「組成が同じ」というのは正しくありませんね。

毒性の強さ的には、一本食べただけできりきり舞いして死ぬほどの猛毒ではないようですね。
ただし幻覚作用があるようで。

303 :NPCさん:2001/07/10(火) 02:33
マジックマッシュルームやりながらTRPGしたらサイコーだろうな。

304 :NPCさん :2001/07/10(火) 02:42
このあいだ見た時代劇の再放送で、
その回のヒロインを守る4人の名無しの用心棒たちが、
悪役の旗本とその中間十数人に襲われて斬られて絶命、というシーンがあった。
名も無い用心棒の一人が、連れ去られるヒロインに手を伸ばしてバタっと逝ってしまうのな。
ふと、ミッションに失敗したPCの末路を重ねてしまったーよ。
ヒロインは主人公に助けられるんだけどね。
主人公はたった一人で、中間十数人を倒して旗本もばっさり倒して、
笑顔でエンディングなのがセツネー。
でも主人公のカッコヨサもわかるジレンマ。むむむ。

305 :284:2001/07/10(火) 03:16
ベニテングダケは見た瞬間毒々しいので、猛毒かと思われがちですが
致命的な毒の部類には入りませぬ、
長野の山奥で塩漬けにされて喰われているのは
まさにソレです

ドクツルタケ、タマシロオニタケ、
タマゴテングタケ、シロタマゴテングダケここら辺が致命的毒茸のエースかと・・

後は直接食べて頂けないような人には(喰わないよなぁ・・見るからに怪しい茸汁(藁
すり鉢とすりこぎ棒でごーりごーりと・・
晩年の家康公のイメージでどうぞ
(後は練って固めて持ち運びやすい丸薬にしたり、
乾燥させて更にすりこんで、きめ細かい粉末にして酒にサラサラっと・・
各種用途に合わせて色々お使い下さい、(藁

306 :NPCさん:2001/07/10(火) 03:27
うーん、298ではないしスレ違いも認識してるけど、>>296のカキコはどうかと。
自分は美術オタなんでカトリックの話しかできんけど、そもそもカトリックの根幹をなす
マリア信仰ってのは、土着宗教における地母神信仰をキリスト教内に吸収したものであり、
それゆえ他民族へ布教する際にマリアという看板が有利に働いたってのがあるじゃない。
その他にも、大昔から実地的な面で土着宗教の要素を取り込んでいる(ていうか
影響されてる)要素は多くあるよ。
悪気はないんだが、>>296の知識はやや表面的な印象を受ける。

307 :NPCさん:2001/07/10(火) 03:45
というかカトリックにケルトやゲルマンの信仰が入り込んでるってのは常識のレベルだろ。
「初期」などと逝ってるところを見ると、296は15〜16世紀頃にキリスト教が成立したと思っているらしい。
それとマニ教の影響も受けたらしいが、これは「土着」と言ったら語弊があるか?

308 :NPCさん:2001/07/10(火) 04:37
駆逐するのも取り込むのも
悪魔に落としてしまうか、主神の使いっ走りにするか、
差はそんな事ような気がする・・

マモン様・・ハァハァ

309 :NPCさん:2001/07/10(火) 18:53
>>308
ギリシャとかエジプトの神話も、和気あいあい多神教のように見えて
よく見ると地域神どうしの貶め合いだったりするのは面白い。

…はっ、なんか時代物とあまり関係ないカキコに…

310 :296:2001/07/11(水) 00:01
最後と書きましたが、スレ違いだからあえて簡単に分りやすく大雑把に書いたのに、
それを理解出来てないどうも読解不足の方がいますので書いときます。

>>307
ハァ?15.16世紀にキリスト教が成立したら十字軍はどうなるんですかね(藁)
アナタの読解力不足で勝手にアナタの脳内妄想を押し付けないで頂きたい。
第一アナタはいつ頃キリスト教が成立して何時頃ケルトやゲルマンを体系立てて吸収したか御存じで?
常識レベルって言ってるぐらいだから、まさか古代ローマ帝国の前だとはおっしゃいませんよね?
それからまさか現存のキリスト教の宗派が、カソリックとプロテスタントとギリシャ正教会だけとは
言わないですよね?
新紀元社と2chの情報だけでまさか自分が理解出来てると思ってませんかね?(藁)

他人を無知だとか表面的だとかあげつらう前に、まずその狭見識をどうにかしましょうね。


>>306
美術史から学べばそうでしょう。でもそれはあくまでキリスト教本位での
視点からだと言う事は認識した方が良いと思います。

大方正解ですが、元々カソリックなど宗派の分派の前の原始キリスト教に於いては、
土着(地母神信仰)から明確な境界線を引く事で存在意義を形成していた為、
主に駆逐する事がメインでした。しかし次第に取り込んで行く訳ですが、
前期における土着の取込みはあくまで教儀の中でキリスト教価値観を無理矢理
当てはめる形を取りますが(純潔性の保持)、後期は逆に土着の価値観にキリスト教が
曲がる様になった訳です(純潔性の希薄)
296で、前期と後期では意味合いが異なる、と書いてあるのはそういうことです。

311 :296:2001/07/11(水) 00:03
こういうものは宗教学やそれに附随するモノで満足するのではなく、
地政学と言うものを学んで見直すと大局的な動きも把握出来ます。
地政学的観点から紀元前3000年辺りから文化の推移を見る事をお薦めします。
これはそのままファンタジーRPGにも応用出来ますから。

もちろん、これらは巡り巡って時代物にも応用出来ますよ
(バテレンネタとか南蛮ネタとかオランダ風説書ネタのシナリオとか)

と、時代物RPG話に繋げたところで終りとします。長文スマソ。

312 :296:2001/07/11(水) 00:13
310の書き方に一部誤訳出来る部分があるので先に

<まさか古代ローマ帝国の前だとはおっしゃいませんよね?>
この部分は
<何時頃ケルトやゲルマンを体系立てて吸収したか御存じで?>
に掛かります。

キリスト教の成立時期には掛かりませんので前もって。

313 :NPCさん:2001/07/11(水) 00:49
>>296
>何故キリスト教がカソリックとプロテスタントで激しく憎みあってるか判れば理解出来ると思う)

俺的にはこの一文だけでかなり見識を疑ってしまうが。
土着信仰に対するあり方とは余り関係ないように思える。

>それは過った認識。元々19世紀まで支配領土の拡張として使われた宗教だから

これもなんか違うんでないかって気がしてしまうなあ。

314 :NPCさん:2001/07/11(水) 04:28
なんか296って、言ってることの内容もさりながら、人の意見を傾聴しようと
しないその高慢な態度に問題があるような気がするんだが?
それは知識の蒐集を楽しみとする者にとってあるべきでない姿勢に思えるよ。
文章の端々に過信が滲み出ている雰囲気がいただけないね。

315 :NPCさん:2001/07/11(水) 09:10
キリスト的に他スレの「彼」では無いかと推測
文体も暴れ方も同じ、
話半分で聞き流すには利用価値がそこそこあるので
会話せずに放置するのがベターと思われ

316 :春駒:2001/07/11(水) 11:33
296氏の説は、キリスト教側に立った理想論としては正しいと思うけど、ちと強弁
すぎるかな。
実際土着信仰を山ほど容認・内包していたのは多くの書籍で示唆されているしね。
現在の日本でも仏教徒が盆踊りしてるけど、こんなかんじだったみたいよ。
地政学的考察は同意。
と言うより全体を俯瞰しないとおもしろくないよ、歴史関係は。

317 :NPCさん:2001/07/11(水) 15:48
この手の論争って、一論出すと別の一論が反撃、ッて感じで終わりがないんだ
よね。
誤解を恐れずに言えば、どの論もちゃんと根拠があり、その論を支持している
のも権威ある団体だったり、研究者だったりするから、「こっちが正しい」
「その論は間違っている」っていう論争はほとんど無意味なんだよ。
特に、こんな場ではね。
マジで論争するなら、お互いの一次資料・二次資料の提出から、論の根拠とな
る説の正当性の論議にまで発展するぜ?

無意味じゃん。つか、不可能じゃん。

オレとしては、宗教に限らず、当時の人間の精神的な部分(何を考えていたか、
どんな理由でその行為に至ったか)での検証って不可能に近いと思うよ。
そもそも、みんな、自分が10歳ぐらいの時にやった行為(イタズラでもケンカ
でもいいけど)の根拠や、その行為に至った心理状況の推移について説明でき
ないだろ?

てなわけで、この件はこのへんでいったん終わりにしないか?
各人が信じる論に従ってTRPG世界を作ればいいと思うぜ。
どの論もちゃんと説得力があるから、「こういう論に従っている」という確
信をもって世界を作り、NPCの行動を組み立てれば、それでリアルで説得
力の世界ができるはずだぜ。

ただ、「自分の論が正しくて他人の論は間違っている」って態度だけはやめ
ようぜ。かっこわるいし、無駄に敵を作るから。

318 :NPCさん:2001/07/11(水) 16:00
つづける場合は「RPGワールドの宗教観」スレをたてるべし。
ときおり出ては雲散してしまうのはオシイ内容。
ここでとどめておくには、あまりにももったいない。有識者も多いし。

個人的には、女武芸者うんぬんのくだりに腹にいち物残っているが、
これは、うーむ、また夜に。

つか宗教感スレは非常に有効なスレッドだと本当に思います。

319 :313:2001/07/11(水) 16:01
>>316
いや、歴史を観るのに「地政学」なんつー言葉が出てくる時点でどうかと思う。
他の何かと間違えているのでないかと思うけどね。
本気でジオポリティックスだったらどうかしてるよ。

320 :ドキュソ侍:2001/07/11(水) 17:04
侍の話はどうしたよ!
くそ!キリスト教なんてキリシタンネタにしかならないよな!

321 :NPCさん:2001/07/11(水) 17:28
>>320
うむ、隠れキリシタンの里の出身者で、村人を幕府に売ったために制裁として、
額に十字の傷を刻まれそこに銀を流し込まれたという経歴を持つ悪役とかね。

322 :ドキュソ侍:2001/07/11(水) 17:39
くそ!銀は贅沢じゃないか?!
俺ならもっと安い金属使うな!
つうかそれ元ネタあるのか!?

323 :321:2001/07/11(水) 17:59
>>322
さすがに分からんか。
「鳴門秘帖」の御十夜孫兵衛だよん。
額の“くるす”と赤毛を隠すため、いつも御十夜頭巾を被っている悪役。

324 :ドキュソ侍:2001/07/11(水) 18:11
知らなかったからネットで調べてみたよ!
吉川英治の小説だったのか!そうか!
三国志と太閤記くらいしか読んだ事無いよ吉川英治の小説!
気になるな!今度読んでみようかな!

325 :321:2001/07/11(水) 18:17
>>324
ちなみにわしも小説は読んでないんだ。
昔、NHKのドラマでやってたのさ。
主役は田村正和だったよ。……今思うと、ウッチャンのハンサム侍に似ていたな(笑)

326 :NPCさん:2001/07/12(木) 10:52
>>314
むしろ>>307のほうが、その物言いは強いと思いますが、、、
>言ってることの内容もさりながら、人の意見を傾聴しようと
>しないその高慢な態度に問題があるような気がするんだが?
ココの部分ね。>>298と同じ人なら判るなぁ。
ちょっと議論する前に相手を見下してると思う。
こういう書き方されたら>>296があういう反論の仕方すると思うよ。
むしろ喧嘩を吹っかけたのが>>298じゃない?

スレ違いなのでsageときますです。

327 :NPCさん:2001/07/12(木) 10:57
あと、歴史を語るのに地政学は賛成だよ。
人々の営みに因果を決める要因になってるもの。
歴史はマクロとミクロの視点が必要だと思うしね♪

田村正和と言うとあの剣士しか思い付かない漏れは逝ってよし!?

328 :NPCさん:2001/07/12(木) 16:32

こないだ初回だけしかみてなかった石坂水戸黄門を見た。
任務をはずされたスッパの悲哀がでていて、ものすごく面白かった。
コメディアンが、シリアスな役どころをやるといいねえ。

329 :313:2001/07/12(木) 17:15
>>326
>>307のツッコミは良くあるレベルだと思うね。攻撃的ではあるが。
しかしそれに対する>>310はなんなのだろうか。
「読解力不足」「脳内妄想」とまで言うんならどこがそうなのか指摘すべきだ。
というか、既に人格攻撃すれすれじゃないかね?

>>327
いや、そこで「地政学」という名称が出て来るのは変じゃないかな。
あれは国家間の勢力争いを考察するものでしょ?
地域間の関連を考慮して歴史を見るのとは別物だと思う。

330 :NPCさん:2001/07/12(木) 19:38
>>329
いや、地政学ってそんな狭い範囲を指さないと思うけど。
国家間の勢力争いの因果を見るものだから地域間の関連を考慮して
歴史を見ることに繋がるよ。

てか、歴史そのものが国家間の勢力争いそのもの含むものなんじゃない?

331 :春駒:2001/07/12(木) 20:13
地政学ってのは、地理・自然環境と政治を結びつけて国を一つの生命体として地球
規模で考察する学問て感じかな。
ナチスが都合よく利用したらしいので、悪い印象を伴うそうだ。
313氏はナチスの喧伝した地政学をいっているのかも。

332 :ああごめん(ついでに話題引きずってごめん):2001/07/12(木) 20:59
>>326
自分が>>314だけど>>298ではない。
むしろ>>307に対するレスがかなりどうかと思ったので。
>>307は無知とも表面的とも言ってないでしょ。
2ちゃんでこの程度の反論をされてマジギレってのは大人げないよ。
とは言え>>314のカキコも、あとから見たらかなりアレだなと反省したけど。

333 :296:2001/07/12(木) 22:17
317氏に概ね同意します。
まぁ、私も意見の一つとして言った事で自説を押し付ける気はない事はご了承下さい。
書き方的にそう取られても仕方ない事は自覚しておりますが(^^;

>>314=332
私は298の発言にその感じがしたので、同じ方法で反論しただけです。
また、もともと296も36が断定系で話されて居たのでそれに合わせただけです。
もっとも296の書き方が少々キツイ書き方だったとは自覚して反省しておりますが。
それにしても、314の書き方って、あまりに煽りすぎだとは思います(苦笑)
マジギレというより同じやり方で対抗しただけです。ご了承下さいませ。

>>315
彼とはどなたですか?私この板でキリストネタ書いたの初めてなんですけど、、、
それこそ人を捕まえてかと同じとか暴れ方が同じとか失礼なんじゃないでしょうか?
まぁ307と同一人物ならその心情も理解出来ますが、赤の他人にしては文体一緒ですね。

>>319,329=313
地政学に対してのアナタの認識はそうでしょうが「既に人格攻撃すれすれじゃないかね? 」は、
そのままお返し致します。
ツッコミと言うか明らかに喧嘩うっていると判断されますが。特に>>307は 。
>「読解力不足」「脳内妄想」とまで言うんならどこがそうなのか指摘すべきだ。
296に対しての307
>「初期」などと逝ってるところを見ると、296は15〜16世紀頃にキリスト教が成立したと思っているらしい。
は、296の文だけを読んでココまで飛躍した事言ってしまうと十分に「読解力不足」
「脳内妄想」と言われても仕方ないと思いますが、何か?

334 :296:2001/07/12(木) 22:19
307氏(=313氏?)が反論したいと言うのならどうぞ御高説をココなり新スレで展開して下さい。
人の話を表面だけ捉えたレスに反論するほど私は暇ではありませんので。
また、仮に私が議論に応じても、第三者を装って重箱の隅をつつく発言をするのは目に見えていますので
不毛です(296以降、番号コテハンで意見書かれていないのだから、そう認識しても仕方ないでしょう)
私が時代物RPGに話を振ったのにも関わらず、より戻すような粘着ぶりにも呆れた原因でもあります。
これ以上板違いの話をする気はないので、どうぞ御自由にして下さい。私は元いた板に戻りますので。

私も板違いと認識しつつ書いて参りましたが、これ以上は議論にならないと思い
最終的に終了したいと思います。最もこの板がメイン板ではなく、元々他の板の住人で、
TRPGもしてた人間なので、それほどこの板を常に見れないってこともありますし。
今まで、板違いの話題に付き合って頂いた諸氏に感謝の意が絶えません。
また、板違いの話題を延々とした事もお詫びしたいと思います。
と言う訳で新スレも立てません。皆様にはお目汚しに御付き合いただきまして有り難うございました。
引き続き、時代物RPGのお話を続け下さいませ。

335 :NPCさん:2001/07/12(木) 22:39
ン?じゃぁ、この話は終了ってことで。
まぁ潔い引き際だったと思うし。

さっそく毒物の話に戻したいんだけど。
やっぱり塗り薬より乾燥粉末の方が使用多かったのかな?

336 :ドキュソ侍:2001/07/13(金) 00:31
塗りは薬もあるけど糞尿もありそうだな!くそ!汚い話だ!すまん!
でも無限の住人ってマンガで刀を肥溜めに付けて傷付けた相手に病気を喰らわせるってやってたな!
ベトナム戦争でもブービートラップのトゲに糞便が塗られていたという話だ!
くそ!でも毒かどうかといえば疑問だな!

>宗教好き連中
宗教スレでも立てろよ!

337 :NPCさん:2001/07/13(金) 00:46
そうか。雑菌がつけば、その場で目的を達することができなくても、病気にできるか……
嫌だな。読んでみるか、無限の住人。

刃に毒を塗ると、乾燥してしまっても効果を発揮するものだろうか。
TTの毒は有効ターン数はあった(ん? 回数だったか?)
狩猟生活者が毒のはいった小さな壷を持ち歩いて、矢に毒をひたしてから獲物を射るというのを
読んだことがある。

昨日の「その時歴史が動いた」でも元寇が矢に毒を塗っていて、鎌倉武士を苦しめたというのもあったな。
いやだな、毒。

このやろうドキュソ侍 ! 糞でもくらえ!

338 :NPCさん:2001/07/13(金) 00:48
>>333-334
290番以降で私が投稿したのは以下のもののみ。

>>292>>313>>319>>321>>323>>325>>329

そりゃあ流れもあろうし、相手に合わせたってのもあろう。

だが、相手の議論をする能力・資格を云々するとこまで行っといて、
確認もせずに同一視するとは随分な話だね。
如何にあなたが高い知識を持っていたとしても、もうそれだけで信用できないと思った。

では、さようなら。

339 :NPCさん:2001/07/13(金) 00:50
>>336
破傷風は馬糞によって媒介されるとか。
もしかするとそれって相手が破傷風になるんじゃないすかね。

340 :ドキュソ侍:2001/07/13(金) 00:52
>>337
すまん!その部分まだ単行本になってないよ!悪かった!
くそ!いずれ出る12巻を見てくれ!いつ出るんだろうな!?
悪かったと思っているから糞は勘弁してくれ!くそ!

341 :ドキュソ侍:2001/07/13(金) 00:53
>>339
そう!破傷風だったよ!御名答!

342 :NPCさん:2001/07/13(金) 03:39
糞では暗殺は
に・・においが・・目立ちすぎるので却下されまくり

ただ多湿地帯で落とし穴トラップの杭にぬっとくと、
いろんな菌が繁殖してそうだ
しかも臭いで鬱だわ、落とし穴出るときぬるぬるしてるわ
杭が腐って来たらそのままゴミ捨て穴に再利用できるわとなかなか使い心地よさげだ

7月だから時期的にはばっちりだな!
いいだしっぺのドキュンは注意して歩けよ!Bボタン押しっぱなしで歩けよ!くそ!

武器に塗る毒の形状は軟膏とかペースト状が一番よさげ、
だからってうんこ塗るのは最終手段だぞ!(藁

343 :ピピン:2001/07/13(金) 09:33
ドキュン侍はアフタヌーン読んでるのか。趣味が合いそうだな。
破傷風って普通のウンこ塗るだけでいいの?何日か放っておいて腐らせたりしないとダメ?

344 :春駒:2001/07/13(金) 10:38
破傷風は土壌内に含まれる破傷風菌によって発病する。
馬糞に限らず、破傷風菌を含有するところで怪我をして、その土から菌が進入すれば
体内で毒素(テタノトキシン)を生産、運動・中枢神経をやられ強い痙攣・筋肉強直
・知覚過敏をおこしやがて死にいたる。

>>343 ピピンさん
上記の通り破傷風菌は土壌中に含まれるものなので、そういった土地に落ちているウ
ンコであれば、腐るとは関係なく菌を含むでしょう。

日本の大概の土壌に破傷風菌はふくまれているそうなので、場所を選ばず、入手も楽
な毒といえましょうか。
ただし、感染・発病共に運と相手の体力まかせなので確実じゃないよね。

345 :山犬。:2001/07/13(金) 10:53
暗殺系,狩猟系で古くから日本で使用されていた毒って何かな。
私はトリカブトしか知らないのだけど,他に誰か知っている人いる?

漆(うるし)じゃかぶれるだけだろうし,
竜胆(りんどう)の毒は弱すぎるみたいだ。
水銀は……大奥堕胎の必殺技だったな。
熊退治のアレは,発破火薬か。

日本に古くからある毒ってなんだ?

346 :春駒:2001/07/13(金) 11:09
ハンミョウ(昆虫のね)、蟇蛙の体液。
熊の肝臓かなんかもあったのかな。
植物毒はいろいろあったはずだけど、もう覚えてない。

347 :珪素生物:2001/07/13(金) 13:49
>>346
>蟇蛙の体液
センソってやつ? 強心剤の原料かと思ったけど、確かに過ぎれば毒になりそうだね。

348 :春駒:2001/07/13(金) 14:24
>>347
毒と薬はさじ加減だから。
それに、直接殺せなくても刺激物は目潰しにつかわれたそうですよ。

349 :NPCさん:2001/07/13(金) 14:32
というか、
狩猟の弓矢に塗る毒にトリカブトが都合がいいのは
日本全土に広く分布していて、毒性が強く
且つトリカブト毒のアコニチンは、80度以上の熱を加えると毒が消える為に
毒で殺しても、肉が食べれるという
まことに猟師にとって便利な代物だからです
代用品を探す理由が殆どありませんね、
後はガガイモ科、サトイモ科の根茎
タバコ(ナス科)、マツモムシ、アカエイなどの毒を
更にトリカブト毒に混ぜて強化したそうです(部族によって様々

他に上流から流して魚漁が使うモノに、
アセビ ヒガンバナ等水に溶けやすい物がありまする

ちなみにかのマゼランを屠った「クラーレ」と呼ばれる矢毒も
何種類かの有毒動植物の混合毒の総称だそうです
(ただその原料と製造製法は、学者さんが現在血眼で調べていますが
 部族のシャーマンの口は堅く、今でも数種類しか分かっていないとの事)

350 :NPCさん:2001/07/13(金) 15:24
かえるさんの毒素は粘膜につくと神経心筋にダメージを与えるので
目つぶしには最適かと

351 :NPCさん:2001/07/13(金) 15:52
ああ、蛙の毒と彼岸花もあったねぇ。
あとは泥を塗った武器で破傷風や、ぞこまで行かなくても化膿させて戦闘力を
奪うって方法もあるわけか。最古の細菌兵器・・・B兵器か?(藁

あと、スズランも結構キッツイ毒草だったよね。
あとは、日本最強の毒生物のひとつ、オニオコゼの毒って、毒薬として使われた事実ってあるのかなぁ。

てなわけで、オレが出したのと、皆さんから教えてもらった毒薬をここらでリ
スト化してみましょう。

・石見銀山(要は水銀。経口)
・砒素(説明の必要もないアレ。経口)
・ハンミョウ(昆虫のハンミョウをすりつぶした粉末。接触性)
・トリカブト(別名ブス。接触も経口も可)
・フグ(肉は旨いが。経口)
・唐辛子(毒じゃないけど、目つぶしに使われた例もあることだし。接触性)
・漆(同上。接触性)
・宵越しのお茶(藁
・茸毒(ベニテングタケ、ドクツルタケ、タマシロオニタケ、タマゴテングタケ、シロタマゴテングダケ他)
・糞尿
・竜胆(りんどう)の毒
・蟇蛙の体液
・マツモムシ
・アカエイ
・ガガイモ科、サトイモ科の根茎
・ニコチン(タバコ)
・彼岸花
・スズラン

さて、幾つが現在でも入手可能なのかなぁ。

352 :NPCさん:2001/07/13(金) 16:45
>>351
こういうこという人もでたことですし、
解毒剤や
毒抜きの方法というのも必要かな。

353 :岩見銀以外頑張れば:2001/07/13(金) 17:24
ちなみに「附子ブシ、ブス」というのは
トリカブトの子根の部分
母根は「烏頭ウズ」です

後、毒薬として使われたかは不明だけど
オニオコゼの強力版「オニダルマオコゼ」でも毒としてはBクラス
死ぬ可能性もある位の毒かな、医者にいけばなんとかなるサー

ヒョウモンダコ(現在でも治療方法無し!)とかに比べるとだけどね

354 :NPCさん:2001/07/13(金) 17:48
>>352
首だけ出して、土に埋める。

355 :ドキュソ侍:2001/07/13(金) 18:24
話が進んでいるな!くそ!面白いよ!毒博士になりそうな勢いだな!

>ピピン
糞尿は腐らせた方がいいと思うな俺!
つうか調べたらアレだよ!破傷風菌って嫌気性の細菌だってさ!
くそ!だから醗酵させてアンモニアとかが発生してる方が菌が繁殖するのかも!とか!思うよ!

スレ違いだがアフタヌーンには面白いマンガがあるよな!
イハーブの世界とか茄子とか神戸在住とか好きだな俺!無限の住人も好きだよ!余裕!
そして>>347はBLAME!が好きなんじゃないかな!多分!

現代人も毒素だらけらしいよ!
何かの本で普通の現代人も土に埋まって毒素を抜いたら凄かったって話を読んだよ!
周りの土地に雑草が生えなくなったってさ!くそ!怖いな!化学調味料とかかな!わからんけど!

356 :NPCさん:2001/07/13(金) 20:09
人を埋めて解毒できるのはなぜですか?

357 :NPCさん:2001/07/14(土) 00:49
よくフグを喰ったらで始まる解毒方法ですが
意味ありません、単に迷信です、
逝っちゃったら後は顔を埋める手間で済むのは楽かもしれないけど(藁

安静にして、テトロドキシン(最後まで意識はしっかり)毒に
のたうち回って頑張って抵抗しましょう

九〜十時間持ちこたえられれば死なずにすむというお話です
以上

358 :珪素生物:2001/07/14(土) 11:42
>>357
そうすると、なんでそんな迷信が生まれたかの方に興味がわくね。
地面に埋めるというと、雪国での野菜保存法くらいしか浮かんでこないんだけど、
そうすることで解毒できる食材とかあったりして。

359 :357:2001/07/14(土) 14:00
地面に埋めるのを昔の人が考えたのは
まず体を固定させることで
暴れて舌を噛みきったり、頭を打ち付けてしまわないようにすること
それに加えて、全身を圧迫することで「血圧の低下を防ぐ」努力をしようとする
結果の産物と言われていますが・・検証は所詮後付けなんで正確には不明っす
後はやっぱりそのまま埋めれる事かな(藁

他のフグ毒の怪しい民間療法は
白砂糖、黒砂糖が効く、山桃や桜の木の皮を煎じて飲む。
染色の藍を飲む。鉄砲の薬を湯で溶かして飲む。古銭を口に含んで汁を飲む
乾燥した紅(女性の化粧品)を粉末にして飲む。柿油(シブ)は回復が早い、
スルメや樟脳がよい、「人糞」を飲む(藁

等あります
・・とにかく気持ち悪い臭いやらなんやらで吐き出さす努力の跡はみえますな
まぁ効きませんが(藁

>そうすることで解毒できる食材とかあったりして
石川ではトラフグの卵巣を2〜3年塩漬けにして食べていますが・・
さすがに地面に埋めて解毒できる物は聞いたことがないなぁ
塩漬けにする、加熱する、水に晒す、これで消える物は結構あります

後、秀吉〜伊藤博文まで日本ではふぐを食べる事は御禁制になっていますので
時代物を作る上でエッセンスとして加えてみるのも面白そうですな

360 :NPCさん:2001/07/14(土) 14:05
>フグを食うことが御禁制
白石一郎の「十時半睡」シリーズにそんなのあったねぇ。
『包丁侍』だったな。
要は、武士は主君のために戦って死ぬのが努め。なのに、美味佳肴に目が眩ん
で、そんなもののために危険を冒し、なおかつ死ぬのは無様で主君をないがし
ろにしている、っていう考え方らしいな。
それじゃぁ、鯛の天麩羅食い過ぎておっ死んだという伝説を持つ家康の立場が
ないと思うんだが(藁
あ、武士の間で一番エライ人だからいいのか。

361 :ドキュソ侍:2001/07/14(土) 16:45
土の中に埋めるのは汗をかいていいらしい!
くそ!汗かけばつまり何だっていいのかもな!
でも苦しい時運動とかサウナは危険かもな!
それに土が汗を吸収してくれるから空気中の発汗よりいいのかもな!
因みに青山正明のクスリ関連の本「危ない薬」だったよ俺が読んだのは!
くそ!何で読んだか見つけるまで苦労したよ!
なんでも毎日2時間ほど土に全裸で埋まって毒抜きしていたら3ヶ月でその10坪ほどの草木が全部枯れたそうだ!

くそ!俺たちは毎日何を喰っているんだろうな!少し怖いな!

362 :MAD:2001/07/14(土) 18:39
んー。長らく皆さん知識をありがとう。
要は、当時の毒への対処は
・胃洗浄
・安静にする
のふたつぐらいしかなかった、ってことでOKなのかな?
おっけー。せっかくの知識だし、なんかの機会に使ってみよう。

……毒をリアルで使うわけじゃねーぞ。
使いたい相手がいない訳じゃないが。

363 :NPCさん:2001/07/17(火) 20:43
結局、毒消し薬って当時はなかったんか?
その辺、どう?

364 :ドキュソ侍:2001/07/18(水) 03:38
毒消し薬はあったようだよ!漢方だな!富山の薬売りみたいに行商してたようだ!
くそ!その他にもネットで調べたら色々民間療法めいた毒消しがあるな!
"江戸時代の医者の必見必大は味噌は「身体を滋養する」「毒消し」「血の巡りをよくする」などと『本朝食鑑』に記している"らしい!
あと、柿はまむしに噛まれた時の毒消しだったらしいよ!くそ!知らなかったな!
そもそも俺まむしなんて見たこと無いよ!くそ!
あとドクダミは昔から毒消しだったらしいぞ!下のURL参照だよ!くそ!
http://www.nenrin.or.jp/yamagata/park/tmam29.html
でもドクダミは臭いよな!臭いよ!
つうかドクダミの語源も初めて知ったよ!くそ!

365 :NPCさん:2001/07/18(水) 09:58
烏賊の黒墨が効くってのもあるね
まむし見たことないんだドキュソ、都会っ子じゃのぅ
うつぼとかはどうだ?水中眼鏡で目と目があうと「てへっ」って思うぞ
その後はぷっちもにより大慌てだよグッモーニング!くそ!
(うつぼも恐がりさんなのでお互い大慌てだよ!)

柿食べたらそうだな、解熱、便秘、利尿、高血圧、肌荒れには効くな!俺はもんたかよ!
解熱、利尿、血圧降下は蛇毒には有効ぽいから、俺がGMなら+2位修正くれてやる!
でも血清なら判定修正無し!毒消し薬の有無ってのはそんな感じだ

烏賊の黒墨?周囲の奴らがなんとかしてやりたいんだなって気持ちはもらっとけ!
きっと火傷したらジャガイモすりこんでくれるから!まぁ生き残ったらだがな!

くそ!若干喋りうつったよ!悔しいからsageてやる!

366 :NPCさん:2001/07/18(水) 11:57
テレビ東京をみるとなぜか「江戸の用心棒」をやっている・・・・。
あれって日テレじゃなかったか?

367 :春駒:2001/07/18(水) 13:12
放映権を買い取ってるんでしょう。
必殺とかもやってたと思う。
テレ東は時代劇の再放送が熱心だからいいよね。

368 :ドキュソ侍:2001/07/19(木) 03:44
うつぼも見たこと無いな!つうか海中深くだろ!そんなの!くそ!
スキューバーダイビングでもしなきゃ駄目だろうな!多分!
目が合うのか!魚の目は横に付いてるからストレンジな体験だな!

つうかイカスミって体にいいのか!俺実はイカスミのスパゲティは苦手なんだよな!
本場の味は違うのかもしれないけどさ!その辺の店で食べたらちょっと勘弁って感じだったな!
くそ!いい店行ってないだけかよ!どうだか!

でも思うんだけどポーションとか魔法とかでなんとか回復してるのに普通の薬がRPG内で劇的に効くわけないよな!
そもそも医療技術で全然回復しないしな!なんか!基本的には!くそ!魔法か!

369 :春駒:2001/07/19(木) 11:14
簡単に治る怪我や病気は切り捨ててるんじゃないの?
医者にかからないと治せないものに関して、はじめて魔法の世話になると。
システムにもよるだろうけど、私はそう考える。

370 :NPCさん:2001/07/19(木) 23:38
時代物で魔法っていうと陰陽師とか、僧?

371 :NPCさん:2001/07/20(金) 00:33
そうだね、加持祈祷とかだよね。
神仏に祈るって感じかな。

 しかしあれだな、ドキュソって博学だよな。
 ていうか、勉強家なのか。すごいな。

372 :ドキュソ侍:2001/07/20(金) 01:56
まあ多分普通の民間療法とか治療技術はルール的には1日に回復するHP量の中に入っているのかもな!
ゲーム的に考えると納得だよ!でも薬代とか出さないとな!それだと!くそ!

くそ!因みに俺自体は馬鹿だよ!凄いのはGoogleだな!奴は博学だよ!
http://www.google.com/intl/ja/
このサイトだよ!これで調べれば余裕!

373 :NPCさん:2001/07/20(金) 03:11
火傷を熱いから水で冷やすってのは普通に体が反射的にやる事だし
これは一日に回復する量にいれてもいいけど

ジャガイモをすりつぶして湿布にすれば火傷に効くってのは
やっぱ「応急手当」とかのスキルに入るんじゃないのかな

まぁ世界の常識として
その民間療法が浸透しきってるなら別だけどさ
やっぱ知らない人が結構いる場合はこっちかと

374 :NPCさん:2001/07/21(土) 19:35
頭痛:キュウリの絞り汁か、タンポポの根の煎じ汁を、耳の穴から注ぎ込む。
視力低下:生きたシラミをたっぷりと食べる。
体がだるい、熱がある他、体の不快全般:適当な量の血を抜く。
歯痛:アマガエルの皮をはいで、痛む歯に巻き付ける
血止め:牛の糞を練って、塗りつける
切り傷、刺し傷他、外傷全般:煮えたぎった油を傷口に注ぐ。もしくは、生きた子犬をドロドロになるまで煮込んだペーストを塗る。
漆のかぶれ:沢蟹のつぶし汁を塗る。

以上、世界各地に伝わる民間療法(の一部)でした。
もしかしたら、ファンタジーゲームで、あなたのPCが施療院に行ったとき、こんな治療をされているのかもしれない……

375 :NPCさん:2001/07/22(日) 02:33
やっぱ、回復系ポーションは「河童の軟膏」とかになるんだろうな。(・∀・)イイ!

376 :ドキュソ侍:2001/07/22(日) 06:28
なるほどな!知らない人が結構いる場合は技能か!確かにそうだな!
でも>>374の書いてくれた例はどれも「マジかよ!」って思うよな!くそ!
あんな事やるくらいなら我慢するよ俺!多分!

>>375
ガマの油とかな!

377 :NPCさん:2001/07/22(日) 21:09
Truth In Fantasy
神秘の道具 日本編
がでましたなー。
ひしゃく、やら帯やらがあって、D&Dのマーベラスマジックを思い起こさせませる。

378 :NPCさん:2001/07/23(月) 18:40

 退魔師
 というのは、陰陽士のように実在したものなんでしょうか。
 それともまったくのフィクションで、最近の造語なのでしょうか。
 検索をかけてみたのですが、アニメばかりで……

379 :春駒:2001/07/24(火) 10:20
退魔師という言葉自体が新しいものじゃないかな。
政府公認のが陰陽士なら、非公認のは拝み屋だったと思うよ。
陰陽くずれ、山岳系、渡来系みーんなまとめて拝み屋。
術や系統自体もぐちゃぐちゃの混血だったみたいだしね。

380 :ピピン:2001/07/24(火) 18:05
時代物RPGで陰陽師とお坊さんが同じパーティにいたらすごく変だね。
・・・ていうか陰陽師って平安時代以降も活動していたの?江戸時代とかにはいない気がする

381 :NPCさん:2001/07/24(火) 18:08
ループしそうな雰囲気が

382 :ピピン:2001/07/24(火) 18:08
いるわけないよね。はははは・・・

383 :六条:2001/07/24(火) 18:56
 実在の文献だと『法師陰陽師』つーのが出て来るぞ。
 もっともこの場合は墨染めの衣を着ている陰陽師という程度の意味で、本当に得度しているかどうかは不明だけど。
 勝手に剃髪して僧体をなし、沙門を自称するニセ僧侶もいたそうだ。

 ただ、天台宗なんかは在籍している僧侶も多いし、山岳宗教やら道教との関連も指摘されているから、陰陽道を修めた僧侶がいても全く不思議じゃない。
 思想的にも人脈的にも裾野も広いし。
 今昔物語あたりだと叡山の僧でありながら、仙道を修めて仙人になった人物が登場したな。

 官職・職制としての陰陽寮がいつまで存続したかは判らないけど、文献などで陰陽道は受け継がれて来たから江戸時代に陰陽師と名乗る人物がいてもおかしくないと思う。
 近世の文献に陰陽師という職業を見かけたことがないから、そこらにゴロゴロ転がっているようだと、時代考証的には変かも。

 ところで、今の宮内庁でいるのかな? あんがい日程を決定するために、いたりして。

384 :ドクターリンよ死んでみて:2001/07/24(火) 19:26
シンプルに風水師でいいような気もする
仕事は同じだし、FF3以外(藁

385 :NPCさん:2001/07/24(火) 20:35
http://www.jinbutsu.co.jp/rekidoku/index.htm


2000年9月号 「魔界・妖怪・もののけ白書」

京極ナツ彦と宮部みゆキの対談

……でも陰陽師って商売は、江戸期には差別さ……

386 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/07/24(火) 20:40
忍者も江戸期には差別さ……

387 :NPCさん:2001/07/25(水) 00:12
与力・同心も不浄役人と差別さ……

388 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/07/25(水) 00:18
ローマ字で書かれそうな日本の職業って、samurai以外は

389 :ドキュソ侍:2001/07/25(水) 01:49
今でも陰陽師いるらしいよ!んでもって儀式もやってるようだ!
http://www4.justnet.ne.jp/~takeuchi_toshinori/absy_05.htm
こことか読むとなんかそんな感じだな!
因みにこのサイトはオモロ!かなりいいよ!つうかスゲエよ!くそ!

390 :ピピン:2001/07/25(水) 10:10
ほほう。すげえよ!クソ!

391 :NPCさん:2001/07/25(水) 10:33
>>389
直リンやめれ。
あと、こーゆーときはトップページからな。これじゃカウンタがまわらん。
ドキュソ振りを発揮したのはさすがだが、とりあえず手鎖3時間の刑。

392 :NPCさん:2001/07/25(水) 11:29
>>385
 秀吉が「陰陽師は国の害虫」と言ってたし、今の愛知辺りの開墾に強制的に連行したってな話もある。そんなわけでおそらく、秀吉治下の時代も(略)だろ。なんだか、土御門家の人間が秀吉の子どもだかを暗殺しようとしたらしい。それで当主は隠岐だかに島流しになったはずだな。3代将軍だかの頃に、やっと戻れたらしいな。

393 :NPCさん:2001/07/25(水) 18:19
大名が、悪徳風水士に騙されて、無理な治水作業を行い……
なんてのはシナリオになりそう。

394 :ドキュソ侍:2001/07/26(木) 02:23
>>391
指摘ありがとうな!くそ!でもそこまで制限厳しいと俺もわざわざリンク張らないよ!
つうわけで今度からリンクはやめるよ!

395 :NPCさん:2001/07/26(木) 02:28
>>394
直リンだけしなけりゃ、あとはどうでもイイって。
カウンタ回したいのは、ドキュソと政治家だけなんだからさ。

396 :春駒:2001/07/27(金) 13:07
>>383
幕府ができて武士の政治が始まっても、律令は廃止されていないんですね。
形骸化されながらも明治維新までは存在してたのでしょう。

397 :珪素生物:2001/07/27(金) 18:21
「よく聞けば 犬が水飲む 音でなし」

江戸時代の避妊というのは、どうやっていたのかのお。

398 :六条:2001/07/27(金) 18:50
 吉原の花魁なんぞは、紙コヨリを入れたりなんだりしたらしーが。<避妊
 効果の方はもちろん、あやしい。

 一方で、堕胎を専門とした医師は中条流と称したらしい。

 あ、あと >>393 へ。
 2ちゃんでこんな事を指摘するのも野暮だとは判っているが、「士」の字は安易に使わない方がいいぞ。
 現代でこそ、資格を持っている人は「士業」とひとくくりにされるが、時代物だと「さむらい」ないしは「士大夫」で官職にある人間限定だからな。
 歴史物だったら技術職は「師」を使うのが吉。

399 :NPCさん:2001/07/27(金) 19:10
御簾紙(みすがみ)というのを膣内にいれたり、
梅干をいれたりしていたけれど、効果はない。

迷信が横行していた時代だから、オーガズムにいかなければ大丈夫とか、
朝顔の露をなめればオーケーとかそういうレベルの避妊法なのだ。
ひでえ話だよ。
当然、性病予防もしれたものだから、遊女は過酷なのだ。
堕胎はあたりまえだった。堕胎薬も充実している。

つくづくコンドームのある時代でよかったと思うよ、ほんと。

400 :珪素生物:2001/07/27(金) 19:39
>>398-399
ありがとう。

>堕胎はあたりまえだった。堕胎薬も充実している。

うお、充実かあ。やな充実だなあ(藁
以前見た時代劇だと、大棚の若旦那の子を身ごもった女性が、彼に迷惑を
かけまいと、手ぬぐいを噛んでバレーボール大の石を自分でお腹にドコドコ
ぶつけるという堕胎をしていたが、ありゃ町娘だったからかな。

401 :NPCさん:2001/07/27(金) 23:18
ある時期の時代劇のシナリオや演出は、封建社会の暗部を前に押し出すのが目的だったり
評判がよかったりするのだ。
悲惨さがウリ、という面もある。

402 :NPCさん:2001/07/30(月) 00:19
>>401
NHK大河のおしん(古くてスマソ)でも堕胎するのに冷たい川の流れに身をひたしたりする
シーンがあった。ドラマでは意図的に悲惨なシーンを演出するというのはあるかも。

403 :春駒:2001/07/30(月) 17:55
「ぼっけぇぎょうてぇ」って小説には、木の枝で刺して引きずり出すという、怖い
描写がありました。
背筋が寒くなりました。

404 :NPCさん:2001/07/31(火) 17:23
山田風太郎さんが、亡くなられました。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/obituary/

忍者もののRPGをつくりたくて、虜になりました。
ご冥福をお祈りいたします。

405 :NPCさん:2001/07/31(火) 18:57
マジ? 良い人がどんどん亡くなられるなぁ。
黙祷。

406 :ドキュソ侍:2001/08/01(水) 01:16
情報ありがとうな!つうか時間って流れているんだなと思うよ!冥福を祈る!
野坂昭如って爺さんが「若者は老人の死体を乗り越えて生きていく」とかなんとか書いてたけどさ!
なんかドンドン寂しくなっていく気がするよな!穴が開いたような感じというか!
俺達の世代はその穴を埋められるか不安になったりもするよ!先人の残したものを読んだりするとな!くそ!

407 :NPCさん:2001/08/01(水) 01:42
えらい哲学的だな!

とりあえずお盆も近いし
茄子と竹串で馬でも作ってメタルフィギュアと戦わせてみろ

ママンにくいもんで遊ぶなと
死ぬほどぶたれた時何かを悟るぜ!ピンとくるねマジで

どうでもいいが今年は黒潮の影響で
かつおのえぼしが海岸部まで来るらしいぞ!
毒フリークのみんな注意しろ!(藁

408 :NPCさん:2001/08/01(水) 23:34
旗本退屈男は
チェッキ!

409 :NPCさん:2001/08/01(水) 23:51
            ,||》 , -r- 、《l|
            ///  !ヽヽヽ
             / iミi /ノ  ))))      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ノ((! (l/( i] i]`| |       | 旗本退屈男は
            ノノ ゝ'' lフ/リ    < 当然チェキよ!
              ( /^lヽ7li          | 丹波哲郎もカッコ良かったわね!
              /| |/|/ ! , -ァ、     \_____
            / .ゝ_((ア○:]
         /   :/|i'     ̄ ̄
           iヽ__/^||
         L___」
           |  | |
          |_l ,!
            ,|  |'
         / |  |
          〈 '| [l_
         ヽ_!  ` )

410 :ドキュソ侍:2001/08/02(木) 02:05
野菜の馬か!風情あるな!くそ!茄子か!夏だしな!
関係無いけど茄子って漫画読んでたら茄子が喰いたくなったので茄子のカレーを作ったよ!
やっぱり茄子は馬にするもんじゃなくて喰うもんだな!くそ!焼き茄子もいいな!
一人暮らしなのでママンはいない!くそ!ピンとこねえな!やんなるよ!でも痛いのは勘弁だな!
かつおのえぼしか!くらげに刺されると酷いよな!くそ!お盆過ぎると凄いよ!ウンザリだよな!
くそ!海水浴は早めにいっとけよ!

旗本退屈男は見たけど昨日のこのスレは山田風太郎に捧げられていたからな!
別の話は不謹慎だと思ったわけだ!くそ!
くそ!でもメチャメチャカッコ良かったな!天下御免の向こう傷!しびれるな!

411 :NPCさん:2001/08/02(木) 12:28
変に義理堅いね、君。

412 :六条:2001/08/02(木) 13:34
>>403
 それは掻爬(そうは)ってヤツだね。
 現代でも金のない娼婦がハンガーで掻き出そうとして子宮を傷つけたあげく失血死した、なんていうのをたまに耳にする。

>>400
 多分、その町娘の描写は「誰にも相談できなかった」という状況を表現していると思われる。
 なんでかっつーと、武家・公卿ならともかく、町人の間じゃ割とあからさまに性に関する情報がやりとりされていたからだ。
 出戻り娘は武家だと「貞女二夫にまみえず」と忌避されたが、町人だと「経験を積んでいるから」という理由で縁組みが歓迎されたという話もある。
 ことに江戸時代ともなると、堕胎専門の女医(前に書いた中条流ね)がビジネスとして成立するぐらいに繁盛しているし。

>>399
 ちょっと補足。
 慶応年間とか明治に吉原の遊女を検査した記録によると、全体の七割が何らかの形で性接触感染症に罹患していたとか。
 検査した医者の言では
「なぜ世の男どもは、かくも不潔な穴に大枚をはたくのか、理解に苦しむ」
 とか。

 RPGとはあんまり関係ないけど。

413 :NPCさん:2001/08/02(木) 13:37
>>412
いえ、こうしたディティールはシナリオの重みが増すので大歓迎です。
六条さん凄ぇ!

414 :413:2001/08/02(木) 13:38
重みというか厚みですね。

415 :NPCさん:2001/08/02(木) 13:49
>>412
> 現代でも
一体いつの話をしてるんだ?
それとも、そんな話をたまに耳にしてしまうほどヤヴァい所に住んでるのか。

416 :NPCさん:2001/08/02(木) 17:42
>>415
日本にかぎった話ではないだろうし、不法入国娼婦の凄惨さをしらないな。日頃からノンフィクションに触れていれば聞こえてくる話だ。

417 :NPCさん:2001/08/02(木) 19:03
多少文明とやらが進歩していても、SEXに関する話題はタブーになっていたり、
話題となる場所が限られているからなぁ。そのぶん、誤った知識や民間伝承が
生き残る率も高いんだよな。
今でも、「コトの後コーラで膣を洗えば避妊できる」とか、「ナニにシャンプ
ーを塗って置けば避妊になる」とか「騎乗位なら妊娠の可能性が低い」とかい
う話、聞いたこと無いか?

全部、巷で流れている「簡単で確実な避妊法」だぜ。
そもそも、「安全日」の正確な算定の仕方、知ってる? たぶん、間違ってる
人の方が多いんじゃないかなぁ。

というわけで問題。「生理直後は安全日なので生でOK」嘘かホントか?

418 :オギノ博士:2001/08/02(木) 19:19
君達!私の発見は安全日を判断するものではなく不妊に悩む方の為のものだ!
「安全日」などというのは神話にすぎないよマッタクモウ。
避妊に軽々しく使わないでいただきたい!

419 :NPCさん:2001/08/03(金) 19:05
時代劇なんかに出てくる酒屋のテーブル席は、実際は存在しなかったってホント?

420 :ドキュソ侍:2001/08/04(土) 00:29
>>411
義理堅いっつうか話の流れだな!くそ!それに合わせただけだよ!

>六条
詳しいな!ありがとう!参考になった!
でもあれだな!この手の話をしていると下腹あたりが重くなるような感じだな!
くそ!男なのにな!やんなるよ!

>>417
やっぱコンドームだよな!余裕!

421 :NPCさん:2001/08/04(土) 00:46
そう、コンドームだよ! コンドームなんだよ!
コンドーム萌え! 余裕! くそ!

422 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/08/04(土) 03:11
羊の腸のコンドームが登場したのはいつごろですか?

423 :ドキュソ侍:2001/08/04(土) 07:16
>Harry(,;゚Д゚)Ynte
くそ!気になったのでネットで調べてみたよ!
ttp://www.sankei.co.jp/databox/paper/9711/paper/1114/year/year.htm
ここの最初の段落を読めばわかるよ!余裕!
15世紀末だったんだな!案外遅いよな!
因みに女性の主体的避妊のアイテムのペッサリーは古いよ!
多分アレだな!男は性病が無いと避妊具使わないけど女は妊娠を避ける為使わなきゃって事だな!
つうか男のは避妊具じゃなくて性病予防が元祖なら避妊は考慮に入ってなかったのかもな!
昔の男社会を垣間見た気分だな!くそ!
じゃあペッサリーはいつ頃なんだろうな!
ネット探してもあんまりいい情報手に入らなかったので手持ちの本で調べてみたよ!
そうしたら古代ローマ(アウグトゥス地代)の名医と言われているケルススがその著書に書いてるよ!
「キモロス産の粘土に水を加えてすり潰した朝鮮人参に挽いたザクロにミョウバンにイチジクの果肉に硝石を混ぜろ!
 混ぜたら柔らかなウールの上に塗れ!そしたらペッサリー完成!使え!」
でもこんなの効いたのかな?!疑問だな!くそ!

424 :NPCさん:2001/08/04(土) 23:59
>>419
本当だ。
江戸時代の居酒屋には、テーブルも椅子もないのだ。
土間に、背もたれの無いベンチのような床机が幾つか置いてあって、客は2、3人ずつそこに腰をかけて
小皿に盛られた冷奴とかで酒を飲むのだ。
一段高くなったところに、畳敷きの床の間がある店もある。こっちはグループ毎に屏風のようなもので仕切る。
ちなみに、いまでいう徳利も珍しく、筒からそそぎ口が伸びた「ちろり」というのを
使うのが普通。
いまのテレビがテーブルと椅子で撮影するようになったのは、西部劇映画の影響かもしれないっすね。

425 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/08/05(日) 00:04
ドキュソ侍さんありがとう!
そのリンク先にはなかなか面白いことが書いてあるね!
なんかうさんくさいアイテムだな!

426 :NPCさん:2001/08/05(日) 00:04
>>424
話のソースきぼん

427 :NPCさん:2001/08/05(日) 00:30
>>426
いま検索かけて、ヒットしたのは、ここ。図版は、探してくれ。
http://www.ohshimashuho.com/com_02.htm

428 :NPCさん:2001/08/05(日) 00:58
>>427
THX!

429 :419:2001/08/06(月) 16:00
>>424
ありがとうございます。
床机というと、夏の夕涼みにおやじたちが腰掛けて床机をやるための台だとばかり
思ってましたが、そういうところで使われるものだったんですね。
テレビ時代劇でも、峠の茶店などで出てくるのは床机でしょうか。

ついでに、検索したら最初にひっかった図版。
www.wagasa.com/defaultdocs/03ichiran/contents/10.html

430 :419:2001/08/06(月) 18:17
間違い
床机をやるための→将棋をやるための

431 :NPCさん:2001/08/14(火) 10:21

ソードワールドで、イーストエンド作るときに、
参考になるTRPGのワールドはありますか?

432 :NPCさん:2001/08/16(木) 02:24
>>431
とりあえず。ルンケを誰かに見せてもらったら?
がんばれば、ランド・オブ・ニンジャの和訳も見つかるだろうし。

ただ、世界設定を自作するのには、地道に資料を集めるしかないと思うよ。
ソードワールドらしくかつオリエンタルというんは大変やと思うけどがんばりや。

433 :NPCさん:2001/08/16(木) 02:27
いきなりランドか!
つか、あれはワールドガイドあるの?
ちなみにオリエンタルAD&Dには、ワールドがちょっとだけついている。
東洋全体、だか。

434 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:18
 ニンジャは訳したけど、ワールドガイドらしいことはあんまり書いてない。
 同社の「ヴィーキング」みたいな、「ファンタジーヨーロッパ」シリーズに近い
つくりだな。
 よーするに、歴史時代をそのまま舞台にしてプレイすることを目指した感じ。
 いちお、「腹切り」とか「奉公」とか武士の生活習慣についての解説ページは
ある。
 いずれにせよ、外国人向けの中世日本解説なので、おれらから見たら解説不要の
とこが多い。逆に「なんでそんなこと知ってるんだ?」みたいなのもあるが。
 同様に、昔の洋物ファンタジーRPGにはたいていオリエンタルサプリがあるが、
どれも日本人が和風ファンタジーを作るときの参考にはあまりならんと思う。
 「ゲイシャガール・ウィズ・カタナ」でもつくりたいんなら別だがな。

435 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:25
ヴァイキングは、いいよな。
しかし北欧神話は、「北欧神話」という時点で、ワールドを含んでいるからなあ。

国産で和風ファンタジーをあつかっているのは、大活劇と戦国霊伝と、天羅だけか?
ウィズの侍の出身地は、なんていったっけ?

436 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:30
ヒノモト

437 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:36
>>436
それだ! サンキュー!

和風ファンタジーとして
おさえておくべきところは、

帝 諸国 武士 忍者 陰陽師 巫女 僧侶 合戦 妖怪
といったあたりか……?
拳法家は、あんがい、日本っぽくないような(中世・近代にいないし)

438 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:37
>>431
ニッポンテック

439 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:39
eta、himin、burakuminもおさえよう。

440 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:42
SINARIO NI DEKINAIDARO!

441 :NPCさん:2001/08/16(木) 03:45
傀儡の民も入れないとまずいかな?
隆慶一郎の小説も入るかな?

442 :NPCさん:2001/08/16(木) 04:01
>>440
余裕でできるし内容も濃く作れるが
実にダークな部分をえぐる事になる
リアルを突き詰めると弱きを守る為に戦うという
黄金の図式さえ失う事になろう・・
・・そう・・7人の侍の百姓達の存在の様な表現で・・くくく

PCがめでたしめでたしで終わりたかったら圧倒的に駄目(藁

443 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/08/16(木) 10:56
和風ファンタジーの例?
www.kt.rim.or.jp/~shinichi/HARRY/index.html

444 :NPCさん:2001/08/17(金) 04:23
ルナルのカルシファードって、サプリになってるの?

445 :NPCさん:2001/08/17(金) 04:36
桃太郎・かぐや姫といった、おとぎ話な和風ファンタジーもいいな。
竹取物語、御伽草子、今昔物語、まんが日本昔話……

446 :NPCさん:2001/08/18(土) 14:57
>>445
マスターが、あの語り口調で話を進めてくれたら面白そう。

447 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/08/18(土) 15:08
>>446
マターリゲーになりそう。

448 :NPCさん:2001/08/18(土) 15:28
マターリしながら、食われたり、犬畜生に変化されたり
めでたしめでたし(藁

449 :またーりと//:2001/08/18(土) 15:53
「婆さんや、今日のナベはおいしいねぇ」
とおじいさんはおばあさんにいいました
「そうじゃろう、おじいさんの為によりをかけて作ったんじゃよ」
「婆さん、そのお尻についてるのはなんじゃね」
おじいさんは不思議そうにおばあさんに尋ねました
その時です、風がざぁーっと吹くとおばあさんの口が耳まで裂けて笑いました
「じじがばばくった、じじがばばくった〜」
なんとおじいさんはおばあさんの煮られたナベを食べてしまったのです

450 :NPCさん:2001/08/18(土) 21:00
サプライズ・チェック、と。

451 :NPCさん:2001/08/19(日) 00:11
>>445
いろんなメディアを見ると、
戦国〜江戸時代を扱った作品は多いが、
室町時代以前となると比較的少ないように思う。

日本の古典・神話・民話・昔話・仏教説話などをひっくるめて
うまく料理できれば面白いものができそうだ。

学校教育(古典・日本史)で知識の共通基盤があるわけだし、
初心者でもすんなり入りこめるのでは。

452 :NPCさん:2001/08/19(日) 00:16
>>451
>室町時代以前となると比較的少ないように思う。

俺はアニメ「一休さん」が好きだっ!

453 :452:2001/08/19(日) 00:20
つーか、和風「ランドオブギルティ」になりそーだな。
(「ブレイドオブアルカナ」のサプリメント)

454 :NPCさん:2001/08/19(日) 00:33
和風ランギル・・・それはそれで面白いかも。

455 :ドワーフ小人:2001/08/19(日) 00:38
>>444
 カルシファードはガープスルナル完全版にて一応プレイ可能。但し小説で追加された設定などのフォローは無かったはずです。

456 :NPCさん:2001/08/19(日) 01:05
>>451
電源ゲームなら
「新・鬼ヶ島」「桃太郎伝説」「源平討魔伝」「月風魔伝」・・・

457 :NPCさん:2001/08/19(日) 01:28
平家物語が古典のなかでは一番すきだなー

458 :NPCさん:2001/08/19(日) 01:31
そういえば「陸奥」が信長の前に出現してるね

459 :NPCさん:2001/08/19(日) 01:37
妖魔夜行つかって、武士・陰陽師対妖怪 なんていうガープスも面白そう。

460 :NPCさん:2001/08/19(日) 01:38
>>456
ドラクエ3でヤマタノオロチを退治する話。

461 :NPCさん:2001/08/19(日) 08:09
室町以前?
任那橋頭堡を舞台に戦って見るとか。
詳しいことが不明なのが良い。

462 :Harry(,;゚Д゚)Ynte:2001/08/20(月) 00:49
侍ものをやるときにオーディオを用意しといて、
戦闘シーンでわざとらしく「暴れん坊将軍」のテーマをかけてみるとか。

463 :NPCさん:2001/08/20(月) 03:49
阿修羅ファンタジーでは新撰組ができる

464 :NPCさん:2001/08/22(水) 02:28
旗本退屈男あげ。

和風ものRPGが流行らないのは、町中で大鎧きてるとマヌケ、というか
ちょんまげ着流しで妖怪退治してたり、
烏帽子かぶった陰陽師が旅をしてるサマがヘンだったりするからか?

ビジュアル面で、冒険ファンタジーしてないからなのかのぉ。

465 :ドキュソ侍:2001/08/22(水) 02:33
くそ!でもそれじゃファンタジー世界もヘンな様の大集合だよな!
多分俺達が変なニッポンに慣れてないからだと思うよ!あくまで多分だけど!
くそ!どうだか!

466 :NPCさん:2001/08/22(水) 03:39
トップ絵変更。。。
これが、純和風ファンタジー的光景
http://www.2ch.net

467 :煽りじみたことなんて今さら言えない@731週日:2001/08/22(水) 08:55
某戦国御伽草子アニメ風とか…(ボソーリ)

468 :NPCさん:2001/08/22(水) 09:33
ああ……猫さむらいだね!

469 :NPCさん :2001/08/22(水) 22:20
ガープスのカルシファードでかなりのことができるのでは……

470 :NPCさん:2001/08/22(水) 22:22
……467と468の云っている事を統合すると「猫夜叉」になるのだが。

それはさておき、戦国モノでモンスターでプレイできるシステムってあるのだろうか?
かつての名作「戦国霊異伝」でも、同人RPG「剣豪伝」でも妖怪プレイはなかったなぁ。

471 :NPCさん:2001/08/22(水) 22:47
剣豪伝とはなつかしー!
国ごとの名産品とかまでフォローしてて感心したもんだなっす。

やっぱ、妖魔夜行ですかのぉ。>戦国妖怪
文明系の妖怪がいないから、なにを作ってもそれらしくなりそう。
カルシファード、妖怪で占拠しちゃいましょうかね。

472 :NPCさん:2001/08/22(水) 23:17
>>470
>>471
いや、半妖のルールは作ったのですよ。 >剣豪伝
チェンジリング伝説の「鬼面童子」や挌闘家が鬼人と化した「宇羅」は
その名残で…。
ルール自体が既に膨大になっていたのと、仲間内での評判が悪かったので
頓挫しましたが。
でもみんなよくこんな古いゲーム(しかも同人)のこと覚えてるね。
正直ビックリ。

473 :471:2001/08/22(水) 23:45
>>472
いい同人誌を有難うございました。
資料的な価値がある、という点でも取り出し易いところに置いてあります。オリエンタルAD&Dや天羅をプレイするときにも下敷きにさせてもらいました。
ところで、いまも魍徒憎し。

474 :472:2001/08/23(木) 00:34
>魍徒
懐かしい名前を…。確か「夜魔」分類する妖怪の数が足りなくて自作した奴です。
魍魎(もやもやした邪気の塊)が人の姿を取った化け物という設定になってます。
モデルはデスね、宮崎勉でした。ロリペドのドキュソ妖怪ってことで遠慮なく
ブチ殺してください。
ちなみに剣豪伝と戦国霊異伝は姉妹作品です。きらめきとは友達でした(藁

475 :NPCさん:2001/08/23(木) 03:30
へえええ!
面白いもんですなあ! 世の中! 

476 :NPCさん:2001/08/24(金) 00:11

アンビリバボーで、現代の陰陽師がでてましたねえ。
生の祝詞をはじめて聞いたけど、じつに早口ですな。
烏帽子をかぶっていたけれど、江戸時代にいたとしても、あのスタイルなんでしょうかね?

477 :NPCさん:2001/08/24(金) 14:52

    ほれゆらいらとほれ!
    ほれゆらいらとほれ!
 
    どうじゃ?
   \\       //
      ∩_     、/y
      [|__]    /'r r'
     ( | ´∀`)_ /' r
      | ̄|つ ̄|  |つ
      | ノ   | |_ノ
      |ー――|
     /___|
      (__)_)

478 :NPCさん:01/08/30 22:03 ID:kwZKp0Y2
紀元3〜5世紀あたりの雰囲気の和風ファンタジーはどうかのう。
ヤマト、ヤマタイ、イズモの三つ巴でおもしろいと思うのだが。

RPGマガジンでやってた「飛鳥風雲録」、あれ好きだったんだけどなあ……

479 :NPCさん:01/09/02 09:36 ID:j4iCTJMQ
藤原カムイの「雷火」みたいになるのかな >和風ファンタジー
オレも「飛鳥風雲録」は好きだったよ。

ただ、ヤマタイの場所は特定されてないから変に凝り性のPLがウザそだね。
資料集めの大変さを含め,マスターの負担を考えなければ面白そう。

480 :NPCさん:01/09/02 09:39 ID:rQ192dTQ
いや、近畿でほぼ決まりだって。邪馬台国。

481 :NPCさん:01/09/04 18:37 ID:Z6S.Tv4.
邪馬台国畿内説にはオレも同意だが、それだと同時期の九州の
扱いが面倒ではないかね。九州になにも無かったはずは無く、
かといって名無しの王国では具合が悪かろう。
素直に
畿内はヤマト
中国はイズモ
九州はヤマタイ
としたほうがゲーム的には遊びやすそうだ。

オレ個人は当時の九州は中国(大陸)と朝鮮半島系の渡来人に
よって半植民地状態だったと思うがね。

システムは何が良いだろう…。オレだったらルンケなんだけど。
古代日本物は同人でもあまり見ないな。

482 :混物:01/09/04 21:34 ID:iqzutYmA
ちょっと時代が下るかもしれませんが、
畿内は大和
山陰は出雲
山陽は吉備
九州は隼人
ついでに、関東に毛野
ってのはどうでしょう?
うーん、何か抜けてるかもしれません。

483 :NPCさん:01/09/08 05:13
職業に埴輪使いを希望
三波豊和は要らない

484 :NPCさん:01/09/08 17:45
埴輪使い(天津神系)と土偶使い(国津神系)の宿命の闘い!

はにはにはにはに!
ドグドグドグドグ!

三波春雄でございます。

485 :双厳:01/09/08 18:19
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!
アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!アエリウス・マキシマスは最高!!

486 :NPCさん:01/09/19 19:43
あげ

487 :NPCさん:01/09/21 14:41
今日読んだ新撰組漫画で、近藤先生が14歳の愛人を作っていた。

さて、ここで質問。江戸時代の結婚適齢期って何歳くらい?
武士と町人でも違うのかな?

488 :NPCさん:01/09/21 15:54
>>487
だいたい初潮が始まる前後に「髪上げ」というのをするので、そこから18歳くらいまでが結婚適齢期。

儒教とか仏教とか東洋の宗教はロリに対する規制がないので、女性の成婚年齢は概して低め。

489 :NPCさん:01/09/21 17:28
>488
>東洋の宗教はロリに対する規制がないので

え、キリスト教にはあるの?(w

490 :NPCさん:01/09/21 18:50
結婚適齢期は無きに等しい。特に、上流の武家は、政略婚のニュアンスが強いので、5歳だろーが、18
歳だろーが、結婚”は”した。
でも、実質的に夫婦になる、美しく言えば床入り。わかりやすく言えばヤルのは、嫁婿双方が肉体的に成熟してからってのが当然ね。
そのため、肉体的に成熟してない炉里を無理矢理ってのは、あまりほめられた行為ではないぞ。
てなわけで、その手のみなさんには残念だろうが、9歳10歳と楽しくうはうはってのはありえないのだ。

491 :NPCさん:01/09/21 22:35
江戸時代といっても300年もあるから
後期にいくほど、結婚適齢期はあがる。
とくに町人の場合、右肩あがりで経済状況が良くなっていくから
縁談をよく吟味するし、奉公などで身に着ける花嫁修業を考えると
二十歳が普通になる。

ちなみに江戸の男女の人口比率は、男2:女1なので
独身男が圧倒的に多い。
生涯独身はあたりまえだった。

492 :NPCさん:01/09/23 14:24
>ちなみに江戸の男女の人口比率は、男2:女1なので

江戸時代といっても300年もあるが、300年通してこの比率なの?

493 :NPCさん:01/09/23 16:01
そうなりよ。

494 :NPCさん:01/09/23 19:50
しかし、江戸に住む男の全員が江戸で嫁を探すわけじゃないだろ?

495 :NPCさん:01/09/23 21:41
皆無ってことはないだろうが、
旅先で嫁さんつれて帰ってきたり
江戸参りに来た娘を嫁にしたり、なんていうパターンは
相当珍しいだろう。

496 :NPCさん:01/09/23 21:45
>495
そうでなくて、江戸の男の過剰分って参勤交代の武士だから、
国許に帰って結婚するんじゃないの?ってこと。

497 :にけ ◆X09j3.5U :01/09/23 22:03
>男女比率
江戸に住む町民の話でしょう?
どこかでそういう話を見ましたよ。

498 :494=496:01/09/23 22:44
>497
どうやらそのようです。
ただし、町人人口に関しては末期にはほぼ半々になっていたようです。

499 :Harry_Ynte:01/09/30 22:40
ハードボイルドな時代劇のRPGってありますか?

500 :NPCさん:01/10/01 00:06
秘伝の声でしょ。同人の。
サプリによって明度が違うところもおすすめ。

501 :六条:01/10/01 04:45
 江戸の人口に占める男性比率が多いわけ。

1.各藩の江戸屋敷詰の武士はほとんどが男性。
2.大店の江戸店の店員も男性が原則。
3.火事が多かったので大工(男性)が多く住んでいた。

 そういう次第で、吉原とか岡場所(私娼街)が発達した。
 という分析を見たことある。

502 :NPCさん:01/10/03 21:22
      / ̄\
    .r ┤    ト、  在       (´`)  ∩
    |.  \_/  ヽ       (´ヽ )i⌒i,|
    |   __( ̄  |       `ヽ !、∪ノ`.|臨
    |    __)_ノ        ノ  ) ノ
    ヽ___) ノ    _____ (_ノ⌒ ̄   (⌒)
      i⌒ヽ     /        \       ノ ~.レ-r┐
      |    〉   /   ./⌒  ⌒ヽ ヽ     ノ__ | .| ト、兵
  烈 / ̄ヽ ノ    /,  __| / | | ヽ |_  |  〈 ̄   `-Lλ_レ′
   |  ノ_/、/⌒i | /    ○   \|    ̄`ー‐---‐/´)
  / ̄ヽノ i /   i | / 三   |  三. |         i´ヽ/ ノ   闘
  |   i   |⌒iノ/ | |  丶___|__) |        / ノノー―‐┐
  `ー ´;ヾ `~'  i ヽ\______/    ―イ ´ノ  ーーイ
   `ヽ ⌒ヽ/  ヽ ヽ───(〒)──ノ            (、 ̄´
    〈 ___ノ i    〉                 ̄`ー―-(_ノ/⌒ーー 、
      ヽ      /                         i (⌒  ,ヽ者
      `ー /^‐━,                       ヽ_( ̄ ̄  ,)
   陣   /ノ―、='、       / ̄`ヽ´ ̄ヽ_       i (_ ̄_   ノ
       /´ /  / ̄`i、     /     /      )    ヽ(____ノ
      ノ  丿   l   | `i   〈     ヽ   ,ノ⌒
      |   〈 l   〈 〉  |   / ヽ_ , _  |皆
      ゝ         ,/  ノ  i  i!  〉 〉
       ヽ、      ノ  (_ノ|, 、||  ヽ⌒ヽ
                      |  | |  ⌒ヽノ
                     ヽ_ノ \_ノ

503 :NPCさん:01/10/05 09:39
>501
ええ、その通りです。
江戸に限らず、新興都市は、常にそんな感じだったそうです。
要は、これから大きくなることが見込める都市へ、一旗揚げに来た人々が多かった
ってコトですね。彼らは、独身、もしくは、故郷に妻子を残しての単身赴任だった
ので、彼らの生理的欲求を満たすための業種が発達したわけです。
もちろん、彼らは、成功したら(生活の目処がついたら)故郷で嫁さんを捜してく
る、もしくは妻子を呼び寄せて、都市に定住することになります。

このため、時代が進むと、少しずつ男女比は半々に近くなっていきます。
しかし、お江戸は公方様のお膝元ですから、各大名屋敷に住む武士の数も馬鹿にな
りません‥‥つか、江戸の人口の50%は武士なわけですから、その人口比が江戸
の人口比率に与える影響は馬鹿でかいモノがあります。
なにしろ、参勤交代で江戸に出てくる人間は、すべて男性のみな訳ですからね。
もともと、吉原は武士向けに作られた遊びの場だったわけで。
武士だけで充分に台所をまかなえるってのは、武士で、独身の男性がそれだけ
いたってコトの証明になりますね。

私が以前読んだ資料では、定府(江戸に定住して、そこで妻子を持っている武士)
と、参勤でやってくる武士との割合は、だいたい1:2だそうで。
つまり、大雑把に言えば、江戸藩邸に100人住んでいたら、女性は20人以下。
残りすべてが男性というコトになります(もちろん、奥に詰める女中や、下働きの
人々を考えると、この比率はもう少し変わりますが)。

ま、ここから派生して、参勤交代で旦那が江戸に行っている間に火遊びをする奥方
や、それにうかうかと乗ってしまったお調子者の国許勤めの武士に関わるおもろい
話がそれこそ山のようにありますが、その辺はてきとーな機会を見て。

504 :NPCさん:01/10/10 04:18
このあいだ某ゲームを江戸時代を舞台にプレイしていてふと疑問に思った
のですが、急性盲腸炎って、外科手術のできなかった江戸時代は死病だった
わけ?
内科的に薬で散らすのも限界があるだろうし。
教えて、詳しい人!

157 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)