5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦後史の闇 lt;lt;疑惑の銃弾gt;gt;盛岡疑惑

1 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:02/12/21 01:30
1981年12月18日、三戸和義と妻(34)が盛岡市内で何ものかに銃撃され、妻は重傷、三戸も怪我を負った。
三戸は意識不明の妻のために奔走し、1982年1月、自衛隊の病院機で帰京させたが、月末に死亡した。
このとき、三戸は1億5千万円の生命保険金を受け取っていた。1984年1月〜3月、雑誌「文藝春秋」は「疑惑の銃弾」を連載し、事件と三戸に疑問を投げ掛けた。
この特集にテレビ、新聞、雑誌などが追随、報道合戦を繰り広げた。いわゆる「盛岡疑惑」騒動である。
3月末には捜査当局も動き始めた。
1981年8月、三戸の妻は盛岡のホテルで何者かに襲われ、1週間の軽傷を負っていた。
1984年5月、その犯人が警察に名乗り出た。三戸と付き合っていた元ポルノ女優であった。
三戸に、妻を殺したら1500万円の現金を渡し、結婚してもいいと唆され、ハンマーで殴ったと供述した。
さらに三戸の愛人と見られていたSさん(34)が行方不明になっていることが判明した。
Sさんは1979年3月に夫との離婚が成立し、29日に盛岡へ飛んだ後姿を消していた。
三戸は3月27日に盛岡に行き、4月4日に帰京していた。また、Sさんの銀行口座に振り込まれていた離婚慰謝料650万円は、
三戸が626万円を引き出していた。
同年5月、盛岡郊外で身元不明死体が発見されたが、1984年3月28日、岩手県警が歯形などから遺体がSさんと断定した。
警視庁は1985年9月、三戸と女優を殺人未遂容疑で逮捕。女優は犯行を認めたが三戸は否認。
1986年、盛岡地裁は三戸に懲役6年、女優に懲役2年6ヶ月の実刑判決を下した。
取り調べはさらに続いていたが、Sさん事件では立件できず、妻の殺害容疑で三戸を計画者、同業者のOさんを実行者として起訴した。
1994年3月、一審で三戸に無期懲役判決、Oさんに無罪判決が下された。
しかし1998年7月の仙台高裁で、三戸、Oさんとも無罪判決。検察側は、実行者不明という状況で上告という異例の事態である。
状況証拠すら乏しく、立証に難しいマスコミ先行型犯罪である。
三戸は次々とマスコミに過去をほじくり出された。三戸は多くの記事に対し名誉毀損で訴え、ほとんどの裁判で勝利している。
1998年控訴審無罪判決で13年ぶりに釈放されたものの、未遂事件の判決が1998年9月に確定。
11月に盛岡拘置所へ収監された。2001年1月に出所している。

2 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:02/12/21 01:48

電波!『裏2ちゃんねる』 http://dempa.2ch.net/prj/page/ura2ch/


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)