5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【祝】三井生命...大丈夫かも!

1 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:09
三井住友金融4社、全面提携を発表
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20011122CEEI102222.html

2 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:17
三井住友金融4社全面提携、三井生命支援鮮明に
http://www.yomiuri.co.jp/02/20011122ib26.htm

これでダメなら、日本には日本生命と東京三菱銀行だけになっちまう。

3 :】【祝】三井生命...大丈夫じゃないかも! :01/11/23 02:19
三井・住友グループの生・損保・銀行4社が業務提携で合意
  事業統合構想は見送りへ


---------------------------------------------------
 三井住友銀行、三井住友海上火災保険、住友生命保険、三井
生命保険の4社は業務提携で合意した。提携の中身は当初の構
想より大幅に後退した結果になった。今回の提携構想は、株価
が大きく下落するなかで三井生命の信用不安を回避するため、
銀行を中心に進められた。
 提携内容は三井生命の損保子会社を三井住友海上に売却する
ほか、生保・損保・銀行の一体型商品の共同開発を行う。また
、現在は三井生命と住友生命の営業職員が三井住友海上の損保
商品を売るだけの一方通行の代理代行業務を、三井住友海上の
代理店に両生保商品の販売を委託する双方向の形に発展させる。
 さらにアセットマネジメントの会社を共同で設立する。三井
生命は資産と人員のリストラを進めることで事業費を大幅に圧
縮する。そのうえで、三井住友銀行が三井生命に対し基金や劣
後ローンの追加的支援を行うといった内容が主な合意事項だ。
この具体化のために4社で専務・常務クラスの委員会を設置する。
 三井住友銀行は三井生命に1700億円もの基金や劣後ローンな
どを供与している。株価下落やソルベンシーマージン比率の悪
化などにより、三井生命に信用不安が高じて解約が進み、万一
破綻するような事態になると、銀行を直撃することになる。こ
うした懸念を取り除くことと、三井住友金融グループの再編を
進めるとの狙いから、10月中旬以降、銀行を中心に4社が結束
を示す形の業務提携が模索されてきた。
信用不安を取り除くには、三井住友海上、住友生命、三井生命
の3社が「将来の事業統合を視野に入れ」た提携を行うことが
不可欠だった。事業統合を視野に入れれば、生保同士の間で保
険商品の共同開発、商品やサービスの相互OEM供給、営業拠
点の共同利用、システムの共同開発、資産運用面での協力など
広範囲に提携が実現できた。
 生・損保の間でも、三井住友海上の生保子会社を生保側に売
却して、生保と損保の事業を再編したり、資産運用部門を強化
することで両事業を幅広く展開する保険グループとして、世界
のトッププレイヤーと肩を並べることができた。
 いったんは各社首脳が基本合意したものの、最終的には三井
住友海上の反対により「将来の事業統合を視野に入れ」た提携
は立ち消えになった。三井住友海上の反対は「株価と格付けが
下がる提携はできない」というのが最大の理由だ。

4 :もしもの為の名無しさん :01/11/23 02:25
今回の提携報道は本当に期待外れな内容。
基金の増額を除けば信用力強化・営業力増強につながる要素は全くなく、
ほとんど、契約者に対するめくらまし的な意味しかもたない。
将来の経営統合を提携の中心にしなければ意味がない。

生保は構造不況業種。抜本的なリストラだけでは縮小均衡に陥るだけ。
収益構造を根本的に変える方策が必要。

このままでは、日本の保険会社が偽医・倒壊だけに
なってもやむなしだと思うよ。

5 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:26
三井住友生命、にならないのは、
よほど住友生命が嫌がってるんだろな

6 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:28
三井生命を応援するスレは珍しいね。
三井生命頼むよ〜

7 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:31
三井住友海上と経営統合しないのは、
よほど三井住友海上が嫌がってるんだろうな

8 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:36
2004年4月をめどに株式会社化ってそれまでもつの?個人的には今月中、
もって2002年の5月中とみるが。これ如何に。

9 :もしもの為の名無しさん:01/11/23 02:38
確かにスケジュールが遅すぎる。というか危機感がなさ過ぎる。
旭だって2003年4月に前倒ししたのに。

10 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 14:56
なんだかんだ言っても三井・住友旧財閥系勢力は強すぎる。
安心していいですか?

11 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 15:03
せいぜいグループでキズをなめあってろ。
俺は現代の記事を見てベクトルの解約を決めた。
入ったばかりだったが潰れてからでは遅いし。

つーか解約書類早く持って来い!

12 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 15:06
ベクトルのCM、ダサすぎ。
きっと、広告予算さえ、無いに等しいんだろう。
これだからやだね、契約者保護のために、さっさと、つぶれちゃえよ、光井なんてさ。

13 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 16:55
三井の風評再燃するにはみんなインパクトのないカキコだな。
みんな負け犬の遠吠えみたいなカキコばかりだ。
いまとなってはなに書いても無駄かな。


もう三井のスレはいいよ。やめよう。話が堂堂巡りでつまんねー。

とうとう三井に逃げ切られた。もうすこし三井が本当につぶれそうだったのに。
おしいことをした。

14 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 19:46
>>11
あたま超・超・よさそそうなあなたへ。
解約するのは自由だが、解約の理由がすごいぞ!
週刊誌で全てを悟るあなたに感服しました。。
なぜ最近入ったか理由が知りたい。
炭素菌が心配だったのかな?
馬鹿丸出しなら書かなくてもいいよ!

15 :もしもの為の名無しさん:01/11/24 20:00
週刊現代は私も参考にさせていただいています。
野中

16 :もしもの為の名無しさん:01/11/25 22:19
週刊現代、もういらん。
嘘ばっか煽って最低な雑誌じゃん。
ほんと記事信じて解約する契約者が
一番損してるぞ。
日本生命の改善命令だってこのサンモン雑誌が
原因の一つだろうに。
まじでもういらん。
三井生命は潰れないよ、完全に。
金融庁は日本生命だけじゃなくてサンモン雑誌も
改善させろやああああ。

17 :もしもの為の名無しさん:01/11/25 22:58
今回の発表は当局の指導により行われた、アピールに過ぎず、
実際、各社の負担は皆無である。
三井生命が危機的状況であることには、変わりがなく、三井グループの
救済も、譲渡された損保子会社、および、団体保険の資産価値を超えて行われる
ことはない。
銀行も辛い立場だ。
ただし、本当に、基金の拠出をすれば、三井生命は延命されるであろう。
基金の拠出が、理由を付けて引き延ばしにされないことを
願うばかりである。また、具体的にいつ拠出されるかを早期に明確に
して欲しい。
それが明らかになるまでは、安心できない。
三井生命契約者として、今は、銀行を信じているが。

18 :もしもの為の名無しさん :01/11/26 01:58
こんな子供だましの提携報道では、蜜井の危機は全く去っていない。
ただ、若干生き延びたというところではあるが…。

グループ企業も満身創痍で、とても全面支援というわけには行かない
というところが悲しい。
旭ショックが大きかった。
株式会社化なんて一言で言うが、本当に甘くないよ。
過去、それで多くの大企業が株価暴落⇒信用力低下⇒株価倒産
の道をたどっている。
純資産・内部留保が0に近いこの会社に対する市場の目は厳しいよ。
上場すら可能なのかどうか。
相互会社のようなぬるま湯でなく、市場の淘汰の嵐にさらされるってことを
この会社の人は分かっているのかな?

19 :もしもの為の名無しさん:01/11/26 10:56
住友が合併に応じないのは、
三井生命の破綻後にもってくつもりだからだ
そのほうがおいしいもんな。

20 :もしもの為の名無しさん:01/11/26 20:46
三井のスレはほとんど他社の社員が三井がつぶれることを願って書き込みしているのは
わかるけど。グループ提携の報道後なにを書き込みしてもなんか気が抜けたみたいね。
それより以前のどのスレも活気があったわ。なつかしい。
はやく次のターゲットを探してわたしをどきどきさせてね。

課長、もうわたし帰ります。

21 :もしもの為の名無しさん:01/11/26 21:05
他社の社員です。でも,これ以上はつぶれちゃ困るんです。我々にだって影響あります。だから,光井も旭も純友も潰れないで下さい。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)