5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

橘家文蔵師 死去

1 :重要無名文化財:01/09/10 20:52
橘家 文蔵氏(たちばなや・ぶんぞう=落語家
本名井白清一=いしろ・せいいち)10日、心不全で死去、62歳。
通夜は11日午後6時、葬儀は12日正午から東京都中野区上高田5の18の3の光徳院で。喪主は妻千恵子さん。
東京都出身。55年、8代目林家正蔵に入門し、68年、真打ちに昇進。
軽みのあるほのぼのとした語り口で古典落語「ちきり伊勢屋」「大仏餅」などを得意とした。

 10年ほど前から心臓を患い、最近はあまり高座に上がっていなかった。

http://iij.asahi.com/obituaries/update/0910/002.html

合掌…

2 :重要無名文化財:01/09/10 21:41
名古屋の「含笑長屋」で7月、『三味線栗毛』のもう今は誰もやらなくなったバージョンを聴いたところでした。
「その方たちが乗るとバチがあたる」というのは単なるマクラの部分に過ぎない、というのを初めて知りました。
合掌。。。。。

3 :重要無名文化財:01/09/10 23:47
よりによって愛弟子の披露目の直前でねぇ・・・。
「狸賽」のほのぼのした芸が大好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。

4 :重要無名文化財:01/09/11 00:24
そうだよ!文吾!文左衛門!
うわあああああ。。。

5 :重要無名文化財:01/09/11 00:28
文左衛門さん、かわいそすぎる・・・

6 :重要無名文化財:01/09/11 00:45
鳳楽師の披露目を思い出すなぁ。
お祝いとおくやみが交錯してたっけ。

7 :重要無名文化財:01/09/11 16:18
誰?知らない

8 :重要無名文化財:01/09/14 22:23
悲しいなあ。亡くなったことはそりゃもちろん悲しいけど、
この板にして書き込みが少ないことも悲しいなあ。
文蔵師匠、とってもわかりやすい語り口で、
20年ぐらい前、まだ若い落語ファンだった私には
とても貴重な噺家さんだったんだけどなあ。
初めて聞いたのは「目薬」だったかなあ。
甚五郎ものの人情噺もそのあといっぱい聞かせてもらったっけなあ。
国立小劇場でトリをとる時には通ったっけなあ。
でも売れる人ではとうとうなかったんだなあ。
新聞の死亡記事の住所が泣けたなあ。
・・・アパートだったよ。

師匠、ありがとうございました。大好きでした。

9 :重要無名文化財:01/09/15 11:28
最近になって落語を聞くようになったので、
文蔵さんの事は存知あげませんでした。
色々と珍しいネタをお持ちである事を
他の噺家さんから聞いておりましたので
非常に残念です。
文吾(文左衛門)さんもお気の毒ですが、
がんばって欲しいものです。

10 :重要無名文化財:01/09/15 18:05
http://www2.plala.or.jp/YOKOMEYA/shin301.jpg

11 :重要無名文化財:01/09/29 22:24
比較的地味な存在の噺家さんでしたが、好きでした。
新宿末広亭で「粗忽の釘」を聞き、お腹をかかえて笑ったことがありました。

12 :重要無名文化財:01/09/29 23:29
でも、末広のwebで、10月上席の番組表にまだ文蔵師出ることになってるぞ(w

13 :tqk:01/11/03 20:58
地味だけど好きでした。愛弟子の披露目。
出たかっただろうなぁ。
ぶんざ えもん!2代目?文蔵襲名せよ。
合掌。

14 :橘屋!:01/11/05 00:00
昔の池袋で、「巌流島」を聞いたときだったと思います。差し歯がポロポロと抜け、みんなで大笑いでした。
どの席かわすれましたが、師匠が「野ざらし」をやり、例のエサをつけない釣り針を川になげいれ、「サ−こい」で、「お後は次の円弥がやります」で降りちゃいました。
次の円弥師、しっかりとやってくれました。お二人は仲がよかったのですかね。でも、ドキドキして楽しかった。
文蔵師匠、ありがとうございました。

15 :tqk:01/11/11 17:48
書き込みが少なすぎるっ!!もっと評価されてもいい噺家サン
だと思う。
かつて新宿のトリでやった「竹の水仙」「石返し」が懐かしい。

改めて合掌。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)