5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

尺八

1 :あくせる:2001/05/13(日) 01:27
尺八の話をしたい。

2 :荒唐無稽文化財:2001/05/14(月) 18:57
 今朝、FMで鶴の巣籠を聴きました。尺八古典本曲という解説付きで。
 さて、そこで質問ですが、本曲って要するにどういう意味? たとえば
都山流(だっけ?)の本曲、という言い方もあるようですが、流儀ごとに
そういうものがあるんでしょうか。

3 :一尺八寸:2001/05/14(月) 20:18
基本的には尺八のみによって演奏される曲のことを「本曲」と呼んで
ます。独奏曲がほとんどです。ただし「鹿の遠音」のように二重奏も
あります。流派は大小多数、地方にもあり、もともと同じ曲を流派に
よって解釈し一見別な曲になっているものもあります。「本曲」とよば
れるものは、一般的には明治時代以前に作曲されたものが大多数です。
普化宗という宗教的色彩がありました。

4 :荒唐無稽文化財:2001/05/15(火) 01:45
>3
情報多謝。勉強になります。

5 :あくせる:2001/05/17(木) 04:11
現在の尺八演奏家で第一線でバリバリやっているのは青木鈴慕、山本邦山、三橋貴風
石垣征山、宮田耕八朗、田嶋直士、ネプチューン海山・・・・こんなもんですか?
なんか少ないなぁ。自ら作曲をしたり、CDを積極的に出しそれなりの販売実績をあげて
いる人と限定するとどうなんだろう?

6 :しゃくはち五郎:2001/05/18(金) 01:32
青木鈴慕、山本邦山、故山口五郎に横山勝也。
この4人がいれば、「尺八に触れたことがない人が
イメージする尺八の音」は、ほぼ網羅できるように思える。
メジャーな音ってとこか。
バリバリやってる人は沢山いるけど、この人達がつくり上げた
「いわゆる尺八の音」を覆すほどの音を発する人を、
寡聞にして知らない(のが悔しい)。>誰か教えて

7 :荒唐無稽文化財:2001/05/18(金) 02:18
 横山勝也の知名度は、武満徹のノヴェンバーステップスの
ソロを吹くのとおおいに関係あると思うがどうか。

8 :しゃくはち五郎:2001/05/18(金) 03:06
>7
幾度となく訊かれる「尺八ってあの『ブヒョー』ってやつ?」の「ブヒョー」ね。
子連れ狼とバカ殿様のBGMもブヒョーイメージの確立に貢献。
で、確かに横山勝也の世間一般での知名度は
ノヴェンバー…に負うところ大だとは思う。

ただ、知名度云々は置いといて、前述4人の
「メジャーにして超個性的な音」に比肩しうる音の持ち主を
今吹いている人の中に探したい、と思うわけです。
自薦他薦問わず、オススメ尺八プレイヤーを紹介してくだされ。

ついでに、琴古・都山問わずオススメ尺八工房も。
今使ってる竹は鳴り・音味とも平板でツマランので。

9 :ナリサワ:2001/05/18(金) 21:44
私は横山勝也を師に持つ菅原久仁義をお薦めします。素晴らしい音を持ってます。
彼の「産安」は師にせまります。一度ナマで聴いてみてください。
CDを3枚だしてますが、一聴の価値はあります。「雨月譜」「The Art Of Bamboo」
「Duo1」の3作です。ただし本曲は収録されてません。

10 :しゃくはち五郎:2001/05/19(土) 06:10
ええこと聞きました。菅原氏のCD探してみます。
やはり吹く人の個性がモロに出るのは本曲ですよね。
ついでと言っては何ですが、お宝尺八工房も(あれば)教えてください。
現代曲が多少吹き辛くても、本曲&地唄合奏の音味ならどこにも負けん!
というところを知りたいのですが。>ナリサワさん

私の知る超個性派というと、琴古某社中の傍流に榎本秀琴という家元がいまして、
残念ながらとっくに故人なのですが、この人が吹く本曲はすごかった。
ノドが鳴りまくっていて、音のかすれも激しく、
ほとんど下手くそスレスレなのですが、
聴く人に強烈なインプレッションを与えずには置かないソウルフルなプレイでした。
音源も日本中探せばどこかにあるでしょう。
あまり解説しまくるとお里が知れるのでこの辺で。
数曲聴けばお腹いっぱいになるとは思いますが。

あと、あくせるさんのオススメも聞いてみたいです。
販売実績なんて、プロならぬ身にはどうでもいいことじゃありませんか。
って、プロの方じゃないですよね?

11 :あくせる:2001/05/19(土) 11:39
>10
はい、プロではありません。
私は横山勝也のファンですが、彼が半身麻痺のため演奏ができない状態
にあるのが残念でなりません。今中堅どころでお薦めといっても・・・
むずかしいなぁ。三塚幸彦はいいと思う。「遠音」というグループを
組んでますが、本曲はやりません。ポップな感じの現代曲をやってます
ので皆さんのお気に召すかはわかりません。CDは4枚でてます。

12 :しゃくはち五郎:2001/05/19(土) 13:01
氏がそういう状況にあるとは知らなかった。確かに残念。
好き勝手に吹いているだけでは斯界の事情に疎くなるなあ。

三塚氏と言えば泉州工房。あすこの地なしの竹ってどうなんだろう。
まともに鳴るのかしらん。実は古典に向いてそうな気がして興味あり。
善養寺恵介氏もあすこの竹らしいけど、朗々と(朗々すぎるほど)本曲吹いてるし。

どうでもいいですけど、ここ人数増えませんね。
「琴古、都山のここがイヤ」「竹ウザいby糸方」みたいなカキコ来ないかな。
学生邦楽のひと、なんかないです?

13 :ナリサワ:2001/05/25(金) 22:53
ネプチューン海山の「鶴の巣篭り」を聴いたことがありますか?
結構????????????????です。

14 :しゃくはち五郎:2001/05/26(土) 16:27
?×16とはすごい疑問形。つーか、ジャズ本曲とかじゃないですよね(w
都山のスゴモリというと、一方が地を吹いて、
他方がピロピロとメロディーを奏でるタイプしか聴いたことがない。
独奏だとどうなるんでしょうか。

スゴモリはやっぱし故五郎氏が一番かなあ。
子を抱く母鶴というよりは、
孫を抱くおじいちゃん鶴という感じが絶妙に萌え。
鈴慕氏が吹くとどんな優しい曲も居合い抜きの味わい。
それはそれで凄い個性だが。

15 :しゃくはち五郎:2001/05/26(土) 16:46
さて、話題を毒舌方面に持っていきたい私からも一石。

尺八吹きで、三橋貴風の音が心から大好きハニャ〜ン!
という人はいるのか? どこがいいの?

16 :しゃくはち五郎:2001/05/27(日) 02:01
反応がないのでもういっちょ。

都山流本曲、吹いてて面白いのか?
師範試験の課題曲だから、とかではなく
好きでタマランから吹いているという人は、
どこが面白いのかぜひ聞かせてくんろ。

反論カキコ激増を期待。
2chとはいえ、この(猫の額ほどの)世界で
イチャモンつけるのは少々肝が冷える。

17 :あくせる:2001/05/27(日) 05:55
私は琴古流ですが、都山流本曲でいいと思う曲はありません。
流租初代中尾都山の業績は認めるけれど、彼が都山流に編曲した
古曲を含めて、いいと思うものは殆どありません。別に流派が
違うからという狭い了見で言ってるのではありません。聴いてて
素直にそう思ってしまうのです。

18 :重要無名文化財:2001/05/27(日) 07:31
尺八で淋病もらったやついる?

19 :重要無名文化財:2001/05/27(日) 07:36
貴方は口の中に出す派?
それともガンシャ派?

20 :重要無名文化財:2001/05/27(日) 07:36
鼻から精液だすのはどうよ?

21 :きい:2001/05/27(日) 12:24
 私はことひきですが、
都山流本曲「岩清水」は好きです。
聞いていていいなと思うだけで、吹いてておもしろいのかどうかは
知りませんが。

22 :重要無名文化財:2001/05/28(月) 01:45
あんなもん課題曲じゃなければ間違っても吹きません。
年寄りのおっさんとかは本曲吹かないと
(流派内で)評価されないからなあ、かわいそ。
音楽的にうまく吹くとおこられるんだなこれが。
「本曲は流祖の音色で流祖そっくりに吹きなさい」
わざとへろへろにふけってか?
ばかじゃねーかって思ったよ。

23 :しゃくはち五郎:2001/05/28(月) 08:40
思いのほか同意が多いな。アレ聴いてアレルギー起こすのは
琴古だからってわけじゃなさそうだ。>22に同情
個人的には、ザンホウ山本の独奏曲を「本曲」とでもしてしまった方が
よほど都山流の株は上がるだろうと考えておるです。

17にもあるけど、都山の古曲は吹いててどうなんだろう。
琴古の私からすると、これはもう本曲とは比較にならんほど
小うるさい入れ手&スリ上げがイヤすぎる。
どうせ琴古と違う道を逝くなら、
ユニゾンの中の入れ手で差異化を図るのではなく、
いっそハーモニーに作り替えちまえば、とも思うのだが。

ま、琴古の古曲はほぼ単なるベタ付けだから、
批判の対象になるほどのラジカル性がまるでない、
とも言えるんだけど。

24 :あげや:2001/05/28(月) 11:07
歌謡曲の尺八は実は古典の名手が吹いていること多し。

25 :あくせる:2001/05/28(月) 21:41
あの山本邦山の「乱」「萩の露」などを聞いてると、琴古らしき手法も交えて
演奏している。明らかに都山とはちがう手法をいれている。ということは、都山
の古曲はそのままではおもしろくないってことの証明ですよね。

26 :sage:2001/05/28(月) 23:24
>>24
>琴古らしき手法
あなた琴古流なんでしょ。はっきりわかんないの?(藁

>明らかに都山とはちがう手法
都山の手法の方は明らかにわかるんだ。へぇー。凄いね。

>都山の古曲はそのままではおもしろくない
琴古譜も都山譜も楽譜に演奏のすべてが書かれていると思っているの?
そうおもってるならあくせるくんの演奏はつまんないだろうな(藁

27 :重要無名文化財:2001/05/28(月) 23:26
さげまちがえた。
鬱山車脳。

28 :重要無名文化財:2001/05/28(月) 23:34
>>26 
 >>24は間違い。
 >>25が正しい。


29 :aaa.:2001/05/29(火) 01:46
三橋貴風サイアク、ナマだともっとイヤ。

30 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 02:00
いまさら流派くらべてどうすんのよ。
sage

31 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 04:25
>13、ネプチューンの巣篭もり、いろんな意味でわりと面白い。楽譜は五線譜でした。

32 :あくせる:2001/05/29(火) 05:29
>26
要するに何を云いたいの、あなたは?ただ悪態をついているだけ?
自分の考えを述べてないよ。

33 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 05:35
>26
自分の考えなんてないんじゃないの、みんな。

34 :重要無名文化財:2001/05/29(火) 05:39
>26
あんたは、どういう尺八吹きなの?あくせる君よりはうまいんだろ?
そのくちぶりからすると。

35 :26:2001/05/29(火) 06:50
要するに>>25の文章には説得力が無いと思われ。
これ自分の考え。
ご不満?

>>都山の古曲はそのままではおもしろくない
>琴古譜も都山譜も楽譜に演奏のすべてが書かれていると思っているの?
>そうおもってるならあくせるくんの演奏はつまんないだろうな(藁
流派でおもしろい、おもしろくないを語るのは単純すぎる
と言うことを悪態を交えて表現。
琴古譜はそのまま吹けば、三絃のベタ付け。
都山譜はそのまま吹けばうるさい入れ手で糸方の邪魔ばかり。
都山譜は下手な人が吹けばどうしょうもない。
琴古譜は下手な人が吹いても糸の邪魔じゃないだけでつまらん。
奏者がダメならどっちもダメ。
流派でどうこういう話じゃないと思われ。
これ自分の考え。
ご不満?

36 :26:2001/05/29(火) 07:02
>>34
楽譜の省略された部分をそれぞれの流派の枠から
外れないように解釈してなんとかおもしろく古典を吹こうと
思っている尺八吹き。

37 :しゃくはち五郎:2001/05/29(火) 15:05
おお、何だか建設的かつ破壊的なスレに育ってきてる!

36の姿勢は琴古・都山を問わず、竹吹きのあるべき姿と思う。
各流派の足りないところを補いながら、新しい音、音楽を
奏者本位に生み出していく、のが私らの逝く道なんでしょう。

という点で、都山の方が琴古より努力してるよね。
古曲に関しては、若い世代が琴古の奏法、
特にアタリを積極的に取り入れてる。
琴古は伝統という錦の御旗に弱いし、
奏法としての完成度は高い(批判しにくい)から、
なかなか変わっていけてないと思う。今後どうなるのかな。

38 :しゃくはち五郎:2001/05/29(火) 15:37
明日のためにその@
まず、都山初心者の人に言いたい。
古曲の楽譜を小節で区切るのはよろしくない。
聴いてると、どうもあの区切りに
大なり小なり曲想を支配されてるような気がしてならない。
譜面買ったら、曲に慣れてからでもいいから
アレを全部ホワイトで消しましょう。

明日のためにそのA
これは琴古譜・都山譜ともだけど、
ブレスの指定がかなりでたらめだ。
無視して古曲としてのフレージング優先で考え直そう。
達人の演奏聴いてりゃだいたいわかるけど。

39 :しゃくはち五郎:2001/05/29(火) 15:39
家元にはヤな顔されるかもしれんけどね。

40 :重要無名文化財:2001/05/31(木) 01:36
地歌・筝曲吹かなければいいんじゃない?

41 :すけべ:2001/05/31(木) 03:04
>>40
そうは言っても仲良くしたいじゃないですか。
上手くなければ嫌われて逆効果もあり得るが・・・


42 :しゃくはち五郎:2001/05/31(木) 15:07
本曲ばかり吹いていると出家したくなってくる。
ハッタリくさいムラ息嫌い。
シンプルな一二三萌え。

43 :しゃくはち五郎:2001/06/01(金) 02:31
クリストファー遙盟の「尺八オデッセイ」読んだ?
私、今頃読んでます。尺八礼賛のみに陥らないところがいいし、
装飾音のくだりなど特に面白い、というか共感。
最後まで読むと、残月を吹きたくなってくる。
私も五郎氏に稽古つけてもらいたかったなあ。

44 :ナリサワ:2001/06/01(金) 04:54
私も読みました。同感です。
今は音楽之友社から出ている「日本音楽のち・か・ら」を読んでます。日本音楽に
未来はあるか?という大仰なテーマです。三枝成彰が百年後には伝統音楽はなくなる
だろうと云ってます。洋楽がグローバルスタンダードになったからとのことです。
洋楽以外の民族音楽・民俗音楽・伝統音楽とはそんなにやわなんでしょうか?

45 :しゃくはち五郎:2001/06/01(金) 20:49
「日本音楽の〜」まだ読んでませんが、
ヤワいかヤワくないかで言えばとてもヤワいと思う。

箏・三弦・尺八については、ディープに足を突っ込まないと
面白くも何ともない(私はそうだった)し、
やる人・聴く人が少ないとレベルの底上げもないし、
天才が生まれる確率も下がる。

他方、ケチャみたく数十年前にポッとつくられた音楽が、
アッという間に伝統音楽と誤解されるほどメジャーになったりもする。

ヤワで栄枯盛衰あってこそのゲージツではあるし、
誰も聴かず、演奏もしない=求められない音楽であれば
消えていくのは必然でしょう。
邦楽の話をしているわけではないけど。

ま、だからって三枝某の当てずっぽう天気予報に
与して恐々とすることはありませんやね。
少なくとも今の私らは、世の大多数が知らない邦楽を
寡占状態で楽しめているんだし…。刹那的かな。

46 :ナリサワ:2001/06/02(土) 05:31
6月4日西荻窪の「音や金時」(03-5382-2020)で私が以前お薦めとしてあげた
菅原久仁義のライブがあります。筝は西陽子です。開演は19:00、料金は¥2000
です。場所は駅北口徒歩2分と近いので、一度聴いてみてください。

まぁ私は邦楽の未来に不安はあるけれど、絶望はしてないし、このスレを見ると
みんなそれなりに当事者として考え活動しているようだし、まだ大丈夫みたいな
気がする。危機感だけは常に持ってたほうがいいとは思うけどね。

47 :しゃくはち五郎:2001/06/02(土) 17:28
ふう、地唄・箏曲スレで変な話題にかかずらわってしもうた。
恥ずかしいからもう引っ込みたいのに、相手の話が穴だらけで
退くに退けない。シカトすべきだった。

48 :あくせる:2001/06/03(日) 01:46
上田流と筑紫の先生と「高原の賦」「羽衣」「幻の柱」をやったのですが、どうも
筑紫の曲はおもしろくないのです。やっぱりあれはあれで良い曲なんですかね?
「筑紫の曲」って一括りにしちゃうと、都山の古曲の時みたく怒られそうですが。
(しつこいようですが、やっぱり都山の古曲はおもしろくない。私個人にはね。)

49 :重要無名文化財:2001/06/03(日) 01:56
尺八で淋病は移りますか?

50 :26:2001/06/04(月) 01:19
なんだ、個人的趣向レベルの話かよ。
>>26は個人的趣向レベルのおもしろくないを必死に理由づけして、
証明する為の書き込みだったんだ。
個人的趣向レベルのおもしろい、おもしろくないは、
どんな理由付けをしても誰も説得できないよ。
個人的趣向レベルで感覚的に繋がれる人同志なら話は別だけど。

しかも怒っていると勘違いされている。
別に怒ってるわけじゃないのに。

51 :26:2001/06/04(月) 01:21
同じ尺八吹きとしてあらゆる曲の演奏の際の思考法の1つを提案したがそれでも
「都山の古曲は面白くない」と思考の止まったご意見ありがとう。

個人的趣向レベルの話に付き合って、
自分の演奏姿勢をまじめにレスした自分がかっこわりい。
あくせるくんが尺八吹きとしておもしろく曲が吹けるよう
流派うんぬんよりも、楽譜の細部をみて、省略された部分を楽理的に導き出して
鑑賞者にもおもしろく聞こえるように演奏すべきだと
まじめにレスした自分がかっこわりい。

鬱だ。もう尺八吹くのやめよう。

52 :ナリサワ:2001/06/04(月) 05:35
>51
尺八吹くのをやめようなんて云わないでください。あくせる君には伝わらなくても
あなたの云わんとすることは、他の人には伝わってますよ。

53 :しゃくはち五郎:2001/06/04(月) 18:54
というか、そこまで考えて吹いてる人が、
2chのログごときに失望して竹をやめるわけもなく。
蓋し個人の趣味や嗜好を書いて悪い掲示板でもなく。

54 :しゃくはち五郎:2001/06/05(火) 05:19
というわけで新たなお題。
中村明一は是か非か。

私は彼の主催するニュートラルポイントのアルバムを
一度聴いて「こらあかん」と思って以来、
全く演奏を聴いてないので「非」のまま。

あの芯のない音は何を意図しているのか?
循環呼吸に意味はあるのか?
みなさまのご意見拝聴。

55 :重要無名文化財:2001/06/05(火) 12:28
ちょっと割り込んでしまってすみません。

尺八はじめたいんですけど、ここってどうですか?
素直に普通の教室を探したほうがよいのでしょうか。
http://www.mejiro.com/hogaku/


56 :しゃくはち五郎:2001/06/05(火) 14:53
いんでないでしょうか。通い続けるもよし、
途中で抜けてどっかの社中に入っても
問題なさそだし。あっ、豪華講師陣に中村…!
竹吹く前にストローとコップ渡されたりして。
いや、なんでもないス。

57 :ナリサワ:2001/06/05(火) 22:06
中村明一は認めがたい。あのひどい音はなんだ。彼はバークリー音楽院
を出たことを売りのひとつにしているが、それがどーしたっていうの?


58 :しゃくはち五郎:2001/06/05(火) 22:23
ちょっと叫んでいいですか。
「このスレはなんて平和でいいところなんじゃー!」
自己完結でスマソ。

>55
56はちょとふざけすぎた。54を書いておきながら何だけど、
中村明一、石垣征山とも日本屈指の演奏家です。多分。
ただ、中村氏に関しては結構評価が分かれる。
音楽のレベルはきっととんでもなく高いところに
あるのだろうけど、私にはちょとワカラン。

師の選び方についてはちょっとここに書ききれない。
↓こちらの過去の会報などを参考にしてくだされ。
他にも面白いことたくさん書いてありますよ。

http://www.bmbnet.co.jp/syaku8/

59 :重要無名文化財:2001/06/05(火) 23:32
>>54
とりあえず、サングラスが似合ってない。

60 :しゃくはち五郎:2001/06/06(水) 00:22
<54の訂正>
主催→主宰

そのアルバムに入ってたスゴモリを聴くに、
なんだかムニャムニャした音で長いこと吹いている。
確かに息は延々と続く。それなりに緊張感もある。しかし…。
という印象だったんですわ。私にとっては。
残りの曲は、シンセサイザーが入ってる時点でNGな
私には聴けるはずもなく。我ながら了見狭いな。

ちなみに、私にシンセアレルゲンを植え付けてくれたのは
琴座(箏座だっけ)という芸大出身者のグループ。
まだやってんのかな。

61 :わたし:2001/06/06(水) 00:29
お暇なら来てね、坊やたち。上手よ。
http://dreamcity.gaiax.com/home/nikoniko_ukiuki/main

62 :しゃくはち五郎:2001/06/07(木) 09:30
地唄・箏曲スレで話題に上っとったが、
尺八の免状代っていくら位なんだろ?
私、参万円で初伝「購入」以来ウン年、昇段試験とは無縁(w。
たしか糸方よりだいぶリーズナブルだったような…
(宮城会は大師範240万だと。新入社員の年収以上やんけ、コワ)。

63 :しゃくはち五郎:2001/06/07(木) 09:40
あっまちがえた。100万以上だって(恥。
240はNo.だった。

64 :重要無名文化財:2001/06/07(木) 19:26
>62
Kさん、デスカ?

65 :しゃくはち五郎:2001/06/07(木) 21:15
>64
誰だかしらんがプライバシーを脅かすのはやめてね。
黙秘。

66 :重要無名文化財:2001/06/07(木) 23:20
100万円!
尺八は少し安いですよね。何故でしょう。

67 :ガオレンジャー:2001/06/08(金) 23:23
100万円で免状をとって、どんなメリットがあるのか?100万円払っただけの
見返りがあるの?100万円ってすごい金額だよ。費用対効果を知りたい。

68 :しゃくはち五郎改メたくはつ五郎:2001/06/09(土) 19:12
その前に、バンブー界の免状代を誰か。
正確に言うと差し障りもあろうから適当にぼかして。
あと、慣習として免状のお代だけでは済まない、
というような話もちらほら聞くけど、そのへんはどう?

69 :*******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************重要無名文化財:2001/06/14(木) 01:56
はやらんのう、このスレ。

70 :重要無名文化財:2001/06/15(金) 22:07
尺八は「歌うように」吹くのが大事なんですか?

71 :重要無名文化財:2001/06/15(金) 23:21
琴古と都山ってそんなに仲悪いんですか?
山田と生田みたいに(w

72 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 00:51
琴古といってもひとつのまとまった流派じゃないし、都山は3派に
分裂しているし、琴古と都山という対立はないよ。琴古流的な演奏、
都山流的な演奏の好き嫌いはあるだろうけど。

73 :たくはつ五郎:2001/06/16(土) 13:13
のっぺりした歌い方の人もいるんだから、
「歌うように」だけでは不十分でしょう。
芸なく平板に吹くな、せめて抑揚つけろ、
ということでは。>70

で、曲に抑揚つけるには、突き詰めると
たった一音に抑揚がなければならなくて、
だから「笹の葉」のような音を出せ、
という教え方になるんだろうなあと考えてみたり。

突き詰めすぎると「一音に宇宙の創生を感じさせなければ」
などと電波が入ってくるのでほどほどに。

74 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 20:27
>>73
>「一音に宇宙の創生を感じさせなければ」
そんなこと人間国宝のあの男でさえ理解不能だろ(w

75 :重要無名文化財:2001/06/16(土) 20:57
>74
「人間国宝のあの男」って誰?

76 :重要無名文化財:2001/06/17(日) 08:33
>>75
青木

77 :たくはつ五郎:2001/06/17(日) 23:58
>74
そう?
宇宙的なスケールで音楽表現を考えること自体は
わりと普遍的なことだと思うんだが。
それを邦楽でやっちゃダメって法はないし。
すでにやってるは人いくらもいるだろうし。
「電波」とか書いちゃったけど、
ホントは必要なことっしょ。

78 :重要無名文化財:2001/06/18(月) 00:34
あんた、テッシ-並みに言うことに責任ないね、
それが何かが問題さ。

79 :たくはつ五郎:2001/06/18(月) 01:18
「それ」って?
(なんかヤなパターンだな)

80 :重要無名文化財:2001/06/18(月) 01:49
やはり尺八は舌使いがだいじなのでしょうか?
筋をなめるとよろしいと聞きましたが?
苦いのを克服するにはどうすれば良いんでしょうかね?

81 :重要無名文化財:2001/06/18(月) 15:24
関東の学生邦楽の集まりで
各学校の新二年生(楽器をはじめてたった一年)が演奏を競う
新人演奏会なるものがあるのですが、
審査員が講評を聞く限り尺八の不協和音にも気づけていない学生…
こんな演奏会を毎年開いている連中に未来はあるのか…

82 :重要無名文化財:2001/06/19(火) 00:50
仕方ないよ惰性と馴れ合いでやってんだもの。

83 :重要無名文化財:2001/06/19(火) 01:19
せめて審査員に講師の先生に来てもらうぐらいのことはできないのか

84 :たくはつ五郎:2001/06/19(火) 01:53
尺八の生理を分かっていないか、無視してるか、
分かってても、始めて1年ならこの程度とわきまえてるか。
人前での合奏、新人たちの交流が目的だろうから、
審査はオマケみたいなもんでしょ(推測)。
センセイ連を呼ぶのはもったいない。

それでもたまにプロを輩出してるんだから、
学生邦楽に未来はないでもないのでは。どっちやねん。

85 :重要無名文化財:2001/06/19(火) 02:12
人前での合奏、新人たちの交流が目的だというのは確かだろうけど、
新人たちは下手なりに一生懸命やってるのだろうから
審査はやる以上いいかげんにするのはやめてほしい。
十年くらい前は審査はなかったらしいのだが…

86 :たくはつ五郎:2001/06/19(火) 22:50
まあ確かに、キチンとやるに越したことはないですわな。

私は、もうずいぶん長いこと催されていない学生主導の
「現音祭」を復活させてほしいと願っているんですが。
トップレベルのプロ奏者ばかりを集めた、
素晴らしい演奏会だったと記憶している。

87 :重要無名文化財:2001/06/20(水) 01:40
実際その学生邦楽を現在やっている団体の人間で、
「現音祭」などという物を知っている人間は
ほとんどいません。きっと代表の方もその他
幹部の方でもその存在を知らないと思いますよ。
知ってる人間は以前の資料を保管してる
あの学校の人間だけかと…。
でもやる気もお金もないので半永久的に
催されることはないでしょうかと…。
たしか10年くらい前の第14回が最後ですね。

88 :重要無名文化財:2001/06/20(水) 03:28
現役の学生なんですが「現音祭」の詳細を知ってみたいです。
四年生なので実行力はありませんが…

ちなみに>>81の演奏会、一応義理で見に行ってます。
尺八の不協和音がもし今年の物を指すとしたら本当に良くわかります。
あの審査員たちは古典で出ているところより
現代邦楽で出ているところをやたら高く評価していると思います。
古典の方が演奏になってるのに

89 :重要無名文化財:2001/06/20(水) 04:01
ま、賞とった連中自体が「何でわたしらが…」
って不思議がってたけどね。あの程度の集まりで、
優劣競う時点でおかしい気も確かにするわな。

90 :たくはつ五郎:2001/06/20(水) 11:48
現音祭のパンフはどっかいっちゃったなあ。
読み物としてとても面白かったような覚えがある…。

私が観た回は、竹だと三本会+五郎+明一、
糸は砂崎、宮下、芦垣、その他バリバリーな人々が、
得意曲、自曲、大曲、インプロヴィゼーションを披露。
微塵も飽きさせない満腹演奏会でした。確か。
会場は忘れた。あんましきれいなトコじゃなかったような。

ギャラは学生価格にしてもらって、
広告や協賛を集めてやりくりしたんでしょう。
まあでも、ある程度は掛かったんだろうなあ。

91 :88:2001/06/21(木) 02:45
>>90
そのレベルの人たちを今仮に呼べてしまったとしたら
すごい失礼なことをしてしまいそうな雰囲気がありますね…
舞台の運営もひどいものなので。

たとえば8個ほど座譜台が必要なときに見つからなくて
演奏者を散々待たせた上に立譜面台を低くして使わせておいて
そのすぐあとに別の学校のときは15個ほどすぐにでてきたり、
休憩時間が予告なしに30分も延びたり・・・
…すみません。陰口を叩いているみたいで。
待たされた演奏者が練習を見てやった後輩たちだったもので…
でも舞台の運営がひどいのは事実です。
うちの学校の定期演奏会のほうが手際がいいと断言できるくらいです。

ということで、やる気とお金があっても現況では
考えないほうがいいみたいですね。

92 :重要無名文化財:2001/06/21(木) 05:23
>91
自分の学校の定期演奏会の方が手際が良いのは当たり前でしょうが、
あのイベントのスタッフはその日だけの集まりだもの。
あとどうせ現況とやらは連盟費もまともに出さないとことかあって
いっぱいいっぱいて話だから「お金があっても」なんて議論は
おかしなお話ですね。ま、やる気もない様ですが。

93 :92:2001/06/21(木) 06:41
すんません、なんかどうでもいいようなわかりにくいような
書かなくていい様な内容までで変な書き方だったと後悔。
基本的に例の演奏会のスタッフてのは3年生あたりが中心の
ボランティアの方々なんで少し擁護してあげたかっただけです。
審査員の方も就活のあいまに一日中初心者に毛が生えたくらいの八千代獅子
あたりばかりを聴かされてれば訳がわからなくなって多少の
点に目をつぶってあまり多くない現邦とかの方を評価してしまうのも
仕方ない等という意見もありまするが…。どうなんですかね。


94 :92:2001/06/21(木) 06:44
↑だとすれば審査などしてなかった10年くらい前って方がきっと
良かったんでしょうねってことになるのかも…。

95 :たくはつ五郎:2001/06/21(木) 07:28
こんくらいのことなら、その団体の幹部たちにズバリ直言!
できるのではないかと思ってしまうのは部外者だからか。
学生同士なんだし、別に口はばったい集まりじゃないんでしょ?

90の補足ですが、会場は300人規模はあったかと。
そこがギッチリ埋まって、確か立ち見も出てた。
入場料は2000円前後だったような。ああうろ覚え。
復活望む。久々なんだから、多少のお茶目は許されるかも。
許されなかったら…最後の現音祭ってことで歴史に残るし。

96 :たくはつ五郎:2001/06/21(木) 07:36
やべ。確かに無責任かも。>私
テッシーは元気かな。

97 :88:2001/06/21(木) 23:12
>>92
>自分の学校の定期演奏会の方が手際が良いのは当たり前でしょうが、
おっしゃるとおりです。
改めて考えてみると自分のレスがどんなに馬鹿っぽいか良く判ります。
恥ずかしいです。
連盟費もまともに出さない所があるってことすら知らないくらい
関わってないのに…

98 :ナリサワ:2001/06/23(土) 06:34
今、学生邦楽って盛んなの?

99 ::2001/06/23(土) 07:13
いや、ぜんぜんだと思います。

100 :ナリサワ:2001/06/23(土) 23:14
「関東学三」ってよく聞くけど、なんか組織的な活動をしているの?
学生邦楽界のリーダー的存在なの?

101 :重要無名文化財:2001/06/24(日) 03:18
>>100
上のほうで少し話題になってる新人演奏会をやってるのが関東学三。
関東学生三曲連盟。
ちゃんと定期的に総会を開いてます。
他の活動は卒業演奏会、春夏等の合宿などをやってます。

関東の三曲のサークルがけっこう参加してますけど
リーダー的存在って表現があてはまる団体ではないと個人的には思う。

102 :重要無名文化財:2001/06/24(日) 03:53
すみません定期演奏会もやってます。
補足しておきます。

103 :重要無名文化財:2001/06/24(日) 17:49
草薙じゅんいいよね。
たくはつ五郎氏が好きそう。

104 :重要無名文化財:2001/06/25(月) 21:53
クリストファー遥盟って上手いの?

105 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 20:30
三橋貴風はだめっすか?
なんで?
ええやん。

106 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 20:39
奇風は変態

107 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 20:42
どこがいいの?
ぜんぜんだめだとおもう。

108 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 20:54
いや、変態だが上手い事は上手い
いいか悪いかなんてのはその人次第になるやんね、それ言っちゃ御終いか(藁

109 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 20:55
お邪魔します。

上田流の故上田芳童先生の逸話をご存じの方、レスポンスを宜しく。

110 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 21:34
技術はうまいよね、

111 :重要無名文化財:2001/06/28(木) 23:56
糸方から…。五郎さいこう!!

112 :重要無名文化財:2001/06/29(金) 10:31
尺八ってなんで変な外人がいるんだろう。
東洋の神秘って感じがするからかな。
禅と勘違いしてるとか。

113 :重要無名文化財:2001/06/30(土) 10:59
「布袋件の鶴の巣篭り」ってどんな曲ですか。
普通の「鶴の巣篭り」とどこが違うの?

114 :重要無名文化財:2001/06/30(土) 13:44
竹心貝の巣篭もりがだいたいおなし。
玉音をたくさんつかう。
一音成仏の、故岡本竹外先生のれんさいで、譜が出てた。
ようは、巣篭もりのバリエーションのひとつ。

115 :重要無名文化財:2001/06/30(土) 13:47
でも竹心会の巣篭もりは、紀州真龍伝の手やら
即興やらが、ひとによって色々入っている。

116 :重要無名文化財:2001/07/02(月) 00:36
いま自分が出している音、どう評価してる?
自分の音、好き? 嫌い?

117 :重要無名文化財:2001/07/02(月) 14:18
>>114 >>115
ますます、わけがわかりませぬ・・・・

118 :重要無名文化財:2001/07/02(月) 15:23
昔、邦楽の楽しみの巣篭もり特集で、酒井竹保の演奏が、
一分かかってましたよ。
とりあえず横山勝也さんのを聴いてみれば?

119 :重要無名文化財:2001/07/02(月) 17:18
竹保氏が大阪芸大の自主制作レコードに
録音したのが、まさに「布袋軒の〜」なんです。
昔、FM東京の「邦楽散歩道」で放送したのですが
どなたかこのLPについてご存知の方いらっしゃいませぬか・・・。

「邦楽の楽しみ〜巣篭り特集」についても詳しく教えてくだされ。
横山盤はすでに幾つか聞いております。
最近は古屋照雄の「奥州伝の巣篭り」を聴いております。

120 :aaa:2001/07/03(火) 17:48
酒井竹保は、原曲のふんいきをだいぶかえてしまうね、
賛否両論あるだろうけど。

121 :重要無名文化財:2001/07/03(火) 23:07
本曲の「〜伝」ってどうやってきめるの?自己申告?
混ぜて吹いちゃだめなの?

122 :コロコロホロホロ:2001/07/04(水) 01:32
>>121
竹心会の巣籠は、最初と最後は布袋軒だけど、真ん中は自由にどうぞ、でしょ。みんな混ぜて吹いてますよ。
>>113
普通の「巣籠もり」って無いので、どこそこ伝と付けるのでしょう。
音源をご所望?楽譜でもいいのかな。
善養寺惠介さんのCDにはありませんでしたか?

123 :重要無名文化財:2001/07/04(水) 01:43
如道会には、布袋軒伝の巣篭もりはないよ。

124 :重要無名文化財:2001/07/04(水) 10:53
>>122鶴の巣籠
>根笹派錦風流 調・下り葉/普大寺 調子/蓮芳軒・喜染軒 鶴の巣籠/
>根笹派錦風流 裏調子 調・下り葉/松巌軒 鈴慕/根笹派錦風流 三谷清攬
>善養寺惠介 /ノーザンライツ・レコード/NLRCD-5100 2667円(税別)。
というのがありますね。
「蓮芳軒・喜染軒」というのはまた別なんでしょうか。
私としては>>119にも書いたように竹保氏のを聞きたいのですが
このLPは入手困難なので、CDでも楽譜でも入手できるものを
ご教示いただけたら幸いに存じます。

#ネット検索したら松道氏が最近、ライヴでよく演奏しているようです。

125 :重要無名文化財:2001/07/04(水) 11:01
坂田宏聡の本名で随分前から演歌のレコーディングにも
多く関わってる坂田誠山の演奏はどうでしょうか。
個人的に好きなんですが、皆さんの評価が知りたいです。

126 :重要無名文化財:2001/07/04(水) 11:20
坂田誠山いいよね。

127 :重要無名文化財:2001/07/05(木) 17:02
村岡実が気孔尺八なる訳の分からんことをやってる今
歌謡曲の尺八は坂田をおいて他にはいるまい。
三橋貴風も歌謡曲は吹いてるが、ギャラを上げすぎた
のとあまりにもオケから浮くので一部のプロデューサー
からは敬遠されている。

128 :重要無名文化財:2001/07/06(金) 21:50
20代〜30代前半くらいでイキのいい吹き手はおらんのかいな。

129 :酒井竹保ね:2001/07/06(金) 23:58
>>124
CDかビデオであった気がしますが、三代目(松道)かも。
確認してみます。

130 :重要無名文化財:2001/07/07(土) 00:38
鶴の巣篭もりの秘密ってビデオで、ちくほ流のひとがふいてたね。

131 :集大成 鶴の巣籠:2001/07/07(土) 14:51
こういうタイトルのビデオがあって、このなかで布袋軒伝のものを、酒井松道が吹いています。
制作:オフィスサウンドポット 中村明一
あとは、CDね。

132 :重要無名文化財:2001/07/08(日) 10:54
たくはつ五郎くんはどこへいったの?

133 :ナリサワ:2001/07/08(日) 16:21
善養寺恵介って最近よく名前を聞くんですが、私はまだ音を聴いたことが
ありません。どうなんでしょう。皆さんの評価を聞いてみたい。とりあえず
CDを買ってみるつもりです。

134 :113:2001/07/08(日) 16:52
皆さん、いろいろありがとうございます。
ところでビデオ「集大成 鶴の巣篭」というのは
いつごろ発売されたものでしょうか。
現在でも手に入りますか?

135 :重要無名文化財:2001/07/09(月) 06:30
五郎す。初犯の自乗によりここんとこ見てるだけ。

>ナリサワさん
全楊子さんはめっちゃうまいですよ。うますぎるくらい。
音もいい。よすぎるくらい。あれ、なんか皮肉っぽいな。

136 :113:2001/07/11(水) 16:00
あげます

137 :重要無名文化財:2001/07/12(木) 02:42
現代邦楽ってどう思いますか?
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=rakugo&key=991667773
尺八の話になっているのですが。

138 :重要無名文化財:2001/07/12(木) 15:30
>>134
収録が1995年のようです。
中村明一さんのところなら、HPあるのでは。詳細のっていませんか。

139 :重要無名文化財:2001/07/16(月) 02:25
>>131
CDであったというのは、勘違いでした。1990年に「三谷」というCDを出していましたが、巣籠もりは入っていませんでした。

140 :重要無名文化財:2001/07/19(木) 00:50
三曲合奏で、チの(大)カリを本当にチをカッて吹いていたのはいつ頃までなんでしょう。地域にもよるのかな。

141 :重要無名文化財:2001/07/19(木) 00:59
知ってる限り、一部都山の人(琴古もか?)
は今でもそうやって吹いていますよ。

142 :sage:2001/07/19(木) 01:52
チのカリを知らずにそのまま吹く学生がいた。
途中で止めさせたかった。

143 :重要無名文化財:2001/07/19(木) 03:21
きくは一時の恥、学生さんには、自分が上手いと勘違いする前に教えてあげないと。

144 :重要無名文化財:2001/07/19(木) 06:22
うひょ、いいかんじにいやみでげすな。
そのくちのききかた、あっしにもひとつごきょうじゅを。

145 :113:2001/07/20(金) 00:17
明日のNHK「芸能花舞台」で尺八についてやるようです。
巣篭りもやるようですので、ご覧になった上でいろいろご教示ください

146 :113:2001/07/20(金) 10:13
すみません、明日でした。

147 :重要無名文化財:2001/07/20(金) 19:49
>>141-143
昔は、チをカッて吹いていたくちなので、他の人がそう吹いているのを、とやかく言えません。
ただ、未だに入門書は軒並みチのカリのことは、チをカッて半音あげるということしか書いていないのが、
よろしくないと思っています。これも口伝なのか。

148 :113:2001/07/21(土) 09:50
あげます

149 :重要無名文化財:2001/07/22(日) 19:14
琴古流の楽譜も口伝だらけというか、あらかじめ知っている人に説明して
もらわないとつらい。

150 :重要無名文化財:2001/07/29(日) 14:50
お勧めの尺八銘を教えて下さい。
「ここはやめておけ」って所も。

今は「一城」を使ってます。

151 :重要無名文化財:2001/07/30(月) 19:34
新参はどうよ?

152 :重要無名文化財:2001/07/30(月) 19:41
>>151
まず買うことだ。

153 :重要無名文化財:2001/07/31(火) 09:26
>>150
一条をもっているのならそれでいいでしょうが・・・

154 :重要無名文化財:2001/07/31(火) 20:05
玉砕はどうよ?

155 :重要無名文化財:2001/08/01(水) 01:46
>>150
で、どんな音出してるのん。
今の管には不満あり?

156 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 01:54
マジ不満たらたら。
でも先立つものがないし。

157 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 01:55
『尺八で綴るマカロニウェスタンテーマ曲』のLP(アナログ)
誰か買いませんか?

158 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 02:07
ほしいほしい!!!!

159 :重要無名文化財:2001/08/11(土) 14:25
留保はどうよ?

160 :重要無名文化財:2001/08/16(木) 06:00
ヒロズクリってやっぱりちがうの?

161 :重要無名文化財:2001/08/16(木) 06:30
尺八を自分で改造したことのある人ってどのくらいいます?

162 :ナリサワ:2001/08/16(木) 22:30
地歌・筝曲スレで、尺八との合奏における尺八奏者への不満がタラタラ述べられ
ている。へたな尺八は論外で無視しますとか。そんなに糸方の連中はへたくそな
竹の連中しか知らないのか?まるで尺八奏者でまともなやつがいないような云い
方だ。糸方にもひどい連中が多いことを自覚しているのか?尺八と合わせるとい
う意識も薄く、自分のペースを守り、リズム感もいいかげんで、しかも自分に対
し根拠のない絶対的な自信を持っている奴のいかに多いことか。(私の経験を基
にしてのことですが。)たしかに竹にも問題のあるケースは多いが、それと同程
度に糸方にも問題があることを自覚してもらいたい。

163 :ナリサワ:2001/08/16(木) 23:34
しゃくはち五郎さん、元気ですか。

164 :重要無名文化財:2001/08/16(木) 23:49
自分だけ気分良く吹こうとしてるから、糸方に文句言われるし、
自分の思うようにならないから、糸方に不満をもつ。

ナリサワくん、腕に覚えあるんなら、
糸方を気持ち良く弾かせてやりゃあいいじゃないか。
糸方を満足させてやる、それくらいの吹奏力、
そうおもうくらいの器のデカさない?
相手も上手くなきゃ上手い演奏できないかぇ?

所詮、アマチュアが趣味でやってんだからさ。
どっちもどっちさ。

まあ、ナリサワくんの言うような糸方って、先生の後ろで
ちゃらちゃら弾いてる人達だけじゃないの。
そうじゃなきゃナリサワくん、不幸だよ。

165 :重要無名文化財:2001/08/17(金) 00:55
あのー、産経新聞で尺八の都山流家元のインタビューが出ていましたが、
尺八で一番大きい流派なんですか?(他にも流派あり?)

166 :重要無名文化財:2001/08/17(金) 05:32
ヘタウマな尺八奏者っています?ヘタウマに憧れてます

167 :重要無名文化財:2001/08/17(金) 05:58
尺八されたい。かわいい女のコに

168 :重要無名文化財:2001/08/17(金) 09:09
ナリサワさん、糸方のほうにも問題あるなんて百も承知ですって。

169 :164:2001/08/17(金) 11:34
>ナリサワくん
地唄箏曲のスレにすばらしいレスがついてる。

糸方の社中が主催か、竹の社中が主催か、三曲協会が主催か、
自分主催のリサイタルか、どんな形式の演奏会かが重要ですな。

私は糸方に声をかけていただいて、
糸方の社中が主催する演奏会に出ることが多いです。
だから、前述のような考えが先行しますね。
私なんかよりも大先生(笑)はたくさんいらっしゃいますが、
私に声がかかると言うことは、まともに尺八が吹けると
認めてもらっているのだと思っています。

して、ナリサワくんはどんな形式で行われる演奏会で
そんな状況にめぐり合ったのですかな。

自分のリサイタルだったらホントに不幸だよ。

170 :重要無名文化財:2001/08/17(金) 19:45
>>166
コーザン、きたはら II

171 :重要無名文化財:2001/08/18(土) 02:35
狭ーい視界で合う合わんを互いに罵るより
大スケールの音のうねりで曲を飲み込むか(レーボ、川瀬系?)、
なじみの極地をいくか(ゴロリン系?)。

なんせ、ウツワっちうのはええ言葉やね。
磁界を込めて…。

172 :重要無名文化財:2001/08/18(土) 11:39
だれか尺八してくれよ!

173 :重要無名文化財:2001/08/18(土) 11:40
違うんでないかい?

174 :くろたま31歳:2001/08/18(土) 11:41
>>172
へへへ、してあげよっか?

175 :重要無名文化財:2001/08/19(日) 19:48
隠語が原因で、女性の尺八(楽器)人口が少ないのだろうか?

176 :当方女性:2001/08/19(日) 20:20
>>175
下らないレスだけど、この世界の人といない時とか、あと
電車の中とかで会話する時意識的に「竹」って言ってる。
だって割とその隠語メジャーじゃん。

177 :重要無名文化財:2001/08/19(日) 22:00
>>171
罵るのはどうかと思うけど音楽をやっている以上
合う合わないを言わないことは問題外。
うまい人で他パートとのからみを考えないような人はいないと思いますが・・・
考えない人は独奏以外やるべきじゃない。共演者に迷惑。

178 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 01:52
もちろんもちろん。
その上で飲み込むかなじむかっちゅう傾向の話ですよ。

わたしゃそげな境地にはるか遠いですけどね。
音の立ち上がりが遅くてどーにもこーにも。

179 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 02:59
私は胡弓がはいった方が好き。
せっかくの間に、これ見よがしに吹きこまれるのは
いただけない。
それに、プロでも、楽譜を前に置いて
演奏しているのは、尺八だけでは?
そういうとこ、いまいち甘いんだよね。

180 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 03:10
>>179同感。
地歌の三絃と箏をやってる者ですが、
はっきり言ってじゃまです。
うちの先生も、竹の方と、それなりに
おつきあいはありますが、
こっそりと「やっぱり糸だけがいい」と言っています。
おさらい会には、お呼びしていますが、
御自分の会は、糸だけです。

181 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 03:27
本曲だけやってりゃいいんじゃないの。
箏曲地歌は尺八がなくても演奏できます。

182 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 06:25
何でお琴と合わせなけりゃならないんだろ
外曲なんてつまんないだけ

183 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 10:21
>>171>>178
言ってることがよくわからん

184 :ナリサワ:2001/08/20(月) 22:36
>>180>>181>>182
いわゆる「三曲合奏」という演奏形態自体を否定する
わけですね。というより、尺八の現状の存在意義その
ものに異議を唱えているわけですね。尺八は合奏には
不向きであると断定しているのですね。尺八の楽器と
しての欠陥を指摘しているのですね。
しかしそれら理論的根拠が薄弱な唯我独尊的筝演奏者
の理屈でしょ。筝にも駄目な奴は掃いて捨てるほどいる
でしょ。演奏の邪魔になるのは、筝も同じだよ。下手な
筝が地歌を演奏したって良いわきゃないだろ。音のとり
方がいいかげんな奴、ペースが「マイペース」になる奴、
歌が下手な奴、まわりにいっぱいいるだろ。迷惑をかけて
るのは尺八だけじゃないぜ。(駄目な尺八が多いのは、認
めたうえでね)

185 :180:2001/08/20(月) 22:57
>>184
ちょっと論点がずれていますね。
私が言いたいのは、
尺八の方の技術が至らないから、じゃまなのではなく
演奏形態として、地歌、箏曲に尺八は不要だということです。

186 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 23:24
>>185
不要だと「思ってる」んですね。
あってもいいと思う人がいるんだからそれでいいじゃないですか。
不要だと思うなら自分のみが聞いたり合奏しなければいい。
義理とかで拒否しづらいならしょうがないですが。

187 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 23:26
>>185
だったら、ここに来るんじゃねえ!

188 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 23:42
あの音を聞くと鼻水がでる。

189 :重要無名文化財:2001/08/20(月) 23:51
>>181
筝曲は三味線、地歌は筝がなくても出来ますがなんでしょうか?

190 :重要無名文化財:2001/08/21(火) 02:37
やっぱり糸だけがいいなんていってる先生によばれてふいたら、
かわいそうだね、尺八という楽器が。
つくずく、尺八のいらない演奏スタイルが増えていると思われ、
ようするに、竹を知らない、器も小さいしろうとさんが多いってところでしょうか。
>>ナリサワさん、竹好きなのは分かるけど、あんまり頭あったかいこと
カキコしてると、よけい優越感をもたせるだけですよ。
黙って道曲をふいてるほうが、なんぼか有意義なのでは?

191 :190:2001/08/21(火) 02:39
しろうとさん=糸方のしろうとさん、のことでした。

192 :ふぇら:2001/08/21(火) 04:19
擬似フェラチオ

193 :ガオ:2001/08/21(火) 21:58
>>190
馬鹿な糸方が多いから頭があったかくなるのは
しょうがないよ。筝は弾けても音楽はできない
やつも多いし。

194 :重要無名文化財:2001/08/21(火) 23:22
まあまあ、みなさん落ち着いて。
学生の頃から始めて、会社を引退した今も吹いている者です。
私の師匠のまわりで、おつきあいのある糸の方は
みなさん好意的で、楽しく合奏させていただいています。
私は家内が三味線と箏をやっているからかも
しれませんが、
思うに三曲合奏の主役は、三味線、箏なのですよ。
いかに引き立ててあげられるか・・・
そこが大事です。
能のワキ方のような存在と考えています。
自分ばかり気持ちよく吹いても嫌われます。
相手を引き立てると、自然とこちらも引き立つものです。

195 :重要無名文化財:2001/08/22(水) 00:12
171=178ですが、194氏のような考え方を「なじみ系」と言いたいわけです、私。
否定するわけではないですが、引き立て役、ワキ役なら、
詰まるところいなくても構わないということになる。

私はというと、糸方のみの合奏とは異なる着地点が三曲合奏には
あるはずと考えて、糸方との打々発止と融和を繰り返すような
面白さを演出したい、もしくはしてほしいと、
つねづねかんげーているわけなんだけど。

196 :重要無名文化財:2001/08/22(水) 02:07
バカな琴、バカな三味線、バカな尺八のバカな合奏をバカが聴く時代がやってきた
やはり音楽はこうでないと面白くない

197 :重要無名文化財:2001/08/22(水) 09:31
>引き立て役、ワキ役なら、 詰まるところいなくても構わない
オーケストラなどの大編成の音楽は
小編成でやってもかまわないものだってことですか。暴論ですね。
地歌・筝曲限定で言ってるなら地歌・筝曲が例外である理由を書いてみてください。

いや、洋楽をかじってるので引き立て役、ワキ役がいなくてもかまわないって考える人が
いることが信じられなかったもので。

198 :重要無名文化財:2001/08/22(水) 22:52
ワキ役が無用だと言ってるんじゃなくて、
三曲を構成する尺八が無条件にワキ役にまわるのでは
三曲合奏する意味が薄いと言ってるだけなんですが。

そんなにわかりにくいですか?

199 :重要無名文化財:2001/08/22(水) 23:18
ええ、わかりにくいです。

それに今回のレスを読むと無条件にワキ役にまわる楽器があったら
その楽器を含めた合奏をする意味が薄いと考えてるわけですね。
ワキ役はあくまでもその演奏の中で一定の役割を果たします。
ヴィオラとかはオーケストラ(尺八の場合三曲合奏。あなたの考えの場合)では
常に脇役です。
それでもオーケストラではその長い歴史の中でヴィオラを排斥したりしませんでした。
脇役の重要性をいちど考えてみてはどうでしょう。

なじむなじまないを考えるのは人それぞれなので、尺八が地歌・筝曲に合わないと感じるなら
あなたが尺八の入った演奏を聴かなかったり演奏しなければいい。

200 :重要無名文化財:2001/08/23(木) 18:10
脇役という表現に問題があると思われ

201 :重要無名文化財:2001/08/24(金) 01:21
琴は何役になるんだ?

202 :重要無名文化財:2001/08/24(金) 03:57
>199
なんでもかんでも話をオーケストラにもっていかれると
洋楽音痴の私には辛いものがあります。

三曲合奏って、構成要素たった3つで、しかもそれぞれほぼ一人じゃないですか。
それでいながら、常に尺八=ワキ役、引き立て役という意識で演奏に
臨んでたんじゃ、面白くないというか、曲が勿体無いと思いません?
せっかく三曲でやるのだから、糸方プラスアルファの竹としてよリは、
何か新しい音楽を生み出すための、箏・三絃と対等な竹と、私は位置付けたいんですけどね。

あと、私、ワキ役の存在自体を否定する気は毛頭ないですよ。
194氏の考えに異を唱えているだけです。
尺八が地歌・箏曲になじまないなんて、もっと思っていません。
ちゃんと読んでくださいな。

自分のレスを読むと、194の「ワキ方」を「ワキ役」と誤記してしまっていた。
これが悪かったのかしらん。

203 :重要無名文化財:2001/08/24(金) 04:17
あーコトバでぐだぐだ説明してるとしょうもない気分に
なってきたな。ごたくならべずに吹いてりゃいいんだよね。実際。
語れるほどスバラシイ演奏してるわけじゃなし。

204 :ナリサワ:2001/08/25(土) 01:55
話の腰を折るようで悪いんですが、「沢井忠夫 三弦の軌跡」の
山口五郎師との「残月」を聴き終わったところです。やっぱり
五郎師はいいですねぇ。忠夫さんの三弦と唄もいい。二人の演奏
が融合し最良の「音による世界」「至上の空間」をつくりあげている。
いままでの議論に対するひとつの解答ですね。そんな気がしたな。

205 :重要無名文化財:2001/08/25(土) 02:39
>>202
風変わりな替手が入るって程度には考えられませんか?

構成要素の数は関係ないと思いますがねえ。
もともと一人の曲に伴奏がつくってことはめずらしくないでしょう?

あと自分のレスを見て下手するとヴィオラって楽器を知らない人が
いるかもしれないなあって思ってたりしてました。不用意だったと思います。

206 : :01/08/26 22:26 ID:wM.j2jNU
ガオ=ガオレンジャーでいいんですか?

207 :重要無名文化財:01/08/27 23:22 ID:d4N3/mYI
>205
もしかして、尺八お嫌いです?
風変わりな、ってあたりがそこはかとなく…。

地歌・箏曲スレの三曲合奏談義がいい感じでまとまってきたようです。
私の浅薄で舌足らずなレスよりは参考にナルかと。

ひとまずこのへんで。

208 :重要無名文化財:01/09/01 13:20 ID:ruXCjcb2
>>207
尺八が嫌いなら尺八を吹いてません。
そもそも自分は尺八が脇役であるかどうかは時と場合によると思ってます。
脇役をないがしろに考えられていると誤解してしまったからこんなレスをつけてしまったんです。
話をややこしくしてすいません。

地歌・箏曲スレ、書きこんでます。

209 :ナリサワ:01/09/09 01:22
最近売り出し中の若手演奏家藤原道山ってどうですか?
上手いとは思うのですが、音に魅力がないとも感じる
のですが。

210 :重要無名文化財:01/09/09 02:53
話の流れとはぜんぜん関係ないのですが、尺八を吹く場合にも、いわゆるトランペット
などの楽器でいう「バテる」ということがあるのでしょうか?

211 :重要無名文化財:01/09/13 02:08
>>210
いわゆるトランペットなどの楽器でいう「バテる」ということのが意味が分かりません。
教えて下さい。

212 :210:01/09/13 03:12
>>211
すいません、わかりにくい質問のしかたなので言い方を変えます。
例えば二尺三寸を吹く場合と一尺三寸を吹く場合では口への負担は一尺三寸
のほうが大きいものなのでしょうか。以前一尺三寸を吹いた時は甲のレすら
でなかったので、短い管より長い管のほうが口への負担が少ないのだろうか
という疑問をもったのです。

213 :重要無名文化財:01/09/13 04:47
>>212
口のどこですか、唇のことですか。
短管のほうが、生きのスピードを少し速くするはずだから唇に力が入りやすい
というてんは多少あるかも。

214 :210:01/09/13 05:07
唇です。最近(といってもここ一年半くらいずっと)一尺八寸を吹いてると唇が震えてくるんですが、周りの人に
相談すると力の入りすぎだという意見が多いんです。そこで、もし長管のほうが唇への負担が少ないとして、
長管を吹いても震えてくるようなら確実にどこかに力が入っているんだろうと思うのです。
でもこの検証が意味のあるものなのかどうかが不明で、第一自分は長管を持っていません(w
周りには同じような経験をした人もいなく、どういった練習をすればいいのかわかりません。

215 :重要無名文化財:01/09/13 14:33
>>214
場合によっては脳のMRIを撮った方がいいかも・・・

216 :重要無名文化財:01/09/14 03:56
>>214
実際にあなたの様子を見られるわけではないので想像ですが、周りの人の意見が本当だと思います。
長管が唇の負担が軽いと言ってもほんのちょっとなので、一尺八寸で震えるなら長管を試すまでもないかも。

呼気の圧力がそのまま唇にかかるようだと、唇は圧をコントロールしようとするけど負けて震えますよ。
尺八に限らず、管楽器のプロ奏者は演奏時に声帯が緊張して、そこで呼気の量を調整するため唇には負担がかからな
いそうです。

ただ、声帯を緊張させるというのは心臓を動かすというのと同じく、直接自分自身で調整できることではないので、
結果的に声帯を緊張させることをするという間接的なコントロールをしなければならないのですが、文字でうまく伝
わるでしょうか。

その前に#210さんは、何か他に管楽器をやっている方ですか。トランペットでの例え話もありましたね。
他の管楽器奏者のお知り合いでもわかるかもと思いまして。

217 :210:01/09/14 04:20
>>216
楽器は尺八のみで、トランペットのは本で少し読んだだけです。
間接的なコントロールというのは具体的にどのようなものでしょうか?ひとによってその内容は異なるのでしょうか?
それから、今後どういう練習をしていけばよいのでしょうか?

218 :重要無名文化財:01/09/14 20:45
>217
唇が震えるという状況がいまいち良くわからないのですが、
唇の震えによって音が乱れるほど震えるんですか?
私もときどき唇が力の入れ過ぎか、ヒクヒクっと痙攣してしまいますが、
音への影響はないので無視してますが。
人の間近で演奏する時に見られたら恥ずかしいな、というくらいで。
関係ないですが、ブレスの時、鼻がヒクヒクっとなってしまいます。
これも見られたら恥ずかしいですね。

219 :210:01/09/14 21:00
まるで息ユリのように震えます。さらにひどくなると、音にしまりが無くなって
甲の音が出せなくなります。

220 :218:01/09/14 21:36
>219
ffからppまで一様に震えるんですか?

たまに、ひたすらffで吹くことを強要する指導者が見受けられますが、
それは百害あって一利くらいしかないと思います。
そういう指導者のもとでやってる人には様々な無理が見受けられます。
もしかしたら、その手に害にあってしまわれたのかな?とちょっと思いましたが、
どうなんでしょうか。

221 :210:01/09/14 22:34
>>220
ffよりもppのほうが震えます。ppでまず症状があらわになっていき、そのうち
すべての音が震えます。先生のアドバイスは、もっと口をしっかり閉めなさい
ということと、しっかり尺八を押し付けなさいということをよく言われます。

222 :ナリサワ:01/09/14 23:56
唇に力をいれるべきではない。唇に力をいれ音を調節するのは
効率的ではない。唇はゆるめ、口腔を広くし、腹筋、横隔膜を
使い、吹くのではなく、吐く感じで息をだすとよい。腹からの
圧力で息をだすという感じで音質、音量を調節するとよい。
・・・・・これは私の師匠からのうけうりですが、これで私の
音がかなり良いものになったというのも、また事実です。

223 :210:01/09/15 01:05
>>222
その吹奏スタイルを獲得するためにどういう基礎練習をされましたか?
私の先生はあまり腹のことについては指導しないので、是非教えてください

224 :重要無名文化財:01/09/15 01:31
>>223
まずスー山師のビデオを見てみろや。それがイイと思うぞ。
http://www1.nisiq.net/~naru8/www/

225 :ナリサワ:01/09/15 02:44
スー山師のビデオで勉強されることを私も薦めます.
音出しの練習のとき、>>222のことを常に意識して音出しを
することが大事だと思います。すべてを意識的にやると、最初
は、かなりぎこちないですが、慣れれば自然と音も変わって
きます。

226 :210@貧乏:01/09/15 14:19
レスありがとうございます。まず意識してやってみます、それで変化がなかったらビデオ
見てみます。

227 :重要無名文化財:01/09/16 01:10
>>221
この状態なら覚えがあります。私も再現できます。#210さんがどんな状態なのかわかりました。
口を閉めるというのは一概に間違えとは言えませんが、尺八を押し付けるのは絶対してはいけないことです。

間接的にコントロールする為の方法は、というかわかりやすい云い方が人によってちがうのですが、
どういう方法が良いかちょっと考えさせて下さい。

228 :重要無名文化財:01/09/16 16:58
歯は、何か母音を発声しているような状態で開いたまま、唇は軽く閉じます。力を入れないで、唇の重みだけで閉じ
合わせる感じ。そのままゆっくりと息を出すと口の中に息が溜まって唇が前のほうに突き出るように膨らみ、さらに
息を出すと、唇の重みだけでは閉じていられずぷっと、唇の先に息の出口ができます。これが唇の形。いつも息圧と
唇の重みの平衡感で息穴が作られているということです。これを唇の力だけで、穴の形を作ろうとすると力は入るし、
穴の大きさも適度にならないしで上手くいきません。
尺八を押し付けると、感覚が鈍くなります。人間、ずっとその状態になっているとそれに慣れてしまう。だからあ
たっている感覚がなくなってしまうんです。だから、尺八は顎にのっているだけ。下唇にたまに触れるか触れないか。
触れるか触れないかのソフトタッチや、常に状態が変化しているというような状態が、人間を敏感になせます。むし
ろ1フレーズ毎に顎から離すくらいがよい状態を作る練習になるかも。

声帯のほうですけど。
あなたが、いっぱいお偉いさんの出ている会議に出席していて、でも話がつまんないんで思わず大あくびをもよおし
てしまった。でも、こんなところででかい口開けてあくびしたら、どんなひんしゅくを買うか、明日からどっかに飛
ばされちゃうかも、と口だけは開けないでどうにかあくびをかみ殺したというような時の腹、喉から口腔の辺りの形
や力の入れ具合がいいんです(笑)。ちょっとやってみて、わからないところまた訊いて下さい。こういうのは、人
によってピンと来る説明と、そうでないのがあるようですから。ダメだったら他の云い方考えてみます。

229 :210:01/09/17 06:38
>>228
アドバイスありがとうございます。あくびをかみ殺した経験はあるのでやってみようと思います。
周りに自分と同じような症状の人がいなかったので身体的に自分の限界なのではないか
と思っていたのですが、同じような人がいるんだと知って励まされます。

230 :重要無名文化財:01/09/23 12:13
風邪に気をつけましょう。

231 :あくせる:01/09/23 19:25
三曲協会、とくに地方の三曲協会の尺八のじいさん達。(私の所はOO川市)
下手くそだよね。一度自分の演奏を録音して聴いてみてよ。いやになるよ。

232 :重要無名文化財:01/09/24 21:41
島原帆山が人間国宝だからね。推して知るべし。

233 :重要無名文化財:01/09/25 09:04
>>231
趣味でやってるだけでもダメなの?
演奏して楽しんで社交の場にする、これはいけないことなのか?

他人に聞かせたいとなると、被害者がでるからいけないことだろうけどさ。

234 :あくせる:01/09/25 22:23
趣味でやるなら先生ずらすること自体がおかしいでしょう。
社交の場だというなら外側に露出する活動はするべきではない。
実力に裏打ちされていない権威をまわりにふりまわすことが迷惑
なんです。ましてや他人に聴かせようとか、能書き、説教をたれ
るなんて、もってのほかです。

235 :重要無名文化財:01/09/25 23:21
オナニー尺八

236 :重要無名文化財:01/09/29 05:31
循環呼吸法って難しいのですか?
練習すれば誰でもできるのですか?
息つぎをする必要がないという奏法は、興味を覚えます。

237 :重要無名文化財:01/09/29 12:09
>>236
中村明一HPへ

238 :>>236:01/09/29 12:52
でも中村氏は評判悪いし、あんまり優れた演奏をしている
とは思えないんですが。たとえば「虚無僧尺八の世界 薩慈」
「kokoo super-nova」などの作品など良質とはいえないですよねえ。

239 :重要無名文化財:01/09/30 11:52
>>238
それだけわかっているなら、なんで循環呼吸に興味もつかな。

とりあえず、他の管楽器のHPでも参考にすれば。結構当たり前の技術だから
載っていると思うよ。

240 :重要無名文化財:01/10/03 01:20
腹式呼吸のできそこないで強制深呼吸というものがあって、これで吹き続けると
肺に穴があくことがあるらしいのですが、腹式呼吸と強制深呼吸を見分ける方法が
わかりません。どなたかご存知ですか?

241 :重要無名文化財:01/10/04 12:34
>>240
吹き続けてみろや。

242 :重要無名文化財:01/10/05 21:01
>>86
現音祭かぁ、懐かしい響きだなぁ、そのコトバ。
あの頃は若かったぜ!
記念age

243 :重要無名文化財:01/10/07 03:39
たしかに懐かしい・・・・・。

244 :重要無名文化財:01/10/08 10:57
???聞いたことないな

245 :242:01/10/09 15:18
>>243
現音祭が懐かしいのは、トシのせいです。

>>244
いい加減なワタシの記憶が正しければ、
某大学の三曲研究会が
理想に燃えて始めたんだけれど、
一大学の単なるサークルの手には負えなくなるだろうし、
どうせなら、こーゆー企画はみんなでやろうよって事になって、
「関東学三」主催となったと記憶しておりますです。

あの当時、かなりの有名どころ奏者を
価格破壊のおギャラで呼んだ記憶が。

246 :重要無名文化財:01/10/09 15:42
>>245
知っているのに某大学なんて言うのはスキではないな。法政大学とはっきり言おう。

247 :重要無名文化財:01/10/13 23:58
さーて、いま現音祭やるとしたら誰を呼ぼうかのう。

248 :242:01/10/15 14:30
>>246
スキくないのは、解るけど、
現役学生に迷惑がかからなきゃイインだけどね。
まぁ、このスレに名が出た程度で迷惑もヘッタクレないか。

>>247
今は耳が肥えちまったからなぁ....
考え込むぜ。

249 :重要無名文化財:01/10/18 05:20
霊墓シショーは今のうちに聴いとかないと、そろそろやばいとの噂。

250 :重要無名文化財:01/10/19 00:52
>>249
五郎師匠はまだ聴けると思っていたら、ありゃりゃ。

251 :重要無名文化財:01/10/21 01:19
もしかしてオヤジばっか?

252 :重要無名文化財:01/10/22 06:33
>>247
村岡実先生に一票!

253 :重要無名文化財:01/10/22 23:49


254 :重要無名文化財:01/10/24 01:58


255 :重要無名文化財:01/10/25 01:08


256 :重要無名文化財:01/10/26 02:07
若手で個性あるの、教えてよ。

257 :重要無名文化財:01/10/26 07:05
若手はいない

258 :重要無名文化財:01/10/27 03:46


259 :重要無名文化財:01/10/28 04:22


260 :重要無名文化財:01/10/28 06:53
藤原道山とかの名が出ているが。

261 :重要無名文化財:01/10/29 01:18
藤原道長

262 :重要無名文化財:01/10/29 02:19


263 :重要無名文化財:01/10/29 17:22
今、若手ってどんな人達がいてるんでしょうか?良い悪いはとりあえず置いといて

264 :重要無名文化財:01/10/29 17:45
えーと、圭太クン、と.......他は???

265 :重要無名文化財:01/10/31 12:28


266 :重要無名文化財:01/10/31 13:42
この業界は、何才までだ、若手と言うのは。

267 :重要無名文化財:01/11/02 18:15
40歳以下ってことでいくと
頭ひとつ抜き出てるのが藤原道山でしょうねえ。やっぱり。
何でもそつなくこなしちゃうんで個性という点ではいまいちかも
しれんけど、抜群のテクニックを持ちながら音色、音楽性まで
含めて高次元でバランスしてるってのは文句なしにすごい。
西の永廣孝山も上手い。親父が親父なんで陰口叩く人もいるけど、
音の安定感は間違いなく一流。なんとなく親父の敷いたレールの
上を進んでいる感じがするのが個人的には不満。
あとは、年齢がちと上だが石川利光、水川寿也も本物のプロだと思う。
あとだれかいるかな?

268 :重要無名文化財:01/11/06 00:24


269 :重要無名文化財:01/11/07 20:58
他には、他には?

270 :重要無名文化財:01/11/11 21:39


271 :名無しの笛の踊り:01/11/12 12:45
すんません、門外漢がちょっと割り込み教えてですいません。

尺八本曲の楽譜って、「五線譜」で出版されてますか?
ジツは当方ルネサンス・バロック音楽系の笛吹きなんですが、レパートリーに
広がりを持たせたいので日本の古典曲の演奏にもチャレンジ
してみたいと思ったんですが、楽譜を探す段階でつまづきました(TT)

一般の楽器店にはそういう邦楽の楽譜がほとんど無く、和楽器の店に
行ったら「ロツレ〜」って暗号のような(スマセン)伝統譜しか置いてないし。
演歌とかは五線譜があるんですが、これじゃしょうがない。

「鹿の遠音」とか「鶴の巣篭」といった有名な本曲をトランスクリプション
してみたいんですが、どこか五線譜で入手できるところはないでしょうか。
妙な質問ですいませんがどうかお願いします。

272 :重要無名文化財:01/11/12 13:26
>>271
楽譜を単純に五線譜に変換したものはない。できないし。
ある演奏例を採譜したものならある。出版社忘れた。
中学校の音楽で、鑑賞曲の対象になっているものを五線に採譜したもの。

273 :名無しの笛の踊り:01/11/12 13:53
>>272
早速レスありがとうございます。
やっぱりそうですか・・・いや、五線譜にするのが難しいのは
わかっていたんですが。メリカリとかは正確に書こうとすると
現代音楽みたいになっちゃうでしょうしね。

だとすると、どうしても自分でやってみたければロツレ譜面を独自に
勉強するか、耳で採譜するか、あきらめて尺八習いに行くか(笑)
ってことですかねー。

274 :重要無名文化財:01/11/13 01:02
記譜が現代音楽みたいには当然なります。小説線とか邪魔になるし。
ただ、正確に書けないと言うより、五線譜にしようとするともともとの楽譜では
明記していないことまで書かなくてはいけないので、余計なことまで限定してしまいます。

だから、出版されている五線譜も採譜のもとになっている演奏をした演奏者の解釈まで
入っています。
例えば鹿の遠音は、従来譜で全く同じように記譜されているフレーズを二人の奏者が
掛け合いで2回演奏するのですが、採譜された五線譜では、演奏者毎にちがって採譜されています。

あと、音程を正確にトレースしても再現できたと言えるかどうか。
ああいう曲は、尺八の中でも特に運指を聴かせている曲なので。楽器がちがうと難しいです。

275 :重要無名文化財:01/11/13 01:20
新日本音楽の時代のあたりのほうが演奏可能といえるかも。
歯ごたえがなくて面白くないかな。

276 :ぶぉ〜:01/11/13 12:10
所詮、口伝が基本で、耳から入るしか無かった情報を
目から入れようってんだから、どんな記譜法でも限界は似たり寄ったり。

もともと縦譜だって、口伝を補助する程度の
あいまいな最低限の情報しか記載されてないのです。

そゆ意味で、、「縦譜の最低限の情報」でも良いから、
多くの五線譜に慣れている人たちに、
こちら側(邦楽)の情報を、目に判り易い形で、
つまり、五線譜ベースの記譜法で提示することは、
必要なことだと思ってます。

でも、われわれ、サボってますね〜。そゆ仕事を。

もともと、別楽器での再現が目的では無いんだから、
多少のコトは目をつむってもいいのでは?
これをきっかけに新たなる感性を掴みたいってのが目的ですよね>>273

277 :名無しの笛の踊り:01/11/13 21:01
いろいろレスありがとうございます。

>>274
なるほど、ごもっともです。「採譜」という作業の産物だとそうなって
しまうんでしょうね。もともと五線譜はいかに定量的に記譜するか、という
西洋合理主義のたまものですから(笑)
 ただ、私の守備範囲のルネサンス音楽の時代は、小節線という概念もまだ
定まっていなかったり、楽器ごとに記譜法が違ったりということがあったりする
ので、逆に小節なしで、フレーズの装飾法は限られた記号をもとにad libitum
(アドリブ)で入れたり、というほうがかえって馴染みがありますが・・・

五線への記譜翻訳の方法論の問題でもあるのかもしれません。
尺八という楽器固有の奏法や、運指の妙まで再現することは当然難しい
とは思います。むしろ、そこは翻案した楽器でどういう表現ができるか、
という別の創造が必要になるところとは思います。

>>275
すいません不勉強なものでどういったものかちょっとわかりません。
宮城道雄の「春の海」なら、フルートとギターで編曲した例を知っています
が、そのあたりでしょうか?それとももっと現代音楽寄り?

>>276
フォローありがとうございます。まさにそういう目的です(笑)

ルネサンス以前の楽曲の演奏では、前述のように近代五線譜とはぜんぜん
見た目の違う楽譜が使われていたりしますが、誰もが読めるものではない
(時代ごとに記号の意味が違ったりすることも・・・)実用的には
五線譜に書き換えて使用します。専門家以外にもルネサンス音楽が身近な
趣味として楽しめるようになったのは、こういう楽譜があればこそです。
もちろん、楽譜さえあればすべてが再現可能ではないのは同様だったりしますが。

278 :128kbps:01/11/13 22:06
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1002701469/332

279 :重要無名文化財:01/11/13 23:05
先日、古屋輝夫氏のリサイタルを聴いた。
古典本曲のみのプログラムで、これほどの高いパフォーマンス、充実したコンサートは稀だと思った。
素晴らしかった。

280 :r i n (りん):01/11/14 00:21

>>271

> ジツは当方ルネサンス・バロック音楽系の笛吹きなんですが、
> レパートリーに広がりを持たせたいので日本の古典曲の演奏にも
> チャレンジしてみたいと思ったんですが、楽譜を探す段階でつまづきました(TT)

嗚呼、このように種目の違う側から興味を持たれてるのを知るとうれしいです。

■本曲の五線譜
すでにいろんな人からの答えがありまして、そうなんですね、ヤッパ無理っぽいです。
乱暴に言うと「言葉を五線譜に変換する」みたいな。
だから、五線譜よりも実際の演奏そのままのミミコピでいいんじゃないでしょうか?
また乱暴に言うと「音がどのように動いているかではなく雰囲気」を捉えて欲しいです。

281 :重要無名文化財:01/11/14 01:52
>>277
いろいろやってみて下さい。
ちなみに、その採譜した五線譜は対応している演奏がはっきりわかっています。
キングレコードが出している音源で、横山勝也と青木静夫(現鈴慕)の演奏です。
良い演奏だと思います。

新日本音楽というのは、まさに宮城道雄の作品なんかです。洋楽の影響が出てきて、
実際尺八にもフルートのように吹いて欲しいと注文を出していたような時代なので、
この時期の音楽は、五線譜に変換もしやすいし、その意義もあると考えます。また、もう少し
後の時代の作品でも、これは尺八よりフルートとかのほうがよく演奏できるなと思える作品はたくさんあるし、
実際尺八を別の管楽器にしてCDを作っている例なんかもよくあります。

本曲に興味を持った277さんが望むような音楽かどうかはわかりませんけどね。

282 :重要無名文化財:01/11/14 02:04
本曲に限らず合奏曲でも縱譜があればそれであまり不自由は感じていないのですが、
277さんのような需要が少なくないのであれば、五線譜のスコアをつけたりするのは
必要なことなのかなとも。

283 :ぶぉ〜:01/11/14 12:37
>>271
>>280さんの意見にドウイ。
結局楽譜って、音が無いときの目安でしかないから。
音があるんだったら、それに勝るモノなし
(作曲家直筆の楽譜を除く…)

284 :重要無名文化財:01/11/14 13:50
尺八のとき出すとき黙って口の中にだすほうですか?
それとも行くときは逝くよと知らせるほうですか?
いきなりだして、困らせるのが最高だと思うのですが。
マジレスを希望します。

285 :名無しの笛の踊り:01/11/14 21:08
みなさんご親切にありがとうございました。

まずは名手のいろいろな演奏をもっと聴いてみて、
雰囲気というかエッセンスを肌で感じられるよう研究してみたいと
思います。そんなことやっているうちに当初の目的がどうでも
よくなって尺八そのものを吹きたくなってしまいそうな気がしますが(爆)

(そもそもルネサンス古楽器にハマッたのも似たような動機からで、
 モダン楽器でいろいろ古楽をやっているうちに物足りなくなった
 からなんです・・・)

とにかく、もう少し勉強してみます(^^)

286 :重要無名文化財:01/11/14 23:51


287 :ぶぉ〜:01/11/15 14:57
>>285

ジツは、私は本業こそ尺八吹きで、
本曲(゚д゚)シブ− な生活ですが、
トラベルソ(もどき)持ってますし、
イングリッシュコンサートなんか来日すりゃ仕事ほっぽって逝っちゃうし、
鈴木雅明氏の大ファンで、
だからBCJダイスキで、
よってJ.S.Bachの信奉者です。

スレとぜんぜん関係ないって……
            音楽板逝ってきます。

288 :重要無名文化財:01/11/16 23:19


289 :重要無名文化財:01/11/19 01:45
寒いとなんで鳴りにくいの?

290 :r i n:01/11/19 02:23
> ぶぉ〜

誰かいまいちわからんけど多分知り合いじゃろうね。

> 寒いとなんで鳴りにくいの?

医学的に言えば、程度にもよりますが、たとえば体温より外気が
10度寒いと体は「10度低いから体温上げろサーモスタット」が
働き、なんとこの機能が「尺八をうまく吹く機能」を横取り、
実力の、少なくとも30%は奪うらしいです。
というのはウソ。

まあ、寒いとほっぺたを含めいろんな筋肉が「尺八を吹くぞモード」に
なろうとしてるけど、そのモードより「寒いのどうかしろモード」が
勝って、というかぶつかった結果後者が支配するモードになった。
しかし、プロだと前者が優位に立つ、というかどうい場合でも
前者が優位にような「からだ」を作る。(←ウソっぽい)

いや、こんなこと考えなくても寒くて吹く気がせんからだよ、たぶん。

291 :ぶぉ〜:01/11/19 12:28
>>290
watashi wa dare?
anata wa dare?

>>289
推論その壱:温度が低いと、露がつきやすく、鳴りに影響する?

推論その弐:吹き始め直後は管上部と下部の温度差があるので、
        その勾配が、ある程度均されるまではイマイチか?

事実その壱:なんだかんだ言っても
        寒くて吹きたくない>>290が一番の理由か。

結論:    暖かいところで、お手々暖かくして吹こうよ。
        寒いとピッチも不安定になるしサ。
        指も動かないし。

292 :重要無名文化財:01/11/20 02:24
>>290、291
結論としては気のせいということでしょうか?

>寒いとピッチも不安定になるしサ。
不安定になるんですか?ピッチが下がるというのは聞いたことがあるんですが

293 :重要無名文化財:01/11/20 02:36
尺八でエイズは感染しませんか?

294 :重要無名文化財:01/11/21 00:40
ハァ?

295 :r i n:01/11/21 01:48
>> 寒いとピッチも不安定になるしサ。
> 不安定になるんですか?ピッチが下がるというのは聞いたことがあるんですが

物理的にいえば、寒いからといって不安定になるわけではないけど、
この場合の「不安定」は、いまどれくらい温度が低いからどれくらいの
ピッチなのかいまいちわからんとか、さらに、寒くてぶるぶる震えてるから
ピッチどころじゃない、という文脈で読むのだよ。

> 尺八でエイズは感染しませんか?

私の研究によると感染しません。
私はいままで尺八で逝ったことはない。
修行してるか?
こんどわしが教えちゃる。

296 :重要無名文化財:01/11/21 02:26
黙って吹く

297 :目がさめた:01/11/21 04:46
>>295
そうゆうことですかあ

298 :重要無名文化財:01/11/22 06:01
修行する

299 :ぶぉ〜:01/11/22 10:41
>>295
フォロー感謝でございます。

わしのばやい、
寒い中吹かねばならん場合は
だんだん腹が立ってくる傾向にある。
(それが修行と言うなら別だが)

だいたい、管尻から、ぽたぽたと雫が落ちてる絵なんて、
美しくないやんけっ!

プレーヤは、音だけでなく、
視覚的にもゲージツであるべし。

と、思うのだが。

300 :重要無名文化財:01/11/24 04:33
1、不細工で性格のいい人
2、性格悪くてキレイな人
あなたはどちらを選びますか?


そりゃ、もちろんキレイで性格もいい人がベストだが、どちらかから選べと言われたら
1を選ぶかな。

こういう話で思うのは、「私は彼女の内面だけを見ています」と言う人がいたとして、
じゃあ、あんたは彼女の内面と外面をどうやって区別してるのかということ。内面だけ
を見るってことはやっぱりどこかで外面を意識してるんだと思うわけ。で、こうしたことを
自覚して言ってるならまだいいが、「私は彼女の内面だけを見ています」とか言う人
の多くはあんまり自覚していないような気がするんだよなあ。



板違い消え

301 :ぶぉ〜:01/11/25 15:53
>>300
人類悠久の課題。
板違い?違う!

芸は美に通じ、美は哲学に通ず。

302 :重要無名文化財:01/11/26 18:05
おととい紀尾井ホールにいかれた方
いらっしゃいますか?

303 : :01/11/26 18:26
==2==C==H======================================================

         2ちゃんねるのお勧めな話題と
     ネットでの面白い出来事を配送したいと思ってます。。。

===============================読者数:81300人 発行日:2001/11/22

どもども、ひろゆきですー。
日本生命の削除依頼公開スレッドを用意しましたのでお知らせしますー。

http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1004597354/

「仮処分の決定と削除依頼とは違うじゃーん」とか「ひろゆきって粘着?」なんて声もありますが、
大きなお世話ですー。。。( ̄ー ̄)ニヤリ

おいらのことを訴えようなんて考えてる方々は、よーく考えた方がいいですよー。
2CHは削除しようとあがけばあがくほど被害が拡大する仕組みになっているんですー。
( ̄ー ̄)ニヤリ

おいらは2CHやってても全然儲からないけど、削除してもらう為においらにひれ伏す連中を
見ると、なんだか凄い権力者になったような気がして気持ちいいんですー。
今までの悲惨な人生(ドテチン時代)を忘れさせてくれるくらい気持ちいいんですー。
でも、裁判所なんかにいく奴はちょっと気に入らないな、、、
そういう奴は哀れな日本生命のように懲らしめてやりますんで、皆さんも気をつけた方が
いいですよー。。。( ̄ー ̄)ニヤリ

んじゃ!

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)