5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

””選手を使って小説を書こうパート2””

1 :U-名無しさん:01/11/22 02:03 ID:???
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1005849623/l50

いろいろ選手出して1000で完結するようにかいてね。

さてタイトルは?

2 :タイトルは:01/11/22 02:05 ID:???
『幼女挿入・ああっ、イッちゃう』

3 :_:01/11/22 02:05 ID:???
平瀬「カレー食べ過ぎて髪の毛が・・・」

4 :U-名無しさん:01/11/22 02:06 ID:???
幼女に手を出したH島メンバーは奉仕活動ということで旅に出ることとなった。

5 :U-名無しさん:01/11/22 02:07 ID:???
1000ゲトおめでとう松田。

6 :U-名無しさん:01/11/22 02:07 ID:???
正直、タイトルはもうどうでもいいとか思い始めているめんどくさがりな
ハマの猛牛、まっつん。
楢崎「まっつんさん、そんなんやったら困りますよ」

7 :U-名無しさん:01/11/22 02:08 ID:???
悔しさを隠しきれない小笠原。
さてタイトルは…

8 :U-名無しさん:01/11/22 02:08 ID:???
まっつんはH島メンバーのあとを追いかけた。

9 :U-名無しさん:01/11/22 02:09 ID:???
まっつん「うるせぇ!俺の勝手だろ!!ゴルァ!!!」

楢崎(あー、家でストレスたまってんのか。)
楢崎は溢れる涙を堪えきれなかった。

10 :U-名無しさん:01/11/22 02:10 ID:???
Hメンバーの後をまっつんだけでなく、伊東テルヨシも追いかけてきた

11 :U-名無しさん:01/11/22 02:10 ID:???
「うるせぇ!!タイトルなんてどうでもいい!」
とまっつんに怒られた楢崎。
上司は選べないのか…と「おー人事おー人事」に
電話しようとしたその時!!

12 :U-名無しさん:01/11/22 02:11 ID:???
「やっぱり、あったほうがいいよね」と言いながら
コッソリと前スレを張っておく、どうあっても癒し系なちクンであった。
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1005849623/

13 :U-名無しさん:01/11/22 02:12 ID:???
ママ「あたしの所で働かない?」
楢崎「お、オカマ・・・!!!?」

14 :U-名無しさん:01/11/22 02:12 ID:???
>>12「ありがとう!!」と
優しいちクンにもったんは思わず涙した。
そしてただならぬ胸の痛みを感じた。

「これって恋…?」

15 :U-名無しさん:01/11/22 02:14 ID:???
『誰がオカマだ、( ゚Д゚)ゴルァ!!!』
楢崎が掴んでいた受話器から、いきなり森岡が出てきた。
それを見た松田は

16 :U-名無しさん:01/11/22 02:14 ID:???
「いいじゃない。いいじゃない。
あなたいいアゴしてるし、なかなか有望よ。」
と言って、ほぼ強制的に店に連れられた楢崎。

店の名は「ふらっとスリー」
そこには長身のバーテン、中田浩二もいた。

17 :U-名無しさん:01/11/22 02:14 ID:???
まっつん「う、美しい人だ…。」

18 :U-名無しさん:01/11/22 02:16 ID:???
スタッフサービスに電話した楢崎であったが、電話口で山口素が
「お前に職業選択の自由はない」と冷たく言い放った。
所詮は(本人達の思惑の外で)運命共同体なまっつん&楢崎性豪であった。

19 :U-名無しさん:01/11/22 02:16 ID:???
楢崎「まっつんさんも来てたんですか!!?」

20 :U-名無しさん:01/11/22 02:17 ID:???
「美しい人なんて言われちゃ、放って置けないわ☆」
と、まっつんもオカマバーに引き抜かれた。
楢崎はまっつんからは逃げ切れなかったのだ。

21 :U-名無しさん:01/11/22 02:17 ID:???
しかし臨時店員ピヨたんもいた。

22 :U-名無しさん:01/11/22 02:18 ID:???
まっつん「・・・。」
ピヨたん「・・・。」
まっつん「フッ…。ハゲか…。」

ピヨたんに精神的ダメージ5000。

23 :U-名無しさん:01/11/22 02:19 ID:???
何故か険悪なムードの2人。
楢崎「まっつんさんも、ハゲのにいさんもやめようや〜。」
ママ「あら、あたしのためのケンカなら止めて!」

24 :U-名無しさん:01/11/22 02:21 ID:???
ピヨタン「ハゲじゃないねん。ひどいねん。お前もハゲにしてやるねん。」

25 :U-名無しさん:01/11/22 02:21 ID:???
空気を察した楢崎。
「ここには派閥がある…。それはママ派かピヨたん派か…。
どっちにつくべきだろう…」
と楢崎の頭の中のことを、全て読み取ったエスパーまっつん。
「バカ。お前はいつだって俺のパシリだろ。だからまっつん派」
と言った。

26 :U-名無しさん:01/11/22 02:22 ID:???
まっつんのジャイアニズムの徹底ぶりにはさしもの伊原もシャッポを脱いだ。
一方その頃

27 :U-名無しさん:01/11/22 02:23 ID:???
とりあえずそれは置いておいて、
ピヨたんが水鉄砲で毛抜き薬を撃ちまくった。

28 :U-名無しさん:01/11/22 02:23 ID:???
楢崎「そっか〜。」
納得するフリをして、実は下唇を噛んでいる楢崎。
目にうっすら涙が。
(ま、ママ派がよかったのに…。)

29 :U-名無しさん:01/11/22 02:23 ID:???
「じゃあオレは誰派なんだよ!」
突然店の隅から現れたのは

30 :U-名無しさん:01/11/22 02:24 ID:???
磯貝だった。

「わいはガイや、プロゴルファーガイや!!!」

31 :U-名無しさん:01/11/22 02:24 ID:???
磯貝を無視して、登場したのは川口!!

32 :U-名無しさん:01/11/22 02:25 ID:???
胸の痛みの原因を探るべく、相馬大先生に相談しようと思ったもったんは

33 :U-名無しさん:01/11/22 02:25 ID:???
そして2人に毛抜き薬が命中!

34 :U-名無しさん:01/11/22 02:25 ID:???
川口「オレ、キャプテソやりたいっす」

35 :U-名無しさん:01/11/22 02:25 ID:???
もったんは、何を考えたのか「子供電話相談」
にかけてしまった。そこのカウンセラーは…

36 :U-名無しさん:01/11/22 02:26 ID:???
川口「ああ!毛が抜ける!!またオールバックにしようと伸ばしたてた所だったのに…!!」

37 :U-名無しさん:01/11/22 02:26 ID:???
「テソ派募集中!」

38 :U-名無しさん:01/11/22 02:27 ID:???
ちクンだった。
「今気付いたんだけど、1に前スレのリンクはってあったんだね・・・
僕の立場って・・・」
相談しようとして逆に相談されてしまったもったんであった。

39 :U-名無しさん:01/11/22 02:28 ID:???
「お前派なんていねーよ。全員俺の舎弟だ。」
まっつんは言い放った。
ママ「あたしは舎弟じゃなくてあなたのオンナでしょ〜♪」

40 :U-名無しさん:01/11/22 02:29 ID:???
ちクンは気落ちしている。
そこに新しい電話が!!

41 :U-名無しさん:01/11/22 02:30 ID:???
「あれ?」

42 :U-名無しさん:01/11/22 02:31 ID:???
「そうなんだ…そういう関係なんだ…」
と楢崎は大人の汚い部分を見てしまった気がした。
まっつんは「キショ!」と言った。
宮本は、ちょっと羨ましがっていた。

43 :U-名無しさん:01/11/22 02:33 ID:???
間違い電話だった
ますますちクンは気落ちした

44 :U-名無しさん:01/11/22 02:34 ID:???
もったんは胸の痛みを隠しきれないまま、とぼとぼ歩いた。
「でもさっきの電話の人の声…。なんだか気になる。
ますますドキドキが激しくなっちゃった」
と精神年齢が月齢で0.002歳上がった。

45 :U-名無しさん:01/11/22 02:35 ID:???
まっつんは、落胆している楢崎をみて、
(もしかして、俺のこと好きだったのか…?)
などとワケのわからない事を考えていた。

ママはまっつんと一つになる気マンマンだ。
ピヨたんは、そんなママの体をなめる様に見た。

46 :U-名無しさん:01/11/22 02:35 ID:???
このドキドキはいったい

47 :U-名無しさん:01/11/22 02:37 ID:???
さまざまな恋愛模様が繰り広げられる中、ちクンは
子供相談室を解雇され、育毛剤の苦情お問い合わせ係にまわされた。

48 :U-名無しさん:01/11/22 02:37 ID:???
そんな雰囲気に耐え切れず、長身のバーテン中田コはコッソリと逃げだそうとした

49 :U-名無しさん:01/11/22 02:38 ID:???
「この育毛剤、ちっとも効かないんですけど…」
「あっ、アナタは!」
ちクンは驚きを隠す事が出来なかった
なぜなら

50 :U-名無しさん:01/11/22 02:38 ID:???
ママ「だめよ〜☆」
ナカタコはママに腕をガッツリ(Byンガハタ)掴まれた。

そう、ナカタコはバーテン兼ママの夜のお相手だったのだ。

51 :U-名無しさん:01/11/22 02:39 ID:???
>>49
それはカマモトだったのだ。

52 :U-名無しさん:01/11/22 02:40 ID:???
「つーか、ママの夜の相手はオレでしょ」
自身満々にそう言い放ったのは

53 :U-名無しさん:01/11/22 02:40 ID:???
「ごめんなさい…もう手遅れです」と
申し訳なさげにいって、電話機を置いた

54 :U-名無しさん:01/11/22 02:40 ID:???
ヨシカツだった。

55 :U-名無しさん:01/11/22 02:41 ID:???
中澤!!
「どこへいってたの!今まで!!」
とママは泣き崩れた。

56 :U-名無しさん:01/11/22 02:41 ID:???
「貴方の頭皮を癒してあげたいルルル〜♪」
といきなりちクンは歌いだした

57 :U-名無しさん:01/11/22 02:41 ID:???
ヨシカツの油谷さんも真っ青のマットプレイ!!
飛び散る油!響く声!!!

58 :U-名無しさん:01/11/22 02:42 ID:???
中澤は全身をバンテリンで覆われていた

59 :U-名無しさん:01/11/22 02:44 ID:???
もったんはネットでストーカーと言う言葉を覚えた。
今まで地球外生物で、地球の常識を知らなかったため、
「これが愛のかたちなんだね☆」と勘違いした。
手始めに、ちクンに無言電話をすることにした。

60 :U-名無しさん:01/11/22 02:44 ID:???
「油といえば!」

61 :U-名無しさん:01/11/22 02:45 ID:???
ちクンは未だに歌っていた

62 :ムイチン:01/11/22 02:45 ID:???
恥垢がたっぷり溜まっていた俺は、風呂場で自分の
チンチンをムイて、その汚れをシャワーで洗い流した。

63 :U-名無しさん:01/11/22 02:45 ID:???
ヤナガシワ。
何となく「ふらっとスリー」に足を踏み入れてしまった。
そこで見たものは!

64 :U-名無しさん:01/11/22 02:46 ID:???
なんと!

65 :U-名無しさん:01/11/22 02:47 ID:???
眠らされて裸にされているまっつんとタコと楢崎がいた!
ピヨたんは何故か無事だった!

ヤナガシワ「なんてこったい!」

66 :U-名無しさん:01/11/22 02:47 ID:???
なんだかストレスの溜まったまっつんに
顔に落書きをされている正剛。
「本当にもうイヤだ…、あの川口とかいうギラギラした
ヤツも気に入らないし…」と遠くを見つめていた。

67 :U-名無しさん:01/11/22 02:48 ID:???
ちクン「ふらっとふらっとスリーに入る…。プププ」

天才のギャグは凡人には理解しがたいものがある。

68 :U-名無しさん:01/11/22 02:49 ID:???
そんなちクンを見て、本山の胸のドキドキは納まった。
「なんかこの人寒っ!!」

ふらっとスリーに、相馬大先生が現れた。

69 :U-名無しさん:01/11/22 02:51 ID:???
しかしおさまったのは一瞬だった

70 :U-名無しさん:01/11/22 02:52 ID:???
「癒されたいの…」
もったんは出てもいない涙を拭いながらちクンにそう言った

71 :U-名無しさん:01/11/22 02:53 ID:???
そして相馬大先生は

72 :U-名無しさん:01/11/22 02:53 ID:???
ふらっとスリーに、何となく引き寄せられた本山。
そこで本日2度目の恋!!

73 :U-名無しさん:01/11/22 02:54 ID:???
とりあえずちクンは本山の頭皮チェックを試みた

74 :U-名無しさん:01/11/22 02:55 ID:???
もったんは人の言いちクンをキープしておきながら、
より若くていい男を探していたのだ。
「二股三股は当たり前」と女性誌でおぼえたての言葉を
つぶやきながら。

75 :U-名無しさん:01/11/22 02:55 ID:???
「ふらっとスリーには何かが足りない!」と言った

76 :U-名無しさん:01/11/22 02:56 ID:???
そんもったんの悪魔の笑みに気付けないまま、ちクンは優しく頭皮チェックを続けていた

77 :U-名無しさん:01/11/22 02:57 ID:???
まっつん「眉毛の妖怪が来たぞ!楢崎、捕まえろ!!!」
楢崎「いややわ〜。」
まっつん「楢崎のくせに生意気だぞ!!」
今日もジャイアニズム全開なまっつん。

78 :U-名無しさん:01/11/22 02:58 ID:???
楢崎「オレも舎弟が欲しいよ!」

79 :U-名無しさん:01/11/22 02:59 ID:???
楢崎「うわーん、ひどいよー。ドラえもぉ〜ん」と泣きつくと、
ママ「誰がドラえもんよ!!失礼ね!!」と
空いていたワインの瓶で、楢崎を殴った。

80 :U-名無しさん:01/11/22 03:00 ID:???
罰として楢崎はパンツを脱いで、カラオケを歌わされた。

81 :U-名無しさん:01/11/22 03:01 ID:???
そこに「キングオブ平瀬こと、平瀬智行をお忘れ買い?」と言って
平瀬も髪のチェックをして貰うために現れた

82 :U-名無しさん:01/11/22 03:02 ID:???
ママはそんなやり取りを無視して、
ふらっとスリーに足りない何かを考え始めた。
そこで、こんな張り紙を…

----------------------------
急募!!フロアレディー
☆優しくて明るい仲間のいる職場!!☆
あなたもここで自分を磨いて見ませんか?
ふらっとスリー

83 :U-名無しさん:01/11/22 03:02 ID:???
キングオブ平瀬の頭皮もチェックしようとしたちクンだったが、
そんな事はもったんが許さなかった

84 :U-名無しさん:01/11/22 03:03 ID:???
「チーママにだったらなってもいいぞ」
と相馬大先生がニヤリと笑った

85 :U-名無しさん:01/11/22 03:05 ID:???
「頭皮チェックしてもらうのはもったんだけなんだもんね〜☆」

86 :U-名無しさん:01/11/22 03:05 ID:???
面接をしてみてママは、
「この人ちょっと話が長いのよね…。
一つ質問したら10個は答えが返ってくるわ。
しつこそうだけど、頭はよさそうだし、仕方ないわ」
と、即決した。背に腹はかえられない。

87 :U-名無しさん:01/11/22 03:10 ID:???
ママ「みんな〜新しい仲間よ〜♪」
まっつん「なんだ、コイツ。名前は?」
相馬「相馬直樹。」
まっつん「名前かぶってんだよ、ゴルァ!!!」

88 :U-名無しさん:01/11/22 03:10 ID:???
「じゃあオレも雇ってくれよ」
ママが振り向くとそこには

89 :U-名無しさん:01/11/22 03:11 ID:???
相馬大先生は、指名は一番少なかったが、
「チーママにしろ」とうるさく話が長かったので、
めでたくチーママになった。
しかし相馬大先生が作った酒は、薬入りだった。
相馬先生がお酌したお酒を飲むと…

90 :U-名無しさん:01/11/22 03:12 ID:???
戸田タンが立っていた。
「募集してるって聞いたぜ、入れろ」

91 :U-名無しさん:01/11/22 03:12 ID:???
「名前が被ってるから、何?だいたいこっちの方が先に付けられた名前なんだから
どうこう言われる事は無いと思うけど?それにね…」
早速話が長くなりそうな大先生
まっつんは頭が回らず返事ができない

92 :U-名無しさん:01/11/22 03:13 ID:???
「戸田タンはダメよ!」
ママは顔を伏せた 心なしか赤くなっている

93 :U-名無しさん:01/11/22 03:14 ID:???
まっつんは名前のかぶっている相馬に
ライバル心を剥き出しにした。
イライラが収まらなかったので、楢崎のアゴをひっぱり
その辺を散歩した。楢崎のアゴが3cm伸びた。

94 :U-名無しさん:01/11/22 03:14 ID:???
まっつん「う…わ…あ…!!!!」
まっつんの(頭の容量が)限界に来たその時、なんと額のヒモが切れた。

楢崎「あぁ!!なんてことに…!あかん、あかんでぇ!!」

まっつんに起こった異変とは?

95 :U-名無しさん:01/11/22 03:15 ID:???
一方その頃、ちクンをめぐってもったんとキングオブ平瀬は仁義無き戦いを繰り広げていた

96 :U-名無しさん:01/11/22 03:16 ID:???
まっつんの口から赤子が生まれた。
その子はキノコのような頭で「真ん中がいい…」
と冷めた目で、泣いていた。

97 :U-名無しさん:01/11/22 03:17 ID:???
楢崎は慌ててその赤子をまっつんの口に押し込もうとしたが

98 :U-名無しさん:01/11/22 03:19 ID:???
もったんビームが平瀬にクリティカルヒット!

99 :U-名無しさん:01/11/22 03:19 ID:???
まっつん「楢崎、育てろ。」
楢崎「えぇ!!?」
まっつん「父親はお前だ。」

意味深な事を言って、まっつんはヒモを締めなおした。
楢崎はその子に「俊輔」と名付けた。
まっつんは「グレートマッシュルームZ」がいいと言っていたが、
無視してみた。

100 :U-名無しさん:01/11/22 03:19 ID:???
戸田タンはママを見て驚愕した。
「ママさん…」
戸田タンはママの5623人目の男だったのだ。
それを見て明らかに嫉妬の炎を燃やす男…それは!

101 :U-名無しさん:01/11/22 03:20 ID:???
5624人目の男、

102 :U-名無しさん:01/11/22 03:21 ID:???
俊輔は母乳ではなく、アクエリアスで育った。
「個性のないサッカー」というCMを見るたび暴れた。
楢崎は見覚えのないうちに、父親になってしまったのが
不満だった。しかしまっつんが怖くて逆らえなかった。

103 :U-名無しさん:01/11/22 03:22 ID:???
平松

104 :U-名無しさん:01/11/22 03:22 ID:???
カレー爆弾がもったんに!

105 :U-名無しさん:01/11/22 03:23 ID:???
楢崎「俊輔はええ子やなぁ。まっつんさんと大違いや…。」

106 :U-名無しさん:01/11/22 03:24 ID:???
カレー爆弾を間一髪で避けたもったんは、眉毛カッターを投げつけた

107 :U-名無しさん:01/11/22 03:24 ID:???
ママは「いいわねー私も産みたいわ☆」
と川口に色目を使った。
宮本は「なんだか一人ぼっちやねん。
でも35ってステキな番号やねん」と独り言を言っていた。

108 :U-名無しさん:01/11/22 03:25 ID:???
波戸ポッポ「…とならさきがいってました クルックー」
まっつん「なんだとゴルァ!」
波戸ポッポはまっつんの伝書鳩兼スパイだったのだ

109 :U-名無しさん:01/11/22 03:25 ID:???
平松はママに「婚約チャーハン」をつくってプロポーズしようとしていた。

110 :U-名無しさん:01/11/22 03:26 ID:???
俊輔ははじめて言葉をしゃべった!!
「ママ…」
勘違いした森岡ママは大喜び!!
「将来お婿さんにもらおうかしら☆」と鼻歌を歌っていた。
期待した楢崎に向かって、俊輔は
「へたれ」と言っておもらしをした。

111 :U-名無しさん:01/11/22 03:28 ID:???
眉毛カッターは平瀬のださいパーマを切り裂いた
「酷いっ 毛先が乱れちゃったじゃない! 髪とカレーは命なのよ!」
泣きながら平瀬は走り去っていった

112 :U-名無しさん:01/11/22 03:28 ID:???
波戸は密かにまっつんに淡い恋心を抱いていた。
ポッポ「まっつんはかっこいいクルックー☆」
それを聞いたアヒル隊長は
アヒル「趣味が悪いガァ。」
と言った。

113 :U-名無しさん:01/11/22 03:29 ID:???
楢崎「俺…へたれなんかなぁ…?」

「そうやで。」

通りがかりの稲本はそう言うと去って行った。

114 :U-名無しさん:01/11/22 03:29 ID:???
そんなアヒルに波戸は
「ふっ、満足に空を飛べんクセに何をホザくか…クルックー」
と吐き捨てるように冷笑した

115 :U-名無しさん:01/11/22 03:30 ID:???
ポッポ「なんだよ、お前。北京ダックになって食われてしまえ」
と、ドキドキしながら言い返した。
怒ったアヒルは嫌がらせに

116 :U-名無しさん:01/11/22 03:30 ID:???
「お前なんて金髪にしてやるガァ!」

117 :U-名無しさん:01/11/22 03:31 ID:???
まっつんの髪の毛を茶色くした。
ポッポ「せっかく黒くしてまっつんとおそろいにしたのにクルックー!!!」

118 :U-名無しさん:01/11/22 03:32 ID:???
ポッポは泣いた…。
しかし「お前がタイミング悪く、黒髪にするから、俊輔が!!」
とまっつんは怒った。
まっつんに嫌われたポッポは、

119 :U-名無しさん:01/11/22 03:32 ID:???
「髪を不用心に染めたりすると頭皮が癒されないのに…」
ちクンは大粒の涙を一粒こぼした

120 :U-名無しさん:01/11/22 03:33 ID:???
「モトはね…モトはね、黒髪が好き」
と本山はポッポに恋をした。

121 :U-名無しさん:01/11/22 03:33 ID:???
「平和の象徴なのに」とわけのわからない事を言いながら飛んでいった

122 :U-名無しさん:01/11/22 03:34 ID:???
磯貝は今日も練習にいそしんでいた。

「フォアーーーーーーーーーー!!!」

キャディーはテルだった。

123 :U-名無しさん:01/11/22 03:36 ID:???
山下公園のハトは奇形が多いな。
近親相姦がおおいのだろうか…とつぶやく相馬大先生。

そこに新たな人物が!

124 :U-名無しさん:01/11/22 03:39 ID:???
お好み焼きと白い恋人どっちがいいかなぁ?と悩む播戸。

125 :前スレの1:01/11/22 03:40 ID:???
ていうかマジであのスレ続いて2も始まってるなんて知らなかった...。

126 :U-名無しさん:01/11/22 03:41 ID:???
>>125
「ぜひ一緒にやろう」と大先生は誘った。

127 :U-名無しさん:01/11/22 03:49 ID:???
そこに外国人顔の日本人が。名札には「三都主」
俊輔はあからさまにいやな顔をし、
楢崎にかじりついた。

128 :U-名無しさん:01/11/22 03:54 ID:???
楢崎「アイター!」
まっつん「そんなもんかじると腹くだすぞ、俊輔。」

俊輔「サ、サイドも取られる…!!(涙)」

129 :U-名無しさん:01/11/22 04:39 ID:???
楢崎の腕には俊輔の歯型がくっきり残った。
楢崎は「ラモスさんにロペスさんに、サントス、日本代表はブラジル代表になりつつある」と痛さをこらえながらつぶやいた。
まっつんは「サントス追い出すか」とたくらみ始めた。

130 :U-名無しさん:01/11/22 08:50 ID:???
その頃、呂比須は三浦ヤスと共に平島を更正させるプランを
練っていた。

131 : :01/11/22 10:02 ID:???
ロペスは「俺と同じ髪形をしろ」とH島メンバーに強要した。
しかし、H島メンバーは「ロペスさんみたいに髪の毛薄くなっていません」
ときっぱり断ってしまった。
三浦ヤスは困っていた。

132 :U-名無しさん:01/11/22 10:24 ID:???
三浦ヤスはH島メンバーを寿司「七八」に連れて行った。
「とりあえず食え。女にばっか金使ってろくなもん食ってないんだろ」
H島メンバーは涙を流しながら三浦父の握る寿司を上品に食べた。
「俺・・・俺も、寿司、握りたいです」

133 :U-名無しさん:01/11/22 10:27 ID:???
そこでヤス、チームメイトのノさんに相談。
「…そうですネ。だったらキム・ビョンジのような髪型はどうデスか?」
「それだ。それいただき。」

134 :U-名無しさん:01/11/22 10:57 ID:???
恋に戸惑う本山は「こーいごこーろあてもなくいまー」と
相川七瀬を大声で熱唱

135 : :01/11/22 10:58 ID:???
それを見ていたリハビリ中のビスコンティは、
「髪を切るならディアスに任せたらいいよ」
とアルゼンチンにいるディアスに連絡をとろうとした。

136 : :01/11/22 11:16 ID:G/UK6wt4
依頼を聞いたディアスは答えた。
「なるほど…、考えてもいい。
しかし条件がある。それは………」
それはまさに衝撃的な内容であった。

137 : :01/11/22 12:58 ID:???
その条件とは「女子中学生を斡旋しろ」だった。

138 :U-名無しさん:01/11/22 16:19 ID:???
ビスコンティは悩んだ末に

139 : :01/11/22 16:24 ID:???
言われた通りに女子中学生を斡旋した。
しかし斡旋した相手はディアスじゃなくてまたもやH島メンバーであった。

140 :U-名無しさん:01/11/22 16:27 ID:???
紹介されたメンバーを見てディアスは言った

141 :U-名無しさん:01/11/22 16:27 ID:???
H島メンバーは更正中で、あまり触れると可哀想なので、
放っておくことにした楢崎。

142 :U-名無しさん:01/11/22 16:28 ID:???
「そ、それはまさか!」

143 :U-名無しさん:01/11/22 16:29 ID:???
楢崎の優しさに触れたちクンは、感動の涙を垂れ流しながら楢崎に最新育毛剤を渡した

144 :U-名無しさん:01/11/22 16:32 ID:???
ディアスは驚愕に身を震わせた

145 :U-名無しさん:01/11/22 16:37 ID:???
俊輔は幼稚園生になった。
しかしカード集めに夢中になり過ぎたため、
次のお遊戯会には出られなくなった。
そんな俊輔を見てまっつんは

146 :U-名無しさん:01/11/22 16:44 ID:???
「楢崎!お前のしつけが悪い!!」と言って俊輔からカードを取り上げた。
落ち込んだ俊輔に本山が近づいた。
「僕のカードあげるから一緒にあそぼ」

147 :U-名無しさん:01/11/22 16:50 ID:???
「オレのカードが無いぞ!」
突然乱入者が

148 :U-名無しさん:01/11/22 16:58 ID:???
それは相馬大先生だった
「ビスマルクのカードもあるのに何故オレのカードがないのか
 それを簡潔に尚且つ万人が納得できるように説明したまえ!」
と俊輔ともったんに指をつきつける大先生

149 :U-名無しさん:01/11/22 17:05 ID:???
困った俊輔ともったんは近くを通りかかった外国のおじさんに
助けを求めたが、返ってきた言葉は「私は最後に試合に指示できない
から自分達で言え」と冷たく突き放された。

150 :U-名無しさん:01/11/22 17:10 ID:???
まっつん「あっ、ラザニアのオヤジ!!」
楢崎「ラザロニでしょ。自分の上司の名前くらい覚えたってくださいよ」
外人の名前を覚えるのが苦手なまっつんであった。

151 :U-名無しさん:01/11/22 17:16 ID:???
ラザニアは自分は関係ないよと涼しい顔してママの店へ
と姿を消した。

152 :U-名無しさん:01/11/22 17:18 ID:???
「説明が出来ないならば実験台にでもなってもらおうか」
お手製の怪しげな薬を俊輔につきつけて笑う大先生

153 : :01/11/22 17:24 ID:???
その頃岡田監督は疲れきっていた

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011122-00001086-mai-spo

154 :U-名無しさん:01/11/22 17:54 ID:???
「せ、説明しますよ!!だ…大先生!!」
…と怯えた優しき保母、鈴木隆行先生。
茨城なまりは隠せなかったが、そんな鈴木に
相馬は好感をおぼえたが…
「あ…、あの…、やっぱりカードって人気のある人が
なると思うんです。あと、代表でゴールした人とか…。
で…でも先生が人気がないとか、若くないとか、
話がしつこいとか…そう言うわけじゃなくて…」と鈴木は墓穴を掘った。

155 :U-名無しさん:01/11/22 18:04 ID:???
怒りに震えた相馬大先生は、結局俊輔ともとやんに薬を飲ませた。
自らの失態にショックを隠しきれない鈴木は、
内股のまま、美容院に予約をいれることにした。

薬を飲まされた二人は!!

156 :U-名無しさん:01/11/22 18:14 ID:???
お互いに激しく犯しあった!

157 :U-名無しさん:01/11/22 18:16 ID:???
その様子を井原だけが見ていた。

その頃、Jヴィレッジでは意外な人物が意外な行動に・・・その人物とは

158 : :01/11/22 18:25 ID:???
パラグアイから一時期国した広山だった。

159 :U-名無しさん:01/11/22 20:01 ID:???
広山の帰国に波戸ポッポと市川が反応した。

160 :マリポ3:01/11/22 20:02 ID:???
そこへ合コン帰りのカズが・・・

161 :U-名無しさん:01/11/22 21:42 ID:???
カズ「次のマリノス戦も頑張ろうな」
モッチー「え、カズさん出られるんですか?」
カズ「は?どういうこと?」

外れるのはカズ、三浦カズ

そしてポッポと市川は

162 :kk:01/11/22 21:51 ID:???
そのままカズと麻布十番へ向かった

163 :Uー名無しさん:01/11/22 21:56 ID:???
つもりだったが、着いたところは上九一色村だった。

164 :U-名無しさん:01/11/22 23:01 ID:???
あやうくポアされかけた3人はダッシュで上九一色村から逃げ出した。
Jヴィレッジの広山はピッチを掘り返し大根を植え始めた

165 :U-名無しさん:01/11/22 23:09 ID:???
そのとき掘り返した土の中から氷づけになった前園を発見した。

166 :U-名無しさん:01/11/22 23:18 ID:???
そこへ新婚ホヤホヤの洗い場がやってきた。
親切な洗い場は前園に熱湯をかけてあげた

167 :U-名無しさん:01/11/22 23:29 ID:???
「俺にかけるんではなくて、ら王にかけてくれよ」
と栄光時代を振り返るかのように言った。

大根を植えていた広山は

168 :U-名無しさん:01/11/22 23:39 ID:???
ある男に「こらー!ピッチを荒らすんじゃないっ!」と怒られた。

169 :U-名無しさん:01/11/23 00:02 ID:???
で、平野ははその頃何をしていたのだろうか?
まだ、京都サンガの権利でレンタル中だから。
もちろん、延滞料はいらない。

170 :U-名無しさん:01/11/23 00:23 ID:???
平野は歌っていた
「聞いてアロエリーナ ちょっと言いにくいんだけど〜」

171 :U-名無しさん:01/11/23 00:25 ID:???
「聞いてアロエリーナ、僕が元日本代表って知らない人が多いのよ
聞いてくれてありがっと アロエリーナ」

と歌って、泪を流していたら、本山がやってきた。

172 :名無しさん:01/11/23 00:32 ID:???
本山はうずくまるヒラノを「ふんっ」と鼻先でせせら笑うように冷ややかな
目つきで一瞥し、そのまま何も言わずに走り去った。
其の後を追うようになにやら黒いものが近づいてくる。
惨鳥栖アレサン泥だ。

173 :名無し:01/11/23 00:33 ID:Yz3Az1bb
本山は言った。
『わかんないでぇす☆』

174 :U-名無しさん:01/11/23 00:36 ID:???
アレサンドロは本山がおかしな生き物と知っていたので、平野を無視して追いかけた。

平野は野人に電話した、慰めてもらうために。

175 :U-名無しさん:01/11/23 00:46 ID:???
だがしかし、野人はすでに

176 :U-名無しさん:01/11/23 00:51 ID:???
チンコがビンビンだった

177 :U-名無しさん:01/11/23 00:53 ID:???
「今いいところなんだから邪魔すんなよ!」
“いいところ”というのはAVビデオが佳境に入ってきたということである。

178 :U-名無しさん:01/11/23 01:02 ID:???
仕方が無い平野は、名古屋で一緒だった望月に電話した。

179 :U-名無しさん:01/11/23 01:07 ID:???
だがしかし、望月までもが

180 :U-名無しさん:01/11/23 01:17 ID:???
キングゥをオカズにヌいていた
「カズさん・・・ハァハァハァ」

181 :U-名無しさん:01/11/23 01:19 ID:???
本山は望月の家にいって、
「モトも混ぜてよぉ」
と言い、カズさんで「ハアハアハア…あっ」

182 :U-名無しさん:01/11/23 01:23 ID:???
本山はハァハァが原因で過呼吸を起こしてうずくまってしまった。
望月「本山、苦しかったらこの袋にハァハァしろ」

183 :U-名無しさん:01/11/23 01:26 ID:???
袋の中に白い粉、そう、たんそ菌が入っていた。

184 :U-名無しさん:01/11/23 01:32 ID:???
あやうしもったん
このままモッチーの毒牙にかかってしまうのか

185 :U-名無しさん:01/11/23 01:34 ID:4qXfMWZm
しかしそんな物は本山には効かなかった

186 :U-名無しさん:01/11/23 01:35 ID:???
それには望月もビックリ

187 :U-名無しさん:01/11/23 01:36 ID:???
まっつん「そこまでだゴルァ!!」
炭そ菌の出所について捜査していた松田刑事が乱入してきた。
楢崎「こう見えて実は真面目に仕事してたりもするんやで〜」
すると望月、

188 :U-名無しさん:01/11/23 01:40 ID:???
(`∀´)<11月になってやっと仕事し始めたくせに偉そうなこと言ってんじゃねぇよ!

と反論!それに逆切れしたまっつんは

189 :U-名無しさん:01/11/23 01:44 ID:???
まっつん「何だとゴルァ!お前こそろくに仕事してねーじゃねーか!」

190 :U-名無しさん:01/11/23 01:45 ID:???
楢崎「しかもこないだは俺の特権である手まで使いよってからに…」

そんな修羅場に運悪く通りかかった男、その名は…

191 :U-名無しさん:01/11/23 01:46 ID:???
ちくん

192 :U-名無しさん:01/11/23 01:56 ID:???
「喧嘩はやめて…」
ちクンは皆を癒そうとした

だが

193 :U-名無しさん:01/11/23 01:57 ID:???
そこへキノコがドリブル突破しようとやってきた!

194 :U−名無しさん:01/11/23 02:00 ID:???
「キノコは消えろ!」
そう言ってキノコを消し去った。
その男の名は…

195 :U-名無しさん:01/11/23 02:13 ID:???
ラモスだった。
「日本人ならお茶漬けでしょ」
と大声で叫んで、きのこを消し去ったが、髪の毛も1000本抜けた。

196 :U−名無しさん:01/11/23 02:20 ID:???
サカ板にもバトロワスレってあるの?

197 :U-名無しさん:01/11/23 02:21 ID:???
と、可愛らしく小首をかしげるクマたんだった

198 :U-名無しさん:01/11/23 02:22 ID:???
と植田朝日が裸で絶叫

199 :U-名無しさん:01/11/23 02:23 ID:???
たるんだからだが気持ち悪かったラモスは植田朝日に叫んだ、

200 :U-名無しさん:01/11/23 02:28 ID:???
キスは駄目

201 :U-名無しさん:01/11/23 02:29 ID:???
豊満な乳を持つ植田はラモスにまとわり着いた。
ラモスは気持ち悪がったが、次第に快感に感じるようになった。
それを見ていたタンソ菌が効かなかった本山も

202 :   :01/11/23 02:39 ID:???
そこはダメ・・・

203 :U-名無しさん:01/11/23 02:43 ID:???
髪の毛を触られた本山はなぜか異常に発情していた。

204 :U-名無しさん:01/11/23 03:47 ID:???
本山は発情を抑えられず、ラモスをどけて、植田と抱き合って一晩すごした。
ラモスは「助かったよ」と言って、沖縄に帰っていった。

平野はもう1人の仲間、大岩に電話してみた。

205 :U-名無しさん:01/11/23 04:30 ID:???
「お前の息子は預かった2丁目の平野まで1億もってこい!」

206 :U-名無しさん:01/11/23 04:37 ID:???
「銭の話はアレで懲りただろ。」と返す大岩。

207 :U-名無しさん:01/11/23 04:44 ID:???
ピッチの外でも見事に抑えられてしまい
己の未熟さに反省しきりの平野であった。

208 :おはよう:01/11/23 10:55 ID:???
早野だった

209 :U-名無しさん :01/11/23 15:53 ID:???
  ▲▲
 (>ω<) <ビエーンビエーン

誘拐されたもったんは泣いていた。
しかし平野は自分の正体をばらしながら、
電話をかけてしまったことに気がついていなかった。
楢崎「ヤバイですやん…!!もしものことがあったら…」
破天荒なまっつんは、totoを当てて一億作ることにした。
まっつん「刑事とあろうものが自分の息子が誘拐されてしまうなんて!
これは裏で育毛剤協会が手を回しているに違いない…」

210 :U-名無しさん:01/11/23 17:33 ID:???
しかし、まっつんのtotoは大外れ。
楢崎は当然ながら密かに育毛剤協会に寝返った。

211 :     :01/11/23 17:35 ID:???
俗世間では誘拐だ育毛だと騒がしい。
しかし男はじっと窓の外の港の景色を眺めていた。
男の周りだけ時が止まってるかの様に、窓に映る絵画のような港の景色、
水面(みなも)を裂く船の行方だけが時間が過ぎ行くことを教えてくれた。
息を切らし東京から来た一人の男がその男に向かっていく、「かっ、か、さん!」
灯台の音にかき消されたが、男の名を息を切らせながら叫ぶ。
東京から来た男は叫んだ「さっき聞いたんですよ、アイツがアイツが」、
「辞任するのはタケ、岡田武史」って。
男は振り返りもせず、ようやく口を開いた「あの船が次に停まる所では、また違う世界があるんだよな。」。
男は歩き始めた、港からこれからの生き方を学べと、東京から来た男に教えるように。
東京から来た男・北澤は歓喜の声をだした、「あっカモメが海に沈んだ(゚Д゚)ウマー」

212 :U-名無しさん:01/11/23 19:37 ID:???
そんな時、本山が全裸で鹿島市街を徘徊。
本山は、右手にカスタネット、左手に子猫を抱いた格好で
往来する人々のカサブタを探しては、このカサブタを引っかくという
奇行に走っていた。

213 :U-名無しさん:01/11/23 19:46 ID:???
奇行に走っていた。といえば鈴木隆行。
彼は広島にいくついでに試合後鹿児島へ寄るつもりであった。
スタンバイ アヒル隊長  ヾ(゚◇゚)ノ Gaaaaaaa!

214 :マリポ2nd:01/11/23 19:48 ID:???
すると突然本山のか細い肢体を異人の太い胸が包みこんだ。
「監督・・・」異人の正体はトルシぇだった。そしてトルシェは耳元で囁いてきた。
それは

215 :U-名無しさん:01/11/23 19:59 ID:???
「早く服を着れ、そうしないと手前の骨何本も折るゾ、ゴルァ」
恐喝であった。

216 :U-名無しさん:01/11/23 20:05 ID:???
トルシエは「それではこれから皆さんに殺し合いをしてもらいマァース」
と言った。しかし、言っただけ。

217 :U-名無しさん:01/11/23 20:45 ID:???
そのコロ明神は自慢のふんどしにアイロンをかけていた。
「糊もかけてパリっとしとる。これで宮本には負けへん…!」

次の祭に備えて

218 :U-名無しさん:01/11/23 20:51 ID:???
糞スレはsageでやってくれ。

219 :U-名無しさん:01/11/23 21:09 ID:???
>>218は一生恐怖を感じることになるだろう。
今日は、100人のタカハシノリオがふんどし姿で>>218を担ぎ上げる夢を見る。
明日は、巨大化した稲本に一飲みされる。
さあ…、明後日は何がいいかな…フフ。

安息の日は二度と来ない、己が愚行を嘆くがよい。

と、井原が呟く。上げ。

220 :U-名無しさん:01/11/23 21:44 ID:???
宮本は焦っていた
貴重な髪がどんどん減ってきている。
こうなったら次の祭りでアレを奪うしかない、宮本は心に決めた。
すると

221 :U-名無しさん:01/11/23 22:39 ID:???
「奪おうとしてるのはもしかしてこれのことじゃないだろうね?」

宮本の横には相馬大先生が立っていた。

222 :U-名無しさん:01/11/23 23:07 ID:???
相馬大先生のとなりにはテチャーンも立っていた。
追い詰められた宮本。
そして宮本が狙っているものとは

223 :U-名無しさん:01/11/23 23:22 ID:???
その頃、横浜の小村はただならぬ気配を感じて
立ち止まった。

224 :U-名無しさん:01/11/23 23:23 ID:???
そこに城が、
「僕はね、別にね、へたれなわけじゃないんだよね。
ただね、チームがね、僕にね、合ってないとね、思うんだよね」
と「ね」を連発する城に、逆上したまっつん刑事。

225 :U-名無しさん:01/11/23 23:25 ID:???
逆上したまっつん刑事の頭のヒモが今にも取れそう!!

226 :U-名無しさん:01/11/23 23:27 ID:???
楢崎「い…いかん!!第2子が生まれてまう!!」

227 :U-名無しさん:01/11/23 23:28 ID:???
動揺した楢崎がとった意外な行動とは!

228 :U-名無しさん:01/11/23 23:29 ID:???
あぁ〜、こんなんで明日どうすんだよ・・と
ヒマワリの種をかじりながら遠藤はつぶやいた。

229 :U-名無しさん:01/11/23 23:34 ID:???
楢崎は育毛剤で手入れをしてみたら、一気に毛が抜けた。

ひまわりの種をかじった遠藤は城がとても不安になったので、こっそりよそに追い出すことに決めた。

230 :U-名無しさん:01/11/23 23:37 ID:???
「へっくしゅ!!」
まっつんはくしゃみをした瞬間に赤子を産んでしまった。
二人目だ。今度は…

231 :U-名無しさん:01/11/23 23:39 ID:???
その頃、「へへへ」と笑いながら上げるヘナギ。

232 :U-名無しさん:01/11/23 23:39 ID:???
当の城は遠藤の心配をよそに
「明日ゴル決めた時どんなガッツポーズしようかな・・・」と
布団の中で考えていた。

233 :U-名無しさん:01/11/23 23:41 ID:???
夢の中では城はいつもたくさんゴールを決めていた。
女と寝ていてもゴールを決めていた。

234 :U-名無しさん:01/11/23 23:41 ID:???
俊輔は新たなるライバルの出現にとまどった。

235 :U-名無しさん:01/11/23 23:44 ID:???
「城は、夜だけストライカーだからな」と田原は言った。
そんなこととは関係なく、

236 :U-名無しさん:01/11/23 23:47 ID:???
楢崎は自分の髪が再生するように
なんとか解決策を探ろうとしたところにあることが思いついた。
それは・・・

237 :U-名無しさん:01/11/23 23:47 ID:???
上野はもう来年の年賀状3枚を書き終えてしまい
ポストに出しに行った。

238 :U-名無しさん:01/11/23 23:51 ID:???
ピヨタンは楢崎が仲間になったようで嬉しかった。

239 :U-名無しさん:01/11/23 23:52 ID:???
上野に髪の毛を分けてもらおうと楢崎は考えた。

240 :U-名無しさん:01/11/23 23:52 ID:???
そこに相馬があらわれた!

241 :U-名無しさん:01/11/24 00:05 ID:???
相馬の右ポケットには本山
左ポケットには本田が入っていた。

242 :U-名無しさん:01/11/24 00:06 ID:???
相馬は、
「上野の髪の毛を抜いて来るんだ。そうしたら、俺の作った薬でお前に移植してやるよ」
と優しい言葉をかけたが

243 :U-名無しさん:01/11/24 00:10 ID:???
ポケットの中の本山が
「モトの髪の毛がいかが?」
と楢崎に聞いたが、

244 :U-名無しさん:01/11/24 00:12 ID:???
楢崎は
「いやや、オカマが伝染るかもしれへんやん」
と突っ返した。

245 :U-名無しさん:01/11/24 00:17 ID:???
そんな楢崎のもとへ物凄い勢いでまっつん刑事が走り寄ってきた。
松田「おい、ナラ!!子供生まれちゃったんだけどなんかスッゲー怖い顔だよ!!
強そうな名前ってことでドゥトラって付けたんだけど、育児よろしくな!じゃ!」
まっつんはそう言うと、やってきたときと同じように物凄い勢いで走り去っていった。
取り残された楢崎とドゥトラたんは・・・

246 :U-名無しさん:01/11/24 00:23 ID:???
「また俺かよ……」と何もしていないのに二児の父親になった楢崎。
まして、今度の子は可愛くもない。
楢崎はドゥトラたんに…

247 :U-名無しさん:01/11/24 00:26 ID:???
残酷なことをした
それはマジックでドゥトラたんの顔に落書きをしたのだ
「なんや、何も変わってへんわ」
自分で面白いことをやっても却って身も心も寒くなる楢崎であった。

248 :U-名無しさん:01/11/24 00:32 ID:???
「(一応)パパでしゅよ〜」ドゥトラたんに言うと
ドゥトラたんは楢崎にゲロを吐いた。
汚物まみれになった楢崎。
そんな楢崎を見てもったんは

249 :U-名無しさん:01/11/24 00:34 ID:???
「あー、あたまにけがはえていましゅよー」
と楢崎の頭頂部を指差して叫んだ。
頭を触ってみると、なんとそこにはオバQのように毛が3本ちょろっと生えてきたのだ。

250 :U-名無しさん:01/11/24 00:36 ID:???
「なにぃ!」
宮本は近くなったと思った楢崎との距離が
また遠退いていくような気がして悲しくなった。

251 :U-名無しさん:01/11/24 00:37 ID:???
楢崎歓喜!!そして祭りの決意!

252 :U-名無しさん:01/11/24 00:38 ID:???
こ踊りする楢崎。
それを影から見ていた相馬先生は思わず

253 :U-名無しさん:01/11/24 00:43 ID:???
「あの怖い顔をした赤子の吐瀉物になにか育毛効果があるということか…?
そんな馬鹿な…いや、しかし調べてみる価値はありそうだ」
と相馬大先生は0.001秒間で考察し、楢崎に
「その子を譲ってくれないか」
と言った。

254 :U-名無しさん:01/11/24 00:49 ID:???
「ハイ」
あっさりドゥトラたんを先生に渡すと、
「祭りやーー! 何祭りにすんねんーー!?」
と叫びながら疾風のごとく楢崎は走っていった。

255 :U-名無しさん:01/11/24 00:54 ID:???
ドゥトラたんを大事に抱えた相馬大先生は
早速茨城県にある研究所に帰った。

256 :U-名無しさん:01/11/24 00:58 ID:???
研究所では、ドゥトラやアウグストに負けないようになるためにと自分自身が強くなるための
相馬大先生の陰謀であった。

しかし、相馬大先生には本当に先生になった岩井先生からお願い事を託されていた。

257 :U-名無しさん:01/11/24 01:10 ID:???
そのお願いとは
「完璧なサッカー選手のサイボーグを作ってほしい」という内容。
早速相馬大先生は、モデルとなる選手を探し始めた。

258 :U-名無しさん:01/11/24 01:11 ID:???
その名は「微毛祭り」

もったんはその頃、「えへ☆これで楢っちも内股になっちゃうぞ☆」
と不気味な言葉をつぶやいていた。
微毛祭りへ向かう楢崎は、その辺に寝ていたちクンにつまづいた。
「痛っ!!なにするのぉー。膝小僧すりむいちった☆
起き上がれないよ〜、助けてぇ」と
徐々に、もとやん化していた。

259 :U-名無しさん:01/11/24 01:12 ID:???
モデルを探している大先生は、ある一人の男と出合った

260 :U-名無しさん:01/11/24 01:16 ID:???
彼の名はトッティー。大先生、大物釣りの予感にドキがムネムネしていたが、彼は
「というより、ナカータしか知らない」
とのたまってどこかへ逝ってしまったためにモデル探しは振り出しに戻った。

261 :U-名無しさん:01/11/24 01:21 ID:???
俺がいるじゃないかと相馬大先生に声をかけたのが
エジムンド。
エジムンドは何でもしたがるようだ。

262 :U-名無しさん:01/11/24 01:26 ID:???
「エジムンドか・・・」
正直、相馬大先生はエジムンドが嫌いなようであった。

263 :U-名無しさん:01/11/24 01:28 ID:???
相馬大先生はエジムンドを断って、俺王様に頼みに札幌へ行くことにした。
勿論陸路である。

264 :U-名無しさん:01/11/24 01:30 ID:???
相馬大先生は旅支度を始めた。
ポケットに本山と本田を入れて準備完了。
いざサポーロへ!

265 :U-名無しさん:01/11/24 01:46 ID:???
サポーロに逝く途中、仙台で岩本テルに出くわした。
昔はこぎれいな顔だったが、今は汚くなっていた。
相馬は無視して通り過ぎようとしたが、

266 :U-名無しさん:01/11/24 01:47 ID:???
本田がテルのポケットに飛び移った

267 :U-名無しさん:01/11/24 01:53 ID:???
相馬大先生は本田を見捨てていこうとした。
しかし、本山が
「モトは本田が好きだよぉ」と叫んだので、
本田はテルのポケトから飛び出して、茨城に帰っていった。
残されてしまった相馬大先生は

268 :U-名無しさん:01/11/24 01:58 ID:???
2002年W杯の公式ソングが決定
韓国の東亜日報によると、2002年W杯の公式ソングがギリシャ出身のヴァンゲリスが作曲した「ブーム」となることが明らかになった。

269 :U-名無しさん:01/11/24 01:59 ID:???
パルマの10番中田さん。
パルマラット牛乳のんでマターリマターリだよ。

270 :U-名無しさん:01/11/24 02:01 ID:???
相馬大先生、>>268のニュースをはりきって全世界へと発信したが、
誰もそんなグループのことを知らなかった。
哀愁の相馬大先生を慰めようと、後ろからそっと近づく人影が。

271 :U-名無しさん:01/11/24 11:19 ID:???
「カンペキダ!」とジーコの物真似をする長谷川健太だった。
となりには半ギレした表情の山本アナもいた。

272 :U-名無しさん:01/11/24 11:53 ID:???
山本アナは「私が怒ってるわけは?」とお得意の質問形式で
相馬にねじ寄ってきた。
そして最近台頭してきた巣かぱーの八塚や倉敷に負けない実況
をする薬を開発してくれと申し込んできた。
期限は2002年のWC前迄頼むと残して。

273 :U-名無しさん:01/11/24 13:44 ID:???
相馬大先生は山本アナウンサーにも
「この薬をつけるといいよ」
とドゥトラたんから抽出した1番エキスを頭に振り掛けると、山本アナの髪の毛が若返った。
「これで、倉敷には負けません』
といって山本は立ち去った。

相馬大先生、満面の笑みでガッツポーズ。
仙台を後にして、北海道へ向かった。

274 :   :01/11/24 14:44 ID:???
「有難う、としか言えないな。
何を言っていいのかわからないや、皆に支えられてたんだな、って。
でも、もう逝かなくちゃ」
市を決意した勇者は寡黙だった。
「な、なっ何これ。まさか・・・・・・」夫人は立ちすくんだ。
王大人の無機質な声が聞こえた「小村、志望確認」。
おっおむさん、松田は声を失った。
「(今頃、漏れの遺書を見つけてくれただろうか、でも漏れは戦わなければ)」
松田は戦いの場に赴いた、敵の副将・下図との対戦だ。
対峙した時に下図が言い放った「小村って生きてて恥ずかしくないの」。
松田は耳を疑った、今までどんな敵と戦っても相手の戦士は敬いあってきた、
それが戦場での心ではないのか?松田の闘志は最高潮に達した。
「待てい!」、誰かが漏れたちの戦いを止めたまさか、あの・・・、松田は震えた。
やはり・・・・、下図は震えながら言葉を放った「あっ貴方程のかたが・・・・」。

275 :     :01/11/24 14:45 ID:???
「下図よ、お前は傷の手当てをしろ、今のお前では奴に勝てん。
松田とか言ったな、ふふ、いい面構えだ。」男塾塾長・川勝の言葉に辺りは静寂に包まれた。
「鞠乃巣の者達よ、数は問わん、かかってくるがよい。」
しかし、松田は一人で戦いの場に降り立った。
「(漏れの蹴人パワーは200万、1000万パワーの川勝塾長に勝てるわけがない
*黄泉瓜嘔裸の前に漏れは散ってしまうのか)」
(*黄泉瓜嘔裸=中国の武人・夜泣四郎情事が基礎を作り、裸喪酢が発展させた奥義。
相手は視界が緑に包まれ、鷹に攻撃されるような錯覚に陥り戦意喪失になると言われる
民明書房刊)」
「そいつらをとらえろ、ぐうあ」、警報が鳴り響いた、「何の騒ぎだ。」蹴人墓場の管理者は怒鳴った。
「ちょいとばっかし下界に逝ってくるけんのう」、聞き覚えのある声だ。
松田は川勝に構えることが出来なかった、しかし鞠乃巣差歩は色めきたった。
「あ、あいつらだ」。
「松田よ構えろ、だらしないけんのう」、
「漏れたちの蹴人パワーを使え」蹴人墓場から脱走した木村、金田、水沼だった。
木村、金田らの250万パワー、水沼の150万パワー、そして松田の200万、計850万パワー。
「これでも松田は勝てないのか」鞠乃巣差歩はいらだった。
「あとは火事場のうんこ力だ。」全ての者が振り返ったその先には鞠乃巣首領・御恩、
その人だった。
「松田よ、日参嘔裸だ」御恩の言葉に松田は構え始めた。
「できる」川勝も構えはじめた。
閃光が放たれた、そのあと信じられない光景が

276 :U-名無しさん:01/11/24 17:32 ID:???
明神は着実に祭りの準備をしていた
「はやくーはやくしてよ」
老い体の洪明甫とノをこき使って薪を割らせていた

277 :U-名無しさん:01/11/24 17:52 ID:???
めんこいキタジも手伝っていたがはっきり言って邪魔だった。
人のいい明神は文句を言えなかったが、ミョンボは怒って
キタジに肘打ちをした。

278 :U-名無しさん:01/11/24 17:59 ID:???
その行為に大野タンマジギレ。
「俺のキタジに何すんだよ!」とか勢いで言ってみてしまった。
「えっ、それってどういう・・・」とキタジも顔を赤らめてみたりしてしまった。
若干寒い空気が彼らの間に流れた。
もう見てらんないと思ったノは、

279 :U-名無しさん:01/11/24 18:46 ID:???
放屁してしまった。
そのガスを使いホンは火をつけた

北嶋「焼き芋にしよう」

280 :U-名無しさん:01/11/24 19:55 ID:???
「焼くのはお前の顔だよ!!バカ!かぼちゃ!」
と平山タンが言った。
「僕って美すぃー」と鏡を放さないひらひらともりん。
「ひらひらともりん、って言えば俺だろ!」と平瀬が乱入。

281 :U-名無しさん:01/11/24 23:01 ID:???
「カレーはひっこんでな!」と
ともりんに鏡で殴られた平瀬であった。

282 :U-名無しさん:01/11/24 23:38 ID:???
平瀬を殴った衝撃で鏡は割れてしまった。
するとその割れた鏡から・・・

283 :U-名無しさん:01/11/25 00:22 ID:???
なんとサポーロに向かう相馬大先生の姿が映し出された。

284 :U-名無しさん:01/11/25 00:41 ID:???
その頃、自称「ハマの点取り屋」城は・・

285 :U-名無しさん:01/11/25 01:12 ID:???
サカーボールで玉乗りしながら巡礼の旅に出ていた

286 :U-名無しさん:01/11/25 01:48 ID:???
しかし、玉を蹴るのは得意な城も
流石に、玉乗りには苦戦を強いられた。

287 :U-名無しさん:01/11/25 02:11 ID:???
「玉乗りナらボクにマかせテ」
と、そこに柏の玉子様玉田が現れた。

288 :U-名無しさん:01/11/25 02:14 ID:???
パシリ楢崎はまっつあんが寝てるのを確認し
まっつあんの後頭部からスキカルを入れていった
ジョーリジョーリ

「日ごろの恨みや…剃り込みいれたれ」

289 :U-名無しさん:01/11/25 02:15 ID:???
しかし間違えて帳簿紐を切ってしまった

・・・ハラリ・・・・・・

紐が床に落ちたその時

290 :U-名無しさん:01/11/25 02:29 ID:???
「お前の毛をむしりとってやるわぃ!!」
と大声を出したまっつあん、ヘタレ楢崎を一蹴し、1万本の毛をむしりとった。

泪ながら楢崎は

291 :U-名無しさん:01/11/25 02:43 ID:???
楢崎は俊輔の毛を刈りカツラを作った
「なんか妙なくせっ毛になってもうた…ま無いよりマシや グス…」

292 :U-名無しさん:01/11/25 02:47 ID:???
涙を流している楢崎に鋤柄先生がやってきた。
「俺がその髪の毛、何とかしてやるよ!!」
といい、ある場所に連れて行かれた。そこは

293 :U-名無しさん:01/11/25 02:49 ID:???
相馬大先生の研究室!

294 :U-名無しさん:01/11/25 02:53 ID:???
相馬大先生の研究室には、髪の毛を刈られたはずの俊輔が、元通りの髪の毛の長さで笑っていた。

295 :U-名無しさん:01/11/25 02:54 ID:???
隣では福田が埼玉スタジアムの芝を栽培していた。

296 :U-名無しさん:01/11/25 02:56 ID:???
「俺は浦和のエースだ」とぶつぶつ言いながら
エメルソンが大事なところでこけるように細工をはじめた。

297 :U-名無しさん:01/11/25 02:56 ID:???
福田の斜め後ろでアベチャンがじょうろで水をまいていた

298 :U-名無しさん:01/11/25 02:58 ID:???
阿部ちゃんは「きれいなオネイサンは好きですか?」と
言いながら上機嫌だった

299 :U-名無しさん:01/11/25 03:02 ID:???
しかしそこにンガハタ登場。芝の味見を始める。

300 :U-名無しさん:01/11/25 03:02 ID:???
トゥットだけが井原を見ていた

301 :U-名無しさん:01/11/25 03:05 ID:???
井原は代表時代につけていたキャプテンマークが大好きだった。

302 :U-名無しさん:01/11/25 03:07 ID:???
楢崎はンガハタに妙なライバル意識を感じていた
「お前のアゴ、何センチや」

303 :U-名無しさん:01/11/25 03:10 ID:???
「ナラさん、素敵・・・」
そんな楢崎を影からこっそり見つめる男が

304 :U-名無しさん:01/11/25 03:11 ID:???
食べかけの芝を置き、黙って睨むンガハタ。
その時、秋田師匠の言葉を思い出す。

305 :U-名無しさん:01/11/25 03:11 ID:???
と楢崎とンガハタはお互いにアゴの長さを木に刻んで競い合った。

306 :U-名無しさん:01/11/25 03:13 ID:???
井原は審判をかって出て、2人を競い合わせた結果

307 :U-名無しさん:01/11/25 03:14 ID:???
秋田「アゴは長さじゃない、硬さだ!」

308 :U-名無しさん:01/11/25 03:17 ID:???
と秋田と楢崎とンガハタはお互いにアゴの硬さ野菜にたとえて競い合った。

309 :U-名無しさん:01/11/25 03:18 ID:???
楢崎はンガハタにアゴ0.5センチ負けている事実に愕然とした

「修行や…あごを鍛える…」

まっつあん「おい楢崎。パン買って来い。甘いやつな」

310 :U-名無しさん:01/11/25 03:21 ID:???
楢崎は無償に腹が立ったので、アンパンの中にクリームパンのクリームを入れて持っていった。

311 :U-名無しさん:01/11/25 03:24 ID:???
まっつあん「和と洋の絡み合いがたまんねーな」
といいながらムシャムシャおいしそうに食べていた

楢崎にアゴ修行をするような時間はなかった

312 :U-名無しさん:01/11/25 03:25 ID:???
楢崎は秋田師匠に弟子入りを決めるため、まっつあんに別れをつげにいった。

313 :U-名無しさん:01/11/25 03:34 ID:???
しかしそこにはまっつあんの姿はなく、優しそうな目をしたアニマウがコーヒーを飲んでいた。

314 :U-名無しさん:01/11/25 04:25 ID:???
傍らでは榎本がこれ見よがしに祭りの準備をしていた

楢崎ははっとした

315 :楢崎ヲタへ:01/11/25 11:46 ID:???
>288〜314
深夜に、訳の解らんストーリー展開してるんじゃねエ!
トルシエは怒り狂った。

316 :U-名無しさん:01/11/25 13:48 ID:???
エジムンドは酒を飲みたかった。
そこで、猿がサービスしてくれるという森岡ママのバーへと向かった

317 :U-名無しさん:01/11/25 19:02 ID:???
ママのバーではとんでもない実験が行われていることも知らずに・・・

318 :U-名無しさん:01/11/25 21:34 ID:???
ママのバーには相馬大先生を特別に招聘していた。
カウンターには人体実験と表してある人間をベルトで固定して寝かせていた。
果たしてその実験、実験台になった人間は一体誰なのか…

319 :U-名無しさん:01/11/25 22:21 ID:???
そこにはナース姿でやる気まんまんの
もったん&たこちゃんが・・・

もったん
「先生、準備ができましたぁ〜!はやくやろうよぉ〜!」
たこちゃん
「ピイ!」

320 :U-名無しさん:01/11/25 23:31 ID:???
「ふっふっふ…」
大先生は怪しく笑った

321 ::01/11/25 23:33 ID:9d+WTWG6
あ!

322 :U-名無しさん:01/11/25 23:38 ID:???
とママは叫んだ!
何故ならば!

323 :U-名無しさん:01/11/25 23:39 ID:???
大先生は思わずのけぞってしまった

324 :U-名無しさん:01/11/25 23:40 ID:???
ママの絶妙な●●が大先生の××を禿げしくXYZ
「おぉ・・・!」

325 :U-名無しさん:01/11/25 23:44 ID:???
本山「モトもモトも!」

326 :U-名無しさん:01/11/25 23:46 ID:???
「ピィ?」

327 :U-名無しさん:01/11/25 23:47 ID:???
実験は大失敗。

328 :U-名無しさん:01/11/25 23:48 ID:???
実験失敗に憤慨した大先生はなんと

329 :U-名無しさん:01/11/25 23:51 ID:???
懐から

330 :U-名無しさん:01/11/26 00:15 ID:???
なんとアマラオのあそこを取り出した!さあ大変。

331 :U-名無しさん:01/11/26 00:28 ID:???
それを本山の顔に引っ付けるとなんと!!

332 :U-名無しさん:01/11/26 00:30 ID:???
ママはお気に入りの着物がはだけようが・・・(略)

「ピィィィィーーーー!!!」

タコちゃんにいったい何が起きたのか!?

333 :U-名無しさん:01/11/26 00:35 ID:???
その頃まっつん刑事に新しい後輩ができた。
名は榎本と言う。
エノ「榎本達也です。」
まっつん「おう。じゃあ、パン買って来い。あまいやつな。」
楢崎「…まっつんさん、それは俺の仕事じゃ…。」

334 :U-名無しさん:01/11/26 00:37 ID:???
エノはとても優秀でまっつん刑事もお気に入り。
楢崎は一人取り残され・・・

335 :U-名無しさん:01/11/26 00:38 ID:???
お茶汲み係に降格してしまった楢崎
「くそうこうなったらアイツのお茶に!」

336 :U-名無しさん:01/11/26 00:39 ID:???
楢崎「でも、俺とまっつんさんのこの数年は無駄じゃないはずや。な?俊輔。」
俊輔「父さん、思いっきり不利だね。」
楢崎「…。(怒)」
ゴツン
俊輔「(涙)…サイドとか…。(意味不明)」

337 :U-名無しさん:01/11/26 00:39 ID:???
稲本を入れてやる!

338 :U-名無しさん:01/11/26 00:41 ID:???
稲本汁を榎本のお茶に入れる事を思いついた楢崎
さっそく稲本を捕獲しようと

339 :U-名無しさん:01/11/26 00:43 ID:???
カレーを作っておびき寄せようとした
カレーといえば

340 :U-名無しさん:01/11/26 00:44 ID:???
お菓子をいっぱい買って罠を仕掛けた。
すると、何故か中田ヒデがかかってしまった。

341 :       :01/11/26 00:44 ID:???
楢崎はタコピイから稲本の電話番号を聞き出そうと思い、
ママの店へ向かった、

342 :U-名無しさん:01/11/26 00:44 ID:???
バーモント平瀬
「よし、奴はたしか究極のカレーを追求していたはずだ 奴に稲本好みのカレーを作ってもらおう」

343 :U-名無しさん:01/11/26 00:46 ID:???
そして楢崎はバーモントをおびき寄せようとした

344 :U-名無しさん:01/11/26 00:46 ID:???
平瀬…かと思いきや、楢崎は西城秀樹を呼んだ。
まっつんは、そんな楢崎が好きだった。

345 :U-名無しさん:01/11/26 00:50 ID:???
楢崎は戸惑って「わーいえむしえぃ!」
と歌いだした。秀樹はこいつはやばいと思って逃げ出した。
まっつんは大笑いしていた。
平瀬のカレーは

346 :U-名無しさん:01/11/26 00:52 ID:???
実は稲本をブイヨンにしてじっくり煮込もうと画策していたものであった。

347 :U-名無しさん:01/11/26 00:55 ID:???
あやうし稲本、そして秀樹!

348 :U-名無しさん:01/11/26 00:55 ID:???
稲本はそれを察知したらしく、平瀬をカレーにブチこむ計画をひそかに遠藤と立てていた。

349 :U-名無しさん:01/11/26 01:00 ID:???
その計画に西城秀樹は「ヒデキ、感激!」と叫んだ。

ヤットは「アビスパ戦、点取るわ兄貴助けるわで俺の株上がりまくりでさ〜。」
と笑顔で稲本に話した。
稲本は変わってしまった友人を見て目頭を熱くした。

350 :U-名無しさん:01/11/26 01:06 ID:???
そんな稲本の様子をベンゲルが覗いていた。

351 :U-名無しさん:01/11/26 01:45 ID:iHYWvKji
そんなベンゲルを見ていたのはやっぱり井原だった。

352 :U-名無しさん:01/11/26 02:10 ID:???
「俺の息子の誕生記念じゃなかったのか…」と松波はチームメイトの
裏切りに涙した

353 :U-名無しさん:01/11/26 02:12 ID:???
まっつん「楢崎!お前、俺の見てないとこで俊輔殴ったろ!(怒)」
まっつん刑事の後ろに隠れて、「シシシ・・・」と声を出さずに笑う俊輔。
やりきれない楢崎。
楢崎「ち…違うねん!こ…これは!!」
まっつん「不甲斐ないな!あきれたぞ。楢崎なんてもういらねー。俺には
有能な部下エノがいるし。お前と違って俺のパンの好み分かってるしな」

354 :U-名無しさん:01/11/26 02:14 ID:iHYWvKji
ヤット「ガンバは俺のチームだ。」
そう言うと保仁は松浪を見下しながらニヤリと笑った。

楢崎「この腹黒さ…仲間にしたら、うまくいくのでは…!!?」

355 :U-名無しさん:01/11/26 02:53 ID:iHYWvKji
その頃まっつんはエノにメロメロだった。

356 :U-名無しさん:01/11/26 02:54 ID:???
ちクンはくしゃみをしていた。

「誰かが噂してるのかな?」





そんな事は絶対無かった。

357 :U-名無しさん:01/11/26 22:14 ID:DHdRmFQq
一人2ちゃんにつないでいた久保は
このスレを一通り読み「ウチのチームが全然いねえ!」と
画面に向かって叫んだが、

358 :U-名無しさん:01/11/26 22:34 ID:???
久保は「自分だけは出たい」と10レスほど自作自演してみた。
その部分だけは今までの流れをまったく無視した
一風変わった久保のラブストーリ−だったため
自作自演がバレて晒し上げられた。

359 :U-名無しさん:01/11/26 22:49 ID:???
それならば、と対抗意識を燃やしつつ阿波踊りで近づいてくる男が一人。
「あっ、中田だ!」と周りの子供達は騒いでいる。

360 :U-名無しさん:01/11/26 23:22 ID:???
「でも、なんかちっちゃくねェか…?」

あぁ!気付いてしまった…。(涙)
涙の阿波踊り。
横には泡踊りヨシカツが。

361 :U-名無しさん:01/11/26 23:24 ID:???
何故かソープ城を連れている。

362 :U-名無しさん:01/11/27 00:08 ID:???
まっつん「うわっ!お前イギリス逝ったんじゃなかったのかよ!?」
そう、ヨシカツとまっつんは以前ライヴァル関係であった。
というかまっつんが一方的にウザがっていた。
楢崎「俺もあの人苦手や…なんやよう知らんけどめっちゃ睨んでくるし」
楢崎はヤットを仲間にすることに失敗したようだ。

そのころ、北陸では

363 :U-名無しさん:01/11/27 00:59 ID:???
クマたんと前たんがベッドイン!

364 :U-名無しさん:01/11/27 01:02 ID:???
かと思いきや、クマだけに冬眠するので
前タンはクマたんのねぐらをベッド上に必死に作っているのであった。

365 :U-名無しさん:01/11/27 01:10 ID:???
楢崎は仕方ないので、漢前田に相談しに行った。
横浜で世話になっていたので、助けてくれると信じて

366 :  :01/11/27 11:36 ID:???
前田は
「毛が薄くなったようだから、相馬先生のところにいけ」
といって相手にしてくれなかった。
ピコーリをつれて、相馬先生のところに戻った楢崎は

367 : :01/11/27 14:55 ID:???
相馬先生に捕らえられているまっつんを発見!
なんと、榎本は相馬大先生の手下だったのだ!
まっつん「ナ、ナラ〜(涙)」

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)