5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

栃東は今、花田勝をどう思ってるんだろう?

1 :待った名無しさん:2001/06/07(木) 10:38
現役中執拗なくらい若乃花を慕っていた栃東。
若乃花の最後の取組の相手にまでなり、
引退直後の巡業でも太刀持ちを務めたくらいだったが
協会を離れてから皆が見放すキャラになってしまった
彼を栃東はどう感じてるんだろう?

2 :待った名無しさん:2001/06/07(木) 20:48
age

3 :待った名無しさん:2001/06/08(金) 23:08
ズリネタ

4 :待った名無しさん:2001/06/08(金) 23:15
知るか!!

5 :待った名無しさん:2001/06/09(土) 05:25
他人を気遣ってるヒマは、今の栃東には無いと思うが。
千代大海が居なかったら、もっと叩かれてるぞ、あの
立会いの変化は。

6 :土地東ファン:2001/06/09(土) 06:00
あの立会いの変化は芸術です(w

7 :待った名無しさん:2001/06/09(土) 06:17
http://www.muvc.net/ura2ch/takuma.html

8 :待った名無しさん:2001/06/10(日) 22:58
わかってるくせに。

9 :名無し名人:2001/06/11(月) 22:24
栃東は大関にならなかったから、千代大海やみやぶや出島ほど叩かれなくて済んでいるのだろうなあ。

10 :待った名無しさん:2001/06/12(火) 06:53
>>9
出島や雅山は関脇のままで良かったのに。

11 :待った名無しさん:2001/06/16(土) 22:03
栃東、ハワイへ後追い。

12 :待った名無しさん:2001/06/19(火) 21:46
栃東は今素人娘にぞっこんです。

13 :待った名無しさん:2001/06/20(水) 07:25
オンナ好きを見習ってどーする! マサルの技術だけ受継ぎなさい。

14 :待った名無しさん:2001/06/20(水) 19:23
素人娘って誰じゃ?
あいつは年下好みだって聞いたけど…。

15 :待った名無しさん:2001/06/20(水) 19:24
間違った、年上だった。

16 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:35
秋も深り、あんなに暑かった夏の面影すらどこにも見当たらなくなってしまった晩秋の霧雨が降る夜。ある大柄の人影が杉並の豪華マンションの前に立っていた。




 「ふぅ、今日は久し振りに仕事も休み。美恵子と子供は世田谷の実家へ泊まりに行った事だしこんな日もたまにはいいよな。」
ここの住民でありながら過密スケジュールで普段はくつろぐ暇も無い藤島親方(元若乃花)ことマサルにしては珍しく一人で相撲を感じさせない広々とした部屋でつかの間の休日を過ごしていたのである。
「しかし・・・いざとなって見ると一人で自宅に過ごすのって案外寂しいな。いつも家族はうるさいし、マスコミにも追われてうんざりしてるのに・・・。」
そう言いながらふと少し伸びた自分の髪を軽く引っ張ると、
「思えば髷を切ってもう1ヶ月たつんだな・・・。断髪式の時は頭が軽くなってほっとしたけど何か物足りない。今の気持ちだろう・・・。」
マサルは少し悲しげに笑いながらそうつぶやいた。だが少し小さめのソファーの上で寝返りを打つとある事にふと気付いた。
「・・・そう言えば、ダイスケ断髪式にこれなかったんだなぁ。九州も全休だしな・・・。」
実は日頃自分の弟以上にかわいがり、更に平成12年春場所5日目くしくも最後の相手になった栃東ことダイスケが秋場所中右肩を傷め、途中休場した為に断髪式に参加出来なかったのである。
「でもダイスケに髷切られたらきっと光司以上に泣いちゃってたんだろうな・・・。」
自分の冗談にマサルはゆっくり起き上がると久し振り見る自分の前髪を指で軽く捩りながら少し笑った。
 ―ピ〜ンポ〜ン
突然、柔らかではあるがそんな生ぬるい時間を引き裂くかのようなインターホンの音が部屋中にこだました。
「またマスコミかよ〜。いいじゃねぇか!たまには家に一人でいたって!」
マサルは憮然とした表情でソファーから立ち上がり、インターホンの受話器を上げた。それと同時にモニター画面の人物が少しづつ浮かび上がった瞬間、
「ダ、ダイスケ・・・?」
映し出されたのはうざいマスコミではなく久し振り見るダイスケの姿であった。しかも霧雨に打たれたのか浴衣とセカンドバックは多少湿り気を帯び、顔は多少俯き加減。だが不審者と思われたのか管理人が現れ「誰ですか?」と訪ねている様子である。それを見たマサルはすぐに、
「おい、ダイスケ!とにかく上がれ!」
そう言って出入り口の自動ロックを解除した。

17 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:36





 「ダイスケどうしたんだよ?濡れながらやってきてさぁ。」
「・・・・・・。」
すぐにマサルはダイスケの顔や肩をタオルで拭いた。
「それと怪我は雨に大敵なんだぞ!悪化したらどうする!?・・・まぁ、とにかくこれに着替えろ。」
マサルは俯いたまま無言のダイスケをたしなめると大きめのバスタオルと自分が普段着てるトレーナーを手渡した。どうやらダイスケは一人で足立区にある部屋から電車を何本も乗り継ぎ途中霧雨が降る中、最寄り駅から杉並のマンションへ歩いて来たらしい。
「ったく、コンビニとかあっただろ?傘でも買えば良かったのに。」
「・・・・・・・。」
マサルは半分呆れながら風呂場の脱衣所に連れて行かせたが依然ダイスケは無言だった。
「着替えたらソファーにでも座ってろよ。」
脱衣所に付くとマサルはその場から立ち去った。




 

18 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:36
 「こんな時間に訪ねてごめんです・・・。」
しばらくして着替え終わったダイスケは居間のソファーにゆっくり座るとようやく口を開き始めた。
「出来れば来る時僕の携帯にかけて欲しいな。特に僕の場合必要以上にマスコミに追われてる身だし・・・。」
マサルは真向かいのキッチンで背中を向き何かをしてようとしていた。
「所でどうしたんだ?」
首を少しだけ向いたマサルは少し心配そうに尋ねるとダイスケは唇だけ動かしながら、
「僕・・・親の勧めで中学からずっと相撲一筋でやってきて高校横綱になったり、プロに入ってからも26連勝したり、格段優勝して順調だった。けど・・・ここ2〜3年はいい所まで行ってもその後うまく行かなくていつもそれの繰り返し・・・。特に今回は右肩怪我しちゃって思ったより重症だったから九州にも出られない・・・。」
「ふぅ〜ん。」
切々と語るダイスケにマサルは背中を向けたまま生返事で聞いている。
「・・・・。」
いつものお兄ちゃん(マサル)と違う雰囲気を察したダイスケは突然来てしまった気まずさと緊張感で口をつぐんでしまった。しかしカチャカチャ何かをしてるマサルは、
「それで?」
と少し素っ気ない口調で話の続きを促すとダイスケは再び口を開き、
「・・・20歳で幕内に上がった頃は誰にも負けない自信があったし強気だったけど気が付いたらもう24歳・・・。僕より年下や入門が遅かった力士がどんどん上がって来て上位で活躍してるのに僕は大関候補と言われながら未だ平行線。入幕した頃は都民栄誉章まで貰ったのに・・・。」
「それでどうなんだよ?」
冷蔵庫から何かを取り出しそれを鍋に入れ火にかけながらマサルは多少いらだった口調で更に促すと、
「確かに・・・僕には相撲だけしかない。けど・・・こんな事がずっと続くとどうしても相撲を取るのがとても怖くなってしまうんだ・・・。」
組んだ指を強く握り締めながらダイスケは全ての言葉を出し切ったかの様に「ハァーッ」とため息をついた。だが、徐々に温まるのを待つマサルは逆に腕を組み、上を向きながら「あぁー。」とうんざりした声を出しながら溜め息を付くと、
「僕の最後の相手がこんな奴だったとはなぁ・・・。」
予想もしないマサルの言葉にダイスケは戸惑った。だが上を向いたままマサルは、
「それって・・・単におまえが今まで『天狗』になってただけじゃないか?勝負ってそんなに甘くないぞ。」
「え?」
痛い位的を得たマサルの発言にダイスケはドキッとして顔が徐々に赤くなり俯いてしまった。すると、
「でも・・・」
両手を上に上げ「ンン〜ッ」と伸ばしながらマサルが何か言おうとした時、
「でも?」
ダイスケは少し顔を上げて訪ねると鍋の中が沸騰し吹きこぼれそうになった。マサルはすぐに火を消し大きめのマグカップを二つ揃えると温めたミルクを均等に注いだ。そしてそれをダイスケのいるソファーへ持って行くと、
「・・・でも、僕も同じだよ。僕の場合出来の良過ぎる光司がいたからよく比較されてたけど・・・。」
マサルは低めのテーブルにホットミルクを置くなりダイスケに飛びっ切りの『お兄ちゃんスマイル』を見せた。「お兄ちゃん・・。」
ダイスケはゆっくりと顔を上げてそうつぶやくとマサルはダイスケの頭を手荒に撫でながら、
「きっとダイスケは今とっても焦ってるんだよ。わかるよ僕も何度か横綱挑戦する度に怪我に泣かされたし、一度は引退まで囁かれたしね。けど怪我を繰り返して学習する場合だってある。だからたやすく腐るんじゃないよ。な、ダイスケ!」
更にマサルがダイスケの頬をつまんで「ニパッ」と口を開けて笑うと、
「お、お兄・・ちゃん・・・。」
ダイスケは凍り付いた気持ちが溶けだしたのか目からドッと涙が溢れ出た。
「おっと、ホットミルクは体が暖まるから飲んで。」
マサルはダイスケの背中を軽くたたき、もう片方の手でダイスケに少し熱めのホットミルクを手渡すと、
「それにこんな時は泣けばいい、すっきりするぞ。」
マサルの暖かい手の平で涙が止まらないダイスケは涙を拭いながらマグカップを受け取った。
「こ、こんな僕の為に・・ありがとう・・・。」
涙で声を詰まらせながらダイスケは両手で抱えるようにふーふーしながら飲むと目から再び熱い涙が幾粒も溢れた。

19 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:38
 ・・・晩秋の夕暮れ、12歳になったダイスケ少年は学校の帰り道ボロくなったランドセルを背負いながらトボトボ歩いてた。
 ―相撲やったらきっとお父さん喜ぶかもよ。
自分の影が遠くの方まで延びて行くのを見詰めながらダイスケ少年は誕生日に言われた母の言葉を思い出し父が昔やってた相撲を取るか、または自分の好きな野球を取るか悩んでた。
「僕、原選手みたいな投手になりたいのにな・・・。でもお父さん大好きだし・・・。」
その時、背後から「おーい」と誰かが呼んでる声が聞こえた。顔を上げたダイスケ少年は「誰?」と振り向いた。そこには豚のしっぽ程の短い髷を結った優しそうな顔の若い力士が彼に手を振っていた。それは年の離れた怖い顔の兄を持つダイスケ少年にとって何だかとても親近感を感じたのか思わず、
「お兄ちゃ〜ん。」
と叫び手を振った。しかし、
「いつか僕と相撲を取ろう、その日まで待ってる。」
そう言ってその力士は後ろへ後ろへフェイドアウトしてしまったのである。
「お兄ちゃん、お兄ちゃ〜ん。」
ダイスケ少年は手を伸ばしながら泣きそうな顔でその力士を追った。しかし距離は縮まらない。だが走っていくうちにダイスケ少年の足が縺れて転んでしまった・・・。

20 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:39
「はっ!」
手を伸ばしながら目覚めたダイスケの目の前にいたのはマサルだった。しかもマサルのベッド寝かされていておでこにはマサル愛用の『冷えピタ』。右肩には張り替えられた大きめの『パテックス』とその上に『アイスノン』が固定されていた。
「うわ〜びっくりしたなぁ。誰かに追われた夢でも見たのかよ〜?それよりおまえ運ぶ時重かったぞ!あっ力士だから仕方ないか・・・。」
呆れながらも自分の「一人ぼけ突っ込み」に笑うマサルを見てダイスケは夢だって事に気付いた。
(もしや、さっきのは・・・。)
夢の中の力士がお兄ちゃんことマサルだった気がしたダイスケはふとマサルの方を向いた。すると、
「ダイスケ、熱と腫れは引いた様だな。」
マサルはダイスケのおでこや右肩に手を当て「ニコッ」と微笑んだ。
「ご、ごめんなさい・・。僕、どうしたんですか?」
ダイスケは申し訳なさそうにマサルに尋ねると、マサルは少し困った顔をして、
「おまえ、泣きながらホットミルクを飲んだかと思ったらいつの間にか僕に寄り掛かって眠ってたんだよ。そしたら結構熱があってさ、更に右肩も凄く腫れてたから急いでおでこに『冷えピタ』張ってベッドまで運んで右肩に『パテックス』張って『アイスノン』巻いたんだよ。でも熱も肩も大事に至らなくて良かったな。」
ほっとした表情でマサルは軽くダイスケのおでこにデコピンするともう片方の手は握り拳で自分の腰をトントンたたいてた。
「お兄ちゃん、大丈夫ですか?」
それを見たダイスケは起き上がろうとしたが、
「おいおい、それを言うのは僕の方だろ?心配しなくていいよ、とにかくしばらく寝てろ。」
そう言ってマサルは掛け布団を優しく肩の上まで掛けると「これ持ってくぞ」と『パテックス』持って寝室から出て行った。
(僕はなにやってるんだろう・・・。)
ベッドの上に残されたダイスケは過去の栄光ばかりを追ってる割にはすぐに挫折して腐って、かわいがってくれる先輩に泣きついて結局迷惑かけてしまう自分に自己嫌悪を感じた。
(でも、僕はもしかしたらお兄ちゃんに出会う為に相撲を選んだのだろうか・・・?)
右肩を庇う様に寝返りを打ちながらさっきの夢の事を思い出すと少年時代、苦渋の末相撲を選択したのにいつしかマサルを慕い、彼の相撲を目標や手本にしていた巡り合わせがとても不思議でならなかった。
(・・・・けど相撲を取るのはお兄ちゃんの為じゃなく僕以外誰でもないんだ。その為には駄目な自分も克服しなきゃ・・・。)
その考えにハッとしたダイスケはこのままではいけないと思ったのか突然ベッドから起き上がった。

21 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:40
 ソファーで腰に『パテックス』を張ったマサルはジャージを「よいっしょ!」っと上げると目の前には既に乾いた浴衣に着替えたダイスケがいた。
「おいダイスケ!もう大丈夫なのかよ?」
心配そうにマサルはダイスケに尋ねると、ダイスケは申し訳なさそうにお辞儀をして、
「お兄ちゃん迷惑かけてしまってごめんなさい。冷静に考えると確かに僕の体は他の力士と比べると小さめだしスタミナも切れやすいからいつもいい所で駄目になってしまう。でもせっかく僕には相撲があるんだし素質もある。けどここで腐ったら絶対に一生後悔するだろうからまずは初心に帰って短所も受け入れた上で改善したいと思うんだ。」
「ダイスケ・・・。」
さっきまでの弱気な発言と打って変わったダイスケの言葉にマサルはいつしか腰の痛みも忘れ彼に駆け寄った。
「だから九州はゆっくり休んで次の相撲に向けて自分の力で頑張ります。お兄ちゃん励ましてくれてありがとう。」
笑みを見せながらで礼を言うダイスケにマサルは思わずガシッと抱き締め、
「最後の相手がダイスケで本当に良かったよ。」
そう言ってダイスケの背中を軽くたたいた。
「う、嬉しいです。」
そんなマサルにダイスケは一瞬泣きそうになった。だが、
「ほらほらこれからはそう簡単に泣くんじゃないぞ。泣いたら承知しないぞ〜!!」
マサルは冗談混じりにセンチになりかけたダイスケの頭を揺さぶる様に撫でた。そんなおどけたマサルにダイスケは「やめてくださいよ〜。」と言いつつもいつしか「微笑」が「笑い」に変わって言った。

22 :待った名無しさん:2001/06/23(土) 20:41
 「それじゃ僕帰ります。本当に今日はありがとうございました。」
玄関前で雪駄を履いたダイスケは改めてお辞儀をすると、
「ごめんな、玄関までしか送れなくて。けどその変わりタクシー呼んだから・・・。あっ、そうだ!忘れ物忘れ物・・・。」
突然マサルはスリッパの音を廊下に響かせ部屋の奥へ何かを探しに行った。ダイスケはセカンドバックを脇に抱えながら「何だろう?」と立ちすくんでると何やらマサルは紫の風呂敷に包まれたある物を持って来た。
「ダイスケ、開けてみなよ。」
マサルは包みを渡すなりダイスケにそう促すと風呂敷をほどいた中には平成5年春場所にマサルが初優勝を決めた時に付けてた深緑色の締め込みが入ってた。
「こ、こんな大切な物を貰っていいんですか?」
相撲を感じさせない自宅にあった締め込みだけに思い入れがあっただろうと感じたダイスケは申し訳なさそうに締め込みを返そうとすると、
「もう僕には必要ないからあげるよ。その分僕も21世紀のダイスケの相撲を大いに期待したいしさ。」
そう風呂敷の包みを結びながらダイスケに渡し返した。そしてマサルは頭を少しかきながら、
「その変わり、おまえも知ってると思うけど来年美恵子が子供を生むんだ。もし男の子が生まれたら絶対にダイスケにあやかった名前を付けるつもりだからくれぐれも僕の子供を泣かす相撲だけは取るなよ。」
そう言って笑いながらダイスケの左肩をポンッとたたいた。ダイスケはマサルの長男である『将希クン』の名前が某プロゴルファーにあやかって付けられたエピソードを知ってるだけに想像以上のマサルからの期待に一瞬ビックリしたがその分頑張らねばって思いで貰った深緑の締め込みをギュッ!っと抱き締めて、
「はい!恥じない相撲を取れる様に頑張ります!!」
と目尻をクリンとさせた笑みを見せながらダイスケは元気な口調で答えた。
「じゃ、本当に頑張れよな。約束だぞ!」
マサルも笑顔で手を振ると名残惜しそうにダイスケは扉を開け、締め込みを大事そうに抱えて何度もお辞儀をしながら、
「おじゃましました。ありがとう。」
と言って手を振って静かに扉を閉めた。そしてマンションから出ると既に雨は止み、少し肌寒い晩秋の澄んだ夜空の月はダイスケを照らしてた。
「お兄ちゃんがいてくれて本当に良かった。」
月と一緒にマンションをも見上げるとダイスケはそうつぶやきながら待機していたタクシーに乗り込んだ。そしてそれをカーテン越しで見ていたマサルも、
「ダイスケが来てくれて良かったよ。」
とつぶやいたのだった。




 季節は冬に向かっていても二人の心は温かいミルクの様に温かい気持ちになっていた。




おわり

23 :待った名無しさん:2001/06/24(日) 18:29
>>16-22

ご苦労様でした。しかし何処から仕入れてきたんだ!?
違う意味でリアル過ぎるぞ!!

24 :待った名無しさん:2001/06/24(日) 22:24
つっていうかさ・・・。
これって槙原容疑者の「MILK」が題材だろ??
まんまジャン(藁

25 :待った名無しさん:2001/06/24(日) 23:04
>>24
問題の「MILK」ってどんな歌なんだよ!?
まさか槙原の事だからホモっぽい歌じゃねぇだろうなぁ?

26 :待った名無しさん:2001/06/25(月) 00:58
「こぉーんなぁーにぃーおーそくぅーたずねぇーてごぉーめんー」
で始まる。歩藻歩藻な曲だろ
あったかいミルクをもらって帰って行くってそのまんまだろ??
ホモネタやめろ!!ゴルァ

27 :待った名無しさん:2001/06/25(月) 01:40
ミルクは精液の隠語じゃない。
ゲイの間じゃ常識よ!

28 :待った名無しさん:2001/06/25(月) 01:44
なるほど、熱いミルクを口の中にドクドク発射して貰って、満足して帰ったって歌か。
よーするにフェラチオソングな訳ね。

29 :待った名無しさん:2001/06/25(月) 17:43
おい!ここサイズ大きくて携帯からは受信できないぞ!!

30 :待った名無しさん:2001/06/25(月) 21:23
氏ね

31 :>>25さんへ:2001/06/26(火) 16:56
MILK /槙原 敬之

こんなに遅くたずねてごめん
なんとか一人でやってみたけど
どうしてもうまくいかなくて
とてもとてもこわくなってしまった

人に負けないものが僕には一つだけ
でも一つしかなくて
必死にそれを守ってきたけど
あきらめそうになったんだ

大人になってくるとなぜか
素直になるのが難しいね
僕も同じと微笑んで
泣けばいいよと言ってくれた

不器用な君の手のひらが
僕の背中であたたかいから
氷ついた気持ちとけだして
涙が止まらないよ

黒いランドセルにボロボロの
勇気と正義をつめこんで
泣きそうにドアを開けたらすぐ
机の下ひざをかかえてた

男は簡単に泣くんじゃない
暖かいミルクをくれた笑顔
誰かによりかかりいつの間にか
眠った頃がなつかしい

自分と違うことをしてる
人をうらやんだりしたけど
やっぱり僕は僕だから
ダメな自分も好きにならなくちゃ

パジャマ姿で送ってくれる
サンダルの音と"がんばれよ"の声
暖かいミルクみたいだね
胸にしみこんでくる

月も桜を揺らす風も
もう僕の前通り過ぎないから
明日はきっと今日よりも
いい日に決まっている

君がいてよかった

32 :待った名無しさん:2001/06/28(木) 00:18
MILK万歳
巻腹海苔雪最高!!

33 :待った名無しさん:2001/06/28(木) 19:53
>>31
うわー、おもいっきりホモネタじゃん。
この詞の主人公は男なのに、
誰かによりかかって眠ったり、
相手から「がんばれよ」と言われたり、、、。
(普通「がんばってね」じゃないかな)

そう考えると、
>不器用な君の手のひらが
>僕の背中であたたかいから
>氷ついた気持ちとけだして
>涙が止まらないよ
という一節がとてつもなくキモチワルイ。

34 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 10:15
父親と子供の歌かと思ってた。。。。

35 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 11:22
>僕も同じと微笑んで
>泣けばいいよと言ってくれた

父親が子供に自分のことを「僕」なんて言葉で語りかけるか?

36 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 11:30
もうちょっと詳しく書いてやろうか?

主人公の「大人になってくるとなぜか素直になるのが難しいね」
という問いかけに対し、相手は「僕も同じ」と微笑んで
「泣けばいいよ」と言ってくれたんだろ?
相手が父親なら「僕も同じ」なんて不自然じゃねーか?

やっぱホモネタじゃん。この歌。

37 :待った名無しさん :2001/06/29(金) 16:15
この曲は幼い頃の自分自身に会いに行くとゆう意味の
歌詞だとマッキー自身が言ってました

38 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 16:18
だから、大人も子供もどっちも自分です。
奥が深い歌詞やなぁ〜

39 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 17:31
>>37

でも6年後の逮捕の時に現れた金太郎の存在、あれはなに?

40 :待った名無しさん:2001/06/29(金) 20:31
>>37-38
それも無理矢理に聞こえるなぁ。
もしそうだとしても、
>黒いランドセルにボロボロの
>勇気と正義をつめこんで
>泣きそうにドアを開けたらすぐ
>机の下ひざをかかえてた
という一節だけだろ?
しかもこの詞からすると幼い頃の自分も
机の下で落ちこんでいる様子が書かれている。
どう解釈しても主人公をなぐさめている相手と
幼い頃の自分は別人としかとれない。

主人公の「大人になってくるとなぜか素直になるのが難しいね」
という問いに相手は「僕も同じ」と答えてんだよ?
幼い頃に「同じ」だという答えが出てるなら悩むわけない。(w

41 :待った名無しさん:2001/07/01(日) 21:21
>>26-40

このネタは邦楽板でやれ!丁度いいスレあるぞ!!
http://curry.2ch.net/test/read.cgi?bbs=musicj&key=993021147

42 :待った名無しさん:2001/07/05(木) 16:07
地獄の底からage

43 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

44 :面白い!感動した!!:2001/07/05(木) 20:36
あげろあげろ〜!!!!

45 :待った名無しさん:2001/07/05(木) 20:41
ゴルア

46 :待った名無しさん:2001/07/06(金) 16:07
>>45
ゴルア13

47 :禁断の名無しさん:2001/07/06(金) 16:32
ハイハイ。

48 :禁断の名無しさん:2001/07/06(金) 16:39
ハァハァ。

49 :待った名無しさん:2001/07/07(土) 13:25
マサル君には好意をもってるみたいだね。


コウジには「アイス」の恨みがあるみたいやけど

50 :待った名無しさん:2001/07/07(土) 15:15
なにが「あぼーん」されたんだぁ?
気になる

51 :これ、牧原のスレなんだろ?:2001/07/07(土) 17:34
誰か語れ!!

52 :待った名無しさん:2001/07/07(土) 22:55
>>49

「アイス」の恨み知りたい…。

53 :待った名無しさん:2001/07/13(金) 21:07
無間地獄の底からage

54 :待った名無しさん:2001/07/17(火) 21:54
お兄ちゃん!僕今日勝ったよ!!

おぅ良かったなダイスケ!明日もガンバレよ!!

55 :待った名無しさん:2001/07/20(金) 22:36
お兄ちゃん、僕今日横綱倒したよ!!

56 :待った名無しさん:2001/07/21(土) 09:10
モウ(゚д゚)デテクルマー

57 :待った名無しさん:2001/07/24(火) 18:25



アイスの恨みはね〜、凄い根が深いんだよね〜
一門同士の因縁まで発展するからね....


でも、おせーてあげない(w

 

58 :待った名無しさん:2001/07/30(月) 23:29
ageage

59 :志賀勝:2001/07/31(火) 13:10
一通り見させてもらったけど、このサイトは面白くない!一言でいうと「下等」。

60 :名無し:2001/07/31(火) 13:58
先輩として尊敬していると
いうのは建て前。

61 :バカボン:2001/07/31(火) 16:42
>59は偽物だな?

>60何処でもそうじゃん?

今は目の上のタンコブ雅をどうにかしなきゃな、
後輩の落とし前はまだ半分しかついてないしな

62 :待った名無しさん:2001/08/02(木) 21:49
age

63 :待った名無しさん:2001/08/04(土) 20:45
『フライデー』スクープ!
栃東Xリーグ観戦!!但し大惨敗!!

64 :待った名無しさん:2001/08/12(日) 13:29
age

65 :待った名無しさん:2001/08/15(水) 16:16
ダイスケ、マサルの交通事故を悲しむ。

66 :待った名無しさん:2001/08/18(土) 16:15
フフフフフフフフ

67 :待った名無しさん:01/08/26 20:44 ID:YuThWu22
あげ

68 :待った名無しさん:01/08/30 23:43 ID:MqqnYK/2
美恵子以上の関係。

69 :待った名無しさん:01/09/20 12:43
栃東はしょっちゅう立ち会い変化しててつまらん。
先輩に見習ったのかもしれんがきっと旭道山の張り手以上に
評判悪くなるぞ!!

70 :  :01/09/20 12:48
勝と栃東は引退してクレー

71 :待った名無しさん:01/09/29 22:44
age

72 :待った名無しさん:01/10/12 19:23
うふふふふふふふふふふふふふ

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>177 詩衣さん
 わたしも劇場版2はまだ観てませんw(・∀・)人(・∀・)ナカーマですー

つづく >190アドバイスって言ってもたいしたこと言って無いですけどねw
しかしミントさんがいたのは幸運でしたねぇ。自分にぴったりの先生がいてうらやましぃですよ。
看板娘ですが・・・実は私看板娘みたことないんですよねw
でもAAキャラが生き生きしてて気に入りましたw
今度フレッツスクウェアでやるみたいなんで見ようかなと思ってます。 ほんとARIAカンパニーみたいだねw

続く B /test/read.cgi/sumou/991877938/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)